注目の人気記事

79: 名無しさん@HOME 2013/09/12 13:31:22
簡潔に。

小5の秋頃から、母と母の友達という男性と繰り返し遊びに出るようになった。
そしてその男性は再婚相手で、今一緒に住んでいる父とは離婚するのだと告げられた。浮気じゃん、という発想はその時はなかった。後から頭抱えたけど。

そして小6の夏に離婚。私は母に引き取られた。
別れる前に、父が、少し娘と話がしたいと私を喫茶店に連れ出した。母は私に男性の存在を口止め。
父と喫茶店でテーブルに向かっていたあの時間が、多分今までで最大の修羅場。
秘密にしなきゃいけない罪悪感、離婚再婚に対する頭の整理、引っ越すことに対しての抗いきれない好奇心、なんかごちゃまぜ。
何喋ってるか自分でわからなかった。

もし今なら、全部ゲロって証拠集めて父についていくのにな。

続きを読む

114: 名無しさん@HOME 2013/09/12 22:27:37
血のつながりって自分ではどうしようもないからほんと困る

親戚の一部から、私は母が家庭ある人と不倫の末産まれた不義の子だって思われてたと知ったときが修羅場だった
両親は高校からの純愛を実らせ結婚、私が産まれ、不倫とか一切無縁の家庭だったんだが…

以下長いけど親戚の勘違いの原因
父親の名字は珍しい上に、漢字が難しく、しかも発音しにくいのでしょっちゅう間違われる
だから母は正式な名前が必要なとき以外は旧姓で通してた
で、親戚とかの集まりの際に母が宴会場の予約をとったときの名前が旧姓だった
それをたまたま耳にした大して親しくない親戚が
結婚したと言いつつ母はやっぱり父とは結婚してないんだ!
から発想を飛躍させた妄想が
母が家庭ある人と駆け落ちからの私出産だった
両親や私が知らない間にその親戚から疎遠ぎみの親族一帯に真実として語られていた
私が中学から寮に入って親戚の集まりにはほとんど出席せず
母が祖父の介護のため実家に泊まり込むことが多かったことが
一部の親戚に妄想を真実と思わせるには十分な証拠になっていた…らしい
私の結婚報告で親戚一同会したときに
「ねぇ…旦那さんはあなたの出生のこときちんと知ってるわよね?」
って言われてはぁ??みたいな顔してたら
「あっ…(察し、あなたももう大人なんだからきちんと知っときなさい」
と真実(笑)を教えられて判明
親戚の中に可哀相な目で私のことを見る人たちがいたり
ヒソヒソしてたのがこれだったのかと納得するのと同時に
パニックになって少し考えれば両親が結婚してないとか
ちょっと考えれば勘違い乙と笑い飛ばせたはずなのに
勘違いがどうか分からず嬉しいはずの祝いの席を完全に台無しにされてしまった

親族の話が続いていたので思い出しカキコ

続きを読む

53: 名無しさん@HOME 2013/09/11 23:20:01
さっき一泊出張から帰ったんだが
どうやら空き巣に入られて家の中が滅茶苦茶になってた
警察もきてて色々調べてる最中
空き巣ってこっそりと金目の物だけ持って痕跡残さず消えるもんじゃないのか?

続きを読む

462: 名無しさん@HOME 2013/09/15 16:48:18
私が大学生の頃、実家の母親が虐待されて(おそらく)捨てられて瀕死状態になってた子猫を拾ってきた
獣医さんからも無事育つかわからないと言われてたのを献身的に世話して、なんとか元気に育てた
でも人間不信はなかなか治らなくて、ようやく家族に慣れて甘えてくるようになり、
みんなで大事に大事に育てていたころ、
父親の妹(おばさん)が孫を連れてやってきた
おばさんの娘さん(私の従姉妹)は離婚して子供(当時5歳)をおばさんに預けて働いてた
おばさんは元々大雑把で自己中だったから親戚から嫌われてたんだけど本人は気づいてなくて
うちの母はわりとおっとりしててそのおばさんの話もウンウン聞いてたから懐かれてた
その日も近くまできたからとおばさんはアポ無しで孫をつれて我が家にやってきた

知らない人がくると猫はすぐどこかに逃げるのだけどその日もそうで、姿をあらわさなかった
おばさんが連れてきた孫はどうしようもない悪ガキで、まだ五歳なのに典型的DQNになるだろうと将来が予見できるくらいだった
出されたお菓子をばらまいたり、口にいれて見せてきたり、
いきなりコーラ飲みたいと冷蔵庫開け出したり
おばさんはそんな態度を叱るでもなく野放しだった
そしてトイレにいくといって子供が去ってしばらくしたとき、
二階からギャオーーーという断末魔のような猫の鳴き声が聞こえた
慌てて二階にあがると、猫のしっぽを掴んで振りまわす子供の姿が
母親は猫をはっしと抱きとめ、同時にその子の胸ぐらをつかんで投げ飛ばした

ゴルァ!このクソガキ!!!なにさらすー!!!

続きを読む

269: 名無しさん@HOME 2013/09/13 22:20:20
嫁と離婚した時の修羅場を書くぜ

当時、俺36歳、嫁39歳、娘13歳
このころから嫁が少しおかしくなってて、娘に対して変な対抗意識燃やしたり異常な内容の嫉妬をする
色々あった結果、嫁が過去の浮気を自白

新婚の頃、嫁は不倫してて、娘の妊娠がわかった時もどっちの子かわからなかったらしい
離婚は避けたかったから慌てて不倫相手と別れ、娘は俺の子として産み今まで育ててきたが
最近になって娘の顔が角度によっては不倫相手に似てるような気がして、
やっぱり不倫相手の子だったのかもしれないと思い始めたと
そして俺の実子ではない=俺と娘は他人=男女の関係になるかもと不安だったらしい
過去の不倫もだがそれ以上にこの超飛躍した思考回路に度肝を抜かれた
言うまでもないが俺は娘に対してよからぬ感情を抱いたことなんぞ一切ない
ちなみに嫁の不倫のこと嫁両親と嫁姉も知ってて家族ぐるみで隠蔽してた

DNA鑑定の結果、娘は俺の子
嫁は「安心した、もっと早く打ち明けて鑑定しておけばよかった」と泣きながら
「今度こそ家族三人で幸せになりたい」と言い出した
しかし俺より先に娘が拒否、俺も愛想尽きてるから拒否、俺の実家も離婚に賛成
もちろん娘とは何度も話し合ったけど
嫁は、不倫自体はもう終わったことだし娘も間違いなく俺の子だとわかったんだから
今さら離婚なんておかしいと主張してたが嫁両親と嫁姉に説得されて折れた
娘が元気でいてくれるのが救いだ

続きを読む

このページのトップヘ