武勇伝

 
228 :1/3 2013/01/09(水) 20:22:51 ID:0Jsn6gwH
流れを読まずに。
スーッとはしない気がするが聞いてほしい。
…思い返すと自分の行動にイライラするけど。

仕事帰りの夕方。駅に向かう途中。
盲目らしい男性.が白い杖で点字ブロックを辿りながら勢いよく歩いていた。
俺は見えてないのに確りした足取りで凄いなとか思いながら眺めてた。
そして、少し行ったところの信号。この時は赤になったばかりだった。
この信号は音が鳴る仕様。点字ブロックも続いている。
そこで急に男性.の前に割り込んだ高校生らしい男子。当然、ぶつかる。
男性.が軽く謝罪し、男子もボソリと謝罪はしたようだった。
しかし、俺はイラっとした。急に出てきて点字ブロックを塞ぐなよって。
でも、男子の前を見てみると母親と小さな子供がいた。
母親と手を繋いでるとはいえ、子供は点字ブロックに乗ってしまっていた。
このまま男性.が進んでいたら子供に勢いよくぶつかってしまっていたと思う。
イラっとする行動だが、偶然にぶつかったのが男子でよかったと思った。
続きを読む

 
741 :名無しさん@HOME 2006/09/13(水) 14:01:49
夫が悪者・・・。
結婚18年同居14年の小梨嫁子です。同居前は
大都会に住んでいました。子どもは、できたら嬉
しいけどできなかったらそれでもいいや、という
考えです。

同居して1年が過ぎた頃、ウトが夫に『○×産婦
人科病院が不妊治療で有名らしいから嫁子さんを
連れて行って、一度診てもらえ』と言った。

夫の返事・・『向こう(大都会)にいた時に、△△
大学病院と□□大学病院で診てもらってる。嫁子は
なんで子どもができないのか不思議なくらい健康体
だって。』
ウト『?????』
夫『つまり原因はボク。子どもは難しいんだって。
でも嫁子は納得してくれてるよ。よかったね、いい
嫁子で。』

もちろん大学病院云々はウソ、夫に小梨の原因が
あるというのもウソ。
それ以来ウトは全く子どものことを言わなくなった。

夫、悪者?になってくれてありがとう。
続きを読む

 
433 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:34:23 ID:tCTcSqIf
昼過ぎくらいに電車に乗ったときのこと。
電車はそこそこ混んでて、座席は満席、立ってる人がポツリポツリいる感じだった。

ある駅で、杖を付いたおばあさんが乗車。
座ってる男子高校生二人組(AB)の近くを通ったとき、Aがスッと立ち上がって席を譲った。
おばあさんの真ん前には立たず、ドアの前に移動。それに、連れらしいBも付いていった。

いい子だな~と眺めてたら、笑いながら大きな声でBがAをバカにし始めた。
「なにwwお前、アレがカッコイイとか思ってんの?wwキモww」

こんな調子で、「偽善者Aを指摘できる俺カッコイイ」みたいなBに、悪くなる周囲の空気。
あんまりにもネチネチしつこくて、何か言ってやろうと立ち上がろうとしたら、すんごく醒めた声で、Aが言い返した。
続きを読む

 
531 :おさかなくわえた名無しさん 2011/07/10(日) 15:25:18 ID:usj2Y9Fr
スーッとはしないかもだけど、母の話

うち母子家庭で、オカンが遅くまで仕事してたから昔小学校終わってから託児所?みたいなとこに預けられてたんだ。
あたしが2年の時、そのホームの一学年上の女の子Aから目の敵にされていた。
もう殴る蹴る当たり前。背中に鉛筆刺されたりした。
Aからのいじめは結構長い間続いてたんだけど、それが急にピタっと止んだんだ。
いじめるどころか面倒みてくれたり遊んでくれたり、もう別人みたい。
丸くなったっていうのかな、Aは今までいろんな子と才柔めてたけどそれもなくなった。
あたしもすっかり今までのこと忘れて、ほぼ毎日一緒に遊んでた。

続きを読む

 
341 :1/2 2009/08/07(金) 00:27:32 ID:OK5NXnrk
超卑怯武勇伝の告白します。大学生が携帯もってなかった頃の話です。

学生時代、某体育会系サークルでは年1回、夜通し走り続ける100kmマラソンというものをやっておりました。
男女差別なく全員参加で、OBも借り出されてチェックポイントで豚汁などを作る役目です。
夜中ですので安全を考えて女子部員は必ず男子部員がエスコートして走ります。

わたしは先頭グループから引き離され、1人でとぼとぼと走っていました。
すると、路肩に車高の低いDQN車が停まっているのが見えました。
その隣がバス停の小屋みたいな建物、そこの壁に女子部員A子とB子が追い詰められていて、
それをかばって仁王立ちしているのがCくんでした。
追い詰めてCくんとにらみ合ってるのは後姿だけでヤンキーでヨゴレでDQNが生業と分かる若者2名。
経過は知らず、状況はすぐに把握できました。

武勇伝なら「待て!」と叫んでその場へ踊りこみ、DQN2名をたちまちなぎ倒すのが筋です。
しかし、わたしは172cm、体重は55kgという骨男でした。喧嘩なんぞ大の苦手です。
はっきりいって怖かったです。見てみないふりすらしたかった。
わたしが殴りこんだところで2秒で倒されるでしょう。
成績は良かったんですけどねw・・・それ主張しても通用する状況じゃないしw
恐怖感を克服できたのは、やはりA子とB子だけは守らなければという先輩としての責任でした。
続きを読む

 
203 :1/2 2015/06/14(日) 19:47:22 ID:Gzg
未だ近所でも話題になる我が家の武勇伝。(主に祖父と兄)

もう20年以上前だが、当時高校生だった兄がボロボロになって帰って来た。
良くケンカをして生傷の絶えない兄だったので別段珍しい事では無かったらしいが
が、その日は何と小学校低学年位の子供の手を引いて帰って来た。
祖母と母は最初は驚いたが、その子供を見て直ぐに何が有ったか悟った。
兄が「ごめん。お袋。我慢出来んかった。」と言うと
母は「後は大人に任せなさい。ようやった。」というと連れてきた子供を家に上げた。

実はこの子、近所でも虐待を受けていると有名だった子。
母親の再婚相手の男(ヤのつく人らしい)から暴力を受け、
ろくにご飯も貰えていないのか痩せ細っていた。(当時警察は今よりも
民事不介入とかで何も対応しなかったとの事 ※あくまで又聞きです。)

その当日も暴力を受けていたところに偶然兄が通りかかり、大立ち回りの末
連れ出してきたとの事。
当然、直ぐに虐待父が家に凸してきて喚きまくる。
(かなり兄にボコボコにされた様で、痣だらけだった。)
やれ、慰謝料よこせだ俺の組が黙っていねえぞだのと脅しかけていたらしいが
母と祖母は一歩も引かず相手を睨みつけていたそうだ。
(当時見ていた近所のおばちゃんが「あれは般若の顔だった」と証言しているw)
続きを読む

 
405 :名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水) 19:05:32 ID:KqT
妹の武勇伝。
美人で頭の回転も良い妹。自分に自信があるからか気も強い。
この妹が夫をやり込めてくれた。

当時私は産後三ヶ月目。
床上げは出産から一カ月前後って言うけど、骨盤の戻りが悪かったり
子供の夜泣きが酷く睡眠が取れないなど色々あって遅れていた。
実家に頼れない状況で、退院後すぐ自宅で家事育児を始めたせいもあると思う。
妹が時々土日に手伝いに来てくれていたけど、それでも体はガタガタだった。

そういった状況なので、自然と夫に家事を任せざるを得ない。
もちろん私も限界まで頑張って、どうしても無理な時だけお願いしていたんだけど
お願いするたびに夫が
「お前ってホント鬼嫁だよなwww」「はいはい仰せの通りにします鬼嫁www」
って感じでからかってくる。冗談半分嫌味半分って感じ。
夫が散らかしてるお菓子の袋をちゃんとごみ箱に捨てて、程度のことでも「鬼嫁www」。

妹が来てくれていたある土曜日。
その日は貧血が酷くて、体を起こそうとしただけでめまいと吐き気がした。
月曜日に出す予定のごみがあって、それをまとめておいてほしいと夫に頼んだら
いつもの「ほんとお前って(ry」。
そしたら、子供のおしめ換えてくれてた妹が
「姉、鬼嫁ですかー。そしたら産後でぼろぼろの姉を労わりもしない
言われるまで散らかしっぱなしで何にもしないお義兄さんはなんでしょうねー
悪魔の使徒かなんかですかねー」
と、鼻で笑った。お手本みたいな嘲笑だった。
続きを読む

 
154 :おさかなくわえた名無しさん 2011/08/17(水) 10:30:57 ID:7WzrXp42
あれはちょうど10年前のことなんですが、当時高校三年生だった私は他校の四人組のDQNに
カツアゲに会いました。
以下、連中をA、B,C,Dと呼称を振り分けます。
私は稽古が厳しいことで有名な空手道場に6年通っていたのですが、ケンカをしたことはありませんでした。
だから、DQNに囲まれたときもすっかりビビってしまい
「ぼ、ぼ、ぼ、僕は空手やってるんだぞ。強いんだぞ」と叫んだら、声が裏返ってしまいました。

そしたら、DQNどもは大爆笑しました。
A「そうか、そうか、空手やってんだ。すごいね~」
明らかに信じてない口調で言います。
A「ローキックってあんだろ? あんなんでホントに人が倒れるわけ?」
私「モロに入れば」
A「じゃあ、さ、オレにローキックしてみろよ。それでオレが倒れたら、許してやるよ」
他の三人もニヤニヤしながら、馬鹿にしたようにこっちを見ています。
私「じゃあ、蹴るから、前の足のほうに体重かけてください」
A「こうか?」
私「そうです。じゃ、蹴ります」

そこで、私は思いっきりローキックを放ちました。
Aは「はおうわ!」みたいな声を出して、そこに倒れました。

そこで、私は思いっきりローキックを放ちました。
Aは「はおうわ!」みたいな声を出して、そこに倒れました。

すると、Bが「テメェ、何しやがった」と叫びました。
いや、何しやがったって、ローキックですよ? Aがしろって言ったからしたんですよ? あなたも聞いてたでしょ?
と、言おうと思ったら、Bが殴りかかってきました。
それが、ものすごいオーバーアクションで振りかぶってきて、まるで野球のピッチングのようでした。
殴られるの嫌だったので、Bの腹に前蹴りを入れました。
ダメージを与える蹴りというよりは、相手を吹き飛ばして、距離をとるための蹴りです。
ところが、その蹴りでBがガックリと膝をつき、食べたものを吐き出しました。
続きを読む

 
130 :おさかなくわえた名無しさん 2019/04/02(火) 17:42:25 ID:sbT8cx9O.net
春休みも終わるから、一年間頑張ってくれたPTA会長の話を。 

うちの地域はローテーション方式でPTA会長決めてるんで、基本的にPTA関係で才柔める事は無い。 
ところが、会長になるはずだったSさんが、交通事故の怪我で辞退せざるを得なくなってしまった。 
引き継ぎ終わって新しいPTAが活動始める直前の出来事で、緊急会議で会長を誰が引き継ぐかでかなり才柔めた。 
そりゃそうだ、突然だし正直私もやりたくなかった。 

そこで、S旦那さんが「妻に変わって私がやる」と言ってくれた。 
Sさんの事は大丈夫なのかと聞くと、「妻は療養中は実家で過ごすし、自分は自営業で時間も作れるから出来る。」との事。 
他に名乗り出る人もいなくて、そのままS旦那さんにお願いする流れになった。 

そのS旦那さんが一年でやった事 
・毎朝校門前の横断歩道に立って、通学中の生徒におはようの挨拶。学校から挨拶が出来る子供が増えたとPTAにお礼があった。 
・子供達とも仲良くなり、学年を超えた子供同士の橋渡し役に。スポーツクラブの参加人数が昨年の倍になった。 
・イベント時には趣味の一眼レフ持って登場。その写真を使ってPTAで作る配布物が数段豪華に。 
・以前から問題になってた、公園で子供相手に怒鳴り散らす爺さんといつの間にか仲良しに。爺さん、学校の草むしりに軽トラ持参で参戦。 
・あまりにも頼りになるんで、個人的な相談が寄せられるまでに。S旦那さん、不登校の子供を学校に復帰させる。 

自営業で結構成功してる人だし、優秀な人なのは知ってたけどここまでとは思わなかった。 
S旦那さんのお陰でみんな、「今年のPTAは大変だったけど楽しかったね。」と言い合って解散出来た。 
一年間ありがとうS旦那さん。 

最後に、Sさんは順調に怪我が治って事故から2ヶ月程で職場に復帰出来ています。
続きを読む

 
157 :名無しさん@HOME 2011/12/13(火) 15:26:51 0
夫の母(義母と書きたくない)は不倫・家出・男と別れて帰ってくる・不倫・家出・捨てられて帰ってくる
を、繰り返してきた毒親。
それを黙って許してきた夫父も毒だと思う。
夫が大学生になった頃には容姿も衰え、男に相手にされなくなったせいかずっと家にいたらしい。
その夫母が、夫と私の結婚に大反対。
理由は私の名前が、元不倫相手の正妻と漢字まで同じだからw
夫と私は幼なじみで、母親不在の夫(と夫弟妹)に同情して小中学時代はうちの母がお弁当を作って渡していた。
夫父が遅いときは兄弟三人でうちで一緒にご飯を食べたり、何かと面倒を見ていた。

結局、反対を無視して結婚。
一応礼儀上、挨拶に行ったら夫母から「あなたは嫁と認めない」と言われたので
「ええ、私もあなたを義母だなんて認めません。ああ、良かった。
これで老後の面倒見ろだの、生活の援助をしろだの言われなくて済みますね。
ではお互いすっぱり縁を切りましょう。法的にも」と笑顔全開で言った。
夫母は不倫を繰り返したため、相手の家族から慰謝料を請求され、夫父が毎回返済(何故か相杀殳にならなかった)。
夫父は、退職金の一部と年金の一部を前借りして返済したため、老後は困窮必至。
しかも夫母はパチンカーでサイマー。

私の兄が手配した弁護士さんが、その場で縁切り。
夫は「勿論俺もあんたを母親だなんて認めて無いから。ああ、あんたも父親だと認めてないからな」
既にうちで同居済みの夫の弟と妹も「私も」「俺達も」と、縁切り。
夫弟妹は気分的には、昔から自分の家族だと思ってきたし、うちの両親や兄もそのつもりだった。
夫の父母が呆然としているうちに、完全に手続きを済ませたのはDQNだったと思う。

でもやっと成人したばかりの夫妹(義妹)を、お金のために風イ谷に売り払おうとしているのを知って
取りあえず義弟妹をうちに避難させてから、決行。
続きを読む

このページのトップヘ