メシマズ

 
643 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/12(土) 10:35:14
花嫁修行したというわりにはかなりのマズメシを自信満々で出す嫁。
少しでも否定的なことを言おうものなら俺の舌がおかしい扱い。
うちのお袋の味まで否定されてついにブチ切れて
「どこの誰がこんなメシうまいって食うんだよ!!」と怒鳴ってしまった。

一切ひるまず
「お父さん!!」
と誇らしげに答えられた。

小学生のときに調理実習で作ったクッキーを父親にプレゼントしたらうまいうまいと喜んで食べていたらしい。
そりゃ小学生とはいえ、教科書どおりにキッチリ分量や手順を守り先生の監督もあればうまいものはできるだろう。
「小学生であれだけのもの作れたんだから年々上達して今ではプロ並なはず。目分量もアレンジもお手の物!」
という考えらしい。
きっかけになった父親の誕生日が近いので、嫁のケーキや料理を持ってお祝いしにいくことに決めた。

赤いちゃんちゃんこの日にしてやんよ…!
続きを読む

 
973: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/26(木) 09:41:37.22
割合ウマメシの共働き嫁なんだが、残業で夕飯がいつもより遅くなった日、グラタンだったが、下ごしらえサボってガリガリのジャガイモが入ってから「硬くて食えないよ」って捨てたら翌日から下ごしらえサボらなくなったぞ
続きを読む

686: 732 2013/07/16(火) 18:47:21.00
一足先にこのスレを卒業できそうだ。 
ROM専だったが、ここを見て一人じゃないと思えたからこそ今まで頑張ってこられた。 
お前らありがとう。 
このまま卒業できることを祈って願掛けカキコ
続きを読む

 
819 :名無しさん@HOME 2008/11/18(火) 15:25:42 O
毎日電話してきては「私のところに料理習いに来なさい、私に傅け」とくどくどうるさいトメ。
「あなたの息子は私の料理が好きらしいんでwwwwサーセンwwwww」とpgr口調で返すも懲りず毎日。ボケ防止(笑)と思い
電話取る→ハンズフリーでハイハイしてた。けどいい加減面倒になったので私的DQN決行。旦那が電話タイムに在宅してる日に
見込み通り電話が掛かってきたのでハンズフリーにして先制攻撃。 (内容うろ覚え)

私「料理習いに来いってしつこいですけど、何を習えって言ってるんでしたっけ?」
トメ「この前も言ったけど煮物よにーもーのっ!ムチュコタンの大好ぶt」
旦「俺嫌いなんだけど」

空気凍る

トメ「え!?えぇえ~とムチュコタン!?何それ、嫁に言わされるなんて旦那としてn」
旦「嫌いなの!母さんのめんつゆドボドボべっとべと煮物はっ!」
トメ「…」
旦「俺さぁ…嫁子と結婚して最初にフキの煮物食った時、マジでお惣菜だと思ったんだよ。でも「またこれ買ってきて」
って言ったら頭はたかれてさぁ…」
トメ「お惣菜なんてっ」
旦「聞けボケ。「じゃあ明日も同じの作るから少し早く帰ってきて」って言われてさ、俺作るところずっと見てたんだよ」
トメ「…」
旦「煮物って調味料何種類も使うんだな。隠し味に日本酒とか入っててさ、あぁこれが家庭の味なんだなって」
トメ「…でも」
旦「母さんのは美味しくないんだよ。米もよくベチャベチャでお茶漬けにして誤魔化してただろ、俺ベチャベチャご飯
大っ嫌いで今でもお粥食えない。煮物はそっこそこ食えたから腹膨らますのに使ってただけ、流石にコンビニとかで買うのは悪いと思って。
でもそれが良くなかったんだな、母さんは自分のメシが美味いと思っちゃったんだもんな。はっきり言うわ。
母さんのメシはもう食いたくない。たまに実家戻る時父さんが店屋物取ってくれるだろ、あれって嫁子に気使わせないためなんだよ。
不味くても言えないだろ。実家離れてて(電車で一時間だけど)良かったよ、今まで母さんがメシ持ってくることもなかったし。
でも嫁子に教えられるのだけは無理。絶対無理。だからもu」

ブチッ

電話終了。それから電話はなく、義実家に行くことがあってもトメは当たり障りのない良トメになった。
続きを読む

 
281 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/17(木) 20:55:29
なぞなぞです

じゃがいも さつまいも さといも しゅんぎく
かぼちゃ にんじん はくさい にら だいこん
いとこんにゃく とうふ ゆでたまご はんぺん
かきあげてんぷら えびてんぷら ぎゅうすじくし
ぶたにくばら ふらんくふると とりかわ ぶたればー
ながねぎ なまうどん なす にんにく しょうが
さば いわし いか たこ まぐろ ほっきがい
えりんぎ しいたけ えのき やまいも

なにができるかな?



こたえ
嫁特製寸胴鍋煮込みのカレーうどん

冷蔵庫の掃除するのに外に出したら溶けてしまったと
とりあえず冷蔵庫の中で少量ずつ保存されていた何かを全部寸胴鍋へ
ニンニクやショウガも擦ったものじゃなく刻んだだけ
それだけじゃ微妙かなとあれこれ突っ込んでみて
20リットル鍋に半分以上になってしまったので煮れば減るの経験則から煮込む
おかずにするのも量が多いと思いうどん投入
灰汁だけはがんばってお玉ですくっていたら量が減ってきたが
やたら臭いのでカレーの王子様を入れてごまかす
小一時間も煮込んでいると俺が帰ってきたので
「今日はカレーうどんだよ☆すっごい手間かかったんだから彡☆」とにこやかに言い放つ

説教と言うわけじゃ無いが
食事後にどうしてこうなったのかを問い質す
経緯はわかったがまだ半分以上残ってるわけで

今から近所の嫁実家にお裾分けに行く修羅場始まります
続きを読む

このページのトップヘ