病気・怪我・障碍

 
229 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/24(水) 17:41:28 .net
ちょっと反省させてください。

当方30代、嫁20代で結婚3年目です。
嫁がインフルエンザにかかり、今朝早く40度を越す熱を出してこれはまずいと休みを取り看病に専念しました。
しかしお昼頃、解熱剤が切れたのか熱がまた上がりだしたらしく嫁が汗びっしょりでうなされ出したんです。
服を着替えさせてご飯食べさせて薬飲ませよう、と思った矢先に嫁が「たくやぁ~、たくやぁ、たくやどこぉ、たくやだいすき~」などと口走ったんです。
かなり拙い発音でしたが上記の内容だけは分かりました。
嫁が不倫している、と衝撃を受けてカッと怒りに燃えてしまいました。
そのまま家から1時間ほどの距離にある実家に帰り、実家にいた両親と兄嫁に事情を話したところ父にぶん殴られ、「インフルエンザで寝込んでいる病人を放置するバカがどこにいる!」と怒鳴られて我に返りました。
「せめて嫁のお母さんに連絡してから家をでなさい」と母にもたしなめられ、兄嫁には歪んだ顔をされました。
その後母が嫁母に電話をして事情を話し、嫁の実家の方が近いため嫁母に合鍵の場所を教えて、母と共に家に戻りました。
寝室に入ると嫁母がおり、かなりきつく睨まれました。当然です。
そして嫁はというと、犬に抱きついたまま寝ていました。
「たくや、たくや」と朦朧しながらも呟いていて、嫁母が「たくやというのはたくろう(現在嫁実家にいる雑種犬で、嫁が抱いている犬)のおじいちゃんです」と刺々しく俺に言いました。
嫁が生まれた次の日に雑種犬を貰ってきて、嫁と一緒に育って、嫁が成人した次の日にタヒんだそうです。
嫁が病気の時は必ずたくやを抱いて寝ていて、たくやも寝苦しいだろうに大人しくしていたとのことです。

なんというか、今日1日本当にバカだったと思います。
インフルエンザの嫁を放置したのが最悪すぎる。
続きを読む

 
72 :可愛い奥様 2011/10/31(月) 08:06:50 ID:3SFR9MogI
長いですが…

浮気、借金(ヤミ金)、無断欠勤でクビ、家にある金目の物を売る、抵抗する奥さんを殴る蹴る、金が無いから奥さん病院行けず(骨折してた)、
これを何度も繰り返していたトラック野郎の叔父さん。

浮気相手の旦那と、もみ合いになり転倒。
打ち所悪く、目を負傷。
目の治療薬と、持病の治療薬との相性が悪く、完治出来ない。
数年後には失明確実。

叔父さんのお母さん家が、行方不明&自杀殳で一家崩壊。

当時、叔母さん家に間借りしてた私が体験しました。
続きを読む

 
248 :名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日) 14:20:16 ID:a6uXCjmR2
学生時代に付き合っていた相手が少食アピールをする男だった。
普通の定食を頼んだらご飯を半分とおかずを2口ぐらいしか食べない。

最初のうちは体調が悪いのか、拒食症だったりするのかと心配していたが、
共通の友人に相談したところ「普通に食べてると思うけど…」とのこと。

彼に直接確認したらいやいや白状した。
「過去の彼女が庇護欲が強く、弱く見せて心配される快感を覚えた」
「君にだけそう思われればいいし、腹は減るから他のやつの前では普通に食うよ」

思えば感動モノやホラー映画を見ると上映中でもすぐ泣くし、怖い夢を見たと言っては深夜に電話してくるし、
感受性が強すぎるのかと思ったがそれもわざとではないかと思うようになり、一気に冷めた。
続きを読む

  812: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)20:26:51 ID:MXHzXJlya
書けるかテスト
続きを読む

 
534 :名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日) 10:03:09 ID:???
休憩中に彼女から連絡があった。「入院します。つきましては誠にすみませんが2日分の下着と~…」病院の面会時間はどーだったっけなと取り敢えず後回しにしようとしたら間髪入れずに着信。何だ何だと取り敢えず出る。「私○○病院看護師の~…」彼女が急変で意識失ったという連絡だった。慌てて上司に早退を申し出て病院に向かうと酸素マスク付けられてる彼女。もうショックで看護師や医師の説明なんて聞こえない。親御さんは飛行機の距離。あと何時間1人で彼女のこんな姿見りゃいいのかと気が狂いそうだった。
2日くらい前から腰が痛い、熱が下がらないと言いつつ病院はまだ早いかなと解熱剤飲んで耐えてた。彼女後輩でまだ学生してるんだが、バイトも行ってた。朝、もうどうしようもないからちょっと病院行くって言ってた。体が弱くてしょっちゅう熱を出してたからいつものことだと見送った。もっと早く病院に行かせてればと後悔しまくったよ。このまま意識戻らなかったらと思うと泣けてきた。
1週間意識戻らなかった。医師も原因が分からないと首を傾げていた。と思ったら彼女起きた。バチっといきなり起きた。ビビった。ぼーっとしてもいなくて、カスカスの声でいきなり「ポケモン!」って焦ったようにキョロキョロしだした。感動の目覚めとかじゃなくて、普通の寝起きみたいだった。親御さんも俺も涙なんか引っ込んだ。聞けば彼女はずっと暖かくて気持ちよいとこにいて、眠たいなと思っていたけど夜のアニメのポケモンを録画したか不安でこのまま寝るわけにはいかんと気合いで起きたら、大変な状況になってたらしい。それ聞いて腰が抜けた。さすがに1週間も意識不明だったからか飯も食えず点滴だけだったんだけど、それにも文句付けるくらい元気だった。いきなり元気になった。手も足も痺れてはいたが、口だけは細々した声の癖に一丁前で呆れた。そしてもう暫く入院して退院。夏休みにもろかぶりだったことが幸いして留年は免れた。
そんな彼女は今もポケモンに夢中。俺も親御さんもいいとしこいて辞めろと言いたいが彼女をタヒの淵から救ったのがポケモンなだけに何も言えない。そして毎週録画にしたら、もしまた同じことがおきたときに安心してタヒなれそうで出来ない俺は多分ヘタレ。黄色いネズミのぬいぐるみが部屋を侵食しているが何も言えん。
続きを読む

このページのトップヘ