ひどい

 
1: 名も無き飼い主さん 2015/08/05(水) 22:06:52.86 ID:Khs5/PQq.net
恐ろしいキチガイの話 

仕事帰りに近所の公園の傍を通ったら喧嘩中の猫の声がする 
しかし何故か一匹っぽいので喧嘩じゃない様子、怪我した猫でもいるのかと探してみたら 
革製バッグをガムテでグルグル巻きにしたものが公園の木にぶら下がってる 
声はそこから 

とりあえず助けなければと思ってガムテを解きバッグを開けるとそこにいたのはうちの猫 
俺を見るなりアアアアアアと泣いたよう雄叫ぶ 

完全室内飼だし脱走もありえないのに…家に連れ帰ると家のドアの様子がおかしい 
鍵穴がガバガバになって鍵がうまく回らない 
回らないだけならまだしも、既に鍵が開いてる
 
続きを読む

 
891 : 可愛い奥様 2006/09/25(月) 06:32:11 ID:ifsQ1/m4
結婚後半年で浮気発覚です。 
土曜日に休日出勤がめだってきたり、友人の家へ泊まることが多くなってきたので 
あやしいとは思っていましたが、案の定浮気相手の家へ行っていたようです。 

私は20歳、夫は26歳、浮気相手は22歳です。 
夫はかなりその女性のことが好きみたいで、離婚してほしいと言っています。 
彼女は安らぎを与えてくれる。お前は我が強くて嫌だと。 
結婚後、なれない同居で家事も頑張ってきたのに…と思うとくやしいです。 
私はまだ彼のことが好きなので別れたくありません。 
今日、両家の両親を交えて話し合いです。 
何を話せばいいのやら…。
続きを読む

 
358 : おさかなくわえた名無しさん 2007/10/01(月) 21:34:47 ID:aN0NRlvG
勘違い男、今までに二人遭遇した。 

一人目 
学生時代、冬休み中のド短期バイトで知り合った奴 

初めは、普通の男性に見えたから、一回だけ一緒にお茶した。 

短期バイトが終わり、会う事もなくなったが、一回電話がかかってきて、軽く世間話をした。 
(今程携帯が普及してなかったので家電で) 
それから一ヶ月程は音信不通だったが、前のバイトの事で聞きたい事があったのでこっちから電話をかけたら、(これがいけなかった)

相手は「あ~もう電話こないかと思ってたよ~」ってな感じで安心したみたいなニュアンスだった。 

その後、連絡がご無沙汰になった頃、又うちに電話してきて家族に偽名を使って私に取り次ごうとしてきて不信感を持ったのでFO 

又、奴から電話がかかってきた時に自分がでてしまったので、姉妹の振りして居留守を使おうとしたら、奴は「アイツ、何やってるでんすかね?どうなってるんですかね?」と、まるで彼氏気取りで、暗くねちねちこぼしてきて気味悪くなってきたのでCO。 

それから卒業して就職して半年程たったある休日、母が青い顔して「ちょっと見て!外に怪しい車が停まってる!」 
と飛んできて、外を見ると家の数m先で奴が車で待機してた! 

窓から腕をダラーンと出して、ジトッとした表情。 
ゾーッとした。 

家はヘンピナ住宅街で、ドンツキは堤防で、よそからの停車中の車ってのは滅多になかったから、母もすぐに気付いたんだろう。 

奴の事を笑いの種にしてからかってた母だが、これにはさすがに気味悪がってた。  
続きを読む

 
14: 名無しさん@HOME 2011/01/24(月) 17:26:08 0
このお正月に、義父に 
「食後にお茶飲みたいな。」と言われた。だから入れてって事でしょうね。 
「へーそうなんですか。私は食後だからってのどかわきませんね。」と、ただの会話として返事をした。 
義母がびっくりして、 
「お茶の見たいって言うことよ。お願いね。」とフォローする。 

 「何で?」 
「嫁でしょ。」 
「はっはっは。○○(私の旦那)の嫁で、義父の嫁じゃないですよ~。」と、ここで別室にいる旦那に向かって 
「○○~お父さんがお茶飲みたいって~!入れて~!」 
「何で俺?」 
「あんたしか入れる人いないよ~。」 
「オカンは~?」 
「入れないってよ~。」 
旦那が怒って階段下りてきて、激しい会話(喧嘩口調の)が始まった。 
楽しかったよ~ 
しかし、言うことを聞かない嫁をずーっとやってるのに、まだこんな事言われる。 
老人て哀れだね。

続きを読む

 
415: 名無しさん@HOME 2009/02/16(月) 01:18:37
身バレ覚悟投下。 

おばさんの自分語りだけど聞いて下せぇ。 

元夫と私は大学の同じ学科の同級生で、専門も近く、大学卒業後はそれぞれ 
別の研究室に所属していた。 
正直どちらも地味な分野で、学位を取っても高収入や地位は期待できなかったけど、 
二人で助け合えば、結婚して研究を続けていけると思った。 
修士修了と同時に婚約、翌年結婚。 

ところが、時流の変化でにわかに私の専門にスポットライトが当たることに。 
あっという間に私には同業者垂涎のポジションが転がりこんできた。 
元夫は日の当たらない研究室で下積み… 

どっちが悪かったわけじゃない。でも彼には、耐えられなかったんだと思う。 

実家と結託して、家事が十分できていないとか、食事が口にあわないとか、 
ぐじぐじ細かいことを言い始めた。実際家事は十分できていたとはいえない。 
自分を責め、一生懸命時間を作って茶碗を洗い手作りの食事を作った。 
しかし無理して時間を作って早く帰宅したある日、見知らぬ女の人が台所で茶碗を 
洗っているのを見て、もうこれは駄目だ、ここにいたらヒトとして譲ってはいけない 
ものが傷つく、と思った。  
続きを読む

 
868: 名無しさん@HOME 2012/01/19(木) 14:38:21.69 0
漫画・アニメネタを含みます。 

会うたびに「嫁子ちゃんって地味~」と言ってくる大学生コトメ。別居だしスルーしてたんだけど、ある日義実家に行ったときにコトメの友達が大勢来てた。 
コトメが「嫁子ちゃ~ん、ちょっと来てえw」とうるさいので部屋に行くと、そこには10人くらいの若者がいた。どいつもこいつもへらへら笑っていて 
「本当だ~地味~w」「うちらの4コ上?見えね~w」「子供産むと老けるんだ~w」とか言いたい放題。ちなみに女3人(コトメ含む)、男7人だった。 

そのうちベヘリットみたいな顔の男が「おねーさん忘年会しません?友達連れてきてww」と言いだした。 
若者たちは大賛成し「おねーさんの友達見てみた~いwww地味な女集団見てみた~いwww」とまくし立てる。頭にきたのでOKした。 

私は3人の精鋭に協力を要請した。 
まず友達のAは、身長168センチですらりとした長身美女。森泉と小沢マジュをミックスしたみたいな、モデル級のいい女。 
Bは身長170センチですらりとした長身美女。エビちゃんとガッキーのハーフって感じの、正統派美人。 
Cは身長165センチであり得ないほど細身のスタイル抜群美女。よく外国人に間違われるほどの、異国の情緒漂う顔。特攻隊長。 
この3人と並んでいると、自分がもののけか何かじゃないかと勘違いしてしまう。 
ベヘリットが「俺たちみたいなイケメンとの合コンなんだから、最高のおしゃれしてきてねw」と言っていたので、それをそのまま3人に伝えた。 
続きます。 
続きを読む

 
907: スペースNo.な-74 2009/07/16(木) 09:03:44
「元気〜?最近寒いねえ。タヒにそうだよ!」 
「ほんと寒いねえ。仕事も忙しくてへばってるよ」 
「鍋食いてえ!それで○○で××〜」 
「うんうん、△△〜」 
(中略) 
「ところで、○ちゃん冬コミって今回は何日目?」 
「ああ、冬は落選したから友達の売り子なんだ〜」 

ここでメールのやりとりがプツッと途切れ、以降返信は来なかった。 

ほんっっっっとに、私はコミケチケット入手先でしかないんだなあ、彼女にとって。 
「あーそうなんだー」とか、せめて「使えねえな」の本音でもいい。 
普通に続いてたメールの会話?を、チケットはもらえない、とわかった瞬間に 
一方的に断ち切られて、私の中の何かもブッツリ切れた。 

そして先日、この人から「元気〜?暑いねえ」とメール着信。 
「シーズン恒例!チケットおねだりくれくれキター! 
2枚余ってるけど〜あなたには〜あげないよ〜ジャン♪」 
と返信してから拒否設定した。 

着信拒否しないで執念深く待ってた甲斐があったよ… 
ちょっと空しいけど、気は済んだ。 
続きを読む

 
384 : おさかなくわえた名無しさん 2010/10/12 02:03:48 ID:uokJ8oE0
とある飲み会行ったら、以前仕事で一緒になったことのある男がいた。 
連絡先は交換したが仕事でもその後も連絡をとりあうことはなかった。その程度の仲。 
向こうも私に気づいたので、「お久しぶりです」と挨拶だけして別テーブルに移動した。 

飲み会終了後、その勘助に指でくいくいと、ジェスチャーで呼ばれた。 
「お前、二次会行くだろ?」「行きますよ(最初からその予定)」「なら、いいわ、わかった」 
このいきなりのタメ口会話のあと、しっしっと追い払われた。 

二次会には勘助がいたが、この会話でむかついてたので一切話かけなかった。 
向こうも話しかけてこなかった。

二次会が終了し、友人カップルとタクシーに乗りかけたら、ここで勘助登場。 
「お前、家どこ?A町か。俺、E町だから方向一緒」と言いだし、 
E町って方向かなり違うし遠いじゃん……と思ったものの、相乗りすることに。 
「私が最初に降りるので先乗ってください」と言うが「俺真ん中座るの嫌」と言われ、 
勘助が最後に乗り込むことに。 

で、うちについた。ここで勘助が「俺が出すから財布しまえ」と偉そうな態度で 
有無をいわさず、私の分を支払った。 
でドア側の勘助が降りて、私が降りた。ここで勘助が車内に戻らず、 
「じゃあ、俺たちそういうことなんで」と車内の友人に挨拶して、私の肩を抱いた。 
友人に言わせると、ここでウインクしてきたそうだ。 

私が楳図かずお漫画ばりの強烈な嫌悪顔で、手を振り払ったのを見て、 
助手席に座ってた友人(カップルの彼氏のほう)があわてて車を降りてくれた。 
友人の彼女は酔いつぶれていたので先にそのまま帰した。 
続きを読む

 
237 : おさかなくわえた名無しさん 2013/06/17(月) 01:31:12.49 ID:gA4YxUE6
やっと全てが終わったので書き込みます。 

彼女とは同棲していました。 
俺は万オタ(万年筆コレクター&オタク)で、普段から使う筆記具は万年筆です。 
同棲していたマンションには学生時代からコツコツ買い集めた物が安価から高価なもので、300万は余裕で超えると思います。 

彼女とは結婚まで考えていたのですが、有名な鉄道模型を捨てた人のコピペみたいな状況になり冷めました。 

基本的に触ってほしくないので、普段使っている一軍以外は全て鍵付きのケースに保管していました。 
仕事から帰ってきて、インクを補充しようとケースがあるところを開けたら何もなくなっていました。 
彼女曰く結婚する前に処分したかったとのこと、邪魔だったし気持ち悪いと。

百歩譲って売られているのなら良かったのですが、一部は捨てられていました…。 
その中には記者だった祖父の形見分けの万年筆もありました。 

流石に激怒して、彼女の親に連絡をし事の重大さを理解してもらい引き取ってもらいました。 
翌日から凄い勢いで連絡がありましたが、華麗にスルー。 
捨てられた万年筆は回収できませんでしたが、それ以外のものは彼女の親に全て買い戻してもらいました。 

言い争ってる時に、たかが文房具で何よ!!と言われましたが、その文房具の価値すらもわからない女だったんだなと。 
どうせ売るなら俺の一軍のモンテグラッパのアルケミストやマーレンのクフ王辺りを売れば良い価格になったろうに…。 

自分の両親には、きっと祖父の万年筆がお前に色々気付かせてくれたんだよと苦笑いされました。 
無事に別れることが出来、今は一人で万年筆と生活しています。 
一般的には気持ち悪い分類にだと自分自身でも思いますが、そんな気持ち悪い人間と良く同棲出来たものだなとある意味尊敬してしまいます。 
きっとお財布程度にしか見ていなかったのでしょうね…。 

お目汚し失礼しました。  
続きを読む

 
627: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/09(金) 07:09:39.17
起きた事を箇条書きにしてみる 

結婚する前に集めていた古書や絶版本を嫁に捨てられる 
ショックで1日漫喫に逃避 
帰ってみれば古本捨てて何が悪いと切れられる 
しばらく脱力感で仕事以外やる気無し 
なんとか立ち直り離婚する意思表示して、嫁を実家に帰らせる

昨日の夜に両親同伴で凸 
なんとかなだめようとする義両親 
離婚する意思が変わらない俺 
たかが古本くらいでと言われたので、捨てられた本は現在、このくらいの価値ですと合計金額提示 
金額よりも思い入れのある大事な物を無断で捨てるなんてこれから信頼できない事も伝える 
嘘だ!○○円にしかならなかった!と叫ぶ嫁 
義両親の顔色が変わる 
結婚前の個人財産を勝手に売却、捨てたと言って売った金を着服、これからどうやって信頼関係を築けと? 
嫁は何か騒いでたが無記名の返品伝票(離婚届)渡して義両親にテイクアウトして貰った 
気団ももうすぐ卒業だなぁ 
つかやっぱ売ってたね 
しかも相当買い叩かれてるw 
でも捨てられるより、誰かの手に渡る方がまだ諦めもつく 
嫁は絶対許さんけどね 
金はどうでもいいし、少ないが結婚後の共有の貯金を渡しても構わない 
あの嫁が元嫁になればいい 
続きを読む

このページのトップヘ