修羅場

 
411 :おさかなくわえた名無しさん 2013/02/18(月) 20:21:03 ID:SSC8LwZb
ずうずうしい、、、とは思ったが
今嫁に説得されちまった。

16年前、不倫・妊娠・托卵の3点セットで離婚した
法律上の俺の娘が、「大学に行きたいのでお金を出して下さい。」と言ってきた。
半分の遺伝子提供者である間男は、とっくの昔(10年以上昔)に首を吊ってタヒんでいて
母親=汚嫁は、間男と切れた後、男をとっかえひっかえした挙げ句
昨年末にタヒんだらしい。
この娘は、俺との離婚後は祖父母宅(嘗ての義理親)で育ち、母親の顔も
ろくすっぽ知らないらしい。

16年ぶりに嘗ての義理親宅へ足を伸ばしたが
義理父は寝たきり、義理母はヨボヨボと
気の毒で涙しか出てこねぇ

結局、今嫁に説得されて
金出すことになりそうだが、なんだかモヤモヤする。
続きを読む

 
641 :名無しさん@HOME 2018/01/18(木) 14:16:39 0.net
冬になると思い出す自分の中では修羅場だった体験。そんな大した事ないかもだけど、かなり長いです

中学の時の話なんだけど、髪染めたり煙草吸ってみたり原付乗り回したり、いわゆるDQNでした。
それでも先生達と仲良しのDQNっているじゃん、私それだったのね
中学3年生になって担任の先生がすごく良い担任で、高校進学なんかダセェと思ってたのが高校いいじゃん!行きたい!って思わせてくれるような担任で。
つるんでた子達も高校行きたい!ってなって担任が放課後に勉強会開いてくれたりしたの。
そのおかげで皆いつも5教科で100点だったりしたのに250点まで持ち直したりして、ちょっと勉強が楽しかった。
学校にも毎日行くようになって、髪の毛は暗くなり勉強はするわで私の両親をはじめ皆の親が担任に涙ながらに感謝するレベルになった。

最後の期末テストだったかな?ちょっとあやふやだけど、なんと理科で98点取ったのね。
担任が理科の先生でテスト返す時に「私子!!!ようやったな!!!98点や!!!」って皆の前で点数言いながら返して、いぇーい天才だわウェーイみたいなノリで席についたら、後ろの席の真面目クンの机だけ地震みたいにガタガタ揺れてんの。
うるさいな~と思って振り返って見たら目を真っ赤にしてテストを力いっぱい握りしめて大地震レベルで貧乏ゆすりしながら泣いてて、ちょっと引いたけど体調悪いのかと思って声掛けたのよ。大丈夫?って。
したら「ギィエエエェェェェエエエエエエエエァァァエエエァ!!!!!」って発狂しだして教室を飛び出してって先生も皆もキョトン。
ハッとして担任は追いかけに行って結局その時間は帰ってこなかった。

長いので一旦切ります。
続きを読む

 
797 :名無しさん@HOME 2011/07/23(土) 00:11:51 O
簡潔にかいてみる

・俺(29歳)単身赴任
・嫁(20歳)来訪。俺テンションMAX
・隣人A(86歳)、俺宅襲撃
・Aいわく「弄ばれた。責任とれふじこ」 
・びびりまくりの俺ぎっくり腰に
・嫁が通報
・A娘(確か50代)がAを回収
・A娘費用負担で俺引っ越し
・Aが俺をロックオンした理由は、外見が好みだったそうだ
・Aは俺のゴミを収集していたらしい

いろいろとタヒにたくなる一件だった
続きを読む

 
272 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/20(月) 03:22:35 ID:mX1W6ZZc
彼に不正ログインし続けられた。

彼のパソコンでYahooのメールチェックして、きちんとログアウト。
それでidがばれた。
までは、いい。私が履歴消さなかったから。idばれてもヤフオクの履歴とかばれるくらいだし。

で、そのidでストーキングはじまる。
ブログからヤフオクから何から何まで。
ブログが、idを検索ワードにして毎日訪問してる人がいて不思議に思ったのがキッカケ。
だけどさぁ、ログインまでしてみる?
簡単に名前がパスにしてた私も私だけど、
彼はこともあろうか、ログインを試みるたみたい。
その後履歴みたら毎日不正ログイン。
メールをくまなく毎日チェック、ブログもチェックしてた。

まず他人のidにログインしてみる、っていう意識が信じられない他、ひどい時は数時間おきに、ログインしてたのを知って驚愕。
浮気したり、自分の悪口友達に言ってないかチェックしてたみたい。

その後彼が好きだし、許したけど
最後までその急激に冷めた気持ちが消えず、結局破局。
最後は麺と向かってごはん食べるのもいやになってた。
恐らくあの日から生理的に無理になってたんだとおもう。
続きを読む

 
307 :名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水) 11:35:36 ID:fbT
家族で夕飯食べてたら、弟がいきなり立ち上がって
「ごめんなさい。大学行けなくていいから100万円貸してください」
と親に向かって泣いて頭下げた時。

事の起こりは、当時中1だった弟が家のPCでこっそりアダ○トサイトを見ようとしたことからだった。
弟はリンクで飛ばされてるうちに架空請求のページを踏んでしまった。
当時はまだ架空請求が流行り始めた頃で、中高校生の間じゃそんなにメジャーではなかった。
弟はどんどん膨れ上がる金額に恐怖し、叔父に相談した。
叔父は父の弟で、かなり歳が離れていて当時まだ20代だった。
叔父甥というよりイトコのような間柄だった。
親には恥ずかしくて言えないけど、叔父になら…と相談したんだと思う。
叔父は「俺にまかせろ」と言い、数日後
「なんとか業者と話をつけてやったけど、100万もかかった」
と弟に言った。
それ以後、弟は叔父のパシリになった。
最初は「何々買ってこい」とかたわいない内容だったんだけど、段々エスカレートして
ついに「クラスメイトの女の子を斡旋しろ」と叔父は言い出した。
弟は「さすがにそれは…でも100万円の借り…」と思い悩んだ末、
親に打ち明けて借金を返してもらうしかない!と決心し、夕飯中に告白したのだった。
続きを読む

このページのトップヘ