780 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 13:10:19 ID:Wnk7UZHA
文才ないけど頑張ってみた。
多分2か3で収まると思われ。

ポケベルから携帯に移り始めた時代に小学五年生だった私。
同居している祖父がいて、自他共に認めるおじいちゃん子。
その頃の祖父は、病気で余命宣告(それも半年以内)を受けていて、医者からは
「本人の好きなことをさせてあげてください」と言われ、本人の希望で自宅に戻ってきたばかりだった。
祖父の口癖は「お前の成人式と結婚式見て子供を抱っこするんだ」だったので、
長生きはする気マンマンだったけど、病気してもタバコを辞めなかった。
(本人は病気のことも余命宣告も知っていた)
でも、私の「一日でも長生きしてね」の一言であっさり禁煙してくれたけど、とてもタバコが吸いたそうだった。

ある日、父から「お祖父ちゃんは病気で頑張ったんだからタバコを吸わせてあげよう」と提案があった。
そこで母からタバコ代をピッタリ貰い、私が子供の足で約10分かかる場所にある、
タバコの販売機へ買いに行く事にした。
タバコを買って販売機からタバコを取ろうとしたら、横から手が出てきてそのタバコを横取りされた。
振り向くと、おばさんがニヤッと笑いながら
「子供はダメよ」と言って自転車で走り去ってしまった。
「返して!」と追いかけたけど、子供の足で追いつくわけもなく、泣きながら歩いて帰る途中で思い出したのは、
その泥が中学生の兄と同じクラスの男子の母親だという事。
親に言おうと帰ったら、退院後往診してくれている医者が病院の休憩時間にも関わらず来ていた。




783 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 13:19:31 ID:Wnk7UZHA
よし、2レスで収まった!

母親が「あんたが出て行った後すぐにおじいちゃん倒れたの。それでね…」と言いながら泣き出した。
見ると祖父は布団の上に横になっていて、触るとまだ温かかった。
折角のタバコが間に合わなかった事が悔しかったのと悲しかったので、思わず
「おじいちゃんごめんね」と泣きながら、祖父の両肩を掴んでガシガシ揺すってしまった。
父に止められて、抱きかかえられ隣の部屋へ連れて行かれるときに、兄が
「おじいちゃん喋った」と青ざめていた。
かすかにうめき声のような声が聞こえ、祖父の体もピクッと動いたような気がした。
父が近づいたら、一瞬だけどうっすら目を開け、小さくうめき声が聞こえた。
慌てて医者を呼び戻したら「すぐに病院へ。今なら間に合うかもしれない」と言い、すぐに救急車が来て
退院したばかりの病院へ戻っていった。

その日の夜、近くに住む何名かの親戚も駆けつけて少々賑やかになった夕飯の時に、
昼間タバコを泥棒された話をしたところ
「タバコを盗られたから悔しくておじいちゃんの事揺すって、そのお陰で生き返ったんだしな…」
と言う事で、あの泥の事はこのままそっとしておこうとなった。
ただ兄は、これ以降その同級生とは距離を置いたらしい。
後々知ったけど、元々おばさんには良い噂がなかったらしい。

その後祖父は退院し、余命宣告もどこ吹く風で希望通り私の成人式は勿論、結婚式も参加し、
私の子供も二人抱っこすることが出来た。

そんな祖父が今年になってすぐ天国へ旅立った。
お通夜のときに当時の話題が家族、親戚からも出て思い出したので、カキコしてみた。
784 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 13:24:14 ID:fMFidqbq
いい思い出だが、泥母の子供は気の毒だ。
789 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 14:03:40 ID:38skt9DX
>>783
そこまで回復するってことは癌ではなかったんだろうな
乙です
790 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 14:04:49 ID:12aq4nwg
>>780はスレ指折りのいい話だけど
倒れた時に医者は診なかったのか?
余命宣告は何だったのか?
など藪疑惑は残るなー
791 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 14:09:28 ID:1DrLM9Mq
>>790
余命宣告は確定じゃないからね。
ウチの祖母も余裕で20年ほどぶっちぎったし。
792 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 14:14:42 ID:1FNfPJRN
老人の癌は進行が遅いからな
794 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 14:31:10 ID:GQj3YWDb
>790
>倒れた時に医者は診なかったのか?
>780の最後の一行。

余命宣告は完全ではない。よく聞くでしょう?
余命通りにタヒぬ人が多いのが事実だけど。
795 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 15:32:48 ID:12aq4nwg
>>794
ごめん。医者が来た時点について文章を読み違えていた。
医者がタヒんだとみなしていて(すなわち心停止のはず)ゆすっただけで蘇生ってすごいな
796 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 15:37:17 ID:IfUuXjaY
>>790
自宅療養中に突然危篤状態に陥ったため、往診をお願いしている
医者に緊急で来てもらった。
>>780が泣きながらゆすったら祖父は意識を取り戻したってことだろ。
余命ってのは、順調に行くとそのくらいまでなら生きられる…かも?
ってな見込みの数字であって、当人の寿命を保証する数字じゃないんだよ。
797 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 15:39:29 ID:IfUuXjaY
>>795
>医者がタヒんだとみなしていて(すなわち心停止のはず)
と取れるようなことも書いてないんだけど。
798 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 15:48:39 ID:tjI2XK2o
>>797
触るとまだ暖かかったって書いてあるし、医者を呼び戻したとも書いてある。
家で身内が危篤になった経験がないんだけど、お医者さん帰っちゃうものなの?
私も家族も医者もタヒんだものとみなしてたと読み取ってた。
799 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 16:02:18 ID:Czfzkt85
医者が帰った後に倒れたんじゃね?
800 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 16:04:22 ID:IfUuXjaY
>>798
自分の場合は医者がいない状況ですでに冷たくなってた
状況しか経験したことないから分からんけど、>>780
場合は、見込みが薄いってことで実際に亡くなったときの
準備などのために一旦病院へ帰ろうとしたってことじゃ
ないかなー?
少なくとも小5の子相手なら、家に戻った時にすでに
亡くなっていたなら親が亡くなったってことを明言
しているだろうし>>780も「祖父の両肩を掴んでガシガシ揺すってしまった」
なんて行為にまでは発展しなかっただろうし。

>>799
いくらなんでもそりゃねーだろ。
801 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 16:08:56 ID:12aq4nwg
>>800
倒れてから医者が呼ばれたのなら、心停止も確認しないで見込み薄っていう理由で帰るのはありえないわな。
802 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 16:20:28 ID:12aq4nwg
事実経過としては、
タバコを買いに出る→じいちゃん倒れる→医者が呼ばれる→>>780帰宅
(→医者帰る)→じいちゃん蘇生!→医者呼び戻される
だと思う。
ただし、医者が帰った時点が文章に表れておらず、
>>780さんが帰宅してから蘇生まで短時間のように読み取れる(省略があるのかも)ので、
あれ?お医者さんどこ行っちゃったの?という感じはあるな。
上の事実経過が正しければ医者のタヒ亡診断がなされているはずだが。。

>>780さん、教えてちょうだい。
804 :名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 18:16:27 ID:q0Ws6C5r
>>802
ここまで昔起こった出来事の時系列に対してネチネチできるもんなんだなあ…
気持ち悪い
898 :名無しの心子知らず 2010/01/15(金) 11:49:24 ID:HG+t9bQV
780、783を書き込んだ者です。
PCの調子悪くてやっと開いてみたら、私の書き込みのせいで荒れてしまっていたのに気付きました。
申し訳ありません(汗
文章を短くしようとしたら、かなり分かりづらくなってしまいました。自分の文才の無さが悲しいorz

祖父の病気ですが、癌の他にも持病がありました。
それまで入院していた病院が自宅から少し離れた大病院→そこで余命宣告
退院を希望する祖父の為に担当医に相談→自宅斜め前にある病院が往診可能で退院許可
退院後→自宅近くの病院が往診(容態が変わってもすぐ駆けつけてくれる事になっていました)

祖父が倒れた当日。
>>802さんが分かりやすくまとめてくれてました。ありがとうございます。

私がタバコ買いに行く→祖父倒れる
両親が祖父の呼吸が止まっている事に気付く→同時に兄だか父が自宅斜め前の病院へ走る→すぐに医師が駆けつける
→脂肪宣告

私は泥された後おばさんを追う→逃げられる→諦めて足取り重く帰宅。
(途中交番に寄ったけど留守。多分警察署への直通電話あったんだろうけどそこまで知恵回らず。)
→帰宅したら丁度医師が玄関にいて病院に帰ろうとしてる所→母の態度と父からも祖父が亡くなったことは言われ分かる
→医師病院に帰る→祖父の体を揺さぶる→祖父蘇生→兄だか母が医師を呼びに再び走る→医師が再度我が家へ
→すぐに救急車手配し元々入院していた大病院へ搬送(医師もそこまで付き添ってくれた)

私が帰宅してから再度医師を呼びに行くまでの時間は、正確には分からないのですが両親は10分位、
兄は20分位だったと言っています。

横にそれますが、今年祖父が病院で亡くなった時は私は間に合わず、病院の霊安室?で対面。
その場にいた父(母は葬儀の手配等の為先に帰宅)、親戚2名に「あの時みたいに体を揺すってみて」と言われ
しぶしぶ挑戦。その間、周りでは「頑張って!」とか「あの時はもっと強く揺さぶっていた!」とか言ってましたが、
結果無理でした。
900 :名無しの心子知らず 2010/01/15(金) 11:58:44 ID:4M8IsaA0
>>898
親戚2名・・・自分でやれよw
おじいさまのご冥福をお祈りします。今度こそ安らかに。
904 :名無しの心子知らず 2010/01/15(金) 12:57:03 ID:Cw8fdb0O
そうだね、人気者のおじいさんが長生きできてよかった。
深刻?な話なのに脂肪宣告がジワジワきてるwww
1000: 名無し@HOME