災害

 
454: 名無しさん@おーぷん 2017/03/14(火)09:34:13 ID:PHL

流れを切ってごめん。
暗い話を投下するので不快に感じる方がいたら先に謝ります。
どうしても短くまとめられなくて長くなりました。

以前住んでいたアパートで出会った兄弟の話。
震災と死人が出てくる話なので注意。

地方から高校卒業と同時に関西に出てボロいアパートで暮らしていた時のこと。就職して一年足らずで会社が倒産して、そのころの私は再就職口を探しつつなけなしの貯金を切り詰めて生活していた。

隣に住んでいた母子が今でいうDQN風で警戒していたんだけど、ある日そのDQN風一家の長男がピンポンを押してきた。(男の子三人の兄弟だから、以下長男、次男、三男と書く。)

正直、怖いと思った。一応騒音とかには気を遣っていたし、苦情を受けるようなことはしていないはずだけどと思いつつチェーンをかけたままちょっとだけ開けて要件を聞いた。
そしたら「子供用の弁当の作り方を教えてほしい」だったんだ。
どういうことか聞いたら、明日弟が遠足で弁当がいるけど作り方を見てもわからないから教えて欲しいって感じのことを言われた。
恰好は金髪プリン(生え際黒)の耳にたくさんピアスのついたチャラい系だったけど、手に何かテキストっぽいものを持ってて、口調はちょっと擦れた感はあったけど敬語だったことから玄関を開けた。

今思うと怖い、関わらないようにしようって思っていた相手が家に来てチェーンを外したことが不思議なんだけど就職活動で行き詰っていたし、気分転換に変わったことがしたかったのかもしれない。
就職するまで地元から出たことがなかったから友人も地元勢ばかりだったし、
社会人になってからできた会社の友人たちは私同様再就職口を探すのに必死でたまに電話して愚痴を言い合うくらいだったから。

長男が持っていたテキストは園児くらいの子供がいるお母さんが読むようなレシピ本で、買ってきたものの作り方を読んでも用語が理解できないとのことだった。○○切りとか、卵白を切るとか。
三男にオムライスをリクエストされたらしく、作ったことないしぶっつづけ本番より練習しようと思ってありあわせで作ったら失敗して、レシピ本を買ったら意味不明でお隣ピンポンの流れだったらしい。

玄関先で一応自炊はしているけど私もそれほど料理が得意なわけじゃないからわからないこともあると思うと最初に断って、
レシピ本に載っていた用語を解説していたんだけどその時に長男が「タッパーじゃかわいそうッスかね?」って聞いてきた流れで遠足グッズ一式がないことが判明し急遽買い出しに行った。
最初は警戒しいしいだった私も話しているうちに「見た目ほど悪い感じの子じゃないな」と思ってつい親身になった。
近くのスーパーまで行って、あれこれ買い込んでいる時に家庭の事情をぽつぽつ話してくれたんだけど、それが以下の通り。
続きを読む

 
352: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 21:37:41.89 ID:avD3LcUF.net
東日本大震災で、自分が所属する某サークルのメンバーでいらっしゃる飲食店経営のおじさん、 
店舗兼ご自宅を失い意気消沈していた。おじさんは仮設住宅に引っ越したので住所を教えてもらった。 
俺は自宅にあったサークル関連のグッズ多数(自分のお手製の品もある)を箱に詰めて贈り手紙を添えた。 

「代金は必ず払っていただきます。おじさんが作る○○で」 

半年後、おじさんと偶然再会した。公園で屋台をやっていて、 
俺の顔を見るなり「この前の代金だ」と一食分の料理を包んで持たせてくれた。 
おじさんは今、店舗を構えて復興の道を歩んでいる。
続きを読む

 
643: 名無しさん@HOME 2013/03/12(火) 10:54:11.01
実弟は転勤で、今年豪雪になった土地にいる。社宅がなく借り上げ社宅で、一戸建てに住んでる。 
今弟は長期出張で、不在なので雪かき雪おろしのヘルプが来た。 
実家も弟嫁の実家も、雪には縁のない土地。弟嫁の父親は椎間板ヘルニアで入院中とかで 
行けないので、そちらで行ってもらえないかと頼まれたけど、私の両親はまだ現役で働いているから 
長期に滞在して雪かきしてくれって言われても無理なので、業者に頼んでくれって言ったら 
弟嫁から半狂乱で、家がつぶれてもいいんですかって電話があったので 
しかたなく私と末の弟の二人で行った。

行ったら想像を超えた雪に壁にびっくり!大人の身長ぐらいは普通にある。 
弟の家に行ってもっとびっくり!周りの家は雪下ろしをしてあって玄関等ちゃんと道があるのに 
弟の家には玄関に通じる道が細々と空いてるだけ。屋根から落ちたらしき雪が窓側にも 
折り重なっている。 

家に入ったら弟嫁が立っていて「遅い!」と怒鳴りつけて来た。「さっさとやって!」と 
玄関から先に上がることも無く、追い出された。「道具は?」と聞いたら「裏!」だって。 
裏なんて雪が積み重なって入れないよ。 

呆然としていたら近所の人が「雪下ろしにきたんか?ここんちは最近ずっとやって無くて 
近所の人間がまわりだけやってやったんだが、ここの奥さんがお礼一ついわん人でな。 
だれもやってやらんくなった。」と言う。びっくりしてその足で近所のスーパーに駆け込み 
菓子折りいくつも買って、ついでにママダンプとか雪スコップとか買って戻り 
近所一軒一軒謝りに回り、雪かきと雪下ろしの仕方を教えて貰った。

 
続きを読む

 
930 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 21:37:08 ID:wZGWzicU
母の修羅場。
父の家は、戦後間もなくに祖父が病タヒし、祖母が自営業で一人で二男二女を育てた。
その祖母も脊椎カリエスを患い、高校を卒業した父が相続。
治療費と弟妹の学費に追われ、とにかく金のない家だった。
そんな中、末妹である叔母はとにかく緩い性質だったらしく、
高校を卒業して間もなく家出し、無職男と大きな腹を抱え戻ってきた挙げ句、
大型トラックを購入し、未保険のまま自損事故を起こして借金を押し付けるなど、
とにかくやりたい放題で、母はそんな叔母を心底嫌っていた。
もっとも、父母とも「子供の前で他人に嫌悪を向けるべきではない」という考えだったらしく、
子供の頃は、そんな家庭の事情は知らずに育ったのだが。
叔母は隣の市に定住し、毎年正月と従兄弟達の誕生日にやってきたが、思えば私自身は手土産もお年玉も一度も貰った事はなかった。
続きを読む

 
932: 名無しさん@おーぷん 2014/10/07(火)18:45:35 ID:???
自分の衝撃は、いよいよご臨終という時に
ボケてたはずの祖父がカッと目を開いて、
父をそばに呼んで喋りだしたこと。

昔台風で大水が出て、
家が流され赤ん坊もタヒなせてしまった。
避難先で近所に住んでた大工に会った。
嫁も家財道具も流されてたと、
小さい赤ん坊を抱えて呆然としてた。
母さんがその赤ん坊を泣いて欲しがった。
それがお前だ。
 
続きを読む

このページのトップヘ