注目の人気記事

640: 名無しさん@HOME 2013/09/18 19:50:35
一月前
自分、アラフォーのババア
某作品を見に一人で出かけた。
作品を見る前に、近くのゲーセンでUFOキャッチャーを一回して失敗。
で展示物を見に美術館に入場、見てると何だかベッタリついてくる男の人がいる。
最初はババアだから自意識過剰だと申し訳ないので、気にしないようつとめて見ていたが
吐息がかかる位距離をつめてくる。
ちなみに無表情。
今日は平日だし、そんなに混んでないのでいい加減気持ち悪くなり
また今度見にこようとダッシュで退散。
見えなくなったので巻けたな?やっぱり自意識過剰だったんだ、言わなくて良かったわとか呑気に考えながら駅にむかうと、そいつがキョロキョロして周りをウロウロしていた。

続きを読む

811: 名無しさん@HOME 2013/09/19 23:11:13
自分が子供の頃に体験した修羅場
当時小1だった自分は幼馴染(女)と姉(小6)と三人で庭で遊んでた
庭には枠組みだけが残っているベビーベッドの残骸がありそこを秘密基地にするつもりだった
ダンボールで周りを囲んで蓋をすれば秘密基地だと中と外からダンボールをつけていた
ら、突然外で作業していた姉が同じく外にいた幼馴染を自分がいる中にいれ姉も入ってきて自分が持っていたダンボールを奪い蓋をした
なんだろうと思っていたら近所で飼っているシェパードが吠えながら庭に入ってきてベビーベッドの周りをグルグル回り始めた
自分くらいあるんじゃないかって大きさの犬に泣きそうになる自分と幼馴染を姉がぎゅっと抱きしめて「大丈夫」と言ってくれる
でもベビーベッドの高さは犬には簡単に飛び越えられそうだし枠の間から犬がこっちを窺ってるしで自分たちはパニック状態
ここで死ぬんじゃないかと思ってたら犬がどっかに去っていった。その瞬間姉は外に出て幼馴染を抱え家のほうにダッシュ
自分は見捨てられたのかと絶望しているとまた近づいてくる犬の鳴き声。慌てて自分も出ようとするが姉が

そこにいろ!動くな!

と叫びそれにビビった自分はフリーズ
靴を履いたままの幼馴染を家へと入れると姉はまた戻ってきてさっきと同じようにダンボールで蓋をし犬がまた去るまでそのままの状態
その後犬がいなくなってから半べその自分を抱え家へダッシュし家に入って始めてそこで安心して幼馴染と号泣した

という修羅場をついこの間思い出した
昨日姉が家に帰ってきたのでどうしてあの時幼馴染を先に助けたのか聞いたら「人様の家の子で女の子だったからねー。怪我させられないわ」と言ってた
母親の八方美人のせいでよく近所の子を預けられてた姉は自分に何があっても幼馴染は助けないと、と思ってたらしい
書いて思ったけどこれはもしかしたら姉にとっての修羅場だったかもしれない

続きを読む

545: 名無しさん@HOME 2013/09/16 13:16:05
今日体験したばかりの修羅場


車を運転していた時、ちょっと足がもぞもぞした。
くすぐったいかな、くらいだし車は止まらないからあまり気にしなかった
信号待ちの時に足を触ったら何かを捕まえたので見てみたら
それはもう立派な殿様バッタだった
多分幼稚園に持って行ったらヒーローになれるレベル
私はおんぶバッタは平気だけど殿様バッタは苦手
顔といい、体の形状といい、マジで無理
一瞬でパニックになり、でも信号は変わったからとそのまま発進
右手に殿様バッタを握りしめたままで。
「いやあああっ!バッタああぁぁ!」と叫ぶも外に出す事を忘れてた
吹きすさぶ風、手のなかでもぞもぞ動くバッタ、停車を思い付かない自分

ちなみにバッタは駐車場で投げたら元気に何処かに行った
とにかく事故らなくて本当に良かった……

続きを読む

133: 名無しさん@HOME 2013/09/13 02:24:34
新婚当時専業主婦だった。
両親共働きで一人っ子だった旦那は、
家に灯りがついていて家族と美味しいご飯が待ってるのが夢だと結婚前に語っていた。
私もその夢に同意して結婚して家庭に入ることに。

「いいなぁ主婦は気楽でしょ?俺なんてさ~」
といつからか旦那が毎日のように仕事内容を愚痴りながらちくちく嫌味言うように。
最初はお互い感謝しあう仲だったのに、
旦那はミサワな上から目線になり、
家事全てをあら探しするようになった。
そしてなんの相談もなく旦那親旦那姉妹を呼び、食事中私へのダメ出し。

134: 名無しさん@HOME 2013/09/13 02:31:53
どや顔の旦那だったが旦那親旦那姉妹はこぞって私をフォローしてくれた。
姑「私の若いときより美味しい」
小姑(姉「あんたこそお父さんの若いときより給料安いんじゃないの?」
小姑(妹「男のくせに小姑かよ!うざっきもっ」
舅「嫁子さんは充分お前に尽くしてるじゃないか何が不満なんだ」
それからは旦那が私を小バカにするたびに小姑(妹は相槌がわりに「うぜっ」「きもっ」
小姑(姉は絶妙なタイミングで「可哀想」「気の毒」と旦那を小バカにしてた。
姑「私達の若い頃は(旦那に説教)」
舅「姑ちゃんは今も若いよ」
姑「今はそういう話じゃないの/////」
旦那に説教しながらいちゃつく舅姑。
姑「最初から何でもできる人なんて居ないの」
姑「お父さんが抱き締めるように包み込んでくれるから今の私がいるの」
舅「うんふふっ////」
小姑(妹「夫婦は一日にしてならずってことかぁ」
小姑)姉「あんたちゃんと聞いてた?」
味方のいない旦那はしょぼくれた顔で部屋にたてこもる。

旦那親姉妹は息子の不出来を詫びつつ気持ちよく帰っていった。

続きを読む

374: 名無しさん@HOME 2013/09/15 00:10:29
仲の良かった姉が、義兄の不貞等々が原因で発狂に近い形で精神を病み、その後自ら命を絶った。
私は姉の遺体と対面した途端怒りで逆上、
義兄を口汚く罵り、唾を吐きかけ、さらに殴りかかろうとするも周りに止められ、
事を荒立てる馬鹿者扱いされた。
その後も興奮収まらず、錯乱して叫び続けるので隔離された。
精神を病んだ主な理由は義兄の不倫。
この義兄は外面は大変良いが最低な糞で、
姉に不倫がバレた後も、離婚はしない、でもプリンともすぐには別れられないと抜かし、姉を苦しめ続けた。
他にも死ねなどの暴言、浪費等々エネ全開で、
姉はいつも不安と心配を山のように抱えて辛そうだった、本当に可哀想だった。
奴が姉を殺したも同然なのに、私の親族も義兄の親族も、誰一人公の場で義兄を責めなかった。
特にうちの親族は、事を荒立てると姉の子に会えなくなる(姉の死後義兄実家で同居)と言って、
不自然なほど押し黙ってた。
だから、暴れた私は空気を読まない馬鹿者扱い。
今でも義兄は罪滅ぼしのつもりか、たまにうちの実家に姪を連れて来てヘラヘラしてる。
うちの親族も大人の対応に徹して黙って受け入れてる。
残された姪のことを思えばそれが大人の対応なのかもしれないが、悔しい。
誰か一人でも姉の生前の苦しみと無念を思って、
なりふり構わず本気で怒らないと、姉が浮かばれないじゃないか。
こんな事態で空気読むって何なんだ、いかにも日本的で気持ち悪すぎる。
その後義兄は私に気を使ってか普通に接してくるけど、必要最低限の返事しか返さない。
どうしても許すことができない。
姉が自死したことによって、奴が一生逃れられない十字架を背負ったことだけがせめてもの救いだ。
今でも白々しい実家の集まりに行くのが苦痛で仕方ない。
途中から吐き出しごめん。

続きを読む

186: 名無しさん@HOME 2013/09/13 14:01:13
数年まえ、競馬好きの夫が馬を買った話
馬の通販雑誌のようなものを見てて発覚
結婚前からそれが好きだったことは知ってた
でも、ギャンブルには興味ないらしく馬券には手を出さず
やることといえば日曜の午後にテレビを見るくらいだった

馬って500万で激安の部類、夫が買ったのは2000万の馬
幸い丸々1頭ってわけじゃなくて、
会社の株のように所有権と金額をいくつかに分割したもののひとつ
それでもお値段数十万、そして生き物なので生活費とトレーニング代を
負担しなきゃいけないし、クラブには年会費がかかる
子供が生まれたばかりだったので離婚することもできず
その馬が走るたびに、胃を抱えながらレースを見てた
結局その馬は、なかなかいい馬だったようで、収支はややプラス
でもこれならすぐに結果がわかる分、馬券のほうが何倍もよかった

夫はその後、自分は馬を見る目があるんだと勘違いして
「今度はどの馬にする?」
二度と馬は買わないって言った約束は?とか
ものすごく低い確率をたまたま引き当てただけだよ?とか
もう言葉もなかった、なんかこれまでの疲れがどっと出た
今は弁護士挟んで離婚協議してる

続きを読む

171: 名無しさん@HOME 2013/09/13 12:28:11
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、死んだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、死んでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中では死んだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自殺未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。

続きを読む

63: 名無しさん@HOME 2013/09/11 23:54:34
伯父に監禁されてた。俺自体分かってないこと多いから、いらっとしたらごめん。
読んですかっとか、すきっとかはしないとも思う。

物ごころついた時から、農家やってる伯父の住む古い広い家に住んでた。
事情はいまだに分からないけど、両親は子どもの頃、何度か顔を
見たことがある程度で、甘えた記憶もほとんどない。
なぜ一緒に暮らしていなかったのかも分からないけど、伯父夫婦と住んでた。

農家を継げとか、農業手伝えとか特になかったけれど、伯父は俺を
ものすごく束縛してた。小学校の時から、学校終わったらダッシュで
帰らないといけないような時間に門限設定してた。遊んで帰ったら蔵に一日監禁。
蔵っていっても、防空壕みたいなところなので、真っ暗で何もなくて、死ぬほど怖いし寒い。
中学校ぐらいからは反抗したけれど、とにかく朝一日の予定を話し、門限が
設定され、嘘とかがばれたら折檻。塾とかもダメ。
反抗したら、学校の行き帰りまで、車で送られるようになった。
理由は何度聞いても「そういう決まり」という言葉のみ。反抗したら、蔵。
友人から家に電話かかってきても切られる。緊急連絡網とかも、お手伝いさんのみが
取っていて、俺に変わってもらえない。電話かけるのは、内容も相手も全部事細かに
説明させられ、横で立ち聞きされるような感じ。

窮屈すぎて、高校の時に同級生の家に家出したら、門限3時間越えたあたりで、
同級生の家に警察から電話があった。伯父、通報してた。帰ったら、蔵。

それ以外普通の人だったから、特に修羅場に見えないかもしれないけど、息苦しくて
死にそうだった。そんなわけで、高校卒業式で逃げ出したので、その後はよく分かっていない。
他は普通だけど、いまだに予定聞かれたり束縛されたりするのは、すごく苦手。

続きを読む

360: 名無しさん@HOME 2013/09/14 22:08:10
じゃあ、私の修羅場を。
人違いで、妊娠中に突き落とされたこと。犯人は、私のまったく知らない既婚女性の不倫相手だった。
その既婚女性、不倫相手に「夫の子を妊娠したから関係解消する」と一方的に音信不通に。
納得のいかない不倫相手。家は知らないからと、最寄り駅で張っていたらしい。
で、背格好が似ている、持っていたかばんが同じ。それだけの理由で間違われた。
もう一度話を!と思っていただけらしいんだけど、旦那に寄り添われて歩いている私を見てブチ切れ。
腹の子が何もかも悪いと、エスカレーターから突き落とされた。
正直、背中にドン!!という衝撃を感じたところからは、よく覚えていないんだけど。
落ちた!!赤ちゃん!!という意識だけはあったので、目が覚めたときにお腹のふくらみを確認してわあわあ泣いたよ。
さいわい、打撲だけで母子共に助かった。既婚女性のほうは、事件のショックで流産したけど。
しっかり地元紙にも載ってしまったし、慰謝料と治療費をもらって、私たちは引越し。犯人は塀の向こう。
今は平和にやってるけど、救急車で運ばれている間、完全な意識じゃない中で、赤ちゃんが死んでしまう映像が頭を流れ続けて本当に怖かった。

続きを読む

このページのトップヘ