インフル

 
293 :名無しさん@おーぷん 2018/10/23(火) 19:47:38 ID:iYb
夫が風邪を引いたから(熱40度)会社を休んで病院に連れて行って、
寒いって言うから電気毛布と冬用の布団を出してかけてあげて、
布団の周りにポカリやアクエリや水などの飲料を置いて、
体温計、ティッシュ、ゴミ袋などもセットして、
食欲ないって言うからゼリー飲料系の食べやすそうなものを買いに行って、
薬飲ませて、薬のゴミを捨てて、処方された薬を1回分ごとに分かりやすく並べて、
寒いけど頭が熱くて苦しいと言うから冷えピタを貼ってあげて、
「あと欲しいもの、して欲しいことがあればなんでも言ってね」と言ったら
「会社休ませてごめん」「迷惑かけて申し訳ない」と夫が泣き出した
私は「まあ、気にしないで」とそっけなく言うのが精いっぱいだった

夫は私がインフルエンザに感染して同じく40度の高熱を出したとき
「病院に連れて行って」と頼んだら「仕事があるから」と断った
ポカリを2本だけ置いて「うつったら困るから実家に行く」と言ったっきり、しばらく帰ってこなかった
(そもそもインフルエンザに感染したのは前日に夫が胃腸炎を起こして夜間救急に付き添ったから)
私が人生初の尿管結石になったときは、たまたま夫の休日だった
そのときも「病院に連れて行ってほしい」と頼んだけど「せっかくの休日なのにめんどくさい」と渋った

だから今さら何かを感じて泣いてる夫に「まあ、気にしないで」としか言えなかった
もう期待してないから、気にしないで
続きを読む

 
467 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 17:58:08 ID:rSH0fzho0.net
当時結婚1年目小梨
俺26歳 嫁24歳
間男42歳 既婚2人の子蟻

ある日嫁が発熱、喉の痛み、赤い発疹、筋肉痛を訴えてきた
インフルエンザと思い病院へ連れて行き
点滴射って3日後には熱も下がり普通の生活に戻った
思えばこれがきっかけだったのかもしれない

7年後(結婚8年目)に嫁が乳がん含めた検査で
恐ろしい病気に感染していたことが明らかになった
病院から呼び出しをくらい、俺も検査を受けることになった
俺は感染してなかった。(結婚して殆どレス。3年まえから完全レスだったから?)
当然俺は浮気もないし、風イ谷なんてお金の無駄と思っているから行かない
キャリアはだれかという話になった
嫁は「空気感染」と言い張っていたが
嫁親が無理やり携帯(当時スマホは出始めていたがあまり普及してなかった)を取り上げ
メールや画像確認したら2年前には別れていたが、クロだった
それから間男捕まえて病院に連れて行くとキャリアは間男で間違いなかった
間男は既に症状が出ていて手遅れ状態
嫁は「無症候期」という段階で治療すれば生存20%の確率

間男はJKやJDとエンヤコーラしていたのが発覚
その時に感染していたと思われる
嫁は嫁両親連れて謝罪に来た
嫁「私が間違っていました。その報いが来たと思ってます
だけどせめて逝くときには貴方のそばに居させてください」
俺「自分勝手だな。病気になれば全て許されるのか?自業自得だ。」
嫁は泣き崩れた。俺は激怒していたが、そんな嫁を見て哀れみを感じた
甘いと思われるだろうが、病気が感知するまで離婚はしないことにした
嫁と嫁両親は額に畳の跡がつくまで土下座で謝罪、感謝した
それから高額療養費支給制度を使い最低限の医療費で治療開始しした

だが治療も虚しく3年後に嫁はタカーイ、タカーイした
間男も同じくらいにタカーイ、タカーイしていたことを知る
俺は結婚当時から嫁にかけていた保険金3500万が入った
「これって慰謝料?」と思いながら笑ってしまった

間男には制裁してない。
逝くは時間の問題だと思ったら、制裁する気にもなれなかった
馬鹿が自滅しただけだと嘲笑っただけ

だけど俺はその馬鹿2人に感謝している
大金が入ったので、浮気とかどうでも良い
続きを読む

759: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/04/05(土) 19:17:26.63 ID:GwayuQQ9
母が風邪をこじらせて気管支炎になり、次いで私にも軽い風邪症状が出た。
「貰ってしまったー」と呑気に構えてるうちに、私の体温は39度まで急上昇。
昨年末に母娘仲良く39度の気管支炎で寝込んだ事もあり、またかと慌てて病院に。

母の車で向かったのは、アレルギーで昔からお世話になっている小さなクリニック。
小児科を併設しており、冬という季節柄もあって母子連れで溢れていた。
受付の簡単な問診で病状を伝えたところ、顔色をサッと変える受付嬢。

受「混み合っているので1時間待ちです、駐車場の車内でお待ち頂けますか?」
私(あ…あれ、もしかしてインフル疑われてる?
  引越し準備で1週間外出してないから、感染元はオカンの風邪なんだけど…
  あ、しまった!オカンは五十肩の治療の為に別病院に走り去ってる!
  さすがに冬の寒空で1時間待機はタヒぬ!事情を話して院内待機を願い出る…?
  いや、いくら風邪とはいえ、院内には抵抗力の低い小さな子供でいっぱいだ…)
  「わかりました、車内待機します」

駐車場に出て、慌てて母に戻ってきて欲しいと電話した…が案の定電源切られてた。
マナー最高の母め!寒い!冬の強風が痛い!

風から逃れるため、クリニックの壁際に並ぶ2台の自動販売機の間に1時間挟まってた。
田舎の、延々続く畑の真ん中にポツンとあるクリニックだから他に遮蔽物無かった。
どう見ても、お子様トラウマ必至のタヒにかけた隙間女です、ありがとうございました。

体は40度近い熱を出してたけど凍るかと思った。
ちなみに、1時間後の診察でインフル検査したら思いっきり陽性&気管支炎でした。
受付嬢GJ!外で待機することを選んで良かった!
しかし、一体何処でウィルス拾ったのか不思議で仕方が無い…

続きを読む

このページのトップヘ