2015年02月

804: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 18:32:59.85
祖父さんと祖母さんが別々に駆け落ちしたこと
去年の話だけど、祖父さんは通ってた飲み屋の若い女性と駆け落ち

なかなか帰ってこないから、どこかで倒れてるのかと思ったら祖父さんの身の回りの物が少しなくなってて
探さないでくれってハガキが届いた
字が汚いから本人だとすぐ分かって、警察に届けるか親戚でモメてたら駆け落ち相手の親が連絡がはいった
娘が妻子のいる人を好きになって、許されない恋だから遠くで幸せになります
って手紙で、飲み屋経由で家に来てた
まさか妻子どころか、孫もいる爺とは思わなかったろうね
相手の親は不倫心中を心配してた見たいだけど、相手が孫もいる爺さんと知って怒ってた
こちらも全く知らなかったと言うのも信じてもらえなかった

祖母さんは、「爺がいなくなって清々した」
と離婚手続きしようとしたけど、失踪人相手だとすんなりいかないようだった
親戚は親戚で、今さら離婚もないだろう
祖父さんもすぐ正気にもどるから、いい年して離婚なんて言わず待つよう祖母さんを説得していた
ある日祖母さんも消えて、「私も好きな人と暮らします」と置き手紙があった

家は残すけど、お金はおまえ達にはやらない最後の人生を謳歌する

とあって親戚はパニック
祖母さんの好きな人が誰なのか、誰も知らない
祖母さんは、アタックチャンスの児玉さんが好きだった
爺婆そろって駆け落ちするとはね

続きを読む

675: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/26(土) 17:15:18.11
ほんの今さっきエラい目に遭った
父が具合が悪いというので病院まで車で連れて行ったら嘔吐下痢症と診断で
脱水症状がみられまるので、と点滴受けてる間の1時間半くらい病院の裏の駐車場で待ってたんだ

ラジオ聴きながら20分くらい経った頃妙な婆さんが車の周りをうろつきだして
なんか変だなー、やだなー、と思ってたらおもむろに車に近づいてきてドアを開けて助手席に乗り込もうとしてきた

パニくりながらも「ちょっとやめてください!」って言って押し返すけど凄いパワーで無理矢理乗りこんでくる
なんなんだろうね、池沼がよく言われるようにリミッター外れてるって奴なのかね?

しかもぶつぶつと「○○病院まで」「○○病院まで」って何度も何度もつぶやきながらで正直怖くて
「タクシーじゃないんです!降りてください!病院すぐそこの表でしょ!?」と半泣きで押し出してドアロックした

その後はしばらく車の周りうろうろした後諦めたのかどこかに消えていったけど
父が車に来るまでの間がたがた震えながらドアロックして縮こまってた

ずうずうしいアレなのかボケてたのか分からないけどただただ怖かった…

続きを読む

773: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 16:44:15.89
息子がオネエでした。 orz
自分が女だという自覚は元からあったらしいけど、
大学で下宿を始めて、女装小道具をコツコツ集め始めたらしい。
息子の下宿を掃除に行って発覚。
叱り飛ばして矯正できることじゃないYO。
本人は性同一性障害として精神科を受診したい、
そして手術も受け、戸籍も変える方向で考えていると
真剣に言われました。

夫は激務の単身赴任中で、耳に入れるべきかどうか。
体育会系の硬派なタイプで、息子とは正反対。
到底相容れません・・・・・。

続きを読む

731: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 09:17:32.20
いまだに後悔している話を一つ。
私は高校が県下トップ校だった。友達が旧帝や私立上位大学に受かる中
私だけ滑り止めの中堅私立しか受からなかった。恥ずかしくてね。
親に浪人させてくれって頼み込んだけど、親が「女の子は就職で浪人は不利だから
現役で行けるところに行きなさい。滑り止めだけど受かった大学は中堅だから
そんなに悪くないよ。」と言って許してくれず入学金と学費を支払ってしまった。
しぶしぶ入学したけど高校の友達に会うのが恥ずかしくて、親に黙って受験勉強も
続けた。仮面浪人ってやつ。でも単位もとらないと親にばれるから授業も真面目に
出て受験勉強もしてで文系だったけどほぼ毎日大学の図書館で勉強してました。
親に「サークルはどうしたの?」と聞かられたので真面目でおとなしそうな
サークルに入りました。月に一回ぐらいしか顔を出して無かったのですが
いい子達と先輩ばっかりで仲間に入れてくれ宴会でも話しかけてくれて
居ずらいことも無く授業も結構面白くて、いい先生も多くてこのままこの大学で
いいかなとも思ったのですが、異様に見栄はりだった当時の私は仮面浪人を
つっぱしりました。卒業証明と調査書を貰いに母校を訪ねたときに元担任から
クラスのみんなの進学先を聞いてより一層頑張らなきゃと突っ走りました。

続きを読む

717: 1/3 投稿日:2013/01/27(日) 01:31:13.86
すみません、どうしても吐き出したかったので、長いのですが失礼します…

北海道のド田舎暮らしで、保育園から高校まで1学年1クラス、クラスの半分以上が幼馴染という環境。
その中で、Aという女子がいました。

小学校に入ってから色々と盗難事件が起こるようになる。
・小1
Bちゃんの上靴が片方なくなる。みんなで学校中を探し、みつけたのはA。学校の正面には、門の代わりに左右に大きな岩が並べられており、その上にあった。
しかし、今考えてみると、その岩は2mぐらいあり、足をうまくひっかければ上ることはできるが小学1年生がいくら下から見上げても、上に乗った靴が見えるはずがない。

こんなことがよくあり、以下自分の体験。

・小4
私が恐竜型の消しゴムを持って学校へ行き、Aを含むみんなに見せる。
数日後、昼休みの間に消しゴムが筆箱からなくなる。
がっかりしたまま授業を受け、解いたプリントを先生に提出しようとした時、
Aの缶のペンケースのふたが空き、見えていた中に首や腕をもがれたバラバラの恐竜消しゴムを見つける。
Aは「あれはアタシの!元々同じの持ってたの!!」の、一点張り。こちらもAが盗ったという確かな証拠がないため、その場は引きました。

・小5
私のけろっぴの定規がなくなる。友人に慰められながら玄関へ行くとAが靴を履いているところ。
ふと見れば、けろっぴの定規を口にくわえて靴ひもを両手で結んでいる。
ブチ怒鳴ると、Aは猛ダッシュで逃走。明日とっちめてやる…と思ったが、校門を出で50mぐらいのところにAが。
そして、道端のくさむらから何かを拾い上げ、こちらに放り投げてきた。
A「これ、そこに落ちてたよ」→ガッチリ歯形がついた定規→A逃走
また次の日問い詰めるが「同じのを持ってただけ!見つけてやったのにそんなことを言われるなんて!!」

そんなことを続け、いつしかAはハブられていきました。

続きを読む

このページのトップヘ