義家族

 
560: 名無しさん@HOME 2011/11/13(日) 16:01:17.67 0
私と母は血が繋がっていない。
仲が良く実の親子じゃないことも気にしたことはないのだが、私のトメがそのことをネチネチと言う。

今日もアポ無しで来て、母の顔を見るなり「他人は出ていってくださる?」
ただでさえ格下の家から貰った嫁だってのに、他人までついてくるなんて。
この子は嫁に貰ったんだから介護なんてあてにしないでくださいよ。だって。
母は大爆笑して「トメさんだって、義実家の血は一滴も入ってない他人でしょうに。
格下格上とおっしゃいますけど、それは何が基準?
老後のことも施設は予約済みですわ!ま、現役で働けるうちは働きますけどね!」

その後も間髪入れずに言い返され続け、トメはさっさと御退散。
親子ほど年の違う父の後妻に入り、超膿家脳だった一家を3年たらずで制圧した母に
なんで勝てると思った、トメ
続きを読む

 
728 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 14:59:57 ID:8kdhWer4.net
ちょっとフェイク込みですがひっそりと吐き出させてもらいます

私の身内でテレビ関係のお勤めをしている奴がいる
「サインをもらって来てほしい」とか言われてたり
奴とお近づきになりたいがために私と友達になったり恋人になったりする人もいた

酷い人だと家を特定しごみ袋を漁ったり、奴本人ではなく身内をストーカーしたりと嫌がらせを受けることも何度かあったので家族や、親戚達も奴が身内であることを隠していた
私自身、見知らぬ人に嫌がらせや粘着をされたことがあったので
旦那以外には誰にも言わなかった
特に旦那の妹は俗に言うスピーカーというやつで悪い子ではないけどちょっと考えが足らない所があったので気を付けていた
続きを読む

 
266: 名無しさん@HOME 2007/02/05(月) 23:15:18
家庭板、鬼女板、育児板の確執スレのテンプレみたいなトメ。 

昨日もねちねち言われて挙げと句の果てには二人になった時に「このクソ嫁が!」と言われたので、 
「(普段は敬語)ちょうどいいじゃん。あんたみたいな余計なことしかいわない余計なことしかしない 
クソババァの相手するならクソ嫁くらいのほうが。」 
トメ、真っ赤になって旦那に「嫁子にクソババァと言われた!」と抗議してたけど、 
母親の過干渉やヒステリーにうんざりしてた夫に「え?違うの?」と言われてふじこってた。 

ちなみにトメにクソババァと言い放ったクソ嫁とその夫は「二度とこの家の敷居を跨ぐな!葬式にも顔出すな!」 
と絶縁宣言叩き付けられて、跨いではいけない敷居を踏んで帰ってきました。!!
続きを読む

 
651: 名無しさん@HOME 2013/10/18(金) 12:46:40.32 0
義兄嫁も私も、結婚して何年もたつのに子どもができなかった。
あるとき義実家の法事で、夫の叔母に、
「義兄嫁ちゃん、子どもはまだ?」と聞かれていた。
続きを読む

327:名無しさん@HOME2010/04/02(金) 13:28:56 0
トメとコトメに粘着されるんだけど、特に酷いのは身だしなみについて。

・結婚したんだから化粧は必要ない(ファンデ&眉毛でもダメ)
・結婚してるんだからスカートは穿くな(食事会で膝丈スカートだった)
・子供を産んだから髪を伸ばす必要は無いショートカットにしろ(セミロング)

トメコトメの話を総合すると、無地のシャツにズボンでショートカットで
スッピンで一切アクセサリーを付けず、子供と夫のお世話することだけを考えて
暮らすべきなので、自分の身なりに時間を掛けてはいけないらしい。

「結婚したらと言う事ですが、独身だったらいいんでしょうか?」と聞くと

「旦那様を見つけるために着飾るのは当たり前でしょうが!だから結婚したら
必要ないの!結婚しても綺麗にしてたら他の男を物色してると思われますよ!
そんな事もわからないの?!」

「じゃあ、コトメさんは独身なのになんでトメさんと同じ格好してるんですか?
今言った結婚したら・・に全部当てはまりますよね?実は結婚してるんですか?
相手は脳内夫ですか?人の粗探しする暇が有るなら身なりを整えて小奇麗にしたら
どうですか?彼氏を作るっていうの飛び越えてコトメさん姑になっちゃってますけど
虚しくないですか?」
って捲し立てたらコトメが顔を真っ赤にして泣き出した。

トメも「コトメちゃんになんて酷い事を!!!」とかキレまくってたけど
「トメさんも、実の娘を嫁イビリに巻き込んで喜んでるなんて恥ずかしくないですか?
ウトさんが知ったら幻滅すると思いますよ」って言ったらトメも泣いたww

これからは甘やかさずにビシビシやろうと思ってる。
ちなみにコトメは33歳のニートです。
続きを読む

このページのトップヘ