報告者キチ

 
468 :名無しさん@HOME 2014/11/11(火) 23:22:08 0.net
今年の6月に結婚したばかりの私ですが、義兄嫁さんの嫉妬に困ってます。
というのも、義兄が私の元カレだったから。でもそれって高校生の頃のことで、もう10年も昔の
話しです。それなのに、義実家の集まりで私が義兄と顔を合わせるのをものすごく嫌がります。
夫と私は同級生なので、私が義兄と付合っていた事は知っています。義両親は初めて知ったそうです。
私が兄弟2人と関係を持っていたことが義兄嫁には耐えられない、汚らしい女だと言われました。
そやかて私だって遊びで付合ってたわけじゃないし、夫も義兄も理解してくれているのに、
義兄嫁が一人で興奮して、関係が復活するんじゃないの?と疑心暗鬼です。
先日は私が義父と夜の晩酌に付合っていたのを見た義兄嫁が、
「あの女はこの家の男全員と寝るつもりらしい」と義兄と夫に言って、義兄に引っ叩かれて泣いて家を
飛び出したらしいです。しかもあてつけに独身の男友達の部屋に泊まったと義兄嫁が自分から義兄に
告げて、もしかしたら離婚するかもしれないと義兄は言ってます。
夫も義兄も私をかばってくれますが、義兄嫁からは全部あんたのせいと言われ、義母もまさかこんなことに
なるとは… と遠回しに私が悪いんじゃないのかと責められているようで辛いです。
続きを読む

 
738 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/16(月) 12:23:59 .net
どのくらい前からか忘れたが、嫁があれこれ物を欲しいと口にしなくなった。
ずっと同じ洋服で、美容室も年に2~3回、どこかに行きたいとも言わず
引きこもりになって、俺が出張だとひとりで自由だからと喜んでいた。
嫁に嫌われていると思い、出張で不在になる時でも金を渡さず、出張先では
同僚や客と飲み食いしたり風イ谷にも行っていた。
ただわざと金を渡さなかったのではなく、何も言ってこないから不満はないと思ってた。
が、昨年の夏に経済DVだとキレられた。きっかけは夏のボーナスを使い果たしたことが
通帳の記帳でバレた。嫁は不倫をしていて女と遊び歩いているんじゃないかと
思い、出張で不在の時に家捜しされた。
帰宅したら嫁が浮気しやがってと泣きわめいた。そこで風イ谷バレした。
夏ボーナスは同僚や客との飲み食いやプライベートな旅行(女とではない)で
内訳はあまり覚えていないがそんな感じで使い果たした。
嫁の為には2回ほど飲みに行ったくらい。
出張で不在の時にトイレットペーパーがなくなり、それさえもお金がなくて
買えなかったのが惨めで相当辛かったようだ。嫁は経済DVされていると思い込み
出張で不在になると喜んでいたと言われた。
モラハラにしても専業の嫁にしてみたら、養ってやってるという言動をするので
自分の物を買って欲しいとは言えなかったらしい。
モラハラ経済DVはそんなつもりじゃなかったと釈明したが、ナチュラルにモラハラ
経済DVできるんだねと言われた。
今はモラハラと思われる言動もしないし、お金もまだあるかと聞いて、なければ
渡すようにしている。でも時々嫁からキツイ嫌味を言われて疲れる。
続きを読む

 
91 :名無しさん@おーぷん 2015/05/20(水) 22:58:59 ID:50Y
本日起きたまだショック冷めやらぬ出来事

普段は行かない方面に用事があり
ついでに雑誌で見て気になっていたお店に寄る事にしたものの
不慣れな場所で迷子にもなり閉店時間を10分くらい過ぎてしまっていた
中に店員はいるものの扉(ガラスで中が見える)を引いたら鍵がかかっていて開かないので何度かノックしてみたところ
怪訝そうな顔で店員がこっちに来て「どうしましたか?」と聞かれた
お店に入れないか聞いたら「本日は閉店しまして」と言って店内もまだ明るいしたかだか10分なのに入れようとしない
「雑誌で見てお店に来たかったんです、遠くから来たんです、駄目ですか?」と聞いたのに
「ご旅行だったんですか?申し訳ないです」と旅行者扱い
こっちも同じく都内に住んでるし!田舎者扱いしてとんでもない!というのをやんわり伝えると
「都内にお住まいでしたらまた時間が合う時に」と断られた
旅行者だったらいれたのか!?贔屓過ぎてびっくりした
たかが個人経営?の小さな雑貨屋で時間がちょっと過ぎただけで頑なに客を入れようとしないし
わざわざ来たといってもお礼も無し
本当に神経が分からない!
あんなのお客さんが来なくなると思う!
続きを読む

 
804 :名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月) 22:24:38 ID:ocG
頭を抱えてる。自分への愚痴。多分長いです。
同期(簡単のため以下A)のカバンに会社の飲み会でビールをこぼしてしまい、それで、自分が窮地に立たされてる感じです。
まず、前提として俺とAはソリが合わなかった。上の人間の顔も立てられるけど、フォローを入れたり、場合によっては一緒にケツを拭ったりできる奴。部の部長にも気に入られ、後輩からの信頼も厚かった。
顔も別段かっこいい訳じゃないけど、愛妻家で、誠実な人だから女の社員にも人気というか信頼があった。でも、俺はキザってわけではないけど、Aがいけ好かなくて嫌いだった。
本題。
Aはそのカバンを大事にしていたけど(メンテとかもしてもらってたそう)が、俺としては
「何だかくたびれてるし、買い換えた方がいいでしょ」
って思ってた。(実際11年目)
でも、そんなに大事ならと、どのようなものか気になって、見せて欲しいとお願いしたのですが、拒否されました。そこで、Aがトイレに立った隙に勝手に手に取った。
その時点で周りからは、辞めとけよといった反応は出てたのだけど、お酒が入っていたのもあって無視。やっぱり、何かジジくさくて汚いなってなって、返そうとした時に肘に当たったビールがそのままカバンにぶっかかりました。
最初は周りの同僚に隠蔽と口裏を合わせをしてもらおうとしたけど、それも拒否されて、あわわあわわしてるうちにAが帰ってきてしまった。
Aは顔面蒼白と言うか、抜け殻のようになってボロボロ泣いていて、故意ではないとはいえ、流石に申し訳なくなって何も言えず、とりあえず一万円を渡したのですが、
Aの横に座っていた同僚が
・牛本革のカバンだから1万で済むわけない
・これは当時彼女だった今の奥さんが就職祝いでAに贈ったものだし、それに対して1万って言うのはこの上なく失礼だ
・そもそもまず謝れ
事情を知らないことと、恥ずかしかった事、それにお酒も助けて大口論に発展。
俺「俺はそんなん知らねえよ」
同僚「だからみんな止めただろ、馬鹿野郎」
みたいな感じで。
で、あまりの激しさからかウチの部長が来た。口論は終わったけど、水濡れ跡と何かの料理の汁で出来た赤いシミの付いたカバンをみてシクシク泣いてるAを見て、
「とりあえず買った店に行って見せてこい。休んでいいから。」
ってなってその場は収束。
部長は、Aの入社当時係長だったらしく、持ってるカバン(俺の汚したカバン)を見て、Aの名前を覚えたらしく、そこからA夫婦と家族ぐるみでの付き合いがあるくらい仲が良く、結婚式でもスピーチをしたそう。もちろん、メチャクチャ怒られた。
で、次の日から俺の居場所が無くなった。男も女も上下問わず、みんなAの味方。で、同期と女連中からはシカトされてる。
結局2日経ってAは来て、一応謝ると
「いいよ。言ってもどうにかなることじゃないから。」
と許して貰えた。見た感じも普通になってて、仕事も普通にしてた。
で、その日に、カバンを汚した日に口論した同僚から、謝るように言われたんだけど、上のようにストレスも溜まってたから、つい
「謝ったよ。ほら、あいつ(A)も普通に仕事してんだろ」
と、強めにいうと
「何様だよ、馬鹿野郎」
って言われて、この応酬も周りに聞かれてまた立場が悪くなった。
何だか、やることなす事全てが裏目に出てる。プロジェクト内でも半分ハミられて仕事も回ってこなくなったし、完全に詰んだ。
続きを読む

 
723 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 20:58:06 ID:f79HUXN+.net
先月のことです
吐き出したくてたまらないのでここに書きます

とある雑貨屋さんで娘が消しゴムが欲しいと言いました
私の財布には一万しか入っていなかったので一万円札を渡しました
ところが娘が買い物をして帰ってきたらお釣りが800円ほどしかありません
娘は消しゴムしか買っておらず、すぐ店員さんに言いにいきました

すると店員さんは目の前でお金を数えだし、
釣り銭はいくらで現金の売り上げがどうだからこちらのお金は合っている、
お客様の勘違いではありませんかと言われてしまいました
わたしは絶対一万円札を渡したという確信がありました
店員の素っ気ない態度も相まってこの人が盗んだんじゃないかと思い
つい大きい声であんたが盗ったんだろ、嘘を吐くな、お金を返して下さいと言ってしまいました
すると警備員さんが飛んできて私たちの仲介をしてくれました
しばらく言い合いしていると店員がキレていいかげんにしろ、返金詐欺だぞ、とタメ口で大声を出されました

それを皮切りにもう14になる娘が泣き出してしまい
お母さんごめん、わたしのせいだと泣いてしまいました

それを見た警備員さんがとても良い方で店員にお客様をなんだと思っている、
とりあえずお金を返したらどうだと店員を叱ってくれました
店員はさらに逆上しましたが最後には自分の財布から一万円札を出し
これで満足か詐欺師!!と泣きながらストックに入って行きました

その日一日中重たい気持ちでした
だけど娘はお金返ってきたし良かったじゃん、
もうあの店行かない~と言って励ましてくれました

続きます
続きを読む

このページのトップヘ