ひき逃げ

 
340 :名無しさん@おーぷん 2015/11/07(土) 22:06:23 ID:QOz
大したことじゃないけど、なんだかなぁと思った事をいくつか。

先日、自転車で青信号の横断歩道を渡っていたら、一時停止せず曲がってきた車にはねられた。
相手は道に転がっている自分を見た後、そのまま逃げようとしたが、
一時停止していたバイク乗りの若者が捕まえてくれた。
この時点で「一時停止無視で、さらにひき逃げって何考えているのか」とスレタイ。

年齢から主婦だと思われたようで、警官も救急隊のひとも「奥さん」と呼びかけてきたが、
自分は40代独身の会社員。今はもう「中年女=奥さん」じゃない時代なんだが。
仕事を持っている「お母さん、奥さん」も普通にいるのに、「オバサン=奥さん」しか名前はないのか。

その後保険会社と交渉。
事故の数日後だけど、休めない時期なので、通院後出勤していた。そこへ保険会社から電話。
保険会社の偉そうな口調で喋る社員に「今職場です」と言ったら、「もう働いてるんですか?」と言われた。
「オバサン=パート=休み放題」とでも思っているのかな?
なんかムッときたので、勤務先を聞かれ、勤務先(大企業の子会社)の「親会社」の名を出して
「○○グループ(会社)の社員」と言ったら、「あ・・・・○○グループ・・・派遣ですか?」と聞かれた。
「いえ、正社員です」と言ったら、ここからいきなり相手が低姿勢になった。
こんなところで企業規模だの立場だので差別ってあるんだと実感した。

通院で遅刻した分は休業補償の対象になる、とか専業主婦と働いている場合とじゃ休業補償の額も全く違う、
ってことも初めて知った。

警察の事情聴取で「相手は介護する家族が居て大変で、お子さんを習い事に連れて行く途中で急いでいて」
うんぬん言われた。更に「あなたの悪かった点はありますか?」
何を言いたいのかわからないので聞き返したら、相手は気の毒な立場なので罪を軽くするように口添えしろ、
という意味らしい。
他にも選択肢があったので「検察官に任せる」にしたけど、こっちだって一人暮らしで怪我して大変なんだよ。

警察官の質問についての答えは最後までわからず、気になったので逆に聞いてみたら
「あなたの悪かった点は、曲がって横断歩道に進入してくる車が当然一時停止すると思って、自分が止まらなかったこと」
と言われた。
法律に「横断歩道に進入するとき、一時停止は無用、歩行者が居たらはね飛ばして良い」なんて書いてないはずなんだけど。
気になってあとでネットで道路交通法を調べたけど、やっぱり自分の考え(一時停止は必要)が正しい。
通院で済むような怪我だったせいか、被害者の痛みには鈍感な組織なのだろうか?
もっと大けが、しぼうしてたら被害者側に立ってくれるのかなぁと思ってしまった。
続きを読む

 
347 :名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水) 07:54:55 ID:xdf

双子の姉がひき逃げされてから人生が滅茶苦茶になりました。
私は妹の方。一卵性だからよく知っている人間でもない限り見分けがつかなかった。
高校に入ってすぐ姉が部活帰りにひき逃げされた。普段は自転車通学をしていた姉だが、その日は雨の日で親が車で迎えに来るのを校門から少し離れた場所で待っていた。
幸い発見が早く命は助かったけど、入院生活が続いた姉は留年した。犯人は捕まらなかった。
双子だから当然同じ学年だったけど、私が二年に進級したころ姉は不登校になった。部屋に閉じこもったまま泣きわめいて部屋を荒し八つ当たりするようになった。その時罵倒の対象になるのが決まって二年に進級した私で、自分だけ二年に進級したことが申し訳なかった。
母や兄に妹子も留年してやればよかったと言われたことも私のなかでは修羅場。
結局姉は中退。一日中部屋に閉じこもって過ごしていた。
このころから姉はリストカットを繰り返すようになった。最初は私も心配したが、次第にそれが姉のかわいそうな自分を演出するためのパフォーマンスだと気づいた。
三年になって、私は大学進学を希望していたけれど相変わらず引きこもりの姉が私の進学を快く思うはずもなく、ひき逃げに遭って以来姉を溺愛するようになった母と二人がかりで家庭内イジメが始まった。
食事に洗剤混ぜられたり、腐った物を弁当に詰められたり。私の部屋やクローゼットにわざと生ゴミを置いたりしてくれたおかげで私や衣服には腐ったにおいが染み付いた。
そんな部屋で過ごしているので、自分のにおいがイヤで毎日早朝に家を出ては銭湯に行ってから学校に通うようになったけれど、それでも制服についたにおいがとれなくて学校でもイジメを受けるようになった。
受験を控え、連日課外授業を受けていた私に17時門限を強いて、守れるわけもなく連日門限破りの罰と称して体罰をされた。
ストレスで夏休みに入る前には元は50kg台の体重が35kgになっていた。頭にハゲがいくつもできた。
父は仕事仕事で家におらず、電話をしても「忙しい」の一言で切られる。兄は無関心。救いはどこからもなかった。
何もかも嫌になって、姉が何度目になるかわからないなんちゃってリストカットをした日、私は腐ったにおいが充満する自分の部屋で本気リストカットをした。
普通の女の子の握力では手首を切っても大した出血にならないらしい。実際姉のリストカットは薄皮を切る程度ですぐに後も消える。
ただ、私は姉が事故に遭ってすぐに辞めさせられたが、バレー部だったので握力が男の子並みにあった。バスケットボールを片手でつかんで振り回すくらいのことは簡単にできた。
私は見事に動脈をぶった切ったらしい。発見したのが元医療従事者の祖父母でなければたぶん本懐を遂げただろう。神経をやったらしく、私の右手は今でも動かない。(左利きです)
母方の祖父母は遠方に住んでいて、その日は偶々姉を心配して夫婦で訪ねて来ていた。家の中で孤立していた私は知らなかったが。
もっとも私は168cmあるので、35kgはいつタヒんでもおかしくないレベルだ。今思えばリストカットをしていなくてもそう遠くないうちに倒れていただろう。
祖父母が私を救急車で病院に運んだ。病室で意識が戻った時、もう何もかもがどうでもよかったので私は何一つ反応らしい反応をしなかった。
精神病院に放り込まれた。正直そのころのことは曖昧でよく覚えていない。覚えていることといえば、ああ平和だな~ってぼんやり思ったことと、面会日に祖父母が来てくれたことだ。
頭がはっきりしたのはそれから随分経ってからだ。医師の適切な治療もあって、35kgまで落ち込んだ私の体重が40kg台になった頃だと思う。
祖父母が面会に来てくれた日に当然ばああああっと、姉がひき逃げされた日から手首を切るまでの日々が頭に浮かんだ。泣き叫んで暴れた。
祖父母は私が家でどういう立場にいたのか知っていた。そのときは知らなかったが、私の戸籍は実家からすでに抜かれ祖父母の養子になっていた。祖父母は母と絶縁し、行き場のない私を拾い上げてくれていたのだ。
続きを読む

 
305 :名無しさん@おーぷん 2015/11/03(火) 21:16:33 ID:Ghv
数年前に起こった、当時付き合ってた彼氏との修羅場の話。
二十代半ば、友達の紹介で知り合った元彼は自動車店で働く真面目そうな営業マンだった。
初めて会った時から、清潔感のあるよくできた大人という感じで好印象だったので
デートを重ねるうちにどちらともなく付き合うことになった。
そして付き合い始めて3ヶ月目の、忘れもしないクリスマス・イブの日。
まずはいつものように、お互いの家の中間地点くらいにある喫茶店で
仕事終わりの夜に待ち合わせしてたんだけど、時間になっても元彼はやってこない。
1時間ほど遅れてやってきた彼はなぜか顔面蒼白。
会って話をしていても話を聞いてるんだかないんだかの上の空なくせに、
やたらとケータイを取り出してはそわそわしていて明らかに挙動不審だった。
予約していたレストランも時間を過ぎているし、
日も日だしで、これは他に女がいるなと勘ぐってしまい不機嫌になる私。
彼も要領を得ないことばっかり言ってるから、そのまま口喧嘩に発展して帰ってきてしまった。
次の日も会う約束をしていたんだけど、そのままスルー。
一ヶ月くらい電話もメールも連絡を一切とらなかった。
さすがにそろそろ連絡をとろうと思って、電話してみても普通。
メールも一切返ってこなかった。
そこで、事情を説明して彼の職場に連絡をとってみたところ、
去年の年末あたり(正確には私と会った日)から仕事には一切出向いていないことと、
「奥さんと失踪しているらしい」ということを聞いてしまった。
この瞬間に元彼が既婚者だということを知ってしまったことが第一の修羅場。

すみません、長いので続きます。
続きを読む

 
305 :名無しさん@おーぷん 2015/11/03(火) 21:16:33 ID:Ghv
数年前に起こった、当時付き合ってた彼氏との修羅場の話。
二十代半ば、友達の紹介で知り合った元彼は自動車店で働く真面目そうな営業マンだった。
初めて会った時から、清潔感のあるよくできた大人という感じで好印象だったので
デートを重ねるうちにどちらともなく付き合うことになった。
そして付き合い始めて3ヶ月目の、忘れもしないクリスマス・イブの日。
まずはいつものように、お互いの家の中間地点くらいにある喫茶店で
仕事終わりの夜に待ち合わせしてたんだけど、時間になっても元彼はやってこない。
1時間ほど遅れてやってきた彼はなぜか顔面蒼白。
会って話をしていても話を聞いてるんだかないんだかの上の空なくせに、
やたらとケータイを取り出してはそわそわしていて明らかに挙動不審だった。
予約していたレストランも時間を過ぎているし、
日も日だしで、これは他に女がいるなと勘ぐってしまい不機嫌になる私。
彼も要領を得ないことばっかり言ってるから、そのまま口喧嘩に発展して帰ってきてしまった。
次の日も会う約束をしていたんだけど、そのままスルー。
一ヶ月くらい電話もメールも連絡を一切とらなかった。
さすがにそろそろ連絡をとろうと思って、電話してみても普通。
メールも一切返ってこなかった。
そこで、事情を説明して彼の職場に連絡をとってみたところ、
去年の年末あたり(正確には私と会った日)から仕事には一切出向いていないことと、
「奥さんと失踪しているらしい」ということを聞いてしまった。
この瞬間に元彼が既婚者だということを知ってしまったことが第一の修羅場。

すみません、長いので続きます。
続きを読む

 
503 :名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月) 06:21:03 ID:niHhNJphw
よくある話だけど、イジメられてた。
アダ名はバイキン、ゾンビ等、不可触系。
女子は直接じゃないけど、男子にターゲットにされてる私に近づく子はいない。
中学卒業後、唯一同じカテゴリの女子とだけ仲が良かった。

もちろん同窓会なんか行かない。行くわけない。
誘いは名簿通り来るオフィシャルなものだけで、そうでないのは案内も来ないけど。
憎いけどひきずるほど暇じゃなかったし、見返すほどに成功もしなかったから、昔のことは気にせずにイジメのない社会人生活を楽しんでた。
ノルマや衝突はあっても少々ブラックでも、打ち上げやったり社員旅行行ったりと、理不尽なイジメのない人生は楽しかった。

ある日、車が調子悪くてバスで通勤した。
帰りにバスから降りて歩いてると、目の前で事故が起きた。
車が自転車にぶつかったんだけど、自転車に乗っていた女の子(高校生)にケガとかはなかったみたい。
そしたら車から降りたドライバーが、二言三言声かけたと思ったら、すぐ車に乗って走り去っていった。
ドライバーは、小学校~中学時代に6年間私をイジメ抜いていた男(Aとする)だった。
続きを読む

 
495 :本当にあった怖い名無し 2011/11/13(日) 18:59:29 ID:lf3X7Vah0
犬の散歩中、俺と愛犬を轢き逃げして犬をこ○しやがったやつが
同学年のやつの父親だった。
一度も謝りに来なかった。
犬は法律上器物扱いだし器物損壊ごときで謝罪とかwwwって言いやがった。

公園に集まる犬散歩仲間のおっちゃんおばちゃん兄ちゃん姉ちゃんの前で
くやしいくやしい、愛犬の敵を討ちたいって泣いた。
翌日からおっちゃんおばちゃん兄ちゃん姉ちゃんらが
犬仲間ネットワークを通して草の根運動で話を広めてくれた。

数日したら校内の犬好きにも話が知れ渡ってて
轢き逃げ親父の息子がヒソヒソされるようになり
しばらくして親父が「うちの子がいじめられてる!!」と怒鳴りこんできた。

轢き逃げ親父の車が校内に停まってることを発見した
他のクラスのやつが教えに来てくれて
確か掃除時間中だったと思うんだけど他クラスや上の学年の犬好きも
親父の車のまわりに集まってくれて
校長室から出てきて車に乗り込む親父のまわりで
20人くらいで犬こ○し!犬こ○し!コールした。

轢き逃げ親父は
「うるせーガキ!また轢くぞ!今度こそコ□すぞ!」
とキレまくって俺を殴ろうとして、止めようとした教師を殴って警察沙汰になった。

この「今度こそコ□す」発言がさらに噂になり
親父の勤め先にも噂が届いたみたいで
一家は年度が変わるのを待たず引っ越していった。
その親父は地元民だったんだが、20年近くたった今でも戻ってきていない。
続きを読む

 
249: 素敵な旦那様 04/10/01 05:59:12
女房に早く●んでもらいたいと思ってたら本当に事故に遭って●んだ。 
表立って口ケンカはしなかったがいつも不快を抱いていた。 
やることなすこと全て鬱陶しかった。 
こいつが●んだらもっと若い女房をもらって、とよく妄想した。 

葬式が片付いてからあいつが使ってた食器や 
趣味で集めてたガラス細工を片っ端から壊した。 
ざまあみろと思った。 
へそくりでもしてるかもしれないので 
机の鍵付き引き出しも壊して開けた。 
ノートが6冊あっただけだった。 
何年経っても子供ができないことや俺が浮気してるかもしれないことについて 
延々書かれていた。 
子供ができないのは俺のせいだし浮気もしてなかったのに馬鹿な女だと思った。 
一人で悩んで真相を知らず轢き●された馬鹿。 
一回読めば十分なので6冊全部破って捨てた。 

あれから何もする気がしない。 
続きを読む

 
241: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/07(木) 19:36:06.90 ID:emXRrHpr
山道で当て逃げされて崖下で2日間過ごしたのが修羅場。

趣味が写真でレトロバイクに乗って山頂までの山道をゆっくり走っていたらカーブを曲がりきれなかったスポーツカー(後に走り屋と判明)と接触。
激しくぶつかった訳じゃなかったけど、ハンドル取られて転倒して、バイクと一緒にガードレールの下を通過して崖下に落ちた。
幸運にも滑り落ちた感じだったのでタヒにはしなかったが、右足骨折と左足の指に左腕を骨折した。
20m近い崖を登れるわけもなく、接触した車が通報するだろうと痛みに耐えた。
ところが10分20分しても誰も来ないし、大丈夫かという声も聞こえない。何度か大声で叫んだけど誰も来ない。
痛みに耐えながら一緒に落ちたバイクの元へ這って、荷物入れみたらカメラも携帯も壊れていた。
この時になって初めてやばいと思い始めた。
初夏なのでタヒにはしないと思ったけど、夜間の冷えによっては低体温になるかもと考え、這いまわって草を山盛りにして簡易ベットを作った。
その時既に日が落ちてきてかなり危険な状況になりつつあると感じていた。
夜はとにかく寒かった。不思議と痛みは引いていたがとにかく寒い。ボロボロになったリュックに足を突っ込み、体の上に草を乗せて耐えた。
車が通るたびに助けを求める叫びを上げたが誰も気づいてくれなかった。
そのまま一夜を過ごした。

いつの間にか寝てしまい、起きたら酷い激痛が体中を襲った。
指を一本でも動かすだけで体中に痛みが走った。当時は怪我の知識があまりなかったので内蔵やってんじゃないかとか思い始めてた。
この時にタヒぬということを明確に考え始めた。
ただ、声を上げるのでさえ激痛が走り、骨折した箇所がドス黒く変色し始め、早く救出されないとガチでタヒぬと思い誰かに知らせる方法を考え始めた。
でも、携帯もカメラのフラッシュも壊れているし、バイクのホーンはめちゃくちゃに壊れていて音も出なかった。
次第に汗が止まらなくなり、タヒぬって言葉が頭の中でいっぱいになった。
その時、ふと考えついたのが狼煙。なんで思いついたのかは今でも分からない。
煙なら誰かが気づくと当たりを見回すも日陰で枯れ木など全くない状態。
そこで目についたのがバイク。
既にガソリンは漏れ出していたし、爆発してタヒんでもいいやと無事だったライターで着火し盛大に燃やした。

続きを読む

 
708: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/08(土) 12:03:45.70 ID:v95rimn1
高校生の頃、自転車で横断歩道渡ってたら
一旦停止&信号無視・スピード違反の3拍子揃った車に轢かれて吹っ飛ばされた
しかも私が気を失ってる間に車の運転手が車ベコベコになってんのに逃げようとしたらしい
それを逃がさなかったのが目撃者のおばさま方(井戸端会議中だったのでそれなりに人数がいた)
あんた何やってんの!!とばかりに車を取り囲み
その中の一人が通報してくれたそうな
目が覚めた時には泣いてる主婦(運転手)をおばさま方が囲んでた
意識はしっかりしてたけど内臓がやばいことになってて、もうちょっと通報が遅れたら
命に関わったかもしれなかったらしい(当然ながら骨折もしてた)
で、その主婦が何でぶっ飛ばしてたかというと
「ドラマの再放送に間に合わなくなるから」だってさ…
父の本気の怒鳴り声を聞いたのはそれが初めてだった

ありがとうおばさま方
危うくドラマ(しかも再放送)の為に殺されるところでした

続きを読む

284: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:41:40.00 0
病院つながりで一つ。
大学生のときに入院した時の話。
二人部屋だったんだけど隣のベッドは空いてたからラッキーと思ってた。
が、その日の夜に誰かが入院してきた。
夜中なのに付き添いの人と喋っているらしくすごく騒がしい。
は?なんだよ。もう少し静かに入ってこいよ……と思っていたら唐突に怒鳴り声がした。

どうやら若い兄ちゃんがおばちゃんをひき逃げしようとしたらしい。
まあ、思いとどまったらしくて一緒に病院までついてきたみたいだけど。
「本人を目の前にしてひき逃げの相談とかどういうことや!」みたいなことを言ってた。

そこからはずっとおばちゃんとその家族のターン。
若い兄ちゃんはおばちゃんの家族にボロクソ言われてた。
カーテンで仕切られてたから何人いたのかは分からないけど、少なくとも三人以上はいたと思う。
全部女で、おばちゃんの娘なのかな?と思った。

私は、ええーひき逃げしようとしたのこの兄ちゃん?何それ犯罪者やん怖っ!
とか思いながらヒヤヒヤしながら聞いてた。
興味深い話だったけど、入院の原因となったお腹は痛いし眠いしでぶっちゃけ寝たかった。
それなのに全然静かにならないから当然、寝不足。
次の日に注射されながら寝かけて看護師さんに怒られた。

しかし、若い兄ちゃんは人をひいてパニックになったんだろうなぁ。
本人を目の前にしてひき逃げの相談したらしいし。
夜の運転は注意しなくちゃいけないなと思った。

続きを読む

このページのトップヘ