武勇伝

 
162: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/15(火) 15:36:51.57 ID:i6wAkGV9
武勇伝、と言えるほどのもんじゃないけど、 
他に該当スレが考えつかなかったので。 

高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、 
後半、福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。 
その帰りの新幹線で。 

席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にした 
ような40代後半くらいの奥様が。 
小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、 
ずっとぶるぶると震えている。 

確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。 
ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っている 
のを思い出し、それを出して「よかったらこれを着てください。 
席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」 
と言って渡した。 

奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、 
席も私の窓側と替わった。 
そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ 
買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。
続きを読む

 
341: 名無しさん@HOME 2011/06/29(水) 18:52:31.03 O
足を骨折したので期間限定で居候しにきたトメ。 
「神戸ってガラが悪いわねぇ、好きじゃないわぁ~」 
「関西弁って怖いわよぉ~、ち ゃ ん と 標準語で話してくれない?」だの 
「味が薄い」「煮物の色が薄い」「洗剤は○○じゃないとダメ」だの家事全てに文句をつける。 
始めのうちこそ、まあ今は体の自由が利かないから口だけは好きにさせてやろうかなと思って 
「そうですか~」「そうですね~」「ですね~」「あ~」とスルーしていたが… 
今日は生理前と在宅仕事の締切前でイライラしていてつい口が自由になってしまった。 

私は炊飯器の釜を取り出してからすぐには洗わず(落ちにくい+釜をゴシゴシ擦りたくないので) 
取り出してしばらく放置してぱりぱりを捨ててから水に浸け、それから洗う。 
トメはそれが許せないらしい。
続きを読む

 
109: 名無しさん@HOME 04/03/27 09:43
いつも長男の嫁長男の嫁とうるさいトメコトメ。 
とうとう言ってしまったよ。 

「あのですね、そうやってすぐ長男の嫁って言葉出しますけど 
昔は長男って言うのはそれなりの絶対的な権威とか権利があって 
下の兄弟姉妹はきちんとそれに従うような風潮だったんですよ。 
両親だって、隠居してそれには口を出さなかったようですしね。 

だからこそ長男や長男の嫁はあなた達の言うような役割を果たせてたんですよ。 
おトメさんもコトメさんも、私達夫婦の言う事に絶対従っていただけます? 
それだったら私達だっておトメさんの事だって誠心誠意お世話しますよ? 
まぁ、まずはコトメさんに仕事見つけて出て行ってもらいますけどね。その時は。」 

一方的にまくし立ててスッキリ。 
買い物でも行ってこよーっとヽ(´▽`)ノ  
続きを読む

 
964: おさかなくわえた名無しさん 2006/05/26(金) 17:03:18 ID:6tv1CutG
三宮のマクドで数年前、セットを頼むと頼んだのと違う飲み物が出てきて 
「あのぅすみません・・・飲み物が違うんですが・・・」と言うと奥からマスオさんみたいにヒョロっとした優男店長が来て 
「あぁ!すみませんでした!スグにお取替えします!」とそんなにすまなそうにするなよ・・・と思うくらい謝って 
あぁこの人も漏れみたいに気が弱い人なんだなぁ結構そういうのって外見に出るもんだな・・・と思ってた。 

で二階の席に座ろうと階段を上がるとDQNな中学〜高校くらいのガキ6人がフロアの半分くらい占拠してイスや机を振り回したり叫んだりで唖然 
ここは本当に神戸か?って雰囲気で他の客も怖がって残った半分のフロアで肩を寄せ合って食べてた。 
するとさっきの優男店長がやってきて大声で 
「暴れんな!クソガキどもが!他のお客様に迷惑だろが!帰れ!」 
「あぁんなに言うとるんじゃ!ヤるぞこらぁ!」とナイフをチラつかせるも怯まずに 
「あぁ!やってみんかい!・・・できひんのやったらそこで大人しく座っとれ!警察呼ぶから大人しぃせぇや!」 
数分後警察がドヤドヤと入ってきて 
「おらぁ来いや!お前何持っとんじゃ!銃刀法違反やぞ!」とか言いながら連れて行った後 
店長がやってきて「申し訳ございませんでした。こう言うことが無いようこれからも努力していきますので何卒よろしくお願いします」と優男に戻ってレジで珍な客に頭下げてた 
人は外見で判断してはダメって事と本当にカッコイイ人ってのはこういう人の事を言うんだなと勉強させられた日だった。

続きを読む

このページのトップヘ