離婚

 
177 :名無しさん@HOME 2009/03/31(火) 12:42:23 0
2002年に離婚した義実家のトメは酷かった。
マンションの隣の部屋同士に住んでいたので、お互い合い鍵を作って持っていた。
私達一家が親戚宅に連泊で遊びに行くので洗濯物を部屋干しして出掛け、帰宅したら
乾しておいた洗濯物が無い。当然下着も。
え?っと思ってタンスを見たら、ご丁寧に畳んでしまってあった。
いくたトメでもそれは…と思ったので、1ヶ月くらい口をきかなかった。
そおの間にトメは自分の姪っ子に「嫁子さんったら口きいてくれないのよ」と愚痴ったらしい。
姪っ子に「おばちゃん、それは酷いよ。あたしなら家出するかも」とか言われて
初めて自分の非常識さに気がついたらしい。
前夫はマザコン・トメは子離れしない親のベストコンビだったようで、洗濯物の事にしても
私がなんで怒っているのか察しもせずに「お袋に謝れ。感謝しろ」の一点張り。
私の姉が癌で亡くなった時、夫が「え~…俺、葬式行かなきゃダメ?」と言いやがった。
それをどうしても許せずに居た頃、トメに相談した。
トメ&ウトは異口同音に「あの子だっていつまでも会社休めないのよ」とか「男には
仕事があるんだ」と言うトメ&ウト。
「何の為に忌引き休暇があるんですか?」「普段から腰痛だ・頭痛だと休んでるから
忌引きでさえ遠慮がちになるのは夫本人が悪い!」と言い放ったら「あんたはそれでも
あの子の嫁か!」と逆ギレしやがった。
そういえば、夫が欠勤の連絡を私に頼むので「自分でしろゴルァ!!」と突き放したら
ヤツはトメに電話(隣同士の部屋なのに)して会社に電話をさせる始末。
「ま~ったく嫁が居るのに何であたしがぁ?」などと言いながら、顔は満面の笑顔w
そんなに坊ちゃんが大切ですがゴルァ!だったら返してやるよゴルァ!と2002年秋に離婚した。
しかしその時も、離婚を切り出したのはトメ。離婚届用紙を取りに行ったのもトメ。

続く
続きを読む

 
47 :名無しさん@おーぷん 2016/01/30(土) 21:30:52 ID:hEF
もう離婚しようかなと思ってる。
他界した父の写真を写真立てに入れて飾ってた。
夫の両親も既に他界しているが、写真は飾っていない。
うちは子供がいなくて夫と私それぞれの部屋を持っている。
互いの部屋には勝手に入らないってのは決まり事としてあったのに
勝手に入ったことは10000歩譲って許すとしても、
「嫁に来た立場でありながら俺の親はスルーで実父の写真を
後生大事に飾るってどういうことだ」って、いつの時代の脳みそだ。

夫の両親のお仏壇は義兄宅だし、夫自身が位牌分けの話も却下して
写真を飾ろうともしないのに私が飾るのも可笑しな話だし
私はただ、父と旅行した時に私が撮った父らしい笑顔の写真が気に入って飾っていただけ。
私は父のことが大好きだったけど、父が倒れた時夫がインフルエンザにかかってて
ほうって帰省できなかったからタヒに目にも会えなかったのに
それを申し訳なく思うどころか、当り前のように思ってるのもムカつく。

私たち夫婦、ぶっちゃけ仮面夫婦みたいなもん。
子供が出来なくて、治療について方向性.のすり合わせができなくて
(夫が検査を受けてくれないので話にならない)
強引に治療を始めても意味のないことだし、子梨でもいいかと諦めて
そのうちレスになってお互い趣味に没頭するようになり
夫婦というよりただの同居人みたいな生活だった。
離婚するほど嫌いじゃないし、離婚とかなんとか面倒臭い・・・って感じで
20年が経っていた。

一家の主的なことは何もしてないくせに妻より夫の方が偉い、立てろ、恥かかすな
~みたいな言動がここ数年強くなってきてウンザリ。
会社で後輩に追い越されて上司と部下が逆転してから特に酷くなってきた。
一応知らないフリしてるけど、夫とは職場恋愛だったので情報筒抜け。
会社でのそんなストレスを家の中では私にエラソーにすることで
プライド保ってるんだろうなと思うから、今までは敢えて黙って従ってたけど
父の写真を飾ったぐらいでガタガタぬかす夫には失望した。
ぶっちゃけ、離婚しても経済的な痛手は全くない。
65歳まで働ける仕事を持ってるし、趣味仲間との交流も楽しい。
離婚したら夫に気兼ねなく仲間と旅行にも行けるし
好き嫌いの多い夫のことを考えながら料理する面倒臭さからも解放される。
考えれば考えるほど気持ちは離婚にグイグイ引っ張られる。
結婚生活を続けるメリットが全く思い浮かばないw
続きを読む

 
1 :名無しさん@おーぷん 2016/12/28(水) 20:51:24 ID:p4g
事が起きたのは今年の2月。

年明けしばらくしたら離婚成立するだろうとの見通し。
適当に語ろうと思う。
続きを読む

 
579 :おさかなくわえた名無しさん 2018/09/19(水) 19:23:17 ID:vNtESRSX.net
1年前に元旦那の浮気で離婚した
この前彼氏とスポーツ観戦に行ったら、運悪く元旦那と遭遇した

元旦那「それ誰?」
私「Aさん。」
彼氏「私さんとお付き合いしてます。もしかして元旦那さん?」
元旦那「俺がいるのに何やってるんだ!浮気か?そんな女だと思わなかった!見損なった。最低だな。」
彼氏「私ちゃんがいるのに浮気した自分の話ですね。」
元旦那「まだ1年だぞ?」
彼氏「そちらなんて結婚の真っ最中じゃないですかー。僕達今年中に結婚するので、もう関わらないでくださいね。僕が幸せにするのでご心配なく!」
元旦那「お前も男が居たんじゃないか!訴えてやる!」

みたいな会話をして、彼氏に攫われて席に戻った
1年前に離婚してるのにまだ浮気だとか好きだとか思ってると思ってる元旦那も分からんし、結婚の話なんかしてなかったし初婚なのにこんなバツイチ女と結婚しようと思ってる彼氏も分からんし、本当にプロポーズだったらしくて今度実家に挨拶に来るんだって
最初の結婚では感じないほど穏やかな気持ちでずっと付き合えているから今度の結婚はうまくいくといいな
続きを読む

 
388 :名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水) 09:16:25 ID:Yum48Lece
1週間前に別れた元旦那からのロミメがうざい。
離婚原因は元旦那が私のアンティークベア(結婚前に買った物)を勝手にコトメにあげてたから。

いい歳してくまの人形集めなんかしてると、まわりから頭のおかしいやつだと笑われてしまうよ。
だから僕が君のためを思ってコトメに引き取ってもらったのに、感謝されることはあってもあんな風に不当に罵倒されるのはおかしいと思うよ。
それに君は勝手にコトメにあげたと言うけど、結婚したらお互いの所有物は夫婦の物になるんだよ?
これは法律で明確に記されていること。
つまり僕の物を僕が僕の意思でコトメにあげたのだから何も問題ないでしょ?
だから帰っておいで。
もう僕は怒ってないよ。
コトメには一応謝罪して人形を返してあげるんだよ。

いい歳して人形集めしてるのが嫌ならこのままほっといてよー!
続きを読む

 
883 :名無しさん@おーぷん 2016/10/15(土) 08:23:35 ID:CGL
昨晩、思ったより早く夫が買ってきたからビックリしつつも、
いつものように麦茶を一杯テーブルに置いた。
夫、なんかイライラしてるふうで麦茶一気飲みしたあと「話がある」って。
以下その時の会話。
夫「離婚しよう」
私「で?」
夫「離婚だ離婚!」
私「わかった。で?」
夫「なんだその返事は!」
私「離婚するんでしょ?財産分与なんて言うほどのものは殆どないけど
  そういう話し合いするもんじゃないの?」
夫「・・・」
私「え?違うの?」
夫「慰謝料だ!慰謝料請求するから覚悟しとけよ!」
私「別に請求するのはいいけど、一応弁護士通してね。私も請求するけど」
夫「なんでだ!」
私「いや、浮気の証拠は押さえてるんだけど。○○ちゃんとホテル行ってるよね?」
夫「・・・」
私「私が浮気してるってのは勘違いだよ?私何度も違うって言ったよね?聞いてくれなかったけど。
  そこらへんも弁護士さんに全部話してあるから、そっちで話してね」
夫「・・・」

終了。
一年半の結婚生活。
こんなのと結婚した私、まぬけだわorz
続きを読む

 
395 :名無しさん@HOME 2017/08/01(火) 18:43:15 0.net
黒過ぎるのでここだけの話。
義兄夫婦が離婚した。原因は子供ができないことと、こっそり私だと思うw

義兄と夫は双子で、義兄が後天的に子供ができにくい体になった。
完全に男性.不妊じゃなく手術や服薬で希望が持てるレベルらしい。
だのに、今すぐ子供欲しい!と焦った義兄嫁が私に「旦那くんの精/子ちょうだい」と言い出した。
双子で遺伝子情報は一緒だから問題ない、避妊道具の口縛って翌朝持ってきてくれって
嫌だって言ったら、3万円で売って、と言われたw
避妊道具買ってきて、フエキのりを水で溶いて入れたの渡した。
数回渡して、妊娠しないからおかしいと思ったんだろうね、
スマホの顕微鏡で拡大しても何もいないから「義弟くんも種無しだ」と騒いで義兄にばれた。
私は「そんな気持ち悪いの渡してません」とシラ切った。
うちは2人目子作り中で避妊道具なんか使わないしw
続きを読む

 
442 :名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日) 09:24:39 ID:u5U
10年ぐらい前に、知人が離婚した時の話。(フェイクあり)
旦那さんの給料日にATMでお金を下ろしたら、
残高が想定していたよりびっくりするほど多かったらしい。
それで家に帰ってネットで入出金明細を確認したら
給料が二重に振り込まれていたらしいんだ。
そこからの知人の行動に驚愕。
1回分の給料を証拠隠滅(本人がそう言ったw)の為に
すぐ下ろしに行ったんだって。
で、そのお金で服やらDVD-BOXやらなんか色々買っちゃったらしいんだ。
その日のうちに。証拠隠滅()の為に。
翌日、旦那さんから「経理からこういう話(二重振り込みのミス)があって
送金料会社負担で返戻するか、次回給料で相杀殳するか選んでって言われてるけどどうする?」
って言われたらしいのね。
その時には30万ぐらい振り込まれていた余分な給料が数万しか残ってなかったらしい。
それで大喧嘩になったらしいが、知人の方は「そんなのミスった人が悪い」の一点張り。
旦那さんは「ミスに気付いたうえで黙って使い切ろうとするとか恐ろしい」。
で、その喧嘩で出来た溝の修復ができずに離婚となったそうだが
多分他にも旦那さん側には理由があった気がする。
話を聞いて「いやー、証拠隠滅出来ると思うのがわかんない」って言ったんだわ。
だってどうやったって隠滅できるわけないでしょ。
あとから回収されることなんて普通に理解できそうなもんだけど。
そしたら「いやいや、普通使い切っちゃえば分からないと思うじゃない!」って。
アナログな時代ならまだしも、今の時代そんなわけないじゃんw
この人ちょっと頭オカシイと思って以降関わらないようにしてたんだが
先日、ものすごく久しぶりにデパートでその人を見かけたら
普通に子供を抱いて旦那さんらしい人と歩いてたんだが、再婚したっぽい。
その知人、小島瑠璃子に似た感じで可愛い美人ってタイプなんだが
やっぱり女は顏なのかとつくづく思った。
続きを読む

 
694 :名無しさん@HOME 2018/01/26(金) 16:47:54 0.net
うちの義兄夫婦は食というより義兄嫁の見栄張りが原因で
離婚寸前まで言ったことがある
元々義兄嫁が食器やテーブルコーディネートに凝る人なんだけど
SNS始めてからこれまでしたことない季節行事を必タヒにやるようになった
中秋の名月のために月見団子を盛る三方?にススキを飾る花瓶、
バルコニーで月を見ながら食事にしたいから足付き膳、と
無駄な買い物や料理をするようになったらしい
義兄家は寒い地域だから中秋の名月の頃なんて寒くてとても
バルコニーで夕食なんて出来る温度じゃないのに
うまいことお膳と月が一緒におさまる写真を撮るまで食事お預けで
夜風にさらされて冷え冷えの食事を遅くに食べる羽目になったとか
聞いてるだけで呆れるエピソードが山盛り
中年夫婦二人きりの暮らしじゃ食べる量も知れてるのに
とにかく馬鹿みたいに料理を沢山作って結局捨てるから
勿体ないと義兄が注意したら「自分の稼ぎでやりくりしてるのに何が悪い!」と
逆ギレされて、ウンザリした義兄が離婚を切り出して一時期すごく才柔めてた
続きを読む

 
23 :名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月) 14:38:16 ID:0KV
長いので分けます

前の夫は釣りが趣味で、交際時期にはよく魚を持ってうちに遊びに来てた
一人暮らしの狭いキッチンとやっすい包丁で魚をさばくのは骨が折れたけど
「俺の嫁になるならどうか覚えて!」と頼まれたのでついその気になった
小料理屋をやってる叔母に頼んで料理をひととおり習った(←両親が他界してから親代わりだった人)
魚のさばき方は、叔母の知人の料理人にわざわざ教えてもらった
道具もそろえたから大物のブリだって鯛だってさばけるし、魚料理に限って言えば
結婚する頃には「うちで出してもOK」と叔母のお墨付きもらえるくらい上達した

結婚3年目に夫が釣り仲間とものすごく大きなブリをつってきた
釣り仲間から魚拓を取らせてと頼まれるくらい大きくてまるまる肥えてて腕が鳴った
叔母の店を借りて解体し、ブリ大根とブリ刺し、ブリしゃぶを振舞った
釣り仲間は喜んで食べてくれたけど、ふと気づくと夫だけ食べてなかった
帰宅後に口に合わなかった?と聞いたら、酔った夫が
「俺、魚料理嫌いなんだよね・・・特にブリ大根大嫌い」と口を滑らせた
そこから夫がさらに「鯛料理も嫌い。鯛は味がしない」とか言い出した
イカ刺しも、キンメの煮付けも、とにかく魚料理自体がいやだったんだってさ

交際してすぐの頃の話だけど、何かの流れで私が「釣った魚は食べて供養」みたいなことを言ったら
釣り仲間たちが「そうだそうだ」と賛同したことがあった
夫も確か「そうだ。食べてこそ釣り人だ」って応じてたと思う
独身時代は「一人じゃ食べられないから」という理由で家族持ちの人に釣果を押し付けてたけど
結婚したら自分で持ち帰らないと不自然になると考えた
釣るのは好きだけど食べるのは嫌いな夫は、私の料理が下手だから食べないんだ、という体でいけば
魚料理を食べなくても&残してもバレない!と踏んでいたらしい
だけど私が本気で料理を覚えてしまったので、ついに我慢の限界に達してしまったみたいだ
続きを読む

このページのトップヘ