注目の人気記事

225: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/28 20:13:48 ID:xQPL9O3h
今から30年以上前の小3のとき、土曜の午前中授業が終わり家に帰ってきた。
当時、カギっ子だった俺はいつものように用意してある昼飯を食って、午後は遊びに行こうと呑気に考えていた。

家はアパートだったんだけど、ちょっと変わった構造で、一階部分が駐車場になっていてその上に2階建ての建物があるという形だった。
俺の家は101号室で、下から階段上がってすぐのとこだった。

アパートの下の階段に着いたとき、ふと上を見上げると、2階の手前の部屋(201号室=俺ン家の真上)前に作業服みたいなのを着たオッサンがいた。
そこの部屋は女子大生のお姉さんが住んでいたと思ったが、よ~く見るとオッサンの手には包丁が!

オッサンは片手で包丁を前に突き出すように持ち、もう片方の手でドアノブをガチャガチャと回している。
「え?泥棒?強盗?」
と思いながら、俺はその場から逃げ出すのではなく、オッサンに気づかれないようにそおっと部屋のカギを開けて家に入った。

もちろん、すぐにドアのカギをかけてチェーンロックもした。

続きを読む

63: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/20 17:03:28 ID:25iauQld
三年くらい前の話
同僚の結婚式で自分が原因?で起こった修羅場
会社の同僚である新郎サイドで式に参加
結婚式も問題なく進行
最後に新婦が後ろ向きでブーケトスしたんだが、女性陣がブーケ待機しているところではなく、自分達がいる男性陣エリアに飛んできた
男がブーケ取るのは良くないし、取らずに避けて地面に落ちるのも悪い
なので、中学校から大学までやってたバレーよろしく、ブーケを女性陣方向にトスした
すると、女性陣の中にいた一番背の高い女性がブーケをアタックして新婦に当てた
アタックした女性は「うわああああ!ご、ごめんなさい!つい反射的にアタックしちゃった!ごめんなさい!」と土下座張りに新郎新婦に謝ってた
ナイストス上げたお前のせいじゃね?と他の同僚に言われ、みんながこっち見た時が自分にとって修羅場だった
アタックした女性は「いえいえいえいえ!ナイストスでした!アタックした私が悪いんです!」と言ってきたけど、自分も超困惑してて、「いやいや、ナイスアタック!」と言ってしまった
それを聞いて周りが爆笑してくれたから、それ以降嫌な雰囲気にはならず、再度ブーケトスして式は終わった
バレー馬鹿だったが故に起こった修羅場だった

続きを読む

690: 名無しさん@HOME 2013/09/29 00:23:56
昔って年齢関係なく遊んでて、幼稚園から小学生くらいなら一緒に遊んでたでしょ
俺はどこに遊びに行くときも弟を連れて行かなきゃいけなくて
少しめんどくさいとは思ってたけど、それが普通だった
そんな夏休みの出来事

スイカに日本酒かけて山の中に置いておくと、カブトムシが集まるんだよ
週に何回かそんな事やって、カブトムシ採ってて
夕方というか夜に山にスイカ&日本酒を仕掛けるんだよね

で、翌朝、ラジオ体操に行く数時間前に起きて、現場に確認しに行くの

その日もたくさんカブト&クワガタが採れて、最高潮の俺達子供軍団
自転車で山に行くわけだから、帰りは下り坂、「ヒャッホー!」って気分
虫かごは甲虫で満タンだしねw

その日は8~9人くらいだったかな・・・
山からの帰り道で自転車軍団の先頭は俺の弟だったんだけど
直線の下り坂で弟が物凄く派手に転んだんだよ
自転車は何回転回ったか分からないくらい飛んでいくし、弟も回りながら滑る感じで

直線下り道で何で転んだのか分からないし、
とりあえず止まって弟のところに行ったら、おでこから血を流してた
二箇所に穴が開いてて、流血、まぁ、転んで擦り傷もたくさんあるけどね

で、近くにクワガタが落ちてて、俺達上級生は「あぁ・・・」ってなったの

飛んでたクワガタがおでこに当たって突き刺さったんだねwww

実際の怪我は転んだ怪我の方が酷かったんだけど
おでこの二つの穴は絆創膏は貼らずに、話のネタになってたよw

子供には修羅場だったが、結果は笑い話かw、田舎の話でごめんね

続きを読む

721: 名無しさん@HOME 2013/09/30 03:55:52
非難されるの覚悟して書く
震災時に避難所で妻が子供に粉ミルクをあげてたら、「私の子供にも分けてください」の声
見ればその人は3歳ぐらいの幼児を連れていた
家があれば別だろうが、震災直後はすぐにコンビニに行かない限り、水も食べ物もない
特に赤ちゃんのミルクなんて貴重でまず手に入らない
幸い家は津波にあったものの、家の中が水でかき回されるぐらいですんでいたから
封の切っていない粉ミルクの缶やペットボトルは無事だった
でも俺は断った、その時はどれくらいで国の支援物資が到着するかも不明、届いてもその量は限られるに決まってた
子供にはこういうときこそ栄養を取ってほしいし、余りをほかの人に上げるくらいなら妻に飲んでほしかった
それにその人にあげたら、幼児を抱えたほかの人にもあげなきゃいけなくなってしまう
だが、その場の助け合いの同調圧力がひどくて、移動するまで針のむしろ
その人は何度も来るわ、その度に周囲の視線がきつくなるわ、お節介なおばさんが「少しぐらい…」と横槍入れてくるわ
こっちだって労働力がほしいっていうならいくらでも協力するよ、みんなの、ひいては俺の家族のためになるなら
だけどこの食料って一方的な提供で、誰かが代りのものをくれるわけでもない
余震の中、完全に水が引いていない家で命がけで見つけてきたものでもあるし、
それを簡単に、「こういうときこそ云々」と人の物でいい事しようとする連中に囲まれたのが修羅場

続きを読む

678: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/10 20:10:22 ID:vtpL5E1g
お札の肖像デザインが変更になった時の話。
深夜遅くに携帯に知らない番号から電話がかかってきたので出てみると
普段あまり絡まないクラスメイトの女子(A)からだった。
私はこのAと昔色々あって大嫌いだったのでこの時点で('A`)ウヘァになり、
眠いのもあって 早々に話を切り上げようと思った。
「何用か」と訊ねる私に、電話の向こうで何故かハイテンションになっていたAはこう言ってきた。

続きを読む

10: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/17 12:22:03 ID:zuKP4qbG
優しくて高給取りでイケメンの婚約者が、妹を虐待している鬼畜だった。
しかも性的虐待もあった。
婚約者の子を中絶した妹さんが、周囲の助けもあって覚醒したらしく、
彼女の弁護士さんから連絡があった時は目の前が真っ白だった。
最初は「俺を信じろ」だった婚約者が、だんだんおかしくなって行って、
最後には「俺を信じないのか!」と言って髪を掴んで引きずり回された。
顔をひっかきまくって、昔やっていた空手の蹴りを顔面に入れて逃げた。
もちろん婚約解消したけど、「大人しそうだったから告白したのに、詐欺だ」と言われた。

最近、違う男から告白されて付き合ったら、同じこと言われてふられた。
背が低くて黒髪だからって、大人しそうだと思われるのは心外だ。

続きを読む

36: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/19 20:15:21 ID:2VuHfqJC
中学の修学旅行の後。
担任が「修学旅行の件で大事な話があります。LHRの後、皆、部活に行かずに残っているように」と
通達してきたので「何があった…?」「何かやった…?」「野球観戦の時に盛り上がりすぎた…?」と
全員gkbr。

色々話し合ってたら、担任と副担任が箱抱えて入ってきた。
「全員、この箱から一つずつ取りなさい」と指示された箱はポカ○スエットと上等なシャーペン(多分2000円くらい)。
「野球の観戦の時のお弁当に入っていた切り干し大根が傷んでいたそうで、お弁当業者さんからお詫びが届きました。
シャープペンシルは自由に使って下さい。ですがポカ○スエットは教室外への持ち出しは禁止します」
「先生、意味が分かりません」
「要するに今すぐ飲み干しなさい。他の学年にバレてはいけないので」と飲まされたこと。
500mlならともかく、2Lはきつかった。
しかもうちの学年は切り干し大根を食ってたのは一人か二人で、食った奴も特段異常はなかったのだが。

これも修羅場だったが、最大の修羅場は、高校に進学してこの時のことを思い出してネタにしていたら、
「班行動で撮影した記念写真」、私が買った分だけどう見ても心霊写真だったこと。焼き増しだから同じ写真のはずなのに、
私の分だけAくんの肩の辺りに口髭のおじさんがはっきり写っていた。
ネタにしていたのが8月15日だったので、友人達は「私の分は普通の写真だからっ」「私聞かなかったことにする!」と
逃げ帰りやがった。

続きを読む

823: 名無しさん@HOME 2013/09/30 18:04:00
両親の修羅場。

父は農家の長男だった。そこへ20で嫁いだ母。
ウトはアル中だった。
私の幼稚園の運動家の時に隠してあった焼酎をのみ、急性アル中でぶっ倒れ半身麻痺になる。
しかもその頃、ウトの借金が発覚。
結構大きい農家だったので田畑はたくさんある。
父と母は親戚と相談して田畑を売ることで借金の返済にあてることにした。

借金を返すと、親戚と小トメたちが一転。
財産を盗んだと騒ぎ出す。
いやいや、同意したじゃんw
そしてやはり小トメが可愛いトメは、父と母を財産泥棒扱い。
私が4歳のときに家を追い出された。
父と母は10万だけもって家を出たそうだ。

何とか働き、父も母も私と妹を立派に育ててくれた。
貧しかったのに大学にも行かせてくれた。
もちろん大学の学費は返した。
大学の時、トメとウトぶっ倒れる。
小トメ達は嫁いで家に寄り付きもしない。
そこで介護要請が来たのだが、母と父は「もう○○家のもんじゃないんだろw」(追い出されるときに言われた)と無視。
家は荒れ果て、ウトは自分で動けないし、トメは痴呆が始まった。
さすがに近所に迷惑かけるので、施設に入れた。
年金で賄える程度の施設。
施設で「△△(私)に会いたい」と言ってるらしいが、4歳以来あってないもんねw

続きを読む

868: 名無しさん@HOME 2013/10/01 00:30:36
流れ切ったらすみません。自分の修羅場です。
元夫との結婚生活で、20代で半分ぐらい白髪になった話です。

元夫とは、結婚式の準備から、夫側の親兄弟の意見をごり押しされていて、
私の意見は聞いてもらえなかった。
結婚後も、「祖母が具合悪いから」と、夫家族との同居を勝手に決められ、
「みんな仕事しているから」と、私が仕事を辞めて介護することになった。
それで、介護と家事で毎日くたくたなのに、食事や洗濯の仕方ひとつひとつに
ダメ出し。それも嫌味とかじゃなく、「○○は××するのよ。ご存じ?」みたいな感じで言われるから、
今のはダメ出しなのかな、雑談なのかな、とりあえず気をつけよう、と顔色をうかがうばっかりだった。
例をあげると、浅漬けを食べている時に、「キュウリの浅漬けって、昔はお嫁さんはヘタの部分しか
食べられなかったのよ。ご存じ?」っていう という感じ。
あと、「親の躾って大事よね」と、ことあるごとに言われた。
元夫も「ごめんな」と、私の不出来を両親に謝る、みたいな姿勢をとっていた。
今なら戦えばよかったとか思うけれど、当時はだんだんと削られて、うなだれるしかできなかった。

続きを読む

695: 2013/09/29 05:52:23
10数年前の帰省の時
嫁・自分・7歳長男・3歳次男で新幹線に乗った
混む時期ではなかったが、運悪く前日に地震があり
半日運休して、その日の朝運転が再開されたため乗車率200%だった
指定席をとっていたので、席には座れたが通路まで人がいっぱいで大混雑していた
地震の影響で減速したり、本来止まらないはずの駅でも停車するなどして、時間も大幅に遅れ
皆身動きも取れないくらいで、駅を出るたびあちこちで「混雑で降りれませんでした、次の駅で折り返します」とか携帯で連絡する声が聞こえていた
子供たちが飽きてきたり、寝たりして予定が狂いながらも、なんとか目的地に到着
子連れなので早めに席をたって、出口近くに移動していた
いよいよ駅が近づくと、同じように出入り口付近に人が押し寄せてきた
一個前の駅は、利用者の多い大きな駅で、大勢がおり遅れていた
この時点で俺が下の子を靴を脱がせて抱っこして
嫁が上の子と手をつないでいた
ところが駅に着くと、前の駅で降り遅れた人が今度こそ降りようと後ろから押しのけてくる
子供をかばいながら、もう片方の手で側にいた妊婦さんをかばって何とか駅に降りた
妊婦さんに気を取られているうちに、少し先にいたはずの嫁を見失い
周りを見渡すと、自販機のそばで嫁を見つけた
人ごみをかき分け駆け寄ると嫁は呆然と俺を見ている
長男がいない?長男のリュックだけ持ってる?
ゾッとして振り返ると、乗り込む人波に押し戻されて、通路に押し込まれる長男が見えた
そのままドアが閉まり、新幹線は発車してしまった
呆然としたあと、我に返り駅員に事情を話し、社内アナウンスを頼んで
次の停車駅に鉄道警察の人を手配してもらった
迎えに来た嫁両親に、泣いている嫁と長旅と人酔いでぐったりしている次男を預け俺が駅長室で待機

続きを読む

このページのトップヘ