930 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 21:37:08 ID:wZGWzicU
母の修羅場。
父の家は、戦後間もなくに祖父が病タヒし、祖母が自営業で一人で二男二女を育てた。
その祖母も脊椎カリエスを患い、高校を卒業した父が相続。
治療費と弟妹の学費に追われ、とにかく金のない家だった。
そんな中、末妹である叔母はとにかく緩い性質だったらしく、
高校を卒業して間もなく家出し、無職男と大きな腹を抱え戻ってきた挙げ句、
大型トラックを購入し、未保険のまま自損事故を起こして借金を押し付けるなど、
とにかくやりたい放題で、母はそんな叔母を心底嫌っていた。
もっとも、父母とも「子供の前で他人に嫌悪を向けるべきではない」という考えだったらしく、
子供の頃は、そんな家庭の事情は知らずに育ったのだが。
叔母は隣の市に定住し、毎年正月と従兄弟達の誕生日にやってきたが、思えば私自身は手土産もお年玉も一度も貰った事はなかった。
続きを読む