不幸な結婚式

 
187 :愛とタヒの名無しさん 2017/04/29(土) 21:09:12 ID:Rtl4tZiN.net
披露宴が始まる前にいきなりタッパーに詰めたカレーを配り出した人がいた
え?いらないんだけど…と思い「後で食べます」とテーブル上に置いといた
しかし真っ赤に燃えた目で「何で食べてくれないんですか!」と詰め寄られた
新郎新婦の同僚友人にタッパー20個くらいのカレーが配られていたと思う
その人は自分の席に戻って同じテーブルの女性.を相手に荒れているみたいだった
これからフルコースをいただくのに、何故見知らぬ人のカレーを食わねばならぬのか
全力で無視していたがたまに見回りに来ては「食べてくれないんですか!」と切れる
なのでモソモソとつついて食べたふりだけしていたが、手作りと聞いて気持ち悪くなった
容器もただの透明タッパーで所帯染みていると言うか、オカンが余り物詰めたみたいな感じ
そのうちケーキ入刀からファーストバイトが始まった
そしたら例の人がシュババババと駆け寄り、カレーをスプーンだかフォークだかで掬って新郎に突き付けた
式場の人がスルンッって感じで拐って退場させてしまったが、何だったんだろう?
ちなみにテーブルの配置から新郎の職場の人だと思う
折角のお刺身もシャンパンもカレー臭にかき消されて残念だった
続きを読む

 
337 :愛とタヒの名無しさん 2008/04/30(水) 09:09:01
前に言った結婚式で、新郎母と新郎姉がそれぞれ遺影を掲げてた。
父親とかならわかるんだけど、それが2歳の子供…
しかも泣きじゃくっていて、たまに号泣。
そしてお酌しに来た新郎母はその事故で亡くなった子供の思い出を延々と語る。
女の子だったんだけど
「いつかウェディングドレスを着て…」とか
「成人式の着物が…」とか。
おまけに飛び入りスピーチで
「新婦さんを見て娘を思い出し…」「女としての幸せが…」と号泣。
さらに「娘の席と陰膳を用意してくれなかった」と新婦側を責める。
グジャグジャと泣きながら話す新郎母姉を、最初は
「かわいそうに…」と思っていたんだけど、
それが延々30分以上。
子供や孫を亡くしたってのは大変な事だし、それはわかるんだけど、
「子供を亡くした事が原因で夫と離婚した」とか、
「あの時ほんの一瞬目を離さなかったら」
「新郎が新婦とデートに行ったから預かってもらえなかった」って何回も何回も言う。
とってもくらーーい気持ちになった。
新郎も新婦も高砂でうんざりがお、そのスピーチのせいで時間が押してお色直し一回省略。
しかも後から聞いたら、その子供のタヒ因、
DQNの夏の風物詩とでもいうか、「パチ〇コ放置タヒ」。
チャイルドシートに座らせておいてタヒんだんだって。
2歳だからせめて普通にしてたら開けられたかもしれないけどね。
そういえば数年前に地元で執行猶予になったパチ〇コタヒがあったなー…って思いだした。
ちなみにパチ〇コしてたのは新郎母と新郎姉、
新郎姉元夫はパチ〇コを辞めるように何度も言っていたそうだ。

続きを読む

 
75 :愛とタヒの名無しさん 2016/01/23(土) 09:54:47 ID:X/SUis2B.net
今までで一番衝撃的だった式。
控え室から新婦が失踪し、会場中探し回っても見つからなかった。
式の時間が迫り身内がピリピリしていると、新郎母が
「新郎ちゃん!お式は中止できないから、ママとお式を挙げようよ!」
とウェデイングドレスで現れた。

リアル( ゚Д゚)になりながら新郎家族が新郎母をなだめていると、
担当外のスタッフさんが埃で薄汚れた新婦を連れてきた。
新婦は真っ先に新郎母のもとへいき、強烈なビンタを食らわせ
「いくら気に入らないからって、やっていいことと悪いことがあるでしょうが!」
と新郎母の常識のなさを責め始めた。
スタッフさんに経緯を聞くと、
新婦は、会場内の外から鍵をかけられた倉庫に閉じ込められていたそうだ。
収拾がつかなくて、式は結局中止になってしまった。

後日に判明した事実だが、新郎母は
「新婦のわがままで式をだいなしにした」
という評価が欲しくて新婦の監禁を企てたらしい。
新郎母は現役で挙式会場に勤めていたから会場にくわしく、
誰にも見つけられない場所として倉庫を選んだとのことだった。
ウェディングドレスは、式の数日前に
「どうせ式がやれないんだから、私と息子の擬似結婚式にしちゃえ」
と暴走した結果だそうだ。

その後だが、新郎母は離婚され、新郎新婦からも縁を切られたらしい。
新郎新婦は今も仲良くやっているのが不幸中の幸い。
続きを読む

 
684 :名無しさん@HOME 2013/01/08(火) 10:10:49 0
去年のクリスマスイブに実弟が彼女のたっての希望ということで結婚式を挙げた。
家の両親はクリスマスイブがどうとかより年末はみんなの迷惑だから
年明けか十二月なら最初の方がいいんじゃないかと提案したが
「今から嫁いびりですか。孫に会いたかったら私の意見を優先してください。」と
言い切った。でき婚ではありません。
弟嫁の両親も12/24で文句なしと言うので、挙げることになって招待状を出したら
私達の思った通り新婦側の欠席が多くて大慌てで昔の同級生とか幼馴染とか
縁が切れたような人にまで招待状を出しまくったそうだ。
それでも足りず勤め先の課の同僚全員招待状渡したけど、最初に渡された人と
あまりに時間差があったので、人数合わせがばればれで後から招待状を渡された人は
断られた。受け付けとスピーチは来てくれる友人ががやってくれることになったが
余興をやってくれる人がいなくて、結局実母が入ってるコーラスサークルのおば様方が
アカペラで歌ってくれることになった。そこそこお上手でした。

それで友人席の不足は、実母の方が兄弟が多くて従兄弟・従姉妹が多いので
従姉妹達を新婦の友人席に座ってもらうことにしてやっと空席が埋まった。
従姉妹達の結婚式には弟は出てないので、ご祝儀なしで交通費着付け代持ちの条件で
着てもらうことに。結局新婦の席は新婦親戚と数人の友達と一人の同僚と一人の上司以外
うちの従姉妹達ということに。
続きを読む

 
1 :名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火) 23:27:10 ID:jaX
叩かれるの覚悟で
メシウマタイムだ全員集合!

スペック

>>1
今年で33になった
会社員
ガタイはそれなりにいい方


27歳
小柄体型
社内恋愛

カノジョ
27歳
長身スレンダー
浮気相手
嫁との結婚を機に関係を清算したはずだった。
続きを読む

 
21 :愛とタヒの名無しさん 2012/03/26(月) 02:35:28
数年前の私が不幸だった結婚式について書きます。
携帯から書くので改行がおかしかったらすみません。

高校の同級生に結婚式の一ヶ月前になって式と披露宴に出てくれないかと打診されたんだけど、
正直そこまでは親しくなく卒業後は疎遠になっていたのと自分がその時妊娠したばかりで体調が優れなくて
一ヶ月後もどうなるか分からないので申し訳ないけど欠席したいと伝えた。
ところが相手がどうしても出てほしい、体調が悪ければ披露宴はすぐ退席していいからとお願いされて仕方なく出ることにした。

当日になってもやはり体調が悪いままだったので式には出たが申し訳ないけど披露宴の途中で中座させてもらおうと思い、新婦に挨拶しに行ったら
「こんなおめでたい日なのに帰っちゃダメ!最後までいてよ!」
と言い張って聞かない。新郎もせっかくの披露宴だし是非最後まで楽しんで行って下さいとしか言わない。
スタッフの方にも体調が悪いので帰らせてもらうかせめて休ませてほしいとお願いしたんだけど、事前に新婦から何か言われていたのか
おめでたい席ですので是非最後まで~の繰り返しでとうとう会場から出してもらえなかった。トイレすら行けなかった。

式が午前中、披露宴がお昼から始まって数回に渡るお色直し、たくさんの余興、来賓や友人たちのスピーチ、新郎新婦によるコンサートや
新郎新婦によるお互いとお互いの両親とそれぞれの両親へのスピーチ、花束贈呈記念品贈呈など盛りだくさんの内容で終わったのは午後7時過ぎだった。

二次会もきてね!と叫ばれたが聞こえないふりをして逃げるように帰宅した。
料理などかなり豪華だったので体調が良ければきっと素敵な披露宴を楽しめたんだろうと思うが
その時の自分には地獄に等しかった。特にトイレに行けないのが本当に辛かったです。
他の来賓の方たちはトイレは自由に行けたんだけど、自分に限っては逃げられると思われたのかスタッフの人に見張られてて無理だった。

後にも先にもあんな結婚式はないくらい自分が不幸な結婚式でした。
続きを読む

 
504 :愛とタヒの名無しさん 2010/08/24(火) 13:53:34
中学の同級生(♀)の結婚式。

式の開始が30分程遅れ「何かあったのかな・・・」と
一緒に出席した友人と心配していた。
いざ始まってみると新婦は泣き腫らした目。
教会から出てフラワーシャワーの段になっても、目は真っ赤で顔はむっつり。
披露宴でもその状態が続き、笑顔を見ることが出来なかった。
ちなみに二次会は体調不良のため、新郎新婦は急遽欠席。
私と友人は、今日のあれは何だったのだろう?と
疑問に思ったまま家路に着いた。

翌日、新婦母から私の母経由で謝罪の電話が入った。
それによると

・ドレスの候補が2着に糸交られ、どちらにするかの最終判断を
 新婦は新郎に託した
・気に入らない方のドレスを選ばれたが「あなたが決めてハート」と言った手前
 引くに引けず
・当日新郎が選んだドレスを着て「やっぱり私が着たいのはこっちじゃない」
 と確信
・しかし着たかったドレスは他の支店にあり着られず
・ごねて式の時間が遅れた

今でも新婦の前では結婚式の話題はタブーになっている。
続きを読む

 
426 :愛とタヒの名無しさん 2010/08/20(金) 21:10:43
新婦側友人として出席した式です。

新婦とは義務教育からの友人でかなり親しかったので
結婚が決まってから、私を含む仲間たちが余興や受付や二次会幹事を頼まれたり
連絡を密に取り合ってました。
それが、式の半月前になって急に連絡が取れなくなった。

新婦の仕事が激務なことは知っていたし、それまでの打ちあわせの積み重ねで
余興や受付は滞りなくできたんだけど、
当日行ってみたら、肝心の式と披露宴がすごく微妙な雰囲気でした。

なんでも新郎が式の直前、親にも新婦にも相談せず、勝手に退職してたらしい。
高校も大学もいいとこ出て、部活でもずっとキャプテン、
さわやかエリートでイヤミな人格で人気者な彼が美人の新婦と結婚し…と
誰もがうらやむ順風満帆な人生だったんだけど
なぜか彼は
「ここが人生の節目だ。一度きりの人生、本当にやりたいことをやらないと!」と
このタイミングで決心したんだそうだ。

彼が本当にやりたいこととは小説家。
でも一度も小説を書いたことはなく、読書も嫌いで、村上春樹すら読んだことがないそうです。

新婦も、新郎両親も慌てふためいて説得したが
もう仕事はやめてしまったあとだし(エリート公務員でした)
彼は頑として言うことを聞かなかったそうで、そのまま挙式→入籍になったそうです。

事情はあとから聞かされたので、当日はとにかく空気が微妙で皆戸惑うばかりでした。
新郎だけは異様にテンション高くて
「シャンペンタワーやりたいな!当日いきなりじゃダメなのかな!」とか言ってた。
入籍せずちょっと待った方が良かったんじゃ…と
助言できるもんならしたかった。
続きを読む

 
241 :愛とタヒの名無しさん 2016/06/24(金) 22:17:45 ID:pYd3r+TD.net
流れ読まず、長文すいません。



数年前の元職場の方の式、披露宴のラストで、新婦→義実家、新郎→義実家へ手紙を読むというイベントが。

新郎の手紙は「大事にします」のような内容で参列者もほっこりしながら見守っていて、滞りなく終了。
新婦の手紙も「新郎を立てて支えて幸せな家庭を築きます」という感じで、何も変なことは書いていなかった。
が、途中で新郎母がキレた…

読んでいる最中の手紙を奪う→破いて、
「あんたなんかにあげるために育てたんじゃない!」
「水モノ商売の保険に、大手企業のうちの息子を騙したんだろう!」
「息子は不幸になる!!!サゲマン」
「息子は結婚なんてしなくていいんだ!ずっと私たちと暮らすんだ!!」
と罵詈雑言。

新婦はすごく稼ぎの少ない兼業作家(普段は会社員で、こちらは普通の稼ぎ)
新郎は確かに大手におつとめだけど、元々は新婦と同じ中小企業で働いていて(私の元職場)
新婦の親に認めてもらえるくらい稼ぎたいから、と大手に転職した方だった。

もう、まわりも皆ポカーンとしてしまい、
スタッフの方も呆気にとられてか誰も微動だにしなかった。

結局、新婦がその時使っていたマイクで
「すいません、お母様の仰っている意味がよくわかりません…」
とコメントして、その言葉で皆我にかえって進行が進んだ。

夫婦は本当に仲良しで、未だに新郎も新婦にベタ惚れだし仲睦まじいふたりなんだけど、あの姑は苦労するだろうなぁ、と思った。
新郎自体は品も良くて、確かに条件のよい子だけど、私なら絶対に結婚しないから、相当愛し合ってるんだろうな。

最近その新婦に久しぶりに会って、お姑さんとどう?と笑い半分で聞いたら「いい感じでやってるよ~」と黒い笑みが返ってきたので、なんとなく詳細は聞けませんでした。
続きを読む

 
13 :愛とタヒの名無しさん 2008/05/13(火) 01:04:32
別スレで見かけたネタですが…

一年前に式場押さえて二ヶ月前にはドレスもばっちり決めて余裕の結婚式のはずだった
式の前日、突然プランナーから電話があって
「すみません。こちらのミスでドレスを二重予約という形になっていて…
もう一人の方とは連絡がつかないので、申し訳ないのですが別のドレスに変えてもらえますか?」

・・・・(゚Д゚)ハァ?
二ヶ月前にしっかり予約しましたよね?
なんで二重予約?
しかも、なんで私が別のドレス?

その時既に夕方8時過ぎ
式場までは車で1時間半
「こちらは時間を延長してまっておりますので、どうか…」
いや、そっちで泣かれても…
ここはゴネても仕方ないと荷物をまとめて式場へ向かい、不機嫌なままドレスを試着
ひたすら謝るプランナーと衣装係
でも、どれだけ試着してもあのドレス以上に気に入ったドレスなんて無い
五回も試着してやっと決めたドレスなんだから、そりゃ当然だ
それでも、涙を呑んでなんとか一着決めたけど…当日式の途中で
「今頃、あのドレスを着て別の部屋で式を挙げてる人がいるんだ…」と思うと涙がこぼれてきてしまった…
続きを読む

このページのトップヘ