注目の人気記事

1564: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/11(木) 09:19:49.95
幼稚園前の話。
前後の事情は覚えていないが、
おもちゃの真珠のネックレスがちぎれて
つぶが一粒、耳の穴に入った。
子供の頃から耳の穴の大きい子でした。
自分で耳かきで出そうとするも、つるつる滑って
どちらかと言えばどんどん奥に行く。
親がやっても同じで、あわてて最寄の救急病院へ
連れて行かれた。耳鼻科に行った方がいいと
言われて、そこからまた耳鼻科へ。
当日は土砂降りの雨だった。
父不在で、母は車を運転できず、母の自転車の後ろに
乗せられて、カッパを着せられて、叩きつけるような
雨の中を移動した。激しい雨に打たれながら、
不安で不安で「もうしませ~~ん」とわんわん泣いた
あの時の心情を思い出すと、4歳ぐらいだかの自分の
修羅場の心情に戻ってしまう。

耳鼻科ではあっさり取り出してくれました。
「なぜこんなものが耳の穴に?」と首をひねりながら。

続きを読む

1538: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 15:10:13.63
私の母が独身だった時の修羅場(約30年前)

母の近所に住んでた幼馴染み(A)が結婚することになり、
Aから「結納品すごいから見に来てよ」と誘われたのでA宅へ
当時でもすごい豪華な800万円くらいの結納品だったらしい
ひとしきり見学してからAに車で自宅まで送ってもらったら
その足でAは姿をくらました
そんな事は全く知らない母はA両親から電話がかかってきて
「娘をどこへやった!お前が手引きして駆け落ちさせたんだろう!」
と怒鳴られてめちゃくちゃ驚いたらしい 母は必タヒに否定したけど
連日家や会社にまで電話やら凸やらでA両親に怒鳴られ責められ
精神的に参って体重がずいぶん減ってしまったらしい
しばらくしてAはしゃあしゃあと元彼と一緒に帰ってきて
「やっぱりお見合いやめて彼と結婚する~☆」と言い放った
散々迷惑をかけた母には「ごめんね~☆」のみ
A両親にいたっては謝罪すらなかったらしい
母はもう関わりたくないらしいが、今でも年賀状が来る

続きを読む

1530: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 14:08:25.68
当時の自分にはかなり修羅場だった
もう20年位前の事
家の世話をいつもしてくれていた育ての親である祖母が脳梗塞で倒れた
半身麻痺の状態でリハビリしてもあんまり回復しないだろうと言われていた
正社員として仕事をしていた母と「これからは家事を分担して頑張ろうね!」と当日話あった
翌日、母が仕事帰りに祖母の様子を父と一緒に見てくると連絡があったので、晩御飯を準備して帰宅を待った
夜11時頃に父だけ帰宅 「お母さんは?」と聞くと普段から無口な父がボソッと「病院に泊まった」と言う
私は「そうか~心配だもんね~」と思いその日は就寝
翌日の朝、母がバイクで跳ねられたと父から聞かされた
私がびっくりすると思い、昨晩は言えなかったらしい・・・
病院に行くと、ボロ雑巾の様な母がベットに居て、タヒんでいるのかと思った
手を握ると暖かくボロボロになった母が私の手を握り返してきたので、悲しさと安堵感から声を押し頃してないてしまった

続きを読む

1476: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 13:03:25.16
流れ無視してついさっきのプチ修羅場、家庭関係なくてスマン

昨日昼夜フルタイム勤務だったため今日は交代で休み、家でゴロゴロしてたら妻が「お前の金で買い物頼む(はあと」だったんでお使いに
近所の寂れた安売り店で品物見てたら女子高生?とぶつかりかけ、俺「あ、ゴメン」女子高生?「あ、ごめんなさい(野太い)」

見たら昨日フルタイム勤で一緒だった上司がセーラー服着て買い物カゴを下げてた
上司の家は記憶が確かなら隣の市(車で1時間くらい)、知り合いがいないとか思ってたんだろうか
明日はまたその上司と一日外回り営業なんだが、どう接したもんかと今修羅場気味

続きを読む

1446: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 11:16:55.72
たいした事ないかもだけど
とある用事で東京にいくことになった
その用事は午前中で終わるので、帰りはアキバによるんだー。と母に話した
当日用事は予定通り終わり、アキバいってゲーム買うぞ!と母にメール
して携帯の電源を切り、電車に乗車したが秋葉原駅についたところで急に
気がかわり、上野の博物館にいくことにした
博物館入り口で時間を確認しようと携帯の電源を入れると
母から大量の着信履歴があり、電話してみると
「あんた今どこにいるの!秋葉原にいるの?大丈夫なの!?」
気がかわったから今上野だよ、どうしたの?と聞くと
秋葉原でニュースになった通り魔事件が起きていた
あの時の母の気持ちは修羅場だったと思う

続きを読む

このページのトップヘ