報告者キチ

 
216 :名無しさん@おーぷん 2017/04/27(木) 18:24:33 ID:pjJ
暴力でやり返した話だから気分悪いと先に言っておく。
ネタだと思って読んで欲しい。
子供の頃から親父に殴られてきた。ちょっとでも気に食わないことがあるとボコ殴り。
殴られすぎて吐くとゲロを「もったいない」と食わせられた。
周囲は俺が殴られていると知ってたのに何もしてくれなかった。
母親は親父に殴られすぎて糖質発症→入院→退院直後ジサツ
施設に2回入ったことがあるが、しばらくすると親父が迎えに来て
また自宅でサンドバッグにされた。
そんな生活だが高校は卒業できた。
女房子供を殴る以外では父はマトモな社会人だと思われており
それなりの役職にいたから見栄もあったんだろう。
なぜか再婚はしなかった。
ちょこちょこ女は連れ込んでいたが。
18を過ぎる頃には親父の背を追い越していたんだが、俺は相変わらず逆らえなかった。
親父には一生逆らえない、勝てないんだという思い込みがあった。

23の時上司の紹介で結婚した。
2年アパートで暮らして、25の時実家に戻って父と同居した。
親父は最初は猫をかぶっていたが、2カ月目で地を出し
俺の妻を殴り始めた。
妻は最初は抵抗していたが段々無気力になった。
ある日親父が妻をボコボコにした後、妻が起きあがって夕飯を作り始めた。
親父は妻に近づいていき、何か言った。内容は忘れた。
親父は言うだけ言って妻に背を向けた。
そうしたら妻がたった今まで火にかけていた熱々のフライパンで父のケツを殴った。
父は倒れた。妻は父の背中をさらに3回くらい叩いた。
俺は呆然としていた。妻は俺を見て(すごい顔だった)おまえもこいつもクズだというようなことを言った。
妻は家を飛び出し、タクシーで実家に帰ってしまった。
俺は親父を病院へ連れて行った。
火傷と打撲だけで骨に異状がなかったので入院はしなかった。

帰宅した親父はあんな女と結婚しやがってと俺をコップで殴った。
俺はなぜかガッカリしていた。
妻は小柄な女だ。親父はあんな女にやられる程度の爺いだったんだと落胆した。
その夜、俺は寝ている父を襲撃した。
布団を剥いでフライパンで殴りまくった。
子供の頃俺がされたように「ごめんなさいは?」と言いながら殴り、謝っても殴り続けた。
妻とは結局離婚した。
仕方ないと思う。俺はクズだったから。
親父とはその後1年くらい同居した。顔がウザイとか息が臭いという理由で
「フライパンの刑」だと言いフライパンを見せつけて殴った。
しまいに「フ」まで言った段階でビクっと飛び上がるようになった。
殴っても何も楽しくないことに気づいたので、実家を出て今は一人暮らししている。
もう一生人は殴りたくないし殴られたくもない。
続きを読む

 
55 :名無しさん@おーぷん 2016/09/07(水) 21:43:17 ID:raO
いきなり営業部の課長が訴えられたこと

若手の新人が社員旅行の後ほどなくして出社してこなくなり、数日は話題にはなったが
大して出来のよくない冴えない感じの男だった事もあって「どうせこの会社に付いてこれなくなったんだろ、
ウチは色々厳しいからw」と皆で笑ってすぐに忘れてしまった

それがある日突然、課長が出社してこなくなった
メールしたり電話しても音沙汰が無いしラインも未読のまま
課長にして営業部のエースであり、彼が中心となって進めているプロジェクトも幾つかあり
その内の一つのプロジェクトチームに所属している私も含めて皆大パニックだった

程なくして、沈痛な面持ちの部長が私達を呼び集めて事の説明をし始めた
どうやら課長は、社員旅行の際に新人に対し性的な意味でイタズラをしてしまったらしい
(課長は堺雅人似のイケメンです)
続きを読む

 
635 :可愛い奥様 2017/10/13(金) 11:49:40 ID:IZ6uoTU/0.net
現在進行形で娘の人生をめちゃくちゃにしてること。
小さいときから○○太郎と呼んだり、女関取とか呼んで、男の子の服を着せておいて女の子らしくないと怒ったりしていた。
髪を伸ばせばセーラームーンに憧れてるの?と馬鹿にしたり、無理矢理髪の毛を刈っておいて男の子みたいと馬鹿にした。
美容院にも病院にも連れて行かなかったし、新品の服も買わなかった。ご飯も惣菜を与えて勝手に食べろってやってた。
中学からずっと母(娘にとって祖母)の介護をさせた。認知症でボヤ騒ぎや徘徊しておかしくなってても、そんなわけないと言って突っぱねて任せてた。
17くらいの時に高校受験をしていなかったと知ってめちゃくちゃに怒った。母の世話と荒れ果てたゴミ屋敷の片付けで娘は学校どころじゃなかった。
娘は家を出て遠方で働き出したけど、家出人ということでアパートや職場を突き止め、職場に娘宛で腐ったタマネギなどを送ったり、毎日毎日職場に電話してたら2年もしないで戻ってきた。
帰ってきた娘に寝たきりの母の面倒や、娘が居ない間にたまったゴミ、普段の家事など全部任せた。
近所や親戚には娘は無職で彼氏もいなくてブスで家事も出来なくて、本当に苦労してると言いふらして泣いて、周りから娘が白い目で見られるのが楽しかった。
夏に娘が倒れて、その間に母が亡くなってしまった。娘のことを人杀殳しだと責めた。慰謝料として1,000万請求している。法的な力はないけど娘なら払ってくれる気がする。
今暮らしている旦那には絶対秘密。娘はまだ24なのに60過ぎてる私よりオバサンに見える。白髪だらけで最近はヤマンバと呼んでる。
娘のお金は使い込んじゃったし、娘はもう働く気力もないみたい。タヒんじゃっても最期まで駄目な娘だったと言いふらすと思う。
何でこんなに娘に執着してるのか自分でもわからないけど、こんな貴重な経験させてやってるんだからもっと感謝しろとさえ思う。
続きを読む

 
187 :可愛い奥様 2012/07/22(日) 10:10:23 ID:WXJQ5NOd0
旦那(と私)を苦しめる悪トメと悪コウトに悩まされていた時
たまたま通りかかった交差点で信号待ちしてたら
悪コウトがトラックにバイクごと盛大に跳ね飛ばさたのを目撃。
「ありゃダメだな」と思いつつさっさと帰宅。
絶縁状態だったのでこちらからの電話には絶対出ないくせに
自分たちの都合で電話をかけてくる悪トメの電話を2回スルー。
んで、何食わぬ顔して3回目の電話に出て「あら大変~」な演技。
それまで悪トメはひとりでどうしたらよいか発狂状態だったらしい。
後で悪トメの姉妹にすぐに電話にでなかったことを文句言われたけど
↑の話をして「どうせまたお金の無心か保証人要請だと思ったので~」と
今までの事を暴露したら黙った。
悪コウトの最期を目撃した時のスカッと感はさすがに旦那には言えんよ、ハハハ~。


続きを読む

 
197 :本当にあった怖い名無し 2009/12/21(月) 18:30:27 ID:C+/KuaUh0
幼稚園の頃の話。
近所の仲が良かった友達にはまだ赤ん坊の弟がいた。
友達の両親はいつも弟につきっきり、弟ばかり可愛がっていて
自分のことは全く見てくれない、とよく俺に愚痴っていた。
泣いていたこともあったし家出?して俺ん家によく泊まっていた。
そんな友達の様子を見て一人っ子でよかったなと思っていた。
しかし、母親が二人目の子を妊娠した。俺は絶望した。
こいつが産まれたら俺も友達と同じ苦痛を味わうことになるのか。
優しかった母親が豹変して俺に冷たくなるのか。と色々嫌な想像をした
日に日に大きくなっていく母親の腹を見て怖くて仕方なかった。
母親はそんな俺の気持ちも知らず、俺に弟か妹ができて嬉しいだろうと
勝手に思い込んでいたらしい。母親に、話かけてみてごらんと言われて
俺は「産まれてくるな!頼むから産まれる前にタヒね氏ねタヒねしねsアqwセdrftgyフジコlp;@:」
と発狂したように叫びまくった。それから俺は母親の腹を蹴ったり
足をひっかけて転ばしたり、冷水をかけて冷やしたり、思いつく限りの
妊婦の身体に悪いと言われることをしまくった。とにかく流産してほしかった。
自分の小遣いは全部神社のお賽銭にして、神様に弟か妹が流産しますようにと毎日祈った。
ある日母親は入院して、お腹が元に戻って退院してきた。そこに赤ん坊はいなかった。
母親はとても悲しそうな顔をしていたが、特に俺のことは怒ったりしなかった。
しばらくして何事もなかったかのように母親の態度は普通になった。
あの二人目の子供のことは我が家最大のタブーというか絶対話題にしてはいけない話と
なっている。両親も親戚もこの出来事は全くなかったことにしているらしい。
今となっては俺が色々やらかしたショックで流産したのか、俺のおかしい様子を見かねて
母が中絶の選択をしたのか何なのかよくわからないが、とても怖くて聞けない。
それ以来、普通に親と仲が良く特に問題なく平凡に暮らしているがあの日のことは謝ろうにも謝れない。
話題に出すことそのものが母の神経を逆撫でするみたいだから。
俺は社会人で所帯持ちでもおかしくない年齢になってるが一生独身でいるつもりだ。
俺のような人間は、きっと相手が妊娠したら同じことやらかすだろうし、家庭を持つのは絶対無理だから。
続きを読む

このページのトップヘ