注目の人気記事

594: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/11 13:29:47 ID:fkdfkAu6
俺の修羅場はというと、先週末に従兄の元嫁母娘がやってきて
「お前のせいで離婚するハメになったんだから責任とって結婚しろ! 養え!」
って騒がれたことですかねー。おかげで事情聴取体験するし、さんざんだ。
まあ、偶々外出時に元嫁といちゃついてるおっさん見かけたのが離婚の発端だから、俺が原因ってのはある意味正しい。
でも、従兄にカッコウよろしく託卵してるような腐れビッチと結婚なんて無理です。絶対無理。
そもそも大学生にババア2人も養う甲斐性はありません。あってもあんなのとは死んだってごめんだ。
従兄の弁護士さんと連絡とって対応してるところですけど、面倒だなあ。
あのオバハンがたがポックリ行ってくれたら楽だなんて、2ちゃん以外じゃ死んでも言えない。

続きを読む

472: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/02 08:11:41 ID:XBiLcwE9
20年以上前に巻き込まれた修羅場の話。

彼女とセクロス後まったりしてたら電話が来た。多分0時過ぎ位
だったと思う。こんな時間に誰だと思って出たらバイト先の店長の
奥さん。俺と彼女は同じバイト先で、店長と奥さんとも仲が良い関係。

電話で話をしたが、か弱い声で助けてくれとか今すぐ来てくれとか
ただ事でない気配。外は大雨だったが、彼女を残して行くことにした。

大雨の中カッパ着て原付飛ばして10分ほどで到着。呼び鈴を押すが
返事がない。鍵が掛かってなかったので玄関に入った。

入った途端、灯油の匂いと焦げ臭い匂い。おいおいと思って部屋に
入ったら、奥さんが上半身裸でぼーっと立ってた。結構オパーイ綺麗w
しかも、髪がドリフの爆発コントみたいな状態w 超ビビったww

呆然としてる奥さんに話を聞くと、店長の浮気問題で揉めた挙句、
灯油かぶって火をつけようとして、揉み合ってるうちに着火、
火は消したが店長大やけどらしい。言われてみると奥さんも
あちこち火傷してる。店長はどこか聞いても要領をえない。
家の中探そうかと思ったけど恐いので後回し。

とりあえず119番に通報。警察も呼べと言われたんで110番にも電話。
ふと机の上見たら、包丁の柄にタオル巻いたのが置いてあった。
おいおい、こんなん警察がみたらヤバイんじゃねと原付のメットインに
隠した。証拠隠滅、俺犯罪者w

場所が狭い路地で入り組んだとこなんで、大雨の中またしてもカッパ
着て誘導のため外で待機。まもなく消防と救急車到着。奥さんを救急隊員
に引き渡してたら、家の中からうーうー唸りながら店長が出てきた。
両腕ヤケドでベロンベロン。うっは、マジ恐いww

続きを読む

454: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/30 19:09:18 ID:P/bfAIgP
今思い出すと若干笑える話だけど

彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。
誰もいない山道を二人でどうでもいい話をしながら歩いていた。
さっきから道中でチラチラと狸を見かけていたので動物の話をしていたら彼女が熊も出ると言い出して
地元で昔キャンプ中の人達が熊に襲われた事件があったのを思い出してその話をしだしていたところ、
突然数メートル先で横の斜面から土や落ち葉と共に何かが滑り落ちてきた。

二人でびっくりして瞬間的にダッシュで逃げようとしたけど、落ち着いて見てみると
落ちてきたのは何故かズボンがほとんど脱げてる40代くらいの女性だった。
女性はピクリともしなくて、山中で襲われて逃げてきたのではないかとか別の恐さを感じながら彼女とゆっくり近づくと「プスーーー」と女性がオナラ(多分)をした。
突然のオナラで笑いそうになったが、地面をよく見ると失禁しているのにも気づいてこれは非常事態だと確信した。
とりあえず脱げかかっていたズボンを上げて仰向けに寝かせたが、全身傷だらけというか落ち葉だらけで気を失っているみたいだった。
電話(共にvo○afone)が圏外で助けも呼べなくて困っていると、山道の先の方から男性が「無事ですかー!!」と叫びながら走ってきた。
話を聞くと男性と女性は夫婦で俺らと同じく山登りに来ていたのだが奥さんが用を足しに道の端っこで座りこんだ瞬間に足元が崩れて下に転がっていったらしかった。

旦那さんの方も数百メートルとはいえ山道を必死で駆け下りてきたので息が上がって座り込んで真っ青な顔で苦しいとか言い出したので、
俺は助けを呼ぶために走って山道を引き返してたら途中で他の登山者に偶然会って、その人に事情を説明してその人の電話でレスキュー隊を呼んでもらった。
幸い夫婦はどちらも命に別状はなかった(奥さんは数箇所の軽症の打撲、旦那さんは貧血)。その後お礼の手紙を頂いたり披露宴の時には電報まで頂いたりしたが
奥さんが尻丸出しで俺らの前に現れた事は未だに秘密にしている。

続きを読む

531: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07 18:03:21 ID:rAqPkTbG
小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた。
自分は見た目は全くアレだったが、成績が女の子で一番よかったのと、
祖母が厳しかったので素行もよく見えて、息子の嫁に!って妄想されてたらしい。

そこの息子は「勉強ができなくなるから」と塾以外の習い事(皆がやってた少年野球とか)は
一切させてもらえず、「悪い友達がいるから」と外にもろくに出して貰えないもやしっ子だった。
接点といえば集団登校の時だけ。人見知りがだったのか、口を利いてくれたことは
ほとんどない。それなのに私はなぜか嫁認定だった。

その子は母親のルート通り医学部に無事入って、卒業したら結婚させるわ!
家の敷地内に開業させるわね!実家も近いから安心よね!
と脳内お花畑が完全に花開いて、両親に「あの家の前通って帰らないほうがいい」と
心配されるほどになった。

ところがしばらくして息子のターンが来た。
授業が忙しいから、と大学の近くにアパートを借り、
サッカーサークルに入り、マネージャーの彼女が出来、ともやしっ子からリア充に。
アパートにおかずを届けに週4ペースで通っていた母親、
彼女を連れて帰宅したところにばったり。
キレて「あなたは私子ちゃんと結婚するんでしょ!」と怒鳴ったら、
当然逆ギレされて、「何でも母さんの言うとおりになると思うな!」と言われ、
初めて反抗された…とショックで馬鹿泣きしながら我が家に駆け込んできて、
「私子ちゃあああん、今すぐ結婚して!あんなわけのわからない女の子イヤ!」
と私の部屋に凸してきた。

そして、部屋の壁に、買ったばかりのリクルートスーツが吊るしてあるのを見て、
「私子ちゃんは結婚するんじゃなかったのおおおおおおお」とプッツン、
脱力して座り込んでさらに大泣き。
慌ててあと追ってきた母親と、私はどうしていいか分からず立ち尽くす。
旦那さんを呼んで引き取ってもらうまでが修羅場でした。

続きを読む

586: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/10 21:47:08 ID:Cox62lJC
長男が生まれる時の話。嫁はフルタイムで働いていて、そろそろ産休に入ろうと
していた。産休明けに子供を預ける保育園もいい所が見つかったので、それぞれ
の両親にも見てもらおうという事になって、まず新幹線の距離に住む嫁両親がやっ
て来た。二人を保育園に連れていって、園長先生に園内を案内してもらった。二
人はあまり質問もせずに園長の話を聞いていた。

続きを読む

522: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07 01:22:32 ID:YHUGTqch
30~17年前の話。
5歳の頃、一歳年上のA子ちゃんという子が近所に引っ越してきました。
うちの近所は男の子ばかりで、初めて近所に女の子の友達が出来て嬉しかったのを覚えています。
毎日どちらかの家の庭でおままごとをして遊んでました。
そして私が幼稚園の6歳、A子ちゃんが小学校に上がった7歳の時。
私が幼稚園から帰ってきて、玄関先(A子ちゃんはうちの前を通らないと家に帰れない)でA子ちゃんが小学校から帰ってくるのを待つってことをよくしていました。
ある日、A子ちゃんの家に行ったとき、A子ちゃんが写真を取り出して泣いていました。
お母さんに会いたいって泣いてました。写真はこれだけしかないの・・・お姉さんが怒るから。
お母さんの写真は全部捨てられた、と。
写真を見せてもらうと、黒髪でウェーブで、ちょっとぽっちゃりした赤い口紅の女の人が写ってました。

そしてそれからしばらく経った夜、A子ちゃんが「お姉さん」に連れられて私の家に来ました。
お姉さんを見たのはこの時が初めてです。
「A子に宿題やってからYちゃん(私のこと)と遊びなさいって言ったんだけど!!A子宿題まだやってないの!!どっちが遊びに誘ったの!?」
「もうA子とは遊ばないでね!!」と言って帰っていきました。
凄く怖い顔でした。A子ちゃんはお姉さんの後ろで泣いていました。
お姉さんはとても若くて、髪の毛が茶色で長くて、顔も怖かった。お姉さんがうちに怒鳴り込みに来た時のことは鮮明に覚えています。
それほど怖かったです。
そしていつものように玄関先でA子ちゃんが帰ってくるのを待っていると、帰ってきたA子ちゃんは「お姉さんが怖いからもう遊べない」って言って走って行ってしまいました。
そしてしばらくしてA子ちゃんは引っ越していきました。
最後にA子ちゃんがうちに来てくれたとき
「お姉さんとお父さんと引越しする」「Yちゃんバイバイ」というような会話をしたのを覚えています。A子ちゃんは泣いていました。
私はそれからも時々A子ちゃんと遊んだ日々を思い出したりしましたが、あの「お姉さん」の存在が疑問というか変な感じがして引っかかっていました。
あの怖い女の人は誰だったんだろうと。
あの人が来てからA子ちゃん泣いてばっかだったなぁと。大丈夫かなぁ・・・と。
長文になりましたがここまでが前提。

続きを読む

548: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/09 18:14:57 ID:idTDOC3E
今日の修羅場
大好きなウニが懸賞で当たったので食べていたら途中から喉が痛くなり顔と背中が腫れあがった
虫に刺されたのかと思ったらどんどん広がって行き呼吸困難起こした
これで休みが全部潰れた、あーどうせいい気味とでも思ってんでしょうね。もしかしてここに書き込んでる奴が変な物混ぜたんじゃないの

続きを読む

このページのトップヘ