ほんわか

 
927 :名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火) 11:45:38 ID:2yS
結婚する前に、夫から「うちの親は放任主義だから」と聞かされていました。
本当に放任で、結婚後もなーんの干渉もなく、良ウトメに当たったなーと思っていました。

平穏な結婚生活が続き、3ヶ月くらい経った頃、
お風呂あがりにアイスを食べようと冷凍庫を開けると買い置きアイスが1つしか残っていなかった。
夫に「アイス食べるけど半分食べる?」と訊くと「食べる」と返事。
小皿に半分ずつ分け、夫に渡し、さあ食べようとしたら夫が泣き出しました。
「えっ何?何がいやだった?もっと欲しかった?どっか痛い?」と慌てて聞き出すと
「実家ではこんなふうに物を分けてもらうことがなかった」
と夫が泣きながら言いました。

その後の夫の話を総合すると、夫は義兄と差別されて育ってきたそうです。
アイスもプリンも義兄の分だけ。夫はほったらかし。義兄が分けてくれることもない。
でもそれが当たり前として育ってきて特に疑問もなかった。
義兄は愛玩子で、夫は搾取されてはいないけど徹底的に放任というか無視、無関心。

でも結婚したら、私がなんでもふたり分買ってくる(当たり前)。
1個しかない時は半分ずつにする。それがじわじわ嬉しくて、3ヶ月目に嬉しさが決壊したそうな。
アイスを前に「半分だ、半分だ」って夫に泣かれた時はパニクりました。
後日3連プリンを夫に2個あげたらまた泣かれた。
続きを読む

 
259: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/16(土) 11:21:24
うちの嫁も日本語が・・ 

こないだも、「近所の奥さんがパッシング受けたのよ!」っていうから、 
てっきり運転中に何か事故でもあったのかと思ったら、バッシング(bashing)・・・。 
「あなたみたいなハクアイシュギシャと結婚なんかしなきゃよかったわ」って言うから、 
やべえ、浮気がバレたのかと思ったら、博愛を「薄愛」と思い込んでたり。 

最悪だったのが、知人経営の店で友人夫婦(友人嫁はお茶大)と会食した際で、 
「先日も、こちらでコース頂いたんですけど、あたくし今ダイエット中でしょう? 
控えようと思ってたら、出てきたテリーヌが救いがたいお味で・・・ねえ〜あなた」と。 
それを言うなら「捨てがたい」だろう!と、自分にはわかるが目のおk前の友人には・・・ 

まるでネタみたいな話なんだが、悲しいことにホントなんだよ。 
やっぱり嫁は知性で選ばないとダメだ。 
エステ行って全身脱毛してる時間あったら、本の一冊でも読んで欲しい。
続きを読む

 
283 :名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月) 20:40:47 ID:Xvz
ハムスターと言えば
昔妹が飼っていたハムスターが夜中に脱走して、いつもは餌置き場に直行して一心不乱にオヤツを貪ってるのに何故か寝ている私の部屋にやって来た事があった

なんか腹の上がくすぐったいなー何かゴソゴソしてんなー、と半分寝ながら手をお腹の方に伸ばしたらフワフワした丸い何かがあった
何だこれ?と鷲掴みにして見てみたら可愛い顔したゴールデンハムスター
「いやでもハムスターが私の部屋にいるわけ無いしハムスターに似た何かだろ」と判断してフワフワした何かをまたお腹の上に置いて寝直した
しかし「ハムスターに似た小動物と言えばネズミだよなーじゃーあれはネズミだったのかー」と眠りに落ちる直前にふと思ったら
「え、ネズミが今私の上に!?」と突然怖くなり「もう一度確かめよう!」とまた鷲掴みにして(同じ位置でフリーズしてた)今度はシッカリと、携帯のバックライトに照らして見た
するとやっぱりハムスター!良かった!ネズミじゃない!助かった!
と心底安心して、またお腹の上に置き直し、「これで安心して寝れるわー」と寝ようとしてようやく覚醒した
寝てる場合じゃねえ!とゆっくり起き上がり、手で掬うようにハムスターを捕獲
隣の部屋で寝こけてる妹を蹴り起こしてケージに戻してからようやく本当に安心して眠れた

楽しい脱走中に突然鷲掴みにされたかと思ったら元の所に戻されまた鷲掴みにされまた戻されるなんて無体な所業をされ、終わったと思ったら脱走タイムも終了
なんて悲劇に見舞われたハムスターはさぞかし修羅場だったと思う
鷲掴みにした時、力が全然入ってなくて本当に良かった
続きを読む

 
242: 素敵な旦那様 2006/07/17(月) 22:55:40
事後報告だけど、愛してるって伝えてきますた。 
女の人は、男よりこーゆう一言に重きを置いてるものなのかなと思いますた。 
無神経な男ですまん奥さん。

続きを読む

 
545: 可愛い奥様 2013/11/18(月) 19:17:10
実は5000万位貯金有ること。 
定年したら旦那と二人でのんびり旅しながら暮らそうと思ってる
続きを読む

このページのトップヘ