注目の人気記事

  885: :2017/08/24(木) 05:58:19.26 ID:
世の中上手く付き合えてる人よりも 
不倫関係になってる人よりも 
片思いで焦げ付いてる人の方が圧倒的に多いんだよね… 

出張先のホテルが同じなのに部屋飲みにすら誘われない 
36独女って求められてないのかな
続きを読む

  1: :2016/06/03(金) 16:13:51.69 ID:
完全支配されました 
正直今はかわれてるのと一緒な気がします
続きを読む

 
980 :名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日) 13:28:29 ID:9sc
アザが残るほどのいじめ受けて不登校になってフリースクール通ってる男の子に
「お前にも悪いとこあったんじゃね?」
「ちゃんと通え。それで自杀殳するほど弱い人間ならお前には最初から生きてる価値はない」
浴衣着せられてはしゃいでる幼女に
「イチゴ柄とかダセえw」
「センスないくせに浴衣なんかに手出すなよ」
親の束縛に悩んで親に内緒で学校のカウンセリング利用してる女の子に
「昔の女の子はもっと不自由だった。そのぐらい我慢しろ」
旦那が近頃忙しくて0時回らないと帰ってこないけど温かいご飯食べさせてあげたいから起きて待ってる~って喋ってた女性に
「女でも作ってるんじゃね?」
なんて具合に相手の感情を逆撫でする発言や余計な一言が多い奴がいた
どうも悪気は全くなく自分の発言が相手にどう受け取られるか理解できなかったようで、相手が泣いたり怒るとえっ?えっ?って感じで本気で困惑してた
その場では謝るけど同じことの繰り返し
万事こんな調子だから親戚の集まりでも話しかけるのは俺だけ。大学卒業した頃にはすっかり顔見せなくなった

そいつと昨日5年ぶりに再会。
全く知らん間に結婚して、全く知らん間に離婚していた(式は挙げなかったらしい)
どうも嫁さんに懇願されて一年たたずに離婚したらしい
まぁ残当だな…と思ったら話に続きがあった
離婚したあと郵送で元嫁さんから発達障害関連の本を何冊か送られたらしい
一般向けに書かれた簡単な本で、読み進めていくうちにどうも思い当たる節があったらしく、最後の方のページに書いてあった「発達障害の治療」みたいな項目を参考に障害者支援センターに行ったらしい
最寄りの障害者支援センターに足を運んで大学病院を紹介されて、そこでアスペルガー症候群と診断されたらしい

発達障害がもっと広く知られていて、もっと早く診断されて適切な治療が行われてればこいつも別の人生が歩めたのかなぁと思うと切なくなった
続きを読む

 
288 :名無しさん@おーぷん 2014/10/28(火) 18:52:50 ID:lPWSP3vQ7
俺はマンションで独り暮らしをしているんだけど、3年ほど前によく変なチラシが入ったんだよね。

そのチラシはどこかの劇団からのものだった。
しかし「入団しませんか」とか「演劇を見に来ませんか」とか、そういう類いのチラシじゃなかった。
そのチラシには「夫婦喧嘩のエピソードを以下の宛先に送ってください」と書かれていた。
俺は独身だったし、仮に結婚していたとしても送ることはなかったと思う。
一体誰が送るんだろう…と、物凄く不信感を抱いたのを覚えているわ。

そして夫婦喧嘩の内容を送ってどうなるかも書かれていた。
「夫婦喧嘩のエピソードをもとに我々が演じさせていただきます。
そしてそのDVDをお送りします。そのDVDを夫婦でご覧になって笑ってください」などと。
「無料!!」とバカでかく書かれてもいたけれど、それが余計怪しかったわ。

そのチラシが月に1回くらいのペースで入るようになったんだよね。
それが半年くらい続いた。
俺以外のマンション住民のポストにも入っていたようで、
マンションの総会の時にもそのチラシのことが話題になった。
皆「何なんだろうね、あのチラシ」と言っていたんだけど、
俺と同じ階のAさん(既婚男性)が「やっぱり怪しいんだ…」と絶望的な顔で言った。
(因みに、その総会にAさんの奥さんは来ていなかった。)

Aさんが言うには、Aさんの奥さんが「面白そうだから」という理由で申し込んでしまった…ということだった。
Aさんがそのことを奥さんから聞かされたのは、奥さんが申し込んだ後だったようだ。
Aさんは「妻が申し込んだのは2か月くらい前なんだけど、まだDVDは来ない。
来てほしくないけど、来ないのは余計恐ろしい」と言った。
夫婦喧嘩の内容がどこかで何かに利用されたらどうしよう…と思っていたようだ。

そしてそのマンションの総会の日の夜、
Aさん宅から今までになくすごい夫婦喧嘩が聞こえてきた。
Aさんが奥さんに「やっぱりあの劇団のチラシ怪しいってさ!」とキレたようだ。

その劇団のチラシの件はほんのきっかけにすぎなくて、
元から夫婦仲に亀裂が入っていたのかもしれないが…
結局Aさん夫婦はそれから約2か月後に離婚してしまったので驚いたわ。
結局マンションにはAさんが残り、奥さんが出ていく形となった。

Aさんはそれからしばらくして「未だにDVD来ないけど、今来たら逆に笑って見れそうですよ」と言っていた。

劇団の本来の意図は分からないが…
夫婦で笑うことを目的としたDVDのはずが、
夫婦を離婚に発展させる一因となったことには衝撃を受けたよ。
続きを読む

 
369 :1/3 2009/02/17(火) 21:08:46 ID:vtQoYA1t
バレンタインコワイ、強奪話に出会ってしまった。
まとめるのがうまくないんで、長文ゴメン。

今日、息子(小5)がケンカで相手にケガさせて、
あちらのお母さんが怒って来校されていると職場に電話があり
慌てて飛んでいくと、確かに目つきが非常に怒りマークで溢れている
母親と、おい、どこケガしてんだよ坊主、な男の子が校長室で待ってた。
うちの息子はケンカの弁解も言い訳もせず、黙ったままらしい。
相手の子(仮にA)のケガは膝小僧をすりむいただけだが、
Aのお母様は「宅の息子はこんな野蛮なケンカをする子じゃありません!」と
大憤慨されておられ、とにかく慰謝料と病院代、それにここまでのタクシー代をヨコセ!
などの主張をされておられる。
だけど、そのタイミングでまるでドラマのように担任の先生が
女子生徒(D)を連れてきてくれた。


続きを読む

このページのトップヘ