学校・教師

 
534: 本当にあった怖い名無し 2012/03/28(水) 12:11:01.95 ID:AWUPrqQY0
私も中学生の時の話 
当時クラスで一番太ってた自分 
最初は面白キャラと絵がまあまあ旨くて似顔絵やノートデコとかで 
それなりにクラスでなじんでた 
でもある時から主に男子から嫌われ始めたw 
理由は「デブ」だから 
だがしかし、あんまり気にしないで仲の良いグループでワイワイ遊んでた 
特に苛めとかはなかったが、男子の隣に机並んでると離されたり、 
小学校から仲の良い男子から…う…うん…とか返事されたりで少し凹んだぐらいで 
やせなかったw
続きを読む

 
12: 1/3 2012/08/19(日) 14:01:30.44 ID:UGodSNkC
地方でCGクリエイターやってる者だけど、先日県内の美術系大学に招かれて講演会を開いたんだ。 
講演と質疑応答が一通り済んで、この後も会社の方で企画会議が入っていたので急いで帰ろうとしていた所へ 
背丈の低い眼鏡の男子学生とその教授と思われる男がやって来た。 
「○○さん、僕あなたのファンなんです。実は…」 
ああサインか?と思ってペンを出そうとしていたら、彼は 
「実は、○○さんに僕の悩みを聞いて貰いたくて…」と続けた。 
時間もなかったし断りたい所だったが、私のファンだと公言してるのだから聞いてやる事にした。 

現在2年生の彼は広告代理店に就職したくて「映像コース」なる物を専攻してきたのだが、 
私の講演を聞いてから「デザインコース」に変えようという選択肢が生まれたのだと言う。 
「撮影やCGの技術だけでは決して成功しない。その基盤から磨き上げていかなければ」と考えたのだそうだ。
 確かに私は講演の中で 
「映像制作会社の下っ端だった頃は映像制作には全く携わらせて貰えず、ずっとアニメーションの下絵ばかり描いてきた。 
 理由は、学生時代はCGよりもデッサンや油彩等を多く学んできたからだ。数年間絵ばかり描いてきて、ようやくMaya等の3Dソフトに触れる事ができた。 
 3DCGも合成も、全ては一枚のまっさらな紙に描かれたデッサンから生まれる。CGを作るよりも、撮影するよりも、絵を描く事で自分はメシが食えたのだと実感している」 
といったエピソードを語った。 
その話に感化されたのか「今必要なのは映像制作の技術よりもその基盤、つまり画力を鍛えていくしかない」と考えを改めたらしい。
続きを読む



137:名無しさん@HOME投稿日:2011/12/02(金) 17:36:51.32
高校の時、修学旅行の自由行動で私の班は奈良の明日香村に行った
高松塚古墳の博物館でトイレから出ると後ろから男性に
「探したぞ!どこにいた!!」
と腕を掴まれ、そのまま連れて行かれた

「え?あ・・おー!?」
と遠くの同じ班の子たちを呼ぶと、彼女たちが振り返った
が、私はすでに博物館を出ていた
抵抗するも相手はかなり怒っており、
ものすごい力でそのまま一台のバスに引っ張り込まれた
乗っていたのは同じくらいの年の人たち。私と似た制服を着ていた
「よし!これで全員だな」
と男性が言うと、乗っていた一人が
「せんせ~、その人誰ですか?」
と手を挙げた
すると男性、私を見て
「君は誰だ!」
と言う
恐怖で半泣きの私は言葉もなく、周りはざわざわする
そこへ班の子たちがバスに飛び込んで来た。
後ろにはお巡りさんと先生の姿が明日香村には私の班しか行かなかったので、
引率の先生が一人、そっと後からついて来ていたらしい
私が連れて行かれるのを見た班の子たちが手分けして、
追い掛ける子と博物館の人に110番してもらう子に分かれて動いたらしい
そこに先生が合流して、みんなで追い掛けてきたとか

「他校と自分とこの生徒も分からないんですか!」
と怒る先生に男性は終始ぺこぺこ
私は大泣きし、お巡りさんはあきれ顔。
班の子たちは私を抱きしめて一緒に泣いていた
男性によると、生徒が一人いなくなってしまい、
探していたらよく似た後ろ姿の私がいて、
出発時間が迫っていたので焦ってしまいよく確かめなかったそうだ
「にしても制服とか違いはあるでしょう!あんたそれでも教師か!!」
と先生の説教に男性は一層ペコペコ

後日、そこの学校の校長から謝罪の手紙と共に地元の特産品が学校に送られて来た
今となっては笑い話だが、あの時は本当に怖かった

続きを読む

 
237 :  名無しさん@おーぷん  2015/03/01(日)09:26:30 ID:OCa
フェイク混で、長いけど・・・


好きだった恩師と実は両思いだった。

学生時代、友達といるのも楽しかったけど、友達じゃ専門的な話はできないから先生と話す時間は一番の楽しみだった。
だんだん先生のところにお邪魔するとき少し綺麗な服を着たり、メイクをちょっと変えたりしてる自分に気づいて、
「ああ、私は先生のこと好きなんだな」って思った。
既婚だって知ってたし、そもそも付き合いたいとか全然思わなかったから、
友達にも、もちろん先生にも言わず、卒業した。

この前、偶然私が社会人として働いてる土地のスタバでその先生に会った。
先生が気づいて声をかけてくれて、混んでたのもあって相席させてもらった。
お互い近況報告とか、学生のときみたいに学問の話をしたりで1時間くらい過ごした。
ふと結婚の話になって、私に婚約者がいることや時期は未定だが結婚式をすることなどを話した。
先生はが「おめでとう。私さんは白無垢もウェディングドレスも似合うだろうね」と言うから、
学生時代の恩師として招待したい旨を話し都合がつけば是非、と。

結果的に、先生は結婚式に来なかった。
そのかわり、返信のハガキとともに書留で封筒が届いた。
あけたら手紙と、ネックレスが入っていた。
手紙には、私が学生の頃「学生にしては頭がまわる子」という評価をしていたこと、
既婚で子供もいたけど好きになってしまっていたこと、
何度も告白しそうになって踏みとどまったこと、
先日会って、今でも好きだと気づいたことなどが書かれていた。

ネックレスは私の卒業式当日に渡そうと思って奥様に内緒で購入したものだったらしい。
私に気持ち悪いと思われそうだったこと、渡してしまえば気持ち的に一線を越えてしまい後に引けなくなると思い渡さなかったそう。
「本当に愛してました。こんなやつを尊敬してるって言ってくれてありがとう。今でも、これからもずっと、愛しています」の文で涙が止まらなかった。
ネックレスは処分してくれてもいい、と書かれていたけど大切にしまっておくことにした。

夫の転勤で引越した先で見つけた職場で先生に再会し、当時の自分の気持ち、今の気持ち、ネックレスのお礼を言って、
同じスタッフとして頑張っていくことを約束した。
リアルでは誰にも言えないし、言わない。
これから先も、絶対進展することなんてない、させてはいけない恋だけど、
すごく満たされてる気持ちになった記念に。  
続きを読む

 
23: 本当にあった怖い名無し 2013/11/14(木) 11:23:52 ID:o5/BDKbeO
長期じゃなくてその場でやり返した話だが… 
高校の時不細工過ぎていじめられてた。 
ボウリョクとかは無かったが 
ある日階段の踊り場で、いじめ主犯のリア充男に後ろから唾を吐きかけられた。 

その男は自分より大分大きかったから普段なら掴み掛かるなんぞとても出来ない。 
だが病的な潔癖症の自分には、いじめ云々でなく他人の病原菌が付着したことが大問題で 
他人の病原菌なんて誰だって嫌だろうけど、汚すぎて何も考えられなくなる程だった。 

自分はパニックになってその男を階段から突き落とした。
続きを読む

このページのトップヘ