衝撃的

 
192 :可愛い奥様 2011/02/25(金) 17:14:09 ID:BZW+RNuIO
流れぶったぎるけど整形したことかな。

イベントコンパニオンやりながらささやかながら芸能活動もしていてテレビにもちょいちょいでてた。

旦那は普通の役所勤めの公務員なんだけど結婚式の時には旦那の上司やら友達やら親族やらによく旦那と結婚してくれた、と感動すらされた。
職場では奥さん超美人で通ってるらしい。


ちなみに整形箇所は目(目頭切開、二重まぶた全切開、涙袋を筋繊維でつくる)と鼻(小鼻縮小、プロテーゼ)と歯。

そしていつでもメンテナンス通えるように貯金も別に内緒でしてる。

5歳になる子供がそのまんま旦那似だったことで肩の荷がおりた。
旦那は残念がっていたけれど。
続きを読む

 
889 :名無しさん@おーぷん 2017/01/20(金) 20:14:32 ID:e5I
当時の彼氏と婚約し結婚式も後一ヶ月半後に控えた頃になって、何故かいきなり冷めてしまった。
別にマリッジブルーだの彼の嫌な所を見たり知った訳でもないけど、彼に対する気持ちが急速に冷えていったのが分かった。
当然こんな状態だと結婚なんて出来ないので彼に別れを告げると案の定猛烈に別れるのを嫌がられた。

なんで?どうして?俺の何処が嫌いになったの?それなら直すから!と散々しつこく問われたり理由を聞かれたが、
理由は無いけど嫌なものは嫌なので仕方がない。
「理由は無いけど嫌になったから別れて欲しい」とは言ったけど、彼は納得してくれなかった。
彼は割と高収入の部類で(28で600万ほど)顔立ちも悪くなく何よりとても優しかった。
どうしてそんな問題の無い彼の事が急に嫌になったのか今でも理由は分からない。
ただただ生理的なものとしか言いようがなく、自分で分からない事を彼に説明出来る訳もなかった。

その内しつこく追いすがる彼に嫌気が差したので、彼には内緒で荷物を纏め、
海外で暮らしている友人の元に居候する形で、留学という名目で全てを投げ捨てて海外に行ってしまった。
彼の事が全く気にならなかった訳では無かったけど、両親や仲の良かった友人にはちゃんと理由を話してるし、
何もかも捨てて自由になりたかった。

その後、向こうのカフェ等でアルバイトをしながら暮らしていた所、長期出張で来ていた現在の夫と出会い結婚、
現在は帰国してこちらで暮らしている。
今の夫は当時の彼氏よりも高収入で何よりもかなりのイケメンだ。
性.格は当時の彼氏の方が良かったけど、多少ぶっきらぼうな所も愛しく思えるから我ながら不思議だ。
続きを読む

 
634 :可愛い奥様 2012/07/10(火) 08:56:12 ID:YVS8PUls0
元彼が業務上横領でクビになった。
会社と話し合って返金するらしく、警察沙汰にはならなかった。
900万ぬいていた。

私に使ったのは
海外旅行2回 イタリア ハワイ
国内旅行2回 別府 軽井沢
デートしたときの飲食×80ぐらい
某ダイヤモンドカッターのハーフエタニティリング
ぐらいで、その他金品は一切ない。
羽振りのいい仕事なんだな、と思ってはいた。
ねだったことはなく、彼が自発的に使った。

けれども、クビの直後、別れるときに才柔めにもめた。
彼の中で、「彼女に貢ぐためにあんなことやっちまった」ってことに変換されてしまったようで…。
実際は自分で使ったのが大半だろうに。

恨まれたらめんどくさいので、指輪を返し、5万包んでべそかきながら、「これが精一杯」と下手に出たらおさまった。
続きを読む

 
182 :離婚さんいらっしゃい 2018/08/26(日) 13:09:54 .net
ちょっと胸糞な話。

10年以上前、30代前半の俺はバツイチで子供一人の女と結婚した。相手は俺と同年で、俺は初婚。
子供は4歳の男の子で、俺はいきなり父親になっちゃったけど、何となく懐いてくれて、そんなに違和感無かった。

結婚して3年過ぎたある日の昼間、警察から「奥さんが交通事故に遭って病院に運ばれた」という連絡が来た。
驚いて病院に駆けつけると、妻の顔には白い布が掛かっていた。布を取ると、顔の半分くらいは傷を処置したらしい跡。俺は、ただただ呆然。
その場で警察官から事故の状況を聞かされた。妻は40代男の運転する車に同乗、車はバイパスで中央分離帯に接触した後、大型車と衝突したという。
運転していた男は意識不明で同じ病院に収容されていたが、まだ家族は来ていなかった。名前などを聞いたが、全く知らない人間だった。

学校から帰っていた子供を俺の妹が迎えに行き、病院で変わり果てた母親との対面となった。
ショックを受けたようだったが、取り乱したり縋りついたりすることも無く、立ったまま涙を流していた。
今思うと、親の離婚を経験して、辛いことに対する感情のコントロールが、他の子よりも出来たのかも知れない。

そのとき再び警察官が来た。男の家族が来て、男の素性.が分かったことを告げられた。
男は、妻の前夫で、子供の実の父親だった。離婚後は独身のまま。離婚原因は男の家族と、妻との折り合いが悪かったということらしい。それだけではないだろと思うが。
なぜ2人が一緒に車に乗っていたのか。男の財布からホテルのレシートやらサービス券が出てきて、ほぼ間違いなく不倫関係にあったのだろうという結論。

後日調べてみると、少なくとも1年近く前から同じホテルを何度も使っていたことが分かった。実際にどのくらい前からだったのかは分からない。
妻のほうからは、そういう関係を示すような証拠の類は出てこなかった。慎重だったんだろう。余計に裏切られた感じを受けた。

その日は子供を連れて一旦家に帰り、葬儀の支度や、各方面への連絡などしたが、殆ど眠れなかった。
翌日、病院に行くと、男も早朝に息を引き取ったという。男の親や親族も病院に来ていた。向こうも、こちらも、何とも言い難い、変な対面だった。
葬儀は当然別々に行い、こちらは遺骨を自宅に置いて四十九日に納骨した。その際に、男の両親が来て、納骨に立ち会いたい、話もしたい、とのこと。
相手両親は、取り敢えず今回のことをお詫びしたいと、結構な額の現金を包んで来た。
それと、子供に会わせて欲しい、出来れば年に1度でも良いから定期的に会わせて欲しいという。
離婚後、一度も会っていなかったのに勝手な話だと思えたりしたが、病院で久しぶりに会って、唯一の孫だという思いが湧いてきたということか。
両親は基本的に悪い人ではないが、強引なところもあって、いつも一緒に居るには、ちょっとキツイかなという印象を受けた。

結局お金は受け取ることにした。慰謝料のつもりだったのだろうが、子供が将来必要になったときに使わせてもらいますと伝えた。
近年、学費がキツイかなというときがあったが、何とか使わずに済んだ。まだ手付かずに銀行に置いてある。いずれ子供にやろうと思う。
毎年夏に相手両親が墓参りに来るので、そのときに子供と一緒に食事などしながら話などしている。

今年から子供は進学で家を離れ、家の中は俺1人になった。血の繋がってない子供で、お互いに微妙な遠慮があったりしたが、いなくなると、やはり寂しい。
夏休みで先週まで帰って来ていたが、バイトだのサークルだので色々忙しいとかで昨日戻って行った。まぁ、まともに育って良かった。

ただ、タヒんだ妻に対しては、今もわだかまりがある。前夫に対しても。あんな形で露見しなかったら、その後も続いていたんだろうと思える。
選んだ相手が悪かった、としか言いようがないが、離婚後も関係を続けているような人間っていうのは、それ以前に、もともと根本的な何かが抜け落ちてるんじゃないだろうか。
そういうのを見極めるための要素っていうのは、どうなんだろう、やっぱり、離婚歴もその一つじゃないかっていうのが、どちらかと言えば喪男の俺の全く個人的かつ正直な結論。

長々とクダラナイ話、失礼しました。
続きを読む

 
914 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 01:53:45 ID:hPzcW73Y.net
4.5年前の話。ラーメン屋で飯食ってたいきなりDQNに後ろから殴られ、食っていたラーメンを頭にかけられた。
振り向いたら「あ?誰?お前?」って言われた。
どうやら人違いだったんだが、頭に来ていたのでDQN を担ぎ上げて地面に叩きつけた。警察は来たときには俺はDQNに馬乗りだったこともあってか、最初に押さえつけられ手錠かけられた。

取り調べと店の人の証言で難を逃れた。そして警官からどうやら、俺に背格好がよく似た奴がDQNの知り合いと才柔めたらしく、俺はとばっちりを受けたらしい。
それ以来、外食するときは必ず端の席にして壁を背にするようにしてる
続きを読む

 
114 :名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金) 22:41:42 ID:Fgb
いいかげんうんざりしてきたので吐き出させて。
文章をまとめるのが苦手で、ダラダラ長くなるので、嫌な方はスルーしてください。

私の兄と、私の高校からの友人A子が結婚して3年になる。
兄はモテる人で、身内の恥になるけど、兄じゃなかったら口も利きたくないほどの浮気症。
A子はいわゆるいいとこのお嬢さんで、普段は控えめなんだけど、
思い込んだらコレしかない、みたいに、ちょっと頑固なところがある。

兄とA子の関係は、A子の一目惚れから始まったんだけど、私は一切取り持っていない。
むしろ、女の子をとっかえひっかえしている兄に、A子にだけは手を出すなと釘を刺したくらい。

兄も初めはそんなつもりはなかったみたいなんだけど、初めて結婚を意識した女性.の親御さんが
兄の身辺調査って言うの? をした結果、結婚に大反対され、婚約にも至らずご破算になった後
いつの間にかA子と付き合っていて、そのまま結婚に至った。

恋人期間は兄の浮気性.もなりをひそめていたようだったし
私も、兄は本当に性.根を入れ替えたのかもしれん、と思って、2人の結婚を祝福した。
ちなみに、A子のご両親も兄の調査をしたみたいだけど、付き合っている間は潔白だったそう。

ところが、無事に結婚出来たことで安心したのか、兄の浮気症、再発。
結婚して半年も経たない頃だった。そこからがもうめちゃくちゃ。
仕事関係の女性.と既婚女性.は避けているようだったけど
それ以外だったらプロアマ問わず、老若問わず、美醜も問わず。
A子はそのたび泣いていて、でも好きだから別れるのはイヤだとか
夫(兄)が浮気するのは私(A子)が至らないからだとか言っていた。

私はそういう話を全部A子から聞いていて、兄に意見してみたり
いくら好きで結婚したとはいえ、我が兄ながらあの遊びグセはもう病気みたいなもんだから
A子もまだ若いんだし、離婚して人生やり直した方が、等とアドバイスをしたりしていた。

正直、兄の浮気の話って、身内の性.的な話なわけだから、聞きたくなかったんだけど
兄のこともA子のこともよく知っているのは私くらいだし
それにあんなんでも私の兄だから、兄が友人に迷惑ばかりかけて申し訳ないという思いがあり
文字通り泣き暮らしているA子の話にはなるべく付き合うようにしてきた。
続きを読む

 
853 :名無しさん@おーぷん 2016/01/07(木) 10:58:55 ID:oSo
長くて分かりづらい上に何が言いたいかも分からないかもしれませんが、分譲マンションを購入した時の出来事です。
私は主人と二人暮らしの専業主婦です。

引っ越して数日してから下の階からゴンゴンと金槌で床を叩かれる様な音が度々聞こえることがありました。
壁ドンみたいな感じで、我が家の音がウルサイのかな…と思って、絨毯を厚手のものにしたり、スリッパを底がフカフカのものにしたり、掃除機をなるべく使わずにモップ掃除したりとかなり気を使って生活するようにしました。
しかし、それでもその音は止まず、ただ本を読んでいるタイミングでドンドンとされたりもあったので、主人にマンションの管理会社に相談してもらう事にしました。
下の階に住んでいるのは60代くらいの女性.で私たちが引っ越して来た際にご挨拶に行ったのですが、感じの良い方だったイメージしかありませんでした。

管理会社に相談後、その管理会社から連絡が来たのですが、下の階の方は全くその音の事を知らなかったようで、下斜め隣にも確認したが分からなかった。との事でした。
でも、確実に音はしてるし、1日に15分くらい鳴り続ける日もあったりして、無視できるほど小さな音でもなく、突如として鳴る音にビクッとしてしまうし、精神的に参ってしまう感じでした。
平日の午前中から夕方くらいの間で不定期に鳴るので、主人はその音を一度も聞いたことがなかったので、携帯で録音する様に言われ、録音をして管理会社に相談もしたのですが、管理会社としても、どう手を打って良いのか分からないと言われてしまい、ほとほと困ってしまっていました。

打つ手もなく、主人が見るに見かねて引っ越しの提案もしてくれたのですが、購入したばかりのマンションでしたし、私だけの時間しか鳴らなかったので、日中はなるべく家にいない様にして一年以上我慢して生活していました。

続きます
続きを読む

 
398 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 14:16:11 ID:Oio7cCxA.net
二年前にニートだった兄が働き始めたキッカケが衝撃的。
兄は頭は良く一応いい大学を出た後、名のある銀行に就職したが
たった三ヶ月で辞めてしまい、以来引き摺り状態だった。
しかしニート5年目になったある夜中に
私の部屋をドンドン叩きまくり、ドアを開けるといきなり
「(私)、今いくら金ある?頼む貸してくれ、必ず返す!あるだけ貸してくれ!」
私はアホかと思いつつ若干涙を浮かべている兄に「何に使うの?」と一応聞いた。
当時私は大学生で実家住まい、バイトもしてたので
20万位の預金、財布には2万ちょっと入っていた。兄はいきなり「猫を飼いたい、二匹飼いたい」と言い出した。
「猫なんか飼いたい言える立場じゃないのは、わかってる、でも引き取りたい。」
と、ネットで見たラガマフィンと言う猫のブリーダーが夜逃げして
ラガマフィン仔猫が多数保護され、里親を探している書き込みを見たらしい。
「可哀想だけど…仕方ないじゃん」と言ってみたが結局兄は
朝方両親に話し父から10万を借り、私も10万出した。
兄はニートとは思えない素早さでラガマフィン仔猫を二匹引き取り、トイレ餌ボウルと砂とベッドを買い揃えて
翌々日から警備会社の研修を受け、そこで夜勤日勤問わずに猛然と働き出した。
仕事中は母に頼んで猫を見ていて貰いその月から食費との猫代を7万家に入れ 
翌月には私と父にお金を返した。
そして先月、兄はその警備会社の社員になった。
「猫達が病気したら病院代がかかる」と今でも夜勤も日勤もやっている。
父から怒鳴られ、母から泣かれて親戚には笑われてそれでも働かなかった兄がペット飼いたさに働き始めた事も
衝撃だったけど、人生は一晩で変わる事もある(しかも部屋から出なくても)と
言うのが、現実にあり身近に見た事が一番衝撃的だった。
働く兄とは反対に、二匹の猫は今日もお昼寝している。
続きを読む

 
284 :名無しさん@HOME 2012/03/07(水) 13:15:32 0
プチですが投下してみます。

とある新築マンションに、とてもご近所に評判のいい旦那さんがいた。
新築ということで、管理組合の仕事とかの役員をみんな譲り合う中、手をあげてくれて活躍してくれたり
仕事は、職人さんで、暇な日には、マンションの子らをまとめて遊んでくれたりと、本当にいい人だった。
そこの家族は奥さんと小学校高学年と中学生の男の子2人だが、子どもたちも面倒見のいいお兄さんだった。
ところが、入居2年目の夏休み前になって、突然旦那さんの姿が見えなくなり、夏休みに入って奥さんもお子さんも姿を消した。
長期の旅行? いや、ローンが始まったばっかりで、そんな余裕はないよね?
急な転勤? いや、でも職人さんだしなー?
喧嘩でもして離婚? それなら両方出て行かなくていいんじゃない?

ちょっと噂になった頃、奥さんがいろいろオプションつけて高額になったけど、自分の思う通りにできて満足とご自慢の部屋が売りに出され、荷物も本格的に運びだされた。
みんな急なことで、びっくりしたが、やがて真相が新聞に載ってわかった。
……旦那さん、わいせつ事件起こして逮捕されてたよ!

慰謝料とか裁判費用とかで、とにかくお金がいるということで早々に自宅を売りだすはめに。
一家は、元いた奥さんの実家に再び同居となったらしい。
旦那さんも一応そこへということになっているが、本当にそこにいるのかは不明。
奥さんご自慢のお部屋は、売り急いだということと中古物件ということで購入価格から800万ほどダウンで売られた。

ということが、中古マンションの購入して契約を済ませた晩に、売主の名前をぐぐって逮捕の記事を見つけて
そんなケチがついた物件は止めろと私の実両親が言ってきて修羅場w
もう契約済んでいるし、手付けも100万単位で払っているのに。
気にしない性.質の私ら夫婦は、結局入居を強行。
入ってみると、やはりいい部屋で、こんなに格安で手に入れて申し訳ないくらい。

入居して、ちらちら前の住人の旦那さんの話を聞くと本当にいい人だったぽいし、
回りの住人さんたちも人間関係が良好で、本当にいい人たちばかりだし、
なんでわいせつ事件なんか起こしたのか不思議でしょうがない。
続きを読む

 
260 :おさかなくわえた名無しさん 2010/02/10(水) 21:46:23 ID:zhrp3tkf
数年前に某携帯ショップで働いてた。
その時はリーダーの30代のおばさんと私の二人のシフトで、若い男性.が解約に来た。
普通に手続き済ませて、お決まりで「宜しければ理由を教えて下さい」的な事を
最後に言うんだけど、まあ大体あやふやか、そう細々と話してくれる事は当然ない。

でも、その人はちょっと黙って、それからぽそっと「…もう、先が長くないんですよ」
私らは一瞬意味がわからず反応出来なかったんだけど、お構いなしに、堰を切ったように話しだした。
「もう手術しても遅い、全身に広がってる。薬とかで遅らせても苦しいだけ。
だから何の処置もしない事に決めた。半年、或いはその半分ももたないけど。
今日は携帯解約して、明日は部屋を引き払う。私物は全部処分して、ちょっとぶらぶらして、
いよいよ動けなくなる前に、病院に行く」と途切れ途切れに話してくれた。
抑揚もなく、訥々と話すのを聞いてる内に漸く事情が呑み込めた。

リーダーの方が早く立ち直ってて、「差し出がましいですが、ご家族は?」と尋ねるも、
「そんなの、いやしませんよ」と返ってきただけだった。
それじゃ、と言って店を出ようとするので、咄嗟に「有難うございました」と言ってしまった。
今思えば何が有難うだ、気を使えよって自分でも思うけど、何か言わないとと思った。
でも、ごめんなさいとか頑張れってのは違うと思った。
その人は表面上は気を悪くした風もなく、ちょっと困ったように笑って、
「聞いてくれてありがとう」といって、とうとう出て行ってしまった。

今はもうその仕事はしてないけど、携帯ショップとか見かけるとたまに思い出す。
あの人が覚悟を決めていたのか、それとも諦めていたのかは分からないけど、
生とかタヒとか、そういうのをすごく衝撃的に印象付けられた。
続きを読む

このページのトップヘ