復讐

 
770 :恋人は名無しさん 2009/05/09(土) 01:42:37 ID:hzBNVIYkO
悲惨なGWになりました。

彼女とデートしました。
ああ幸せさ。けどね、道端でやたらガタイのいい野郎が道塞いだんです。
何かわからないままいきなり俺殴られました。ええまあフルボッコですよ。
交番が近くにあったのが救い。お巡りさん駆けつけて野郎逃走。ついでに彼女もいない。
何が何だかさっぱり。お巡りさんに話して家帰ると玄関前に彼女いるし。
「何で帰ったの?」と聞いたら「まさかあんなとこであんな怖い人と会うとは思わなかった。怖くて逃げ帰った」と。
何かおかしいです。交番あったのに。そんなにチキンだったっけこの女?
そして彼女お帰り。意味不明。
翌日会おうとしたら断られた。何なんだ?
嫌な予感満載で独りで買い物いきました。顔痛いんで鎮痛剤でも買おうかと。そしたらね、彼女いたんです。昨日の怖い人と。
向こうも気づいてね。野郎が来ました。「てめえちょっとツラ貸せ」とね。
人通り少ない道で言われました。「いつまで俺の女に付きまとうんだ?まだ殴られ足りないか?」
俺答えたんです。「あのですね、俺彼女と付き合っているんですが、今ここで彼女にちゃんと色々聞きたいんです。殴るならその後でお願いしたいんですが?」
続きを読む

 
786 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 22:05:21 ID:LUKtzoiD0.net
彼女が二股かけてた。しかも相手とはすでに共同名義で家まで建ててた。
様は俺が浮気相手だった。

頭にきたから復讐を決心。
まず、彼氏の会社での評価を最低まで落とした。手段は内緒w
給料減って生活困窮w

次に新居の近所で噂を流した。内容と手段
は内緒w

そしたら2人そろって鬱気味になってきたからもう一押しw

反社会的団体に彼氏に成りすまして抗議文を郵送。
反社会な方々が新居に凸w

その他モロモロを半年続けたら彼女が壊れたw
元々メンタルが弱かったからね。

結局、家は任意売却。当然安値で叩かれて、残ったのは借金のみ。

ここでダメ押しw

俺との関係を第三者の振りして、彼氏実家へ調査報告書の形で郵送。

最終的にそれぞれ、ボッチで借金まみれ。

俺はメシウマー‼︎ 今度結婚が決まったから招待状送ったったwww

B***h、ザマア!
続きを読む

 
352 :名無しさん@HOME 2011/11/04(金) 02:07:25 0
流れトン切りな上に、プチなDQN返しだけど。

トメがよく使う台所を中心にトラップを仕掛けた。
あらびき黒コショウを戸棚の奥に隠し、「あらびきコーンスープ」の袋を置く。
お茶をいれた500ミリペットボトルをとりにくい位置に移動、似たような大きさの容器にはいったしろだしを置く。
などなど。

ドリフコントの世界だよなぁ…と思いつつ、普段のトメのアホさ加減なら
うまくいくかも~と思っていたら、大当たり。
もしかしてだまされるふりをしていて、私の行動を全部見透かしているのか!?というくらい
見事なひっかかりっぷり。
チキンラーメンと間違えベビースターラーメンをウトに出して怒られる
(容器にいれている時点で「なんか砕けてるな」と思ったがそのままお湯注いで出したらしい)
「なんかコショウが無いから、これでごめん」と
あらびきコーンスープの袋を出してさらに怒られる。
(思いっきりスープの袋なんだけど、あらびきの時点でコショウだと判断)
お茶だと思ってしろだし飲んで吹いて怒られる。

見ていてすっきり。
可愛い孫ちゃんを、無理やり創価の集いにつれていこうとするのをやめてくれたら
きっと神様?もそのごほうびに
こういうトラップを仕掛けないように嫁の心を改心させてくれるでしょうよ、と思った。
続きを読む

 
831 :半沢直樹 2013/06/28(金) 05:47:55 ID:R1IvG6Vl0
銀行員の俺がやった復讐の話
俺、いわゆるバブルの時代に大手銀行に入行したんだ
合併とか色々あったけどコツコツがんばった結果、関西だけど大きな支店の融資課長にまでなった
ある日融資会議で、支店長のAから地元の大手企業に5億融資する話が出たんだ
しかも、その担当を新人にさせるって言い出した
その企業の社長のHも社風も優良企業のそれとは思えない程雰囲気が悪い
さすがに額もデカいし、しっかり検討すべきだってAに言ったんだけどAの
「責任は私がとります」って一言で俺も折れて、ろくな審査をする間もなく融資する事に
で、2ヶ月後にHの会社が不渡りを出し倒産
実はHは粉飾してた
そしたらA支店長は粉飾を見抜けなかった全責任を俺に押し付けてきやがった
それには俺もおこだよ
で、俺が5億回収する!って啖呵を切っちゃった
続きを読む

 
145 :名無しさん@HOME 2018/10/08(月) 00:01:23 0.net
私の父が母のタヒ後五歳の私を祖母に預けて再婚
没交渉で20年、私は祖母の養子となり育った
ある時父親が亡くなったと連絡があったが
祖母は葬儀に行くことを拒否
私も特に感慨もないしお墓も新しく購入した場所に入ると言う事で行かなかった
その後向こうから相続放棄の打診が来た
父親の遺産は土地建物会社の権利など奥さんと築いたものなので放棄して欲しい
子どもはいないらしく私にも半分の権利があるが他人みたいなものだしと同意した
祖母は私の判断に任せるよと言って親戚の弁護士を呼んで間に入って貰った
しばらくしてまたその弁護士がやってきて祖母と色々話しているので聞いたら
私が相続放棄した事で今度は祖母に相続権が回ってきたんだそう
そして祖母は放棄する気はないと言っている
元々私が放棄する時点でこうなることはわかっており弁護士を入れたと聞いた
なんで放棄しないのか聞いたらニッコリ笑って
人の息子と父親を奪って平気で20年も生きてきた女への復讐よって言われて心が修羅場になってる
続きを読む

 
7 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/07/17(火) 23:31:13 ID:Apb7Z8i40.net
結婚5年目小梨
私29歳 特殊薬品の製造主任 年収900万
妻27歳
妻との出会いは見合いです
見合いとは言え一目ぼれしました。妻も同じだと言ってくれました
すぐに式は挙げず、恋愛期間を1年設けて
お互いの愛情を確認し結婚しました
しかし見合い前から妻は不倫をしていました
それは事前に興信所に妻の身辺調査依頼をしてわかってました
それでも私は妻に惚れていてなんとか結婚すれば
相手とも切れると信じていました
続きを読む

 
250 :愛とタヒの名無しさん 2014/12/18(木) 14:08:08 .net
新婦の妹らのサプライズ映像が新郎の浮気証拠映像集だったのにはびびった。スレみてーな事あんだなって思ったわ。
続きを読む

 
176 :1/2 2012/08/21(火) 00:48:48 ID:w/BlJw+30
長くなったので二つに分けます。

旦那と結婚するよりさかのぼること数年前。

ばかな男にひっかかり、いっぱい貢いでお金も貸して
支払えなくなりカード破産寸前までいった
仕事は続けられたので、分割払いで済んだけど
カードは持てなくなったし持ちたいとも思わなくなった
(これも家族、旦那には秘密だけど)

私に金がないと知った男は離れた。
お金を貸したことも、本人の中では貰ったことになっていた。
強引に取り返す方法はいくらでもあったが、返済に追われていて
あまり自由に使えるお金がなく、泣き寝入りかなと思っていた。

が、男には私と同時進行で別の女がいたことがわかった。
私が貸した金が、そのままその女に使われていたことも。
二人が私から離れたあとも続いていたことも。

なので、最初は腹立ちまぎれに
彼らが関係する業界に関するネットの掲示板に、あることないこと書きまくった。
書いてくうちにノってきて、家のPCやらネカフェやら実家のPCやら駆使して、
一見信憑性.の高そうなデタラメ(5%くらいの真実を混ぜて)を書いた。
どこからか便乗してくる輩もいて、あきらかなデタラメを振りまきはじめた。
続きを読む

 
367 :名無しさん@HOME 2011/12/08(木) 16:53:44 0
トメから年末年始の帰省確認が来た。
「義弟嫁ちゃんは来れないって・・・・(ガッカリ)
でもあなたは行けるって言ってたって聞いたから嬉しくって!
お御馳走沢山作って待ってるからね!詳しい時間決まったら教えてね!(ガチャ)」
義弟嫁、やりやがったなヽ(`Д´#)ノ
トメもなぜ義弟嫁に先に電話するんだよ(# ゚Д゚) ムッカー
続きを読む

 
315 :名無しさん@HOME 2009/02/27(金) 18:07:56 0
詐欺かも知れないんでこっちに投下。

昨年末、大掃除でバタバタしていて忙しいときにアポ無しで来た
トメとコトメ。
本棚を整理していて本がリビングにでっぱなしになっていたんだけど、
それを断りもせずに捨てやがった。
しかも、私が目を離した隙に同人誌をトメ車に積み込み、わざわざトメ宅にその本を持ち帰り、
のちのち廃品回収に出すという念の入れよう。
ちょっと恥ずかしいんだけど、私はヲタクで、捨てられた本は同人誌。
(夫もヲタで夫とはコミケで知り合ったコミ結婚なので、夫も私の同人誌のことは知ってた)
大掃除終了間際になって本が無いことに気付き、トメコトメに問い合わせたんだけど、
最初はしらばっくれてて、持ち出したことがバレると
「あんな漫画本、いい年したひとが見るなんて非常識だから捨ててきてあげた」
と堂々という。

私以上に同人誌大好きな夫がキレて、二人で仕返しの作戦を練りました。
続きを読む

このページのトップヘ