注目の人気記事

 
970 :名無しの心子知らず 2013/02/28(木) 23:15:22 ID:25UHd8UO
何個かに分けて書き込ませてもらいますね。
泥キチかわかりませんが、つい先週遭遇しました。
つい先週出会った泥ママの話をしますね。
私の家の庭には小さな畑があってミントやプチトマトなど、
普通に自宅で栽培できるようなものを栽培していました。
まぁ家内で旅行に行くことになり何日か家を開ける事になりました。
窓の鍵、玄関の鍵、家の柵?の鍵全部閉めました。
これで大丈夫だと思って安心して旅行に行きました。
それが間違いだったんですけどね。
続きを読む

 
804 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/16(火) 15:36:05 ID:X7e8nXYD.net
以前知り合いAくんがひき逃げにあった。
(Aくんは自転車で相手は車)
不幸中の幸いと言うべきか数日入院しただけで済んだのだが犯人は見つからなかった。
その時の犯人のやり方が、ぶつけた後、1度車を止めて駆けつけて謝ったり救急車を呼んだりしてくれたのだが「車を止めれる所に動かしてきます(交差点の真ん中に止めたままだったらしい)」と言ってそのまま去っていったらしい。
Aくんは相手のナンバープレートもハッキリ覚えていて警察に伝えているのに逮捕できない無能な警察の神経がわからんのはもちろんだが、この話を聞いたBくん(共通の知り合い)が
「ということはぶつけちゃっても相手がタヒんでなければ逃げちゃった方が得ってわけか」と言ったことが神経わからん。
当然友達をやめた。
続きを読む

 
405 :おさかなくわえた名無しさん 2005/03/28(月) 16:25:41 ID:D3p6pbCb
先週、職安帰りに知り合いの小料理屋で一杯引っ掛け良い気分にな
った処で勘定を済ませ店を出た。鼻歌混じりで途中の自販機でタバコを
買おうとしたら背後から「よぉ、オッサン」と声を掛けられた。

振り返ると高校生ぐらいの3人組がニヤつきながら俺を見ている。
「何か用か?」と言うと、その内の1人が「金貸してくれよ」と凄みな
がら、にじり寄って来た。「あいにく失業中でな人様に恵んでやる金な
んかねーんだよ。他を当たってくれや」

その場を立ち去ろうとすると1番体のデカイ奴が「金出せって言ってん
のがわかんねーのか、このくそオヤジ!」と叫びながら殴り掛かって来た。
まともに右ストレートを喰らった俺は酔いの力も手伝って気持ちよく
その場に臥した。

「最初から出しときゃ、痛ぇ目見なくて済むのによ!この馬鹿野郎!!」
度は倒れた私の脇腹に蹴りを入れて来た。「ぐぅ!」一瞬吐きそうになっ
たが必タヒに堪えた。

命有っての物だね、観念した私は「わかった、わかった、ちょっと待ってくれ!」
とズボンのポケットから財布を取り出し「一体、いくら欲しいんだ?」と訊いた。
するとデカイ奴が「有り金、全部よこせよ!」と言ってきた。
「全部渡しちまうと明後日の娘の誕生日のプレゼントが買えなくなっ
ちまうんだよな・・・」と言うと「わかったよ!1万でいいよ!」と
言った。

万札を渡し「お前ら、いつもこんな事しながら小遣い稼ぎしてんのか?
別に説教するつもりはないがよく訊いてくれ。金ってモンは自分で汗水
垂らして働きながら稼ぐモンなんだ、そんな若いうちから、こんな方法
で金儲けしようなんて考えてたらロクな人生にはならないぞ!」
酔いが回り自分自身何を言ってるのかわからない状態だった。
「行こうぜ!」3人組は闇に消えた。
続きを読む

 
15 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 14:15:04 ID:Zd6X5S6G.net
兄嫁が義父(俺ら兄弟の父親)と絶縁して2年くらいになる。
うちは母親が俺を産んですぐにタヒんでしまったので、父親が
再婚もせずに俺達2人を育ててくれた。
子煩悩が服着て歩いてるような人だったので、母親がいなくても
ぜんぜん寂しくなくて、兄の方は母親の思い出がある分、俺より
寂しかっただろうけど、それでも家族3人で明るく暮らしていた。
そんな兄が結婚。待望の初孫が生まれて顔をくしゃくしゃにして
喜ぶ父が、孫を抱きながら兄嫁に「こんなに可愛い孫を産んでくれて
本当にありがとう」と言った。
その一言が気に入らなかったらしい。そのときはニコニコしていたが
父が帰ってから「お義父さんのために産んだんじゃない」「所詮
嫁は子供を産むだけの存在だとしか思ってない」と兄に当たりまくり
最初はなだめていた兄も忍耐の限度を超えて口げんかとなってしまい
「二度とお義父さんには会わない」と言うことで、本当に絶縁してしまった。
最初は一ヶ月もすれば頭が冷えるだろうと思ってたけど、もう2年も経つ。
昨日、姪っ子の誕生日だったので思い出した。神経わからん女だ。
続きを読む

 
740 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 13:49:27 ID:+NU7radu.net
うちのお姑さんの話。
夫は男の3人兄弟。(夫は3男)。長男が中学生になり反抗期を迎え中二病発症して
母である姑を、専業主婦は寄生虫。社会で何の生産性.もなくゴミ。
生きてて恥ずかしくないのかなど蔑むような発言+普通のサラリーマン家庭なのに
なぜか男尊女卑(農家脳っぽい)、男である自分は将来金社会を動かす!だから偉い!
金を稼ぐ男至上主義みたいな妄想に取りつかれた状態に。

父である舅さんがぎっちぎちに怒り説教して締めても、反抗的な態度は収まらず
姑さんは育児ノイローゼになりかかってたそうな。

しかしこのままではイカン!と姑さんが一念発起。
長男には内緒で家政婦の派遣所に登録と、便利屋さんで家事代行のパートをはじめて
自宅の家事も完璧にしつつ、外でも家事を我武者羅にやって3か月。
なめた態度の長男に、給料明細を叩き付け、

「お母さんの「お仕事」は一か月フルでやるとね、30万円なの。
 それを今まで子供だから無料で提供してあげていたけど、●男が俺でもできるpgr
 っていうし今度から家事は有料にしました。してほしかったら代金払ってね」

と朝晩の食事の提供「のみ」だけで後は完全放置w(夏休み中だったそうですが)
食器も衣類も長男の部屋の掃除も一切合切放置で、最初の2週間は反抗して
なんとか自分でやっていた長男、次第に黄ばんでゆくユニホームを笑われ
白飯にふりかけしか持っていけないお昼と、段々と異臭のする部屋にギブアップ。
父母にこってり糸交られ反省し、反抗期の収まりと共に思いやりのある長男へ。

そしてその一連の騒動を見ていた二男・三男もかあちゃんマジ怒らすとこえぇ事を
学習して、反抗期中も母sageな事は絶対しなかったそうな。
続きを読む

 
1 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/01(金) 08:31:42 ID:g8NXsbFx0.net
行員俺「はい。十円が4枚に五円が3枚、一円玉が61枚で116円になりますwww」

行員俺「大量硬貨入金手数料が108円なので8円の入金ですwwwww」8円だけプラスされた銀行通帳を渡す

幼女「うわあああああん!」


ざまあみろww
調子に乗る子供が多い中、正直スカッとしたwww
続きを読む

 
553 :名無しの心子知らず 2009/12/06(日) 02:15:38 ID:O0SoVR55
1/3

クリスマスが近づいてきたので去年の12月23日に
クリスマスケーキを子連れママに泥されかけたのを思い出した。

24日から数日間、忙しくて帰宅が遅くなることが決まっている夫の
ために23日にケーキを食べることにした。
夫の好きなケーキ店で予約したクリスマスケーキを受け取って
地下鉄に乗り込んだ。
我が家は地下鉄に乗り入れている私鉄の終点駅なので、いつも網棚に
大きい荷物を載せていた。
その日もケーキを網棚へ。

都心部からは時間がかかるので、私は車内で眠ってしまうことが多く、
その日も寝込んでしまった。
しばらくして夫の「何してるんだ」という夫の大きな声で目が覚めた。
ベビカのママが、私の座席の上の網棚に置いてあったクリスマスケーキに
手を伸ばした形で固まってたwww

続く
続きを読む

 
186 :183 2010/02/27(土) 03:06:08 O
弟さん変なのに捕まっちゃったね…。

では投下。

旦那じゃなく元彼だが。
ちなみに携帯で失礼。

病気の百貨店状態な上、「体が弱い俺」に酔っていた元彼。
当時の私は若さ故「私が支えなきゃ!」なんて思ってた。
決してカッコいい訳でもなく、若禿でバカ殿みたいな男のどこが
良かったんだか…orz

彼35、私27の時そろそろ結婚でも、という話しになり、私実家に
挨拶に来た彼。
収入、今後の生活設計、仕事内容、健康面、等々細かく聞く両親。
彼が帰った後両親打ち揃って結婚に反対してきた。
「彼は人を見下すような目をしている。その上妙に卑屈な態度。
ああいう人間は信用できない」と。
反対された事で頭にきた私は俄然結婚に突き進んだ。

続きを読む

 
868 : 2011/06/06(月) 12:10:44 ID:BG75oVfJ0
小学校低学年の時の話。
幼馴染のAちゃんとよく遊んでいた。

ある日いつものように近くの神社で遊んでいると、Aちゃんが突然、
<内緒なんだけど、○ちゃん(私)だけにいうね。
うち、引っ越すことになったから学校ももう行けないし、○ちゃんとも
遊べないんだって。××市のオジサンが持ってる家に暮らすの。
オジサンお金持ちだから綺麗なお家がいっぱいあってね。
お姫様ドレスもいっぱいあるから毎日違うのを着れるの。
ケーキもお菓子も好きなだけ食べていいんだよ。
でも○ちゃんは行けないんだって。おとうさんが誰にも言っちゃダメって
言ってたから、絶対言わないでね>と、だいたいこんな感じのことを言った。

Aちゃんと離れてしまう寂しさよりも、私は嫉妬でいっぱいだったと思う。
ドレスとかケーキとか、綺麗なおうちとか。うちは貧乏ではなかったけど
そんなお姫さまな生活はおとぎ話の世界だったから。
のけ者にされたのも悔しかった。

次の日からAちゃんは居なくなってて、
でもクラスの子も誰も引っ越したとか知らなかったようで
学校でも近所でも、なぜ居なくなったのかしばらくは騒いでいたように思う。

私はなんか怖くて誰にもAちゃんの言ってたことを言えずにいた。

続きを読む

 
57 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/10(火) 00:26:50 ID:SUTf5kR1d.net
昨日決着したので書き込み
肌が弱い嫁はブラジャーだとかぶれたりするからとブラトップを着ていることが多かったが、突然毎日ブラジャーをし始めて洋服もバリエーションが増えた
さらに毎週同じ曜日に遅い時間まで残業をしているし、その日は荷物がいつもより多い
洋服を買ったらいつもファッションショーを始めるのにそのままクローゼットへしまっていたり、週末も出掛けることが増えた
嫁に同じ曜日の残業や週末出かけていることを聞いたがかわされた
真っ黒だと思い、決まった曜日に狙いを定めて半休をとり嫁のことを追跡することにした
嫁の職場の前で待っていると定時から15分くらい経つと職場から出て来たが、俺には「今日も残業です。」と連絡が入っていた
そのままつけると、嫁は公民館へ入っていく
暫くすると続々と老若男女が集っていき、みんなが手に持っているものを見て納得した
嫁は市民楽団に所属しているようだったが、まだその中に間男がいるかもしれない
続きを読む

このページのトップヘ