注目の人気記事

133: 名無しさん@HOME 2013/09/13 02:24:34
新婚当時専業主婦だった。
両親共働きで一人っ子だった旦那は、
家に灯りがついていて家族と美味しいご飯が待ってるのが夢だと結婚前に語っていた。
私もその夢に同意して結婚して家庭に入ることに。

「いいなぁ主婦は気楽でしょ?俺なんてさ~」
といつからか旦那が毎日のように仕事内容を愚痴りながらちくちく嫌味言うように。
最初はお互い感謝しあう仲だったのに、
旦那はミサワな上から目線になり、
家事全てをあら探しするようになった。
そしてなんの相談もなく旦那親旦那姉妹を呼び、食事中私へのダメ出し。

134: 名無しさん@HOME 2013/09/13 02:31:53
どや顔の旦那だったが旦那親旦那姉妹はこぞって私をフォローしてくれた。
姑「私の若いときより美味しい」
小姑(姉「あんたこそお父さんの若いときより給料安いんじゃないの?」
小姑(妹「男のくせに小姑かよ!うざっきもっ」
舅「嫁子さんは充分お前に尽くしてるじゃないか何が不満なんだ」
それからは旦那が私を小バカにするたびに小姑(妹は相槌がわりに「うぜっ」「きもっ」
小姑(姉は絶妙なタイミングで「可哀想」「気の毒」と旦那を小バカにしてた。
姑「私達の若い頃は(旦那に説教)」
舅「姑ちゃんは今も若いよ」
姑「今はそういう話じゃないの/////」
旦那に説教しながらいちゃつく舅姑。
姑「最初から何でもできる人なんて居ないの」
姑「お父さんが抱き締めるように包み込んでくれるから今の私がいるの」
舅「うんふふっ////」
小姑(妹「夫婦は一日にしてならずってことかぁ」
小姑)姉「あんたちゃんと聞いてた?」
味方のいない旦那はしょぼくれた顔で部屋にたてこもる。

旦那親姉妹は息子の不出来を詫びつつ気持ちよく帰っていった。

続きを読む

374: 名無しさん@HOME 2013/09/15 00:10:29
仲の良かった姉が、義兄の不貞等々が原因で発狂に近い形で精神を病み、その後自ら命を絶った。
私は姉の遺体と対面した途端怒りで逆上、
義兄を口汚く罵り、唾を吐きかけ、さらに殴りかかろうとするも周りに止められ、
事を荒立てる馬鹿者扱いされた。
その後も興奮収まらず、錯乱して叫び続けるので隔離された。
精神を病んだ主な理由は義兄の不倫。
この義兄は外面は大変良いが最低な糞で、
姉に不倫がバレた後も、離婚はしない、でもプリンともすぐには別れられないと抜かし、姉を苦しめ続けた。
他にも死ねなどの暴言、浪費等々エネ全開で、
姉はいつも不安と心配を山のように抱えて辛そうだった、本当に可哀想だった。
奴が姉を殺したも同然なのに、私の親族も義兄の親族も、誰一人公の場で義兄を責めなかった。
特にうちの親族は、事を荒立てると姉の子に会えなくなる(姉の死後義兄実家で同居)と言って、
不自然なほど押し黙ってた。
だから、暴れた私は空気を読まない馬鹿者扱い。
今でも義兄は罪滅ぼしのつもりか、たまにうちの実家に姪を連れて来てヘラヘラしてる。
うちの親族も大人の対応に徹して黙って受け入れてる。
残された姪のことを思えばそれが大人の対応なのかもしれないが、悔しい。
誰か一人でも姉の生前の苦しみと無念を思って、
なりふり構わず本気で怒らないと、姉が浮かばれないじゃないか。
こんな事態で空気読むって何なんだ、いかにも日本的で気持ち悪すぎる。
その後義兄は私に気を使ってか普通に接してくるけど、必要最低限の返事しか返さない。
どうしても許すことができない。
姉が自死したことによって、奴が一生逃れられない十字架を背負ったことだけがせめてもの救いだ。
今でも白々しい実家の集まりに行くのが苦痛で仕方ない。
途中から吐き出しごめん。

続きを読む

186: 名無しさん@HOME 2013/09/13 14:01:13
数年まえ、競馬好きの夫が馬を買った話
馬の通販雑誌のようなものを見てて発覚
結婚前からそれが好きだったことは知ってた
でも、ギャンブルには興味ないらしく馬券には手を出さず
やることといえば日曜の午後にテレビを見るくらいだった

馬って500万で激安の部類、夫が買ったのは2000万の馬
幸い丸々1頭ってわけじゃなくて、
会社の株のように所有権と金額をいくつかに分割したもののひとつ
それでもお値段数十万、そして生き物なので生活費とトレーニング代を
負担しなきゃいけないし、クラブには年会費がかかる
子供が生まれたばかりだったので離婚することもできず
その馬が走るたびに、胃を抱えながらレースを見てた
結局その馬は、なかなかいい馬だったようで、収支はややプラス
でもこれならすぐに結果がわかる分、馬券のほうが何倍もよかった

夫はその後、自分は馬を見る目があるんだと勘違いして
「今度はどの馬にする?」
二度と馬は買わないって言った約束は?とか
ものすごく低い確率をたまたま引き当てただけだよ?とか
もう言葉もなかった、なんかこれまでの疲れがどっと出た
今は弁護士挟んで離婚協議してる

続きを読む

171: 名無しさん@HOME 2013/09/13 12:28:11
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、死んだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、死んでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中では死んだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自殺未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。

続きを読む

63: 名無しさん@HOME 2013/09/11 23:54:34
伯父に監禁されてた。俺自体分かってないこと多いから、いらっとしたらごめん。
読んですかっとか、すきっとかはしないとも思う。

物ごころついた時から、農家やってる伯父の住む古い広い家に住んでた。
事情はいまだに分からないけど、両親は子どもの頃、何度か顔を
見たことがある程度で、甘えた記憶もほとんどない。
なぜ一緒に暮らしていなかったのかも分からないけど、伯父夫婦と住んでた。

農家を継げとか、農業手伝えとか特になかったけれど、伯父は俺を
ものすごく束縛してた。小学校の時から、学校終わったらダッシュで
帰らないといけないような時間に門限設定してた。遊んで帰ったら蔵に一日監禁。
蔵っていっても、防空壕みたいなところなので、真っ暗で何もなくて、死ぬほど怖いし寒い。
中学校ぐらいからは反抗したけれど、とにかく朝一日の予定を話し、門限が
設定され、嘘とかがばれたら折檻。塾とかもダメ。
反抗したら、学校の行き帰りまで、車で送られるようになった。
理由は何度聞いても「そういう決まり」という言葉のみ。反抗したら、蔵。
友人から家に電話かかってきても切られる。緊急連絡網とかも、お手伝いさんのみが
取っていて、俺に変わってもらえない。電話かけるのは、内容も相手も全部事細かに
説明させられ、横で立ち聞きされるような感じ。

窮屈すぎて、高校の時に同級生の家に家出したら、門限3時間越えたあたりで、
同級生の家に警察から電話があった。伯父、通報してた。帰ったら、蔵。

それ以外普通の人だったから、特に修羅場に見えないかもしれないけど、息苦しくて
死にそうだった。そんなわけで、高校卒業式で逃げ出したので、その後はよく分かっていない。
他は普通だけど、いまだに予定聞かれたり束縛されたりするのは、すごく苦手。

続きを読む

360: 名無しさん@HOME 2013/09/14 22:08:10
じゃあ、私の修羅場を。
人違いで、妊娠中に突き落とされたこと。犯人は、私のまったく知らない既婚女性の不倫相手だった。
その既婚女性、不倫相手に「夫の子を妊娠したから関係解消する」と一方的に音信不通に。
納得のいかない不倫相手。家は知らないからと、最寄り駅で張っていたらしい。
で、背格好が似ている、持っていたかばんが同じ。それだけの理由で間違われた。
もう一度話を!と思っていただけらしいんだけど、旦那に寄り添われて歩いている私を見てブチ切れ。
腹の子が何もかも悪いと、エスカレーターから突き落とされた。
正直、背中にドン!!という衝撃を感じたところからは、よく覚えていないんだけど。
落ちた!!赤ちゃん!!という意識だけはあったので、目が覚めたときにお腹のふくらみを確認してわあわあ泣いたよ。
さいわい、打撲だけで母子共に助かった。既婚女性のほうは、事件のショックで流産したけど。
しっかり地元紙にも載ってしまったし、慰謝料と治療費をもらって、私たちは引越し。犯人は塀の向こう。
今は平和にやってるけど、救急車で運ばれている間、完全な意識じゃない中で、赤ちゃんが死んでしまう映像が頭を流れ続けて本当に怖かった。

続きを読む

357: 名無しさん@HOME 2013/09/14 21:10:36
武闘系の修羅場はちょっと板違いでは?

そんな義実家の修羅場。

ウトは退職金が普通以上にがっぽりでた職種なので
「家の資産は○千万ある。」と常々言っていて、もらってる年金(それも並みより多い)以上の生活していた
その割に預金の管理はトメなので正確な資産状況は何年もは知らなかった模様

ウト個人的にまとまったお金が必要な時があり
資産の申告が必要だったため、今更ながら預金を精査したら
数千万どころか数百万レベルだと発覚したのが修羅場。ウトメまだ60代。
数年前にコトメが結婚したんだけど
このコトメ、30代なのに預金がほとんどなく
結婚相手がしきたりにうるさい地方の跡取り息子だったこともあって
玉の輿!と思ったトメが見栄張ってお支度&バブル結婚式をほぼ親がかりで挙げ
お支度には新車までもたせてたし
そして実家がみすぼらしいとコトメが恥をかくと言って家のリフォームもした
追い打ちでウトの発案でウト先祖の墓建て替え。墓石代と同じくらいに寺へ寄進
海外旅行にも行ったり
湯水のようにお金使って退職金が数百万レベルになってた

こんなに掛かってたのか!と今更驚愕のウト
改めて預金額見てみて、青くなったり赤くなったりのトメ
ずいぶん気前いいからもっといっぱい持ってるのかと思ってた夫
私の紹介でFPさんに家計見てもらったけど
「借金がないのが幸い。これからは年金の範囲内で生活してください」
とごく当たり前なこと言われた。
数年で数千万使い果たした後で年金額で生活宣告はかなりこたえたらしい。
それだって普通よりは多いんだけどな。

引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1378797900/

333: 1/2 2013/09/14 14:50:58
高校同士の抗争がはやっていた頃の修羅場

当時俺は清掃委員長をしていて掃除用具の入れ替えをしていた
すると校庭の方から悲鳴が聞こえた
後輩たち一緒に校庭まで行くと不良たちがバイクに乗って
うちの生徒を追い掛け回していた。
ヤバイと思った頃には遅くすでに何人かの不良がこちらに目掛けて
バイクで突っ込んでいた
後輩たちも驚いて固まってしまっていたので
「武道館まで逃げろ」
と叫んで逃げ出した
自分しか後輩たちを守ることが出来ないとなぜか思い込んでしまい
とにかく段差のある武道館に入れば助かるとと思って全力で逃げ込んだ
これで大丈夫と思ったがバイクに乗った不良たちは武道館の中まで
入ってきた。
ここまでは不良たちはご満悦だった

続きを読む

84: 名無しさん@HOME 2013/09/12 15:11:05
大したことないけど吐き出させてください

同じ年の従姉妹が出来ちゃった婚した
従姉妹はいわゆる本家筋の跡取り娘で結婚の際にかなり揉めた
出生届よりも後に婚姻届が提出されるくらい
昔は「出来ちゃった婚なんてありえないとか言ってたのに
人って変わるもんなんだなと軽く思ってた

そして従姉妹の子は産まれて1年もしないうちに亡くなった
原因は従姉妹が運転する車での自損事故
運転してた従姉妹とハンドルの間に挟まれて逝ってしまったらしい
従姉妹は無傷
この事故で従姉妹のお腹に2人目がいることが分かった
従姉妹は葬式で「○○○が命がけで守ってくれたこの子と幸せな家族をつくっていきます」とか言ってたらしい

らしいと伝聞がついてるのは私が葬式にいかなかったから
私は葬式と同じ日に父方祖父(従姉妹は母方の親戚で無関係)の一周忌があって
孫世代で出席可能なのが私だけということもあり
母だけ葬式に参列、私は従姉妹に事情を説明して謝罪の上で一周忌の方を優先した
(父親は遠方に単身赴任中で両方欠席)

後で聞いた話によると、従姉妹は「私ちゃんってほんとに冷たい!だからその年になっても結婚できないのよ!!!」
って、言ってたらしい(私20代半ば)

昔は同じ年齢ということもあってすごく仲良くて、真面目で情にあつい子だったのに
人ってこんなに変わるもんなんだなってかなり落ち込んだのが修羅場

続きを読む

496: 名無しさん@HOME 2013/09/15 23:00:04
二人目を授かって、やっと安定期に入ったので実家に報告に行った。実家にはでき婚して、夫のDVが原因で離婚し戻ってきた妹がいる。
2人目ができたよって言ったら、妹が、「はっ⁉ねーちゃん何言ってんの⁈」と大声をあげ、両親、私、子どもたちぽかーん。
妹曰く、私はシンママとしてがんばってる彼女のために子どもを増やしてはいけない。なぜなら、甥、姪にかけるお金と時間と手間が減るから。
さらに遺産も。
もうね。我が妹ながらバカかと…
確かに甥っ子たちはかわいいけど、うちの夫が大家族出身なので兄弟はたくさんいた方が楽しいねって話していたし。
「何人産もうがこっちの勝手だ。」と伝えて帰った。
翌日、甥っ子と姪っ子が我が家の玄関前に放置されていた。妹は失踪。携帯はつながらない。慌てて実家や妹の元夫に連絡をとったが、誰も行き先は分からない。
こっちも仕事があるから、子どもが通う保育園にお願いして一時預かりへ。
昼ごろやっと妹と連絡が取れたが、「何人も産みたいなら子どもはやる。悪阻も陣痛もなしに子どもが増えたんだ。ありがたく思え。」
「子どもがいるせいでまともな仕事につけず、服や化粧品も我慢してきた。なんで私ばかり。不公平!」
「気が済んだら帰るから、それまでねーちゃんの子どもとして育てとけ。金は払わない。」
ということを言われ、音信不通に。

続きを読む

このページのトップヘ