非常識

  426: :2017/06/05(月) 12:23:50.62 ID: 
略奪予定の毒男です 
成功したとしても相手の鬼女は同じ職場なので、どれくらいの期間を設けた後に再婚したらいいか悩んでいます 
変な噂が立つのはお互いよくないので3年は我慢しようとなりましたが、短いでしょうか 
まぁ成功したらの話なんですが
続きを読む

 
228 :おさかなくわえた名無しさん 2017/11/16(木) 09:10:36 ID:fvWCDZ7G.net
学生の頃近所のファミレスでバイトをしていた
ある日爆発的に客が増えててんてこ舞いな忙しさになった日があった
そう言う時はホールにつながる入り口を塞ぐように
「順番にお呼びしますのでお名前を書いてお待ちください」
という看板+紙を置いてるんだけど、急にはじっこの席の奴から
「おいぃぃぃ!」と怒鳴られた
「いつになったら片付けに来るんだあああああ!」と
どうやらそいつ、紙に名前を記入せず、まだ片付けてもいないテーブルに座って待っていたらしい
家族連れでメガネかけた薄らハゲの父親が口から泡吹いて怒ってて、対照的に小学生くらいの子供と母親は身を縮こまらせて下を向いていたのを覚えてる
というか、そんなことされても食い終わった客にしか見えねーよクソが
優先度的に 料理を運ぶ>>呼び出し対応>>片付け だし
とりあえずまだ出しきれていない大量の料理を運ばないといけなかったので店長に対応を代わってもらったので詳細はわからないけど
ルールを守らずマイルールで動くやつが意味わからん
続きを読む

 
131 :名無しさん@おーぷん 2017/09/06(水) 21:00:42 ID:riw
愚痴らせて下さい

今から約20年前、旦那の浮気と使い込みで離婚した。
当時2歳の娘を連れて家を出て、慰謝料も養育費も貰えないまま大学まで本当に女手一つで育て上げた。
娘が小学高学年の時に再婚話があったけど娘が難色を示したから諦めた。

その娘が今度結婚するんだけど、片親が恥ずかしいから元旦那の所(当時の相手と再婚済み)に行きたい・結婚式もそちら夫婦にメインで出てもらいたいって言い出してもうこの20年が何だったのって頭が痛い。こんな娘捨てて自分の幸せを優先すれば良かった。
続きを読む

 
545 :名無しさん@HOME 2008/01/12(土) 22:56:45 0
車で30分くらいの場所に住んでるトメが週4日くらい自己所有の軽自動車でやってくる。
何故かうちからちょっと離れた路地に停めるので下調べしてもう3回通報した。
3回ともレッカー移動されてたw

この前、行政処分の通知が来たらしい。
これからも通報して免許取り消しまで頑張る。
続きを読む

 
657 :名無しさん@おーぷん 2016/10/31(月) 10:41:57 ID:UBU
もう何年も前の話だが

年上の男性から「付き合って下さい」と告白された
その時私は恋人いない歴=年齢だったんだけど、
相手の男性とは数回しか話した事が無かったので、
「ごめんなさい」とお断りした
だが相手は諦めなかった
「今彼氏いないんでしょ?じゃ何で駄目?」
「試しに付き合ってみるくらいの感覚でもいいから」
「あなたは臆病なだけ。誰でもいいから付き合ってみれば、
恋をすることの楽しさがわかるはず」
と、連日交際を申し込んできた。
それでも
「ごめんなさい、今は誰ともお付き合いする気はありません」
と断り続けた
そうすると今度は
「付き合ってくれないならタヒにます」
と来た
最初は「この先もっといい人が見つかるはず」とか
「私ごときの為にタヒぬなんて馬鹿らしい」とか必タヒで説得していたんだが、
そのうち疲れてきて
「そういう自分の命を盾にして脅迫するような事をして、
もしお付き合いしたとして私が幸せになれると思いますか?
あなたは今でも自分の気持ちしか考えてない、自分の気持ちばかり押し付けてくるのに、
この先私を幸せにしてくれるなんてどうやって信じればいいんですか?」
と少々キツめに言ってしまった
そうしたら
「あなたは優しい人だと思っていたのに、僕の勘違いだったようですね
ホント、こんな女の為にタヒのうとしてただなんてバカバカしい
どうぞあなたにお似合いのクソを見つけて不幸になってください」
と捨て台詞をはかれ、連絡が来なくなった

その後悪口を言いふらされたりしたが、
それは私の知らない間に友人が鎮火していたらしく、私への直接被害は無かった

彼氏がいなかったら交際断っちゃいけないのかよ、とか
誰でもいいから付き合ってみればいいなんて、
そんな考えで交際する女がいるのかよ、とかおかしな所は山盛りだが、
一番神経がわからないのは、
「付き合わないとタヒぬ」
という部分。
単なる脅迫でしかないと思うし、
そう言われて喜ぶ人間が男女問わず存在するのか甚だ疑問だ
続きを読む

このページのトップヘ