いじめ

 
139: 名無しさん@HOME 2014/03/16(日) 08:17:23.08 0
フェイクありなのでつじつまが合わないところがあってもご勘弁。 

突然、中高の友人(Hとする)から訴状が届いた。訴えられたの私と夫、A(男) 
B(女)。いずれも同じ学校、クラスの生徒、共通しているのはクラス委員を務めた人たち。 
私と夫は同級生でその後結婚した。 

私たちは中高大一貫の学校の卒業生、大学は内部進学する子もいるけど大半はヨソの大学に行く。 
Hは中学のとき同じクラスになった。私たちはその時1年間のクラス委員。 
この友人Hはうそつきで、ちょっとのことでも騒ぎ立て、クレーマーで、クラスの鼻つまみ者だった。 
しかし、ちょっと避けることはあっても、イジメたり、のけ者にしたことはけっしてなく、挨拶もするし 
普通の会話も、連絡事項もちゃんとした。しかし、Hには親しい友人という存在はなかった。 

長いのでいったん切ります。

続きを読む

 
634: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/09/27(火) 21:52:28.19 ID:YR8fDbl80
少し前のお話。 

中学の2年に入ってイジメにあった。 
原因は特になく自分がクラスの中で小柄で、口べたな所が奴らのツボだったのか。 
メインは3人(A・B・C)だったけど、同じクラスなので全員が敵みたいなものだった。 

最初は小さい嫌がらせみたいな事だったけど、段々物を捨てられたりこづかれたりとしていった。 
クラスからも無視され孤立無援に。 
その辺から自分でもどうにかしなくてはと思ってはいたけど何もできない。 
担任の先生には言ったが気のせいという事にされスルー。 
それどころが「イジメられる自分に何か問題が無いか考えてみろ」と言う始末。 
もちろん親には言えなかった。 

2学期に入りイジメはさらに悪化。 
ナグられたり蹴られたり、お金の取られるのも普通な状況。 
命に関わる所までは行かなかったがボウリョクは日常茶飯事に。 
先生も一緒になって笑いものにするという状態にまでになる。 
自分には妹がいるのだが、そのことが3人組に知られこのままでは妹にまで被害が及ぶと思い、とにかく3人を何とかしようと考えた。

続きを読む

 
前編
後編

136: マジレスさん 2016/09/08(木) 10:23:08.55 ID:msfC3RZd.net
母親を殺したいくらい憎いです 
クセ毛だ悩んでいた思春期、縮毛矯正もかけてくれず、メガネは20歳になるまでかけさせてくれませんでした 

そのせいで23歳になった今、男性から一度も告白されたことがありません

母親のせいで青春を失った恨みで頭の中がいっぱいです 
どうすればいいですか 

続きを読む


 

前編
後編
279: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/09/10(土) 06:36:17.28 ID:qsIv7wTG0.net

相談です。娘が私のことを恨んでいます。 
なぜかというと、中学生の時に髪の毛が癖毛で思い通りにならず、 
縮毛矯正をしたかったようですが親としては髪の毛のことを考えて娘の言う通りにはしませんでした。気に入った髪の毛にならないので毎日怒っていました。 
目も悪いのでコンタクトにしたかったようですがアトピーということもあり、目医者も 
あまりすすめなかったので、ずっとメガネをかけていました。 
娘が言うにはそのおかげでいじめられ、男女交際も何も経験が無く悲しく楽しくない経験ばかりだったと恨んでおります。 


現在23歳で私の人生を返してと悩む娘に私はどう答えたらいいでしょうか? 
ちなみに23歳で一度も男性から告白されたことがないようです。 

続きを読む

 
84: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/27(金) 16:35:43.09 0
これもジュリに入るかな。 
母に届いたメールです。 

○○(母)へ 

結婚することになりました! 
中学生だった私がとうとう結婚することになりました! 
思えば成長したものだと思います 
あの時はとっても若く幼くて私は繊細でした 
○○さんを受け入れられず反発してしまったことを後悔しています 
でもあの時の私は中学生 
○○さんは大人だったのだからもう少し歩み寄ってくれてもよかったんじゃないカナ…なんてね! 
でもそんなのは言い訳ですね 
甘えていたんだとおもいます 
○○さんなら私の全てを受け入れてくれるっておもってた 
母親ってそうゆうものだと思ってたから… 
でも!もう私も大きくなって結婚します! 
もう過去のつまんないことは水に流してもいいと思うの 
だから仲直りして暖かい家族になりませんか?まだ間に合うと思うんです 
可愛い孫も抱っこさせてあげるし可愛がらせてあげる 
○○さんは子供好きだし料理も上手だったもんね
 
続きを読む

このページのトップヘ