イジメ

  181: :2017/10/05(木) 10:56:04.79 ID: 
この流れに乗って書くんだが… 

俺小学生の時めちゃくちゃいじめられてたんだよね 
金持ちで地元権利者の孫の主犯が怖くて手下達が自分に矛先が向かぬように 
俺を虐めてた感じ、父子家庭だったからかな~ 

特に母親に買ってもらった仮面ライダーアギトのフィギュア壊された時はガチで泣いたな~ 


それから俺はなんか狂ったのか中1で17歳無職の 
女と行為してから女としまくる遊び男になったんだよな 
とにかく顔とか関係なくした 
なんつーの?
人形に凄くこだわるようになり女をとにかく漁った、学年の1割の女とした。

この辺りからいじめは新たなターゲットの登場によりなくなった、だが俺は壊れてた 
とにかくおかしかった、女の身体は覚えてても顔と名前は全然思い出せないんだよな 
教師ともした、女の母親ともした

そんな生活が高3まで続きいつの間にかいじめの主犯は祖父がタヒに急に権力を失いいじめの 
対象になっていた、そんな中昔のいじめの手下達が 
女を献上するから過去を水に流してくれと 
謝ってきた、俺が女漁りの中でヤバい人間と知り合ったという噂を聞いたからだろう 

確かにそういう関連の女と付き合ったことはある 
そして献上された女はVGで俺は毎日した 
パンを食べる並みの感覚で毎日した 

あとで知ったんだが献上された女は主犯の婚約者で 
俺にされるかわりに主犯をいじめから解放する 
約束だったらしい、主犯は知らないみたいだが 

そしてその婚約者は妊娠してたらしい、多分俺の… 
主犯は婚約者と結婚して俺のガキを育ててるわけだ 
それから俺は心の何かが晴れて二浪の後に都内の大学に受かった、あれから20年、俺は一生結婚しないよ
続きを読む

 
916 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:42:26 ID:xnqtBwai
スーッとするかわからないし
オカルト要素もちょっとあるかもしれませんが

もう20年以上前のこと。
中学時代3年間毎日のように相当いじめられてた。
もう、学年中のヤツら全員にじゃないかというほど。
たいして喧嘩強くないやつも俺には態度強い。
後輩とかにも「こいつ殴っていいよw」とか言って
後輩でも調子に乗るやつもいるから
後輩に殴られてる俺見てケラケラ笑ってたり
女子にも廊下で背中に蹴り入れられたりしてた。
暴力、恐喝は当たり前。
試験なんかも答案用紙数人分が回ってきて
全員分のを書いてたら自分の分まで間に合わない。
間違ってたらボコボコにされてた。
俺の分は腰巾着役のやつにぐっちゃぐちゃに書かれて提出。
教師たちもやる気なし軍団だったので
当たらず障らず。

反抗できない自分にも腹が立ってた。
登校拒否する事すら出来なかった。
続きを読む

 
561: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03(水) 16:59:08
私のくだらない武勇伝を投下させていただきます。 


私は県立高校に通う普通の高一なんですが、いじめ問題で世間がざわついている中、親友同然だと思っていた友人集団(6人)にいじめられたのです。 

いじめ内容は極めて幼稚で、昼、学食でご飯を食べていると、『きもーいまじきもーい』とリーダー格が言いだし、それに続き中傷の言葉を浴びせてくる、うわばきを隠される、ふでばこを捨てられるなど… 
私は先生にチクったり、仕返しや口答えをするような子ではないです。 
性格的にはおだやかで、平和主義者なのです。 

それが一ヵ月続き、いいかげん我慢できなくなったある日。 
いつもの様に食堂でのいじめ。先輩や同級生ももちろんたくさんいる食堂での事。 
爆発。 

私は自分が座っていた椅子を床に投げ付け、リーダー格の頭をグーで思い切りなぐり、『いつまでも私がおとなしいと思ってなめんなや!』とそいつの髪をひっぱり回しながら物凄い勢いでなぐりました。 

もちろん職員会議にもかけられ、いじめっ子集団は謹慎処分。 
私は謹慎処分にはならず、反省文のみでした((*´∀`) 

‥変な文でしたが、読んでいただいてありがとうございましたっ 
私的には決してこれがいいことだとは思っていません…が、すっきりしました!
続きを読む

327: 1/3 2008/08/07(木) 21:49:18 0
この週末に絶縁したので記念に投下。 

私は父も母も日本人だが、何故か見た目が外国人(特にロシア)っぽい。 
そしてトメはそれが気に入らない。何が何でも気に入らない。 
別居だというのに旦那のいない時を狙って頻繁に凸してきては
続きを読む

 
442: 本当にあった怖い名無し 2013/09/14(土) 16:22:49.83 ID:4S9/cqUM0
とある流派の道場に6歳から通ってた他は 
どこにでもいる中学生の俺は
続きを読む

このページのトップヘ