注目の人気記事

447: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/04 23:22:42 ID:kkC/G6UR
義兄嫁の姉って言う一回位しか合った事ない人に息子チェンジしろって家凸されたww

シングルマザーで息子と同じ年の子がいる。
義兄嫁宅でお盆の時に撮った集合写真とかにいる息子見て、うちの子だ!って思ったらしく、
再婚相手にも、息子だと紹介して写真見せたらしい。


だから夏休み中で息子しかいない我が家に突撃してきた。
アナタは本当は私の子なの!って連れ出そうとしたらしい。
部屋に逃げ込んだ息子から電話が合ったので、駆けつけたら、ドア傷だらけだったわ。

とりあえず連絡してあった義兄と一緒に捕獲した。
話し合いしたが、よくわからなかったわ。
私と王子を引き離すのねーとか、アレと交換しろ!とか、破談したらお前らのせいだーとか。髪の色違うじゃねぇかとか。

最終的に、精神のお薬貰う人なのと、子がいると言う事で相手の家に強制送還で話がまとまった。  


息子が相手の言葉を受けてか、躊躇いがちに、家族だよね?って聞いて来た時は悲しかったわ。

髪の色違うのは、息子が色素が薄いので、明るい茶髪みたいになってるからだし、
妻がお腹痛めて産んだ子が息子なのは間違いようもない。

手首に掴まれた跡みたいなのも合ったし、連絡してる間、ドアをガンガン叩かれてるし、トラウマみたいにならなきゃいい。

続きを読む

275: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/29 22:26:01 ID:B1Mhs1zc
自分でもどういう状況なのか分からないけど厄落としに。

仕事上、現場が毎日違うので車でわりと走り回る事が多いです。その日も現場に向かうため走っていたら、40前後下膨れの男性と目が合いました。
「どっかで見たことがある気がする」と思ったけど思い出せないしいいやと忘れていました。
それから何ヵ月かして車で走っていてたら嫌な感じがして見たら下膨れ?にすれ違い様睨まれていました。
「私この人に何かした?つーか誰だよこのおじさん何の接点もなくない?何睨んでんの?」と思いましたが考えるだけ無駄なので仕事に向かいました。

続きを読む

453: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05 02:27:04 ID:/lMk6WQg
ちょっと昔の話。iPhoneからなんで改行変ならすまない。
取引先の社員とよく麻雀をしていたんだが、ある日そこの社長に「(麻雀)打ちにいくぞ!」と言われてちょっと小洒落た雀荘に打ちにいった。
社長にレートは幾らなのかと聞くと、社長は指を一本たてた。普段打っているレート通りならば指を一本たてるのは千点100円のレート、一局あたり最大6000円程度動く。
これくらいなら打てるなと思い、入店、最初の局を普通に打ってトップを取った。しかし、精算に入ると俺は腰を抜かした。
そこには当時の俺の月給分にあたる金があった。社長の言っていた指一本、それは千点100円では無く、千点10000円の超高レート麻雀だったのだ。
しかし、金が無いからと帰りますと言ってしまっては社長の顔を潰してしまうし、何より金も持たずにうちに来たことがばれたら店員の怖いお兄ちゃんになにされるかがわからないので打ち続けるしかなかった。これが最大の修羅場。
結果的には最初のトップで得た貯金を切り崩しながらなんとか最後まで打ち切ることが出来た。店をでた時に浴びた日光を俺は忘れない。

続きを読む

454: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05 05:08:19 ID:Auk5wop6
携帯からなんで読みにくかったらすみません

昔働いていた職場は徒歩10分。
そこの職場が経営する老人用マンションに住む顔見知りのAと言うお婆さんがいた。
職場でも時々会うそのAさんは良い所で育ちましたみたいな感じでお化粧して服装もお上品な感じで愛想も良くて面倒見も良いから顔と名前を直ぐに覚えた。

ある日、仕事から帰っていると橋の上によれよれのお婆さんが立っている。
薄暗いから良く見えないけど、Aさんに良く似ている気がした。
普段なら気付いて向こうから挨拶してくれるのに、真横を通ったけど挨拶も無い。
だから別人だろうと思いながらも、なんだか幽霊みたいで怖いなーと思いながら帰宅した。
翌日出勤したらAさんが橋から飛び降りて入院した、うつ病らしいとの事。
あの時、声をかけていたら、何か変わったかもしれないと落ち込んだ。
それから数日後、夜に犬の散歩に出ようとした母親が「何してるの?」「こっちに来て」とか玄関で言ってる。
犬でも迷い込んだのかな、と思ったけど、母親の声が何かおかしい。
揚げ句父親を呼びはじめて自分も玄関から顔を出した。
ちょっと複雑な構造をしてるから説明しにくいんだけど、我が家は三階。
玄関開けると屋上みたいなスペースがあって、柵の向こうに人がいらっしゃる。
しかもAさん。
子供の頃に柵の向こう側で遊んでたから抵抗無く、無意識にAさんと同じ場所に立って、足を踏み外しても大丈夫なようにガッツリ支えて親に通報して貰った。
因みに柵は胸元まであるから下手に引き上げようとして、暴れられたら間違いなく落ちる。
警察が10分たっても来ないから急かすように父親に伝えたり、Aさんを落ち着かせようと声掛けしたりした。
警官二人で引き上げてもらい、入院先と住所と名前を伝えたりした。
病院から抜け出してなぜか我が家にたどり着いて死のうとしたらしい。
深夜に上司に電話して事情を伝えて、一段落したら気が抜けて私、大泣き。
本当に怖かった。


一旦切ります

続きを読む

458: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05 12:03:49 ID:NTtaaO92
元妻の不倫が発覚して離婚したのが最大の修羅場
長々書くのはめんどいので少し簡潔に
3年前の話だが、繁盛期の関係で連日仕事からの帰宅が深夜になっていた
今日の仕事は午前中だけでよいと社長からお達しがあったので、家に帰ると寝室で不倫相手と一戦交えていた
不倫相手を逃がさないようにドアの前に陣取ってこれはどういうことだ!と詰問開始
毎日深夜に帰ってきて浮気してたんだろう!だから私も!子供ができないのはお前の種のせいだ!と罵られた
埒が明かないので実家両親と元義実家両親召喚
即離婚話と慰謝料について話しをして、次の日に離婚届提出
住んでいた家は俺名義だから、荷物まとめて追い出した
元妻はこれで不倫相手と一緒になれるわーとルンルンだったが、不倫相手は知らないところへ逃げて行った
一年経って、慰謝料が全て支払われたら、元妻から復縁メールがガンガン送られて来て、着信も定期的にあるようになった
メアド変更と着信拒否をしたら、家の前で待ち伏せなどでストーカー化
警察と弁護士入れて接触しないようにした
そして昨日、元義実家から手紙が来て復縁してクレクレ
また弁護士のお世話にならなくてはいけないようだ
どうでもいいことだが、子供ができなかったのは、元妻が原因だった
ここまで書いて気づいたが、修羅場が今でも続いていた

続きを読む

322: 1/2 2013/08/31 12:54:41 ID:cX8kpmuU
小学5年生のある朝、半分寝ぼけた状態で起きたわたし。なぜか毛布を引きずりながら台所のドアを開けた。
が、その台所は炎の柱が立ち上ってて、その炎のまわりで両親が「水ー!!火事ー!!」と大騒ぎしてた。
寝ぼけてるわたしは今一何が起こってるかわからず、ただその光景をぼーっと見てるのみ。
そのうちわたしの存在に気づいた母が「その毛布貸して!」と言うも、わたしは「これお気に入りだから嫌!」と拒否。
両親は燃えさかる鍋の火を何とか消そうとするも、一軒家で消化器なんてなく、仕方なく父が床のキッチンマットで鎮火させようと鍋の上から被せた。

続きを読む

328: 他に比べれば、大した事じゃないかも 2013/08/31 14:42:31 ID:szV/zcem
弟が中1の2学期から卒業まで不登校になったこと。原因は担任の糞教師♂。

和裁が得意だった祖母の血を継いだのか、弟はものすごく手先が器用+凝り性。
小2くらいから手芸に興味を持ち、手芸教室に通ったり独学で練習したりして、家族の贔屓目抜きにしても相当な腕前に成長。
不器用な私は、夏休みの宿題の雑巾。弟に縫ってもらってましたw

そんな弟も中学生になると、人目を気にしたのか、家族や親しい人の前以外では手芸が得意な事を隠すようになった。
しかし、中1の夏休み明け直後、手芸が得意である事を担任に知られてしまった事で状況一変。

続きを読む

386: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/03 17:01:08 ID:dtX+HooO
その昔、財力のあるメンヘラに絡まれたことがある。
当時の彼氏にそのメンヘラが惚れたせいで
別れろ別れてくれそれでなければ私が壊れるそしてその前に貴方を壊す
みたいな危ない内容の手紙を何度も送りつけられて来たりした。
ある日、郵便ポストを開けたら、その中にぎっしりリカちゃん人形の頭だけが
詰められてて本気で悲鳴上げた。
私のデカい悲鳴で飛び出してきた同じマンションの住人さんも腰抜かした。
足元に髪の毛ザンバラな人形の頭が幾つも転がってるんだもんな…
私も修羅場だったが先方さんも修羅場だっただろう。
ついでにボディの方もバラバラにされてそっちは自室の郵便受けの方に突っ込まれてました。
超怖かった。

続きを読む

294: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/30 21:41:37 ID:RlDYjtlR
統合失調症の母親が「自殺したい。ひとりで逝くのは寂しいから一緒に死んで欲しい。」と言い出した。
その頼みを断った日の夜中、ふと目を覚ましたら
枕元に母親が立っていた。
そうして自分の顔をじっと眺めていた時が人生最大の修羅場。


幼稚園の頃は教育ママではあったと思うが、まだ風邪を引くと
自分の好きな焼きリンゴをつくってくれたりする優しい面もあった。

小学校1年生の時には、母親は発病していたと思う。最初におかしいと
気づいたのは、母親が実家の祖母と電話した後、
「きっと今の電話、お父さん(夫)はこっそり聞いているわよ。」と必ず自分に話すこと。  続きます。長文です。

続きを読む

このページのトップヘ