2019年10月

 
670 :誘拐修羅場。 ◆c4uYIlpye. 2012/04/25(水) 17:47:52 0
フェイク入れながら話します。

私は母子家庭。
母は私生児として私を生んで、育ててくれた。

頭がすごく良くて、高給取りで、娘の目から見てもすごい美人。
当然のように男性.から再婚のお誘いがくる。
それでも恋人一人作らず、私だけに愛情を向けて育ててくれた。

で、私が小4のときにプチ誘拐された。
勢いよく車の中に引きずり込まれたんだよね。

すぐに警察に捕まったんだけど、相手は母のス㋣ーカーだった。

母がダメなら私で我慢する。とか母の遺伝子を受け継いだ私を育てたい。とか、
私の心を手に入れたら母も手に入れることができる、とか
そもそも私がいるから母が苦労してるんだーとか供述したらしい。
続きを読む

 
725 :おさかなくわえた名無しさん 2009/10/23(金) 15:21:12 ID:V4Q5Dm+b
カレー店での話し。

そこは1ランクから辛さを10段階指定できるのだが、
6ランク以上はまず5ランクを食べる事を推奨している。

あるオヤジが10ランクを注文した。
店員が「5ランクを食べたことはございますか?」と聞くと、
「この店、初めてきたんだし、食ったことあるわけねぇ!
俺は「辛さ」命なんだ、いいからとっとともってこい!」と叫ぶ。

で、店は結局10ランクのカレーを出したわけだが、
興味しんしんで見ていたら3口くらい食って
「ぐぅぉ!こんな辛いの人間の食い物じゃねぇ!」
ってファビョってたw

俺はそこで店を出てしまったので事の顛末は知らん。
続きを読む

 
945 :名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月) 20:34:23 ID:M5U
愚痴、長文です。
先日、学生時代からの友達、AとBに、Bの家で久しぶりに会った時。
みんな既婚者で、自分はつい1ヶ月前に式を挙げたばかり(式は親族のみで友人は呼んでなかったけど、お祝いを兼ねて、とお食事会にこの日お呼ばれした)
Bが料理を作っている後ろでAとお皿の支度などしている最中、Aから、私がつけている結婚指輪について
「ねぇ、それって結婚指輪?婚約指輪?」
と聞かれた。結婚指輪と答えると、更に
「それってどんな気持ちでつけてんの?嬉しいの?」
と聞いてくる。
質問の意味と意図がわからなくて返答に詰まっていると、
「私指輪つけたくなくてさ、式で使ってから家に帰って速攻外したわー。二度とつけるかと思うんだよね。だからつけてる人の気持ちがわかんないんだ。ねぇ、なんでつけてるの?」
と更に問い詰められた。
なんでと言われてもつけたいからつけてるんだし、つけてるだけでなんとなくにやけてくるわけで…つけてると幸せだし…といろいろ頭で考えてた。
でも、Aは実は結婚生活がうまくいっておらず、Aが離婚したいと言っているのも何度も過去に聞いていた。それに、Aの話を聞いているとわたしも離婚した方がAは自由になれると思っている。
そんな相手に幸せだから、というのも申し訳ない気がして、
「いやいや、まだ式挙げて少ししか経ってないし、相手もつけてくれてるし」
と当たり障りなく答えたつもりだったが、
「え?相手つけてるからつけるの?外したら怒られるとか?ないわー、うざいわー、わたし結婚する時指輪なんかつけないからね!って言ってたもん」
と心底鬱陶しそうな顔で言われてしまった。
それはそれでいいと思う。それがAの考えで、Aの夫もそれでいいって言ったんだろうから別に問題ないでしょう。
だからって、結婚祝いのお食事会(という名目の集まり)で言わなくても、とモヤモヤ。
そこでBが料理を運んできてくれたのでこの話は終わったんだけど、その後も今度はBに対して少し無神経な質問などしてくるし、帰ってからもモヤモヤが晴れない。
別に悪気があるわけじゃないってのがわかってるから尚更かもしれない。普段もわりと言いたいこと聞きたいこという子だし、それがAだってことも。
ここに書いて忘れることにする。乱文長文失礼しました。
続きを読む

 
17 :名無しさん@おーぷん 2019/01/01(火) 21:25:14 ID:Jwd
暮れの大掃除してて、裏庭の手が付けられないぐらい繁殖したミントを
思い切って一気に除草することしたのね。
ブチブチ抜いたあと、掘り返して根っこをできる限り抜いて、その後除草剤撒いて・・・の予定で。
多分それでもまた出てくるんだろうと思うけど、あまりに酷いことになってたから。
で、掘り返してたら骨がゴロゴロ出てきた。
人骨じゃないのは大きさで分かったけど、頭骨もしっかり出てきた。しかも3体分。
友人に生物の先生やってる人がいるので、写メ送ったら「たぶん猫」ってレスポンスが。
うち、5年ほど前に中古で買った戸建なんだ。
前の持ち主が飼ってた猫がタヒぬ度に裏庭に埋めてたのかな。
出てきた時は無茶苦茶ビックリしたし怖かったし、正直ちょっとちびったけど
昔から言われてる“動物のタヒ体を庭に埋めると不幸になる”みたいな迷信は信じてないし
タヒんだ猫ちゃんには何の罪もないので、ブランケットに包んで埋めなおした。
場所が分かるように墓石代わりの石も置いた。
家を買った時から裏庭はミントが繁殖してたけど、もしかしたらこれを隠したかったのかな。
猫のことは何とも思わないけど、飼い主にはちょっとムカついた。
でもよくよく考えたら、埋めなおしたりせずにどこかで供養してもらった方が良かったのかも。
続きを読む

 
40 :名無しの心子知らず 2009/12/12(土) 22:24:18 ID:siOY/lQi
空気を読まずに年末のすす払いがてら投下。

至って平凡、地味な主婦やってる私の唯一の楽しみが紅茶。
結婚後の現在は家計に響かないように趣味程度にやっている。

 ある休日最近紅茶に興味を持ち始めたママ友(A)とお茶会を自宅ですることになっていたが、
当日AはAの従姉妹の同じく私、Aと同年代の子どもを持つママのBを連れてきた。
 聞けばAが我が家へ向かう途中にばったりBと出くわし、そのままBがついてきたとのこと。
若干Aの表情がこわばっていたのが気になったが、そのまま三人+B子でお茶。(A子、私の子はそれぞれ旦那と外出)
 ケーキは旦那と子どもの分をB親子に出すことになった。
続きを読む

 
868 :名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木) 23:10:46 ID:N6Z
やっと離婚成立。
結婚12年目、できれば娘が大学生になるまでと思ってたけど
義妹が娘を蹴飛ばしても文句も言えないようなシスコンの旦那には
ほとほと愛想が尽きた。
早朝だろうか夜中だろうが夫婦喧嘩の度にうちに来る義妹、
もう30も半ばで何やってんのと思うし、来る度にうちの生活ペースを乱されて
私だって仕事してんのに、もうほんと勘弁してほしい。
義妹の旦那さんが謝って迎えにくるまで出ていきやしない。
新婚の頃は数時間で迎えに来てたのも、徐々に何日も迎えに来なくなり
時には「週末まで預かってて」とか旦那さん側から言われる始末。
うちに来て居候らしく家事でもするかと言うと完全にお客様の態度。
仕事に出ようとすると「私のお昼はぁー?」って言われて
「はぁ?子供じゃないんだから自分で食べれるでしょ」って出てきたら
旦那に告げ口されて「菓子パンでも何でも買っといてやれよ」だって。
「あんたが用意しなさいよ」って言ったら「おまえは冷たい」って。
洗濯カゴに当たり前のように汚れた下着を放り込んでたから
「自分のぱんつぐらい自分で洗って」って言ったら
旦那に告げ口されて「一緒に洗ってやってもいいだろ」
「ぱんつぐらいって言うなら、お風呂で洗えば済むことでしょ」
「おまえは冷たい」。
「何が冷たいのよ。普通の女性.なら恥ずかしくて自分で洗うわよ」って言ったら
黙ってたけどね。

続きます。長くてすみません。
続きを読む

 
96 :おさかなくわえた名無しさん 2006/12/10(日) 10:22:04 ID:pKHSKOvF
847 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2006/12/10(日) 02:08:22
夜中に目が覚めたのでカキコ。

トメが簡単な手術を受け、数日入院した。
夫が私に「退院したら手伝いに行ってやってくれ。お産のとき来てもらったろ」
と言うので、二つ返事で引き受けた。
退院当日、早速子供を実母に預け、トメ宅へ。
トメは、私の顔を見るなり早速お茶入れろだの溜まった洗濯物を洗えだの命令。
でも、一つも聞かずに勝手にテレビつけてトメ宅のお菓子を勝手にボリボリしつつ
トメペットの猫(メチャクチャ可愛い、トメも溺愛してる猫)を独占してやった。
トメびっくりして、ちょっと!あなた何しに来たのよ!早く家事してよと言うので、
「それくらい自分でやれば?退院したんだからもう治ってるでしょ!」と言って
夕方までひたすらテレビ・猫・菓子三昧で過ごして帰った。
(トメはベッドから悪態ついてたけど、無視してたらいつのまにか寝てた)
夜になって、トメからの苦情を受けた夫がカンカンになって帰ってきた。
カミナリを落とそうとしたので「産後してもらったとおりのことをしただけよ?
あなたの実家では苦しんでる人にはそういう扱いをするのが礼儀だと思ってた
けど、違うの?あなただって私が苦情を言ったとき、悪気はないとかお前のためだ
とか言ってたじゃない」とにこやかに言ってやった。
夫、思い当たるふしがアリアリなので黙って部屋に引っ込んだ。
ハーすっきりした。ザマミロ。
続きを読む

 
146 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/17(金) 18:56:00 ID:BslsWYGF0.net
一昨年のクリスマス、嫁にA4の封筒を渡してやった
嫁は何かな?と言いながら中身を確認
すると嫁は「えー!うそぉー!」と喜んだ
俺は「あれ?」と思いながら嫁に渡した物を取り上げ確認

【3泊4日TDLの旅】のパンフとチケットだった

俺は慌てて「ちがう!間違えた!こっちだ」とカバンからもうひとつの封筒を出して嫁に渡す

嫁はそれをWKTKしながら確認
次の瞬間嫁は膝から崩れ落ちていく

嫁「どうして?」と何度か囁く

俺「TDLは俺と子供たちだけで行くんだったwお前は間男のところに行けば?」

(ここから)汚嫁「違うの!なにかの間違いなの!」
ありふれたテンプレがこだまするw

俺「証拠は上がっている。良くもまぁ3年も裏切り続けてきたな。子供たちの密告なければわからなかったよ」

間男は長女の塾の講師で進路相談とかの名分でのホテル密会
汚嫁と間男は「いつかお互い離婚して一緒になろう」なんてラリっているんだよな

汚嫁に制裁下す前日に間男宅凸したんだが
間男土下座して「遊びでした!」とか言ってたんだぜw
だから慰謝料500万と汚嫁から貢がせた総額800万を請求した
払えないとかホザクもんだから消費者金融巡りさせてやった
手数料として300万上乗せしたけどね
続きを読む

 
241 :可愛い奥様 2003/12/19(金) 17:12:00 ID:zfk6nsBv
うちの夫の浮気は、夫がアフォだったことから私にばれました。
ある日の夕方、帰りが遅くなると言っていた旦那から電話。
「あ、俺。今日行っていい?」
とのコト。思わずおかしくなって、
「あんた、どこ行くのよ」
と笑い飛ばしてしまいました。おいおい、自宅と彼女の家を間違えるなよ~と
その時浮気を悟りました。旦那は電話の向こうで焦りっぱなし。
「きちんと日本語話せるようになったら言い訳でもなんでも聞いてあげる」
と、私から受話器を置きました。
昔から馬鹿な男で、そんな男に浮気されるなんてあたしの方が馬鹿なんだ、
と落ち込んだりもしました。
時間が経つにつれて段々怒りがこみ上げてきたので、その日、旦那の帰りは
玄関仁王立ちでお出迎え(w。
「何かいい言い訳は思いついた?」と一言。
「すまなかった。許してくれ。出来心だ。」
と、ありがちな台詞でひたすら謝る始末。
夫から携帯電話を取り上げて、毒女に電話しました。
「00の家内です。いつもお世話になっております。」
「え・・・。」
突然のことに向こうは絶句。
旦那に代わり、電話で別れ話をさせました。
そして、電話口で騒いでる毒女に、私が一言。
「ごめんなさいね、躾がなってなくて。躾し直しますから、安心なさって。」
旦那があたしをたぶらかした、仕方なく付き合ってやった、奥さんより
あたしを愛してる・・・その他もろもろ、無言で聞き続けた私が言い放った
最後の言葉。ぴたりと黙り込んだプリンに、私は「してやったり!」と
思わずガッツポーズ出しそうでした。旦那がいたから澄ましてたけど。

旦那とはその後も一緒に暮らしていますが、やっぱり愛情も情もなくなりますね。
本気で別れようか考え中です。
続きを読む

 
738 :名無しさん@おーぷん 2017/03/29(水) 10:05:21 ID:Vkg
明るい話をば

ある夏の夜に駅のロータリーでスマホいじってたら、
「アア、ソレハ、心中オ察シ シマス。ハイ。」
ってすごく丁寧なカタコトの日本語が聞こえて来た。
どうやら外国人ビジネスマンが従業員へのクレームに応対しているような内容だったんだけど

外「ソウデスネ、インド人、ソウイウ所 アリマスカラ」
私「(めっちゃ見たい…見たい…けど耐えろ自分…)」
外「時間、マモラナイ?飛行機モ?ハイ。」
外「サヨウ デスカ。デモ デスネ、」
外「  インドデハ ヨク アルコト。  」
私「!!!」

ネタとしては何度も目にした、でも誰も実際に耳にした事はないであろうあのくだり。
我慢できず隣を見ると、上質なグレーのスーツを纏い 何やら細かいそうめんにカレー粉をまぶしたような物をかっ込みつつ 肩と耳で器用に携帯を挟み電話しているガンジーが!
もうね、もうガンジーガン見。
電話を終えたガンジーに勇気を出して話し掛けた。

私「あの、それ、何食べてるんですか?」
ガンジーちょっとびっくりしつつ
ガ「コレネ、”ビリヤニ”ッテイウ インドノ家庭料理。…タ、食ベル?」
私「いや いいですwww」
ガ「デスヨネーwwwテイウカ僕、アト5分デ コノバス乗ラナキャ ヤバインダケド 絶対無理ダヨネーwww」(←ビリヤニ大量に残ってる)
私「やばいですねwお忙しい所すみません、道中お気を付けて。」
ガ「アリガトー!」

ほんの数分の国際交流だったけど、日本に居ながら自国イズムを全く変えないインド人に衝撃を受けた。
んで帰ってヤマトの味カレー食いながら踊るマハラジャ借りて観た。立派なインド人ファンになりました。
続きを読む

このページのトップヘ