注目の人気記事

 
223 :おさかなくわえた名無しさん 2010/05/15(土) 10:49:38 ID:pbm3YRz4
友人の誕生祝いのため、数人で少しいい店に食事に行ったときのこと。
メインディッシュはビーフ・ラム・魚から選ぶことになっていたので
私がラムを選んだら当の友人が「羊なんて臭くて食べられたものじゃないよ!
本当にそれでいいの?」と発言してきた。
好きだからいいのよ、と返せば「野蛮人」呼ばわり。

それだけならまだ許容できたが、そいつは自分の頼んだ魚料理に
対しても理不尽な難癖をつけていた。
その日の魚料理は魚介類の天ぷらで、その中に鯛があったことから
「鯛の天ぷらなんて縁起悪っ!誕生日なのにタヒねと言われてる気分!」
・・・祝ってあげようという気持ちが一気に失せた。
続きを読む

 
892 :名無しさん@HOME 2013/11/07(木) 12:05:22 0
大前提として、夫の実家の人たち(私も含む)は義兄嫁が大嫌い。

義父が亡くなった時に葬儀会社の人と打ち合わせで
義兄嫁が口を挟んできたので旦那が止めた。
そうしたら「長男がないがしろにされてる」と怒って家から出て行った。
当然私たちは関わりたくないし、義兄もその子供たちも知らん顔。
むしろ厄介者がいなくなってスムーズに話が進んだ。

その日が義実家で仮通夜、翌日に斎場で通夜、翌々日告別式・出棺という日程だったが
義兄嫁が戻ってきたのが出棺の直前。
沢山の参列客がいる前で「長男の嫁がいなくて恥ずかしかったでしょ?」とトメに言って
周囲の顰蹙を買った。
火葬場へ行くバスへ乗ろうとする義兄嫁に
「お前はここ(斎場)で荷物番でもしてろ」と義兄が乗車拒否。
親戚のおばちゃんにも
「あんたの分の弁当は用意してないから隣のコンビニで買っておいで」
と1000円札を渡されてた。

火葬場がから戻ったら義兄嫁の姿はなかった。
斎場の係員の話によるとバスが出た後すぐに荷物を持って帰ったらしい。
それ以後義兄嫁の姿は一度も見ず、先月義兄夫婦の離婚が成立。
めでたしめでたし。
続きを読む

 
734: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)08:11:18 ID:lPAc4oksQ
独身時代の女性関係を理由に嫁に急に離婚を言い出されてそのまま離婚に追い込まれた時が修羅場。
相手の実家で仕事していたので同時に失業。
子供も貯金も仕事も全部なくなった。
続きを読む

 
621: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)22:55:50 ID:luE
一年前だけど、正月帰省した時
義母が私の横で電話してて
「そう。うちは孫は4人なの。子供は三人おるんやけど、孫は4人しかおらんのよ」
(私の顔を横目で見て)「お嫁さんが一人しか産みませんからねぇえええええ!」

スルーして帰ろうとした時義父が誇らしげに
「お前ら、帰るの一時間遅らせて○○伯父さん
(妾囲って借金まみれで子供がぐれて一人変タヒして今生活保護の)見舞いに行け。
 子供たちに縁切られとるから、お前らが行ったら喜ぶわ」

だから、そういう親戚付き合いを強要するから、怖くて子供が産めなかったんでしょ!
妊娠中から連休は全て親戚づきあいに捧げて、産後も三ヶ月の子を連れて義実家に一週間。
初めての盆休みはQ州までフェリーで行って親戚宅を転々と宿泊。
子供は取り上げられ、夫は伯父達とカラオケに。
私は初対面のオバさん達に囲まれてひたすら洗い物。
いつ終わるか、この後どこかへ行くのかまったくわからず、
ただただ他人の居間でぼーーーーーーーーーっつとTV見てるだけ。
う○このついたオムツは私の衣服に包んで私のかばんの中へ。
朝から晩までずーーーーーーーーっつと
義家族でさえない初対面の他人に囲まれて過ごした九州旅行は一生忘れません。
それどころか、義実家に帰れば次から次に電話で親戚やら近所の人を呼びつける義父。
「今、○県の三男が嫁と子供連れて帰って着とるから、ちょっと来いや」
そして始まる宴会。
義母の料理を手伝いつつ酌と愛想笑いで固まる頬の筋肉。
借金おじにはいやみを言われおとされ、それでも愛想笑い。
義父も借金おじに愛想笑い。

一秒一秒が地獄だったわよ。

だから、子供を諦めたのに!
次の子が生まれたらまたこの繰り返しだと思って。 
続きを読む

 
753: 名無しさん@HOME 2010/11/16(火) 22:24:50 0
かなりDQN度高い話で豚切り&書き逃げ。
元姑が、子どもを離婚前に通わせていた幼稚園に凸して全然関係ない子を誘拐? 
しようとして先生にとっ捕まったらしい。 

幼稚園から携帯に電話があって、「引き取りにきてくれ」とか脳が沸いてるようなこと 
を言ってきたのでサクッと通報。 
「○○幼稚園に年配のおばあさんが入ってきて子どもを連れて行こうとした、今先生 
が捕まえてくれているから早く来てください」と。がんばれ。 
続きを読む

このページのトップヘ