学校・教師

 
579: 修羅場コレクション 15/06/05(金)19:42:39 ID:nCo
叩かれ覚悟だけど、モヤモヤする。
子どもの同じクラスの子(A)とその母親(A母)。

今年も同じクラスになって、前年度の相忄生の悪さから心配はしていたがやはり今年も喧嘩三昧らしい。
担任の先生が言うには似た者同士だから行動も似てしまうらしく、遊ぶ先々で衝突するとのこと。
お互い手が出てしまうこともしばしばで、先生には手をかけさせてしまうしAのご両親にも申し訳ない気持ちでいっぱい。
なので時々A母に子どものことで謝罪している。

だが、A母から謝罪されたことは一度もない。
こちらが謝っても「子どものすることですし~」で大体終了。

長いので切ります。
続きを読む

 
146: 修羅場コレクション 2008/03/30(日) 21:37:19 ID:fABz6xu6
中学の頃、委員会が行っていた仕事を一般の生徒にも分担させようという意見が出され、放課後にもみんな残ってアレコレやらされるという運びとなった。 
水飲み場の石鹸やトイレの便所ボールの補充とか。 
続きを読む

 
386: 修羅場コレクション 2011/06/05(日) 21:17:49.71 0
祝★盗撮犯しょっぴかれ記念投下 
とある関東の荒れた地区のお話 

普段から荒れた児童が人を階段や駅のホームから突き落とすとか 
親がカッター持って学校に怒鳴り込んでそのまま先生の腹に刺すとか 
先生は腹に画鋲を散りばめた漫画雑誌を入れて防御とか 
それでもまだタヒ人が出てないだけ公立よりマシと皆口を揃えて言うとか 
そんな毎日が荒れまくり・毎日が修羅場な小学校だけど 
先日はとうとう教頭が盗撮現行犯?で警察におもち帰りされたそうな
続きを読む

 
72: 修羅場コレクション 2009/05/28(木) 22:45:58 ID:NTl7D0Lz
豚切しつれい 

息子の誕生日プレゼントに買ってあげたipod nano 
誕生日当日、息子友人Aが遊びに来た後で自宅にて紛失(未開封) 
息子友人A疑いをかけられる 
続きを読む

 
740: 修羅場コレクション 2019/09/12(木) 13:32:22.71 ID:a53x/yVD0
大学2年になる少し前、自分の人生がこうなったのは小5の担任のせいだという結論に至った。
担任は当時58歳で、校内一厳しい鬼ババだった。
とにかく理不尽で、クラス全員が毎日罵倒されて怒鳴られて人格否定をされた。
そんなあいつに復讐しないと気が済まなくなり、
平日昼間に自宅にイタズラ電話を何度もした。
担任は出なくて娘と思われる女が出たが、当時の恨みは晴れた。
ナンバーディスプレイのない時代でよかった。

担任が私達にした仕打ちはひど過ぎて、ここに書くのも憚られる内容
続きを読む

 
698: 修羅場コレクション 2013/02/04(月) 14:34:42 ID:G3p1lmsP0
タヒ角から飛来した硬球を避けられなかった中坊の頃の俺に 
「弛んどる!」とボディーブローかましてくれた恩師に 
校舎3階から煉瓦を落としたら避けられずにゴスッって音鳴って流血昏倒 

ほら、無理だっての 
続きを読む

 
707: 修羅場コレクション 2011/11/19(土) 14:27:01.87 ID:6vpfOkmO0
復讐ではないのかもしれませんが・・ 

高校1年生の秋に、2年生のクラスにハーフの男の子が転入してきました。 
見た目は(当時は)俳優みたいで、身長も高く、野球部に入って、
すぐに女子の中で人気者になりました。ここではAとさせてください。 

当時、野球部のマネージャーをしていた関係で
1年生の中ではほぼ唯一私だけがAと接点がありました。 
家が近く、練習で夜遅くなる事も多かったために、一緒に帰る事も多くなりました。 

それを妬んだのか、年が明けて2月頃から、急にクラス内でいじめられるようになりました。

後で知った事ですが、テニス部の女子連中が、
先輩後輩のつながりを使っていじめてきたようです。
その中心となっていたのが、2年生で、新3年生になる先輩のB子でした。

私は特にAと恋愛関係ではなかったのですが、それをB子に伝えても信じてもらえず、
物を隠されたり
お弁当を盗まれて廊下にばらまかれたり
クラス中の女子から無視されたり
私名義でラブレターを偽造されたり
先生や知らない人と円光しているといった根も葉もない噂を流されたり
古典的な物では靴に画鋲を入れられたりしました。
続きを読む

 
567: 修羅場コレクション 2007/04/28(土) 12:43:22 ID:4kplovMD
俺自身の武勇伝ではないが。

俺が小学校三年生の時の事。
俺の家から学校までは4kmあり超遠かった。 
ちょうどその中間くらいに近所でも有名な半島人が住んでる家があった。 
登下校の時間は暇なのでよくミカン畑に落ちてるミカン拾って転がしながら帰ってた。 

ある日の帰り道いつものようにミカンを転がしていたら 
道の上の小石に当たり運悪く車道に転がっていった。 
ちょうどその時に車が通過してミカンは潰れた。 

するとその車が停車し中からオバサソ登場。


「何やってんだ!糞ガキが!杀殳すぞ!」と怒鳴られた。
俺は怖くて泣きそうになりながら「ごめんなさい」と謝った。
そのオバサソは有名な半島人夫婦の奥さんだった。

次の日の帰りのホームルームで担任に俺だけ残るように言われた。
訳もわからずそのまま職員室に連れて行かれるとあのオバサソがいた。
オバサソの前に連れて行かれ担任に頭を押さえつけられ謝らされた。
そしてビンタ一発とゲンコツ一発かまされた。

オバサソは椅子にドッカリと座り2ちゃん的に言うとホルホルしてた。
オバサソはそこから賠償と弁償を俺と学校に求めると騒ぎだした。

詳しく話を聞くと俺が転がしていたミカンをオバサソが車で轢いたはずが
いつの間にか俺がオバサソの車に石をたくさんぶつけてフロントガラスを割り
車をボコボコにしたという話に変わっていた。

俺は必タヒに否定し、真実を話したが担任や他の教師にも
「嘘をつくな!」と怒鳴られまたビンタ一発もらった。

オバサソは俺の両親と校長を呼べと要求。
そこに校長登場。
校長は俺の前に座り俺の目線で「君はそんな事したの?」と尋ねる。
俺はパニックで泣きながら事情を説明すると校長は立ち上がりオバサソの元へ。
「お引き取り下さい。この子は嘘を言ってません。あなたこそ嘘言ってませんか?」と。
オバサソ喚き散らすが校長は
「そのボコボコになった車の写真などの証拠を持って来て下さい」と言った。
オバサソはブツブツ言いながらボコボコになったはずの車に乗り帰宅。

校長は笑顔で俺の頭を撫でて涙をハンカチで拭いてくれた。
その校長は背がちっちゃくて白髪で痩せた人だったが
どんなヒーローよりもカッコ良くて頼もしく見えた。
続きを読む

 
190: 修羅場コレクション2013/03/07(木) 17:34:34.75 ID:AxiNTyrh0
中学の時の話。 

やたらと私に絡んでくる、仮名で、A、B、C、D。(本名晒してもいいが一応仮名に)。 
制服のリボンの結び方が生意気で気に食わないとか(自分等は、学校指定されていないリボンをしていた。 
奴らはオシャレだと思っていたらしいが、今思っても決してオシャレではない)、持ちモノにもケチを付けられたり 
した。 

私は当時は真面目な忄生格で気が弱くて、掃除をサボったり出来なかったが、奴らはよく掃除をサボって先生に怒られ
たりしていた。それでいて、「イイ子ぶってんじゃねー」とか言ってきた。風邪で学校休んだりすると、「なにサボ
ッてんだよ」とか。
続きを読む

 
214: 修羅場コレクション 2015/12/30(水) 08:22:25.25
俺は中学2年の3学期から苛められだした 
当然、親には言えずに我慢しながら学校に通っていた 
先生に言うと、チクッタと言われ更にいじめられるので先生にも言えず悩んでいた 

3年になれば、クラス替えがあるから、それまでの我慢だと思って我慢していた 
が、3年になったらまた同じクラスになってしまった 
また1年苛められて、我慢するのかと思ったら学校に行けなくなり登校拒否になった 

そこで、やっと親と先生に理由を話した
分かっていたことだが、学校の対応は苛めた奴に口頭で注意しただけだった
学校から改善できたから登校して来いと言われたので行ってみたが
余計陰湿に苛められるようになった

また、登校できなくなった日の朝に母親が父親と爺ちゃんに相談した
父親は「わかった。数日中に何とかする」と言って会社に行った
正直期待もしていなかった。俺から見ても怖いオヤジでもなく周りからも優しそうなお父さんだね
と言われていたので、苛め野郎に何かできるとは思っていなかった

学校に行かず部屋にいたら、昼ごろにどっかのお爺さんが爺ちゃんを訪ねてきた
夜9時ごろ、どっかのオジサンが父親を訪ねてきた

次の日の朝、俺を苛めていたAとどこかのオジサンが俺を訪ねてきて玄関先で土下座をした
そして、今日から1週間学校には行かないので俺に学校に行ってくれと云う
昨日の昼訪ねてきた爺さんがAの爺さんで俺の爺ちゃんに、何かを言われたらしい
夜に訪ねてきたのがAの父親で俺の父親に何かを言われたらしく、お詫びに来たと言った
父親と爺ちゃんが何を言ったかは聞いても、子どもは知らなくていいとしか言わないのでわからないが
その日以降、苛めが無くなった
修羅場では無いかもしれないけど、俺の中では苛められている時も修羅場だったし父親と爺ちゃんが
一日で何とかしてくれたのもありがたい修羅場だった
続きを読む

このページのトップヘ