お金

  850: 恋人は名無しさん 2012/04/30(月) 20:07:03.09 ID:YKOfAtnVO

この前、デートの約束していた日に離れて暮らす親が救急車で搬送されたとの事でドタキャンした。 
事情を説明し、分かってもらったものの申し訳ないと思い無駄に遣わせた交通費払うねと言った所 
今まで私の家に来た交通費、急に来て私は高熱で寝込んでいて泊められなかったから漫画喫茶に行った料金 
その他買ったジュース代やら、ドタキャンした慰謝料やなんかでトータル6万円近く請求された。

私だって「喧嘩してるからいかね」の連絡すらなくドタキャンされた某遊園地のチケットとったりしたし。
どちらかと言えば、私の出費が多い。久しぶりに服買った!って言えば「金金金金うるせーな」って斜め上からの反応くる。

私が私の金で服買ったっていいじゃん。そんな彼氏はもう今年23の大学生。
私は正社員じゃないが働いてる。理不尽に金を払う理由はないから領収証見せろって言ったら
領収証なぁい(*´∀`*)キャピ
だって。アホか。
続きを読む

  639: :2011/07/25(火) 21:27:50 ID:

「お前から金を取ったら何か残るんだよ!」
 
と日曜の晩、嫁に言われた・・
帰ったって誰が待ってるわけでもなし、なんであんな所に帰らないといけないんだろ・・・
続きを読む

 
40 : 名無しの心子知らず 2011/02/17(木) 20:29:06 ID:t2UX4+8K
やっと気持ち的に落ち着いたので投下 

【主な登場人物】 
・私→入社1年目の社会人。 
・A美&A夫→大学の友人。卒業と同時に入籍。 

【当日の予定】 
朝:飼い犬をシャンプーに出す。 
午前:A美がA赤ちゃんを連れて家にくる。 
昼:飼い犬を迎えに行く。 
午後:A美が帰る。 
夕方:買い物に行く。

【前提】
Q,何故上記のように詰まったスケジュールになったのか?
A,私の職業は年末年始が忙しく、1月初旬に丸1日の休みが取れたのはその日だけ。
年始バーゲンと、年末に予約が取れなかった犬のシャンプーと、偶々近くに寄るA美の予定が重なったから。 (勿論A美の了承済み)


ここからが本題。
続きを読む

 
558: 名無しの心子知らず 2007/02/19(月) 13:47:46 ID:WwKylF7k
愚痴らせてください 
20wの初妊婦です 

姑69歳生活保護で生活しています 
今自覚症状も無く眼科で診断されたからといって白内障の手術を受ける為入院中です 
生活保護で生活しているので医療関係の金銭は免除されるらしいんですが 
部屋代と食事代は実費(私は入院してから知りました) 
もちろん姑にそんなお金ありません 

昨日夫と夫の弟夫婦とお見舞いに行ったんですが 
姑「煙草ケースに質に入れてもらおうと思ってた指輪入れておいたんだけど盗まれた 
3月に九州帰るからおこずかいにしようと思ってたのに」 
私「入院するのに貴重品持ってきちゃ駄目だよ ただでさえ人の出入り多いんだから」 
姑 スルー 夫に同じことを2度3度言う  
夫 スルー 
姑「おこずかいどうしよう」連発 
もちろん私 夫スルー 
姑「入院のお金どうしよっか?」 

お前は金の工面も出来てないのに入院したのか! 
おこずかいないなら九州行かなきゃいいじゃん 
ウチだって旅行何年も行ってないわ! 
金金金金金金うるさい! 
ウチだって余裕がある暮らししてるわけじゃない! 
夫に金の工面アピるな! 
これから子供にお金かかるのにふざけるな! 

長文もうしわけないです  
続きを読む

  609: :2011/09/04(日) 09:18:21.35 ID:
主人を騙している生活に耐えられずカレと別れようとしました。そうしたら。 
カレが主人の職場に電話して主人に直接「奥さんと交際してる。」と宣言してしまいました。 
主人に問い詰められ同窓会でメールアドレス教えてメールのやり取りだけでカレが盛り上がりストーカーみたいになって困ってると誤魔化しました。 
肉体関係は皆無と言う嘘を主人は信じてくれました。

カレはそれでも別れてくれず、前にも増して激しい行為で迫ってきます。此処から水面下生活が始まりました。 
カレは本当の事を主人に決して知られたくない私の弱みに付け込んできました。 

週に3回は家にまで来て夫婦の寝室で主人が出勤した直後の7時15分から主人の仕事が終わる午後4時まで責められています。(主人は教師) 
主人は2分と持たない早ですがカレのは1回30分以上を何回もだらだらと繰り返す行為で最後は狂おしいくらい。 

そんな好き者の自分が主人に申し訳ないくて、夕食は主人に美味しい物を作ります。でも夜の生活は8年間もありません。 
こんな水面下生活を抜け出す方法を誰か教えて下さい。
続きを読む

このページのトップヘ