不幸な結婚式

 
842 :名無しさん@HOME 2014/10/10(金) 12:10:46 0.net
義兄夫婦は義兄嫁がバツイチ連れ子で結婚してる。義兄は初婚で
義兄嫁が義兄より八歳年上。だから義両親は結婚に大反対。
結局義兄夫婦の結婚式には来なかった。
私達もどうしようかと迷ったけど、義兄が「親が来ないから世間体が悪い。
せめて弟家族に来てほしい。」と旦那に頼み来た。

でも当時我が家は上の子二歳で下の子を妊娠中だったので
旦那だけと言ったのだが義兄嫁から「式の日にはすでに子供が産まれている
だったら出席できるはず。あなた達も再婚に偏見があるんですか。」と
抗議して来たが、例えば結婚式が9月1日なら私の出産予定日は8月25日と
言うぐらいしか離れてないし、出産予定日通りに産まれないだろうし
早く産まれても三週間は外出は無理。遅くなってもいつ産まれるかわからない
妊婦が出席なんて無理と旦那から義兄に説明して貰った。

義兄は理解してくれたけど、義兄嫁は「反対されてる。」に頭に血が上ってるみたいで
自分だって子供産んだことあるのに「義弟嫁(私)に意地悪されてる。」と思い込んだようで
泣きわめいて私を避難した。義兄嫁自身も妊娠中で式を遅らすこともできないし
焦ってはいたみたいだけど、式に旦那は出るけど、これから先のお付き合いは
旦那と義兄のみ。家族同士では付き合わないと決まった。

それでも結局式一か月前に義兄嫁が管理入院になってしまって
式はおじゃん。キャンセル料も結構かかったみたいで、私とは付き合わないはずが
義兄嫁から「結婚祝いと出産祝いが欲しい。」と子供が無事生まれてから
じゃんじゃん電話がかかるようになり、固定電話は着信拒否した。
私の携帯番号等は知られてないからいいけど、旦那の携帯にも義兄嫁から電話が来て
喚き散らされたので、義兄に連絡して一切のお付き合いはやめた。
続きを読む

 
90 :名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火) 22:53:28 ID:h4h
5年くらい付き合いのあった友達A子を切った
A子は俗に言う「真似っ子」と言うジャンルに当てはまる人
付き合い始めの頃、ペットボトルに付いてるカバーやキーホルダーと言ったものを揃えられていた。
馬鹿な私は「似たような感性の持ち主なんだなぁ」と呆けていた
A子の行動は段々とエスカレート
化粧のしかたやちょっとした仕草まで真似をするようになった
好きになる異性のタイプまで寄せて来たので気持ち悪くなって少し距離を置くようにした。
暫く経って、私にも結婚したい相手が出来て、結婚式の招待状を送る人をどうしようかと婚約者と話している時に、ふとA子の事が頭に浮かんだ。
「あの時は一時的な真似っ子状態だったのかも」と、よせばいいのにまた呆けて久しぶりにA子に連絡を取ってしまった。
結婚する事を伝えると、とても喜んでくれて祝福の言葉と式の参加を申し出、招待状を送付した。
式自体は恙無く終わり、夫婦共に招待した友達と二次会をしている所でA子がやらかした。
ベタなんですが「酔っちゃったみたぁ~い」とフラフラしながら夫の横に座り撓垂れ掛かるA子。
夫はどうしたらいいのか分からないと言った目で私を見る。
その場の空気を悪くしてしまうのは気が引けたので、A子を反対側に身体を寄せさせて「大丈夫?ウーロン茶飲んだ方がいいよー」と介抱する。
私からのウーロン茶を受け取ったA子はそのままウーロン茶を私にぶっかける
「なぁんでアンタが先に結婚してんのよぉ…私が夫君と先に出会ってたら夫君は私を選んでた筈なのに…ずるい!タヒねばいいのにー!」
もちろん場の空気は最悪。
これ以上A子をここに居させられないと判断した私は、タクシーを手配し、夫側の友人に助けて貰ってA子を帰らせた。
酔っちゃった と言うのは完全にフリでした。
私と夫の結婚式を潰したかったようです。
それから私はA子との交流を完全に切り、式後に予定のあった夫の転勤に着いていき、住所も知らせず引越しました
A子に情報が行きそうな相手には引越し先は教えず携帯も番号を変えてLINEでのやり取りのみに切り替えました。
未だに分からないのですが、何をもってして夫がA子を選ぶと思ったのか謎です。
A子には凄い自信があったみたいですけど。
見た目や性格に至るまで全く似てないんですけどね。
私はチビですヒョロヒョロ。とろくさい性格と良く言われ、A子は高身長で良くいえばグラマラス、悪く言うとぽってり体型。性格は倖田來未みたいに何でもズカズカっとモノを言う感じ。
続きを読む

 
172 :名無しさん@おーぷん 2017/06/11(日) 10:48:11 ID:Bly
婚約破棄した時の修羅場。
大学時代から3年付き合って結婚することになり、
ふたりで見学に行ったり模擬披露宴に参加したりしながら式場をココ!と決めて
一応双方両親に式場が決まったことを報告した。
で、これから細かいことを決めて行かなきゃって時に
彼のお兄さん夫婦が合同披露宴にしないかと言い出した。
お兄さん夫婦はデキ婚で披露宴をせずに入籍だけして数年経っていた。
でも奥さんの方が、やっぱりウエディングドレス着たかった披露宴したかったと言い
子連れ披露宴なんてかえって素敵かも!ってお花畑状態になっていた。
披露宴をやりたいならやればいいけど、合同でしなくても勝手にやればいいじゃんと思ったし
2歳の女の子にドレスなんか着せたら絶対可愛いし、そっちが主役になっちゃうじゃんと思い
私は嫌だとハッキリ言った。
でも彼も彼のご両親も「それは良い考えだ!きっと賑やかな披露宴になるし
この機会に親戚筋にもきちんと長男嫁を紹介できる」ってノリノリ。
うちの親戚にはここんちの長男嫁なんてなんにも関係ないのに。
しかも合同披露宴とか言いだしっぺのお兄さん夫婦、披露宴しなかったのはデキ婚ってだけじゃなくて
お金がないからだって言ってたし、その時も決してお金があるようにも見えなかったから
親がその分出すのかなと思ったら、私たちの披露宴に合流させてもらうだけみたいなノリ。
つまり自分たちの衣装代は出すけど他は出さなくてもいいってつもりだった。
彼は私が神経質に考えすぎる、もっと柔軟になれとか説教してきて
でも私は絶対嫌だと拒否した。
そしてうちの両親が、彼が親やお兄さんの意見に賛同してることに危惧を抱き
彼の両親に「ふたりの式場が決まった今の段階で出てくるような話ではない。披露宴は別々に」と申し入れた。
そこから双方の両親も険悪になって、私もこれじゃきっと結婚しても
彼は私の味方になってくれないと判断、破談にした。
後日、破談理由を知った共通の友人たちが一斉に「ないわーーーーーー」と彼を批判。
で、それまでは私が我儘だと認識していた彼も、自分ちがおかしいと気付いたらしく
復縁をしつこく迫られたけど拒否。
でもこの時勇気を出して破談にしたおかげで後に素敵な夫と知り合えたでヨシ。
続きを読む

  708: :2011/03/24(火) 11:21:14 ID: 
長年付き合っていた2人から略奪婚をした新婦。 

結婚式当日、スピーチで新郎の元カノ登場(会場にはそれまでいなかった)。 
固まる新郎新婦。 
「お2人ともおめでとうこいます。」と笑顔で始め「新郎はとても素敵な方で~」と、付き合っていた時のことを上手くオブラートに包み、持ち上げ、 
「お幸せに」 
と〆。上手なスピーチに会場も盛り上がる。 




すると新郎大号泣。急に立ち上がり、元カノに 
「待ってくれ!俺はお前が好きなんだ!愛してる!許してくれ!戻ってきてくれ!!!」 
と大絶叫。 
元カノは「無理です^^」と笑顔で即答し颯爽と立ち去る。 

「どういうことだ!?」と詰め寄る新婦親族。 
「ごめんねぇ、元カノさん」と泣く新郎親族(元カノ贔屓だった)。 

略奪婚がバレ、両親に凹られる新婦。 
最終的に破談。新郎も新婦も親族から縁切り状態。 
ついでに友人達からも縁切り。元カノスピーチも事情を知ってる友人達で仕組んだもの。 

元カノは「DQN行為にみんなを巻き込んでごめんなさい。誰も幸せになれないね」 
と凄く反省してたけど、正直スッとした。
 
続きを読む

このページのトップヘ