ロミオメール

 
781:◆QfWLvbTrq62011/09/16(金) 21:46:18.94 0
初めてロミオメールらしきものをもらいました記念。
違う意味で感動したよ。


件名「リ・バースできたよ」
内容
「今まで俺にまとわりついてた汚れは全て洗い流された。
今、俺は生まれたての赤子同然。
お前色に染め上げることも容易いだろう。
いざ行かん。とわの喜びへ…。
lovin'you…endless」

この火曜日にいきなり一方的に別れを言ってきて、
「初めて魂が燃える女」とやらのもとに走っていったバカ元彼からです。
知るかボケ。
続きを読む

 
871 :名無しさん@HOME 2009/03/14(土) 11:30:50 0
10年以上前に別れた元エネ夫から手紙がきた。
元姑が要介護の状態になったらしくて
もう許してやるから私に介護要員で帰って来いってさ。

その姑にパニック障害になるほどいびられたのをお忘れですか。
涙の止まらなくなった私が病気と分かった途端、姑に
「基地外は出て行け」
と身ぐるみはがされ半ネ果で外に蹴りだされた時、
「悲しいけどママのことは忘れような」
と子供達に言ってたのは貴方ですよね。

その後私は公の援助を受けながら病気を直し
その後働いてお金を作り学校に入りなおして
なんとか1人で生きていけるようになった。
元姑に次のいびられ役となっていた娘も
裁判起こして引き取った。

元エネ夫は
「帰ってきたら息子に会わせてやる」
と切り札のごとく最後に書いてきましたが
その息子は今は毎週末我が家に夕飯食べに来てるよ。

本当に馬鹿。元姑が亡くなったら親子3人で
仲良く葬式に行ってやろうかと計画中。

続きを読む

 
541 :名無しさん@HOME 2010/09/28(火) 20:05:46 O
件名 今夜は少し遅くなる。
本文
11時をまわると思う。早く帰ってやれなくてごめんな。
あと、もののついでにちょっと聞いてほしい。
【縁】なんて、古い言い方に捕らわれたくはないんだけど。
でも、やっぱり出会いには意味があると思う。

出会えたって、こと。
なにより素晴らしい、こと。

魂っていうのかな、そういうものが、ひきあってさ。
すれ違うこと。そんなことからしか、愚かな僕たちは気付けない。
だから、すれ違えて良かったんだよ。
愚かもいいもんだね。すれ違えて分かり合える。
何度でも惹かれあう。そう、何度でも、何度でも。
それが、縁、出会いなんだ。

…少しはわかってもらえたかな?
噛み砕いて言ったつもりなんだけど。

まぁ、わからなかった箇所は帰ってからね。
二人で新しく歩き出そう、な?






昨日離婚したんですけどw
あの家に私いませんけどw
何時になろうが知らんわw
続きを読む

 
717:◆XGfLcJG3vt4L2011/03/26(土) 21:26:09.01 0
先日、姉が離婚した。
その姉の元夫から私にメールが来た。

まあちゃん(私の仮名)、うちのやつの様子どう?
落ち込んでない?
ちょっとおどろかしすぎたけどね。
まあいい薬にはなったかな(笑)
うちの親も(姉に)謝りたいって言ってるけど、
これ内緒な。
あいつすぐちょーし乗るから(笑)
とりま、うちの親もやっぱそっち行くって言ってるし、
(うちの親に)話とおしといてくれる?
あと(姉の)メールおかしーんだけど(拒否中)、ちゃんとするように言っといて。
じゃね、また!
続きを読む

 
369 :名無しさん@HOME 2011/06/16(木) 10:25:07 O
いきなり登録してないアドレスからメールがきた。
「○○さん(数年前別れた元旦那)からのメールが私に間違いで届いています。
××さん(私)がいないと生きていけそうです。電話番号は変わってないそうですので、すぐに連絡取って下さい。」
メアドが元旦那が使いそうな文字列で、他人に成り済まそうと思っていると思った。
「そのような人は知りません。お間違えでは?」と返したら
「間違いのはずがありません。○○さんも間違いないって言ってます。」
埒があかないので「あっ分かった!△△ちゃん(適当な女性名)だろ?
あれは浮気じゃなくてちょっと△△ちゃんへの愛を確かめただけって分かってくれたんだね(ハート)」
とか返したら「気持ちわりい」と返事が来たので更に
「またまた~△△ちゃんはシャイだからな(チュ)借金だって男には勝負に出ないといけない時があるって分かっただろ~(ハート)」
と畳み掛けたら「俺は○○という者だ!二度とメールすんな」と着拒された。
「お袋だって△△ちゃんを立派な俺の嫁にしたいから、つきっきりで指導してくれてたんだろ~(メッ)
今なら俺が一緒に謝ってやるからさ~」も送りたかったのに。
ちなみに偽ロミオメールの内容は元旦那にやられたことだ。
続きを読む

このページのトップヘ