スカッとした

 
919 :おさかなくわえた名無しさん 2009/01/16(金) 11:15:53 ID:PfZZkgtg
OL時代の話。
朝の通勤ラッシュ時山手線、いつものようにギューギューで乗っていたら
途中から乗ってきた若い女が必要以上に押してくる。しかも混んでて身動き
できないくらいなのに鞄をゴソゴソし始め(その動きにも周りは大迷惑)
ビックリした事に携帯で電話し始めた。「あ、もしィ~あたしあたし。つかさ
今電車。チョー混んでやんのw うん、うん。。。そうそう~」といきなり
大声。周りドンビキ。私を含め、周りはいい加減にしろ、のオーラだしまくり。
私もかなり睨みをきかせた。電話してるからバランスとれないのか、もしくは
そのままわざと私によっかかってるのか知らないが、揺れる度に体重かけられ
しまいには足も踏まれてとうとうイライラが頂点に達した。押されたら
自分の腕でその分押し返した。もちろん向こうもまたやり返してきた。
隣のおやじがその携帯女に、アンタいい加減にしなよ、と言い、女は、
ウッセ糞ジジィ、と言い返す。次の駅で女が降りる時、いきなり私に向かって
ふくらはぎ部分にケリを一発入れてきてそのままそそくさと降りようとしたので、
私はとっさに女の背中部分にヒールで思いきり後ろから蹴りをいれてやった。
前につんのめりながら降りたところで電車のドアが閉まった。大声で喚いて
いたようだけど、私は電車なので聞こえません~。取り残されてちょっと
恥ずかしかったがかなりすっとした。スカートの後ろスリットが5センチほど
裂けてしまったがかなり爽快でした。
続きを読む

 
346 :名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土) 12:34:54 ID:dWj
復讐というか相手が自爆した話だけど、俺は住宅地に親父から相続した土地を持っていてそこはいま空き地になってるんだけど
そこに違法駐車するアホがいるのよね。張り紙したり警察呼んだりしたけど一向に違法駐車はなくならないから決行したよ!
はじめの一週間は敷地の出入り口にただのカラーコーンを置いておいた。
それを跳ね飛ばして侵入するのは予想通りだった。
翌週はカラーコーンの内側にセメント詰め込んだやつを設置してあまったセメントで敷地の出入り口付近を舗装してみたんだ。
少し離れたところからこっそり観察してるとアホ登場。
そしていつもどおりカラーコーンを跳ね飛ばすために少しアクセル踏んで侵入したようで
お約束どおりフロント大破、そして乾いていないセメントの海でスタックしていた。
あとは「敷地に車がつっこんできた」とお巡りさん呼んた。
すごいな、レスキュー車まできたよ。
お巡りさんに事情聞かれたので「最近風でカラーコーンが飛ばされるので内側に錘をいれた。自分の土地を舗装しようがしまいが勝手でしょう。」とだけ答えた。
こちらとしては特製カラーコーンを壊された上にセメント塗りたてのところを荒らされたので被害届だしてやったよ。
相手は示談を申し出てきたけどめんどくさいので断ったwww
たぶん不起訴だろうけどめんどくさい事態にしてやりました。
まあ自分自身がした復讐は示談を蹴ったことくらいなので...。勝手に相手が自爆してくれてよかったです。
続きを読む

 
40 :名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土) 02:37:33 ID:voQ
職場の上司のスレタイ&愚痴

大事なお得意様が「うちの土地から筍が採れますの」と話していた
その土地は筍で有名な場所で、スーパーで並んでても値段が段違いに高い
上司がそれを聞いて「ボク、筍大好きなんですよ、是非食べたいです」発言
それで態々お得意様が仕事の終わり頃に採れたての筍を10本ほど持ってきてくれた
今年はあまりよくなくて小ぶりしかないわーと申し訳なさそうにされてたけど、小ぶりでも十分美味しそうな筍ばかり
上司は会議してたから私が代わりに預かったんだけど、会議が終わって部屋から出てきた上司に筍を渡したら
「え、いらない。ボク調理できないし。なんで調理したの持ってきてくれないかな」
「は?」
「月曜になったら誰か持って帰るんじゃない?」
「筍はすぐ茹でないとアクがまわって食べられなくなりますよ」
「でもボク料理なんかしないし」
「せっかく持ってきてくださったのにどうするんですか!」
「君、女の子でしょ?代わりに料理して持ってきてよ、そしたら食べるから」
「はぁぁぁぁ!?」
女の子って、私もう27歳ですけど!
それにテメェの飯炊き係じゃないわ!
本気でキレそうになった
大体女=料理できて当たり前、男=出来なくても仕方ない、みたいな時代錯誤な価値観も腹立つ
全部持って帰って米屋が閉まってたから家の米精米して、米ぬか作って茹でて、今やっとこさ全部の筍茹で上がった
今一部をコトコト煮込んで土佐煮にしてる最中
待ってる間に筍たっぷりの茶碗蒸し製作中
明日の朝には筍ご飯ができる
まだまだ筍残ってるけど何にしよう
甘くて美味しいからチンジャオロースとかに使うのは勿体無い
こんな美味しい筍を貰っておいて、相手の気遣い無下にする神経が本気でわからん
続きを読む

 
635 :おさかなくわえた名無しさん 2004/04/08(木) 13:07:00 ID:LWXB2fLE
それはまだ私が麗しのセーラー服少女だった頃。
今ほど痴漢が犯罪として認識されておらず皆泣き寝入りするだけだったが
ある日友人が胸ポケットに入れている生徒手帳にまち針をさしておいて
痴漢の手の甲に刺すという方法を教えてくれた。
ナイスアイディーア!と思い早速真似ッコする日々。
ところがある日生徒手帳を忘れてしまった。
まだ幼さが残る下半身に忍び寄る変質者の手。
ふと鞄の中にコンパスがあることを思い出し手探りで探し出して
お尻に当たる生暖かいものに思い切りぶっさした。
続きを読む

 
259 :名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月) 23:51:12 ID:yWV
いじめをしていたことが親にバレ、転校させられたこと

10年以上前の話
俺はノロマでオタクな男子をいじめていた、ほぼ主犯だった
内容としては授業中発言したら冷やかす、陰口広める、学年みんなで無視、時に暴力
周りの大人にはバレないようにやっていたつもりだったがどういう訳かバレ、親に連絡が入った

学校から帰ってきた時、母親と父親が神妙な顔して座っていた
そして母親がドスの利いた声で
「お前学校でなにやったんだ?」
と聞いてきた
なんのこと?とシラを切ろうとしたその瞬間、父親の拳が飛んできた
ボッコボコに殴られたあと
「来い!」
と父親に引きずられいじめられっ子の家に連れて行かれた

嫌がったが体格のいい父親に勝てるはずもなかった
いじめられっ子の家の玄関で俺は土下座をさせられた
いじめられっ子の両親はマジギレ、謝って済む問題じゃない!どんな教育してるんだ!などと延々怒鳴り散らしていた
母親と父親は頭を下げながら申し訳ありませんと謝り続けた、そして最後にこう言った
「息子は転校させます」
と…
そしていじめられっ子も、
「もう1君の顔が見たくない、そうしてほしい」
と言った
続きを読む

このページのトップヘ