修羅場

 
933 :名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木) 13:27:32 ID:27HlPBJaq
嫁の元彼の話。
嫁と夜の元彼は結婚まで決まっていたけど結局元彼親と嫁親の関係の問題で破局
お互い愛し合っていたのに別れることになった
でも別れても友達で居ようねと元彼に言われ連絡したり相談し合ってたらしい

その後に出会ったのが俺。付き合うことになってからは彼女のほうから
「もう元彼と連絡取らないし関係を絶つよ、俺君心配させたくないし」
と連絡も関係も絶ち、俺と嫁の関係もどんどん深まって結婚した。

元彼と嫁が結婚しなかった理由は元彼側の両親が嫁親族を見下したため。
元彼両親の立場がそこそこ地域じゃ有名で上らしく立場が釣り合わないから別れろとの事だった。
嫁側も親を悪く言われるの辛かったし元彼も親の権力には逆らえずこうなったと言う。

嫁の過去なんて俺にはどうでも良いし今嫁が嫌な過去を断ち切って幸せって毎日のように言ってくれるのが嬉しいので
過去を追及してない。
ただプチ修羅場がこのあと
続きを読む

 
279 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/29(日) 08:56:19 .net
オレ40前半
ヨメ30後半

今年1月にヨメマッチング系に登録してるの発覚
ヨメ、もう二度としないと誓う
2月にマッチング系で知り合った男と毎日電話でやりとりしてるの発覚
ヨメ、会った事はない
向こうが一方的に入れあげて、それに応じてただけ
もう二度としないと誓う
昨日
ヨメが夜10時過ぎに仕事帰りから戻る途中
俺に電話がかかる
帰りに用事があるから、遅くなると
その電話がキレた後、すぐに再度ヨメから電話がある
「もしもし」って言っても通じない
知らぬ間にボタンを押して掛けてしまったようだ
しばらく聞いてると、男とのやりとり
明らかに男の部屋にいる
ふきんは拭くためにあるんだよ
このDVD見ないの?
そんな会話
男の声もよく聞こえる
続きを読む

 
493 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 08:47:36 ID:oslj4OUu.net
俺のって言うより、家族の修羅場

数年前、家族が崩壊した
きっかけは、父ちゃんの不倫発覚

とりあえず簡単なスペック
俺 当時23歳 会社員
姉 当時26歳 会社員 婚約済み
父 当時53歳 会社員
母 当時51歳 パート

いつからかは知らないけど、不倫を知った母ちゃんが興信所を使って夕食時に父ちゃんを追及
子供の前ですんなよと呆れていたら、まさかの父ちゃんの反撃
お前こそ浮気してるだろ!みたいな
母ちゃん否定するも明らかに動揺
それを見て、「ああ、母ちゃんしてんだな」と確信

それから罵り合う父ちゃん母ちゃん、それを止める俺と姉ちゃん
テーブルはひっくり返るしご飯は飛び散るしでもうぐちゃぐちゃ

しかしこれはまだまだ序の口だった
続きを読む

 
787 :名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日) 12:45:11 ID:qSW
両親が長らく海外赴任していたので、幼いころから祖母の家に預けられてた
祖母は決して悪い人ではなく、むしろ私のことを溺愛してくれてたんだけど
「せめて二重だったらねぇ」と不憫そうに私の顔を見て言うのが嫌だった
両親も祖母も、亡くなった祖父も皆外人みたいなぱっちり二重だったから
久しぶりに会えた両親にまで「せめて二重だったら」を言って
しかも両親も「本当にねぇ」と気の毒そうに言うので泣きそうになった

でも私が二重にすると言い出すと「親からもらった顔にメスを入れるなんて」と
祖母・両親ともに大反対
相変わらず「せめて二重なら」と言われ続けて自分の顔に自信が持てなくなり
典型的な暗い喪ブスキャラになった

就職して初めてお給料をもらった日に、祖母・両親にプレゼントを買うつもりで
4人でデパートに行った
店員さんが「あら、可愛らしいお孫さん」とお世辞を言ってくれたのに
祖母・両親ともそろって「悪くはないんだけど、でも目がねぇ・・・」と残念顔

これにプチンして、夏・冬のボーナスで二重の手術をした
美容整形に行ったら「あなたの瞼は眼瞼下垂という病気。結構重症で、視力にも影響が
出ていると思うので手術したほうがいい」と言われて超びっくりした
病気だから保険が適用されて、両目併せて10万弱で二重になった

帰宅して縫い目のある手術痕を祖母・両親に見せると激怒していたので、
「あんたらが散々いじめてくれた一重は病気だったんだって
誰のせいで今まで苦労したと思ってるんだ」と大暴れしてやった

家を飛び出して、手術代で浮いたお金でビジホ借りて、そのまま一度も帰らずに
社員寮に転居してやった
会社では整形うんぬんでひそひそされたけど無視して、正義感の強い子にだけ
眼瞼下垂のことを告白したら、その子がスピーカーになってくれて
「病気の治療で二重になった人を整形扱いするのはどうなの?」という風潮になり
いつの間にか沈静化した

祖母・両親は今でもたまに手紙を寄越して帰ってこいだなんていうけど
皆の希望通り「せめて二重」になったら人生が明るく開けたような気分になって
彼氏もできて楽しいので絶対に帰ってやらない
続きを読む

 
521 :名無しさん@おーぷん 2015/11/12(木) 22:06:44 ID:I6B
今日あった話

旦那と私と同じ美容室に行っているのだけど
今日、一緒に行くはずだった旦那が急に仕事先へ向かわなければならなくなり、私一人で美容室へ行った。
受付で、旦那の予約のキャンセルを伝えていると、待ち合席にいた女性(以下A)がこちらにやってきて

A「キャンセルなさるなら、私を繰り上げて下さらない?」

と言ってきた。話を聞くと、飛び込み客らしく、今から2時間後からスタートだったらしい。
受付の人が予約を確認し、どうやら可能だったようなので、OKを出した。
Aは私に向かってお礼を言って席に戻った。
私はそのまますぐにカットに入り、5分後位にAが一つ空けた隣にきた。

A「やっぱり、カットだけでなくパーマもかけたいの」

この発言に、この時は「時間が早くなったからパーマもするのかなー?」と思っていたのですが
カットとシャンプーが終わり、会計を済まし帰ろうとした時、

A「ちょっと、あなた!私の分の支払いが終わってないわよ?」

と、パーマのカーラーを巻き始めていたAが言いました。最初、何の事かわかりませんでした。

A「帰るなら、ちゃんと私の代金も払っていっていただかないと」

と言われ、やっと、Aの支払いをしろと言われていることに気がつきました。

私「え、無理で…」
A「あなたのところの予約なんだから、あなたが払うのが当たり前じゃない!」
私「いや、うちの予約はキャンセルを…」
A「それを、キャンセル前に私がもらったの!だから、あなたの予約よ!私はあなたのところの無駄になりそうだった予約をもらっただけ!だから、支払いはあなたじゃない!!」

いきなり豹変して、Aは叫び出しました(それまでは、おとなしそうな感じでした)
私が何かを言おうとすると、それを遮るように叫ぶので、会話が成立しない。
いきなりの出来事に固まってしまっていると、私担当の美容師さんに小さな声で「行ってください」と言われ、カバンを渡され、とりあえず外へ逃げました。
私が逃げると同時に動いた担当美容師さんは、私の出た後、扉を閉め、その前に立ちふさがるように立っていてくれました。私はそのまま急いで帰宅。
そして先程、美容室の店長さんから電話がありました。

今日の事についての謝罪と、警察にもしかしたら証言をお願いするかもしれない、という内容でした。
あの後Aは一度大人しくなったそうなのですが、会計時に支払いを拒否、店内で暴れたそうです。
警察に連れて行かれるまで、ずっと
「私は悪くない!早くあの女(私)を連れてこい!」と叫んでいたそうです。

…見覚えの無い人だったので近所ではないと信じたいです。



続きを読む

このページのトップヘ