クッキー

 
73 :名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木) 13:55:32 ID:UPL
私がケチなのかなぁ
職場に持っていくお菓子に関しての話
女性が多い職場なので、みんなお菓子持っていってた
たまに相手のお菓子が欲しいとトレードしたり
私はアレルギーで市販のお菓子は食べられないんだけど、家の近くの洋菓子店とパン屋でアルコールの人でも食べられるクッキーとパンを焼いてた
でも値段が高くて、たまーにしか贅沢として買えない
パンはお昼ごはんに、クッキーは会社のデスクの引き出しに入れて、毎日小腹のすく夕方に一枚ずつつまむ食べ方してた

でも職場の人に見つかると「そのパン美味しそう!一口頂戴」とか「お店のクッキーじゃん、一枚くれない?」と言われる
珍しい物食べてたりすると、もうお決まりのセリフみたいなものなんだけど、あげても私は代わりの食べ物をすぐに準備できないし、相手からもらうこともできない

前に新しく買ってきたクッキーを開いていた時に一枚ちょうだい、と言われた
その時丁度お客さんがきて、私は休憩時間を早めに切り上げてクッキーを未開封のまま対応に出た
戻った来たら、私の席で人が4人立ち話しながら、私のクッキーを皆で手を伸ばして全部食べつくしてた
声をかけたら「クッキーもらったよーってあれ!無くなってる!ごめん無意識に食べてた!」と言われた
「そんなに食べたいなら買ってきますよ」と提案したら「ほんとー?嬉しい、いくら?」と言われたので
「今日持ってきたクッキーは全部で1500円です。15枚くらい入ってましたし」
と伝えたら、じゃあ要らないと言われた

それからちょうだいと言われる度に断ってたら、ついに
「ケチくさ、一枚くらいいいじゃん、皆一枚くらいわけるのに」
と言われた
私の一枚はあなたたちのポッキー一箱、ポテチ一袋と同じ値段なんだけどなぁ
健康なのになんであえてアレルゲン除いたクッキーが食べたいんだろう
続きを読む

 
643 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/12(土) 10:35:14
花嫁修行したというわりにはかなりのマズメシを自信満々で出す嫁。
少しでも否定的なことを言おうものなら俺の舌がおかしい扱い。
うちのお袋の味まで否定されてついにブチ切れて
「どこの誰がこんなメシうまいって食うんだよ!!」と怒鳴ってしまった。

一切ひるまず
「お父さん!!」
と誇らしげに答えられた。

小学生のときに調理実習で作ったクッキーを父親にプレゼントしたらうまいうまいと喜んで食べていたらしい。
そりゃ小学生とはいえ、教科書どおりにキッチリ分量や手順を守り先生の監督もあればうまいものはできるだろう。
「小学生であれだけのもの作れたんだから年々上達して今ではプロ並なはず。目分量もアレンジもお手の物!」
という考えらしい。
きっかけになった父親の誕生日が近いので、嫁のケーキや料理を持ってお祝いしにいくことに決めた。

赤いちゃんちゃんこの日にしてやんよ…!
続きを読む

 
179 :名無しさん@おーぷん 2015/05/23(土) 12:24:58 ID:yid
彼氏が妖怪の類に見えた

ご飯を食べてると「もっと欲しい」と必ず言う
例えばご飯をお皿に取り分けて食べて自分の分を食べ終わると「もっと欲しい」
「じゃあ追加で頼む?」と聞くと「そこまではいいよ」と私の分を食べだす
断ると「え?なんで?もっと欲しい」「欲しいよー」と軽く駄々をこねる
家でご飯を作った時も「もっと欲しい」と人の分を食べようとする
断るとやっぱり「なんで?」「無いならまた作りなよ」「もっと欲しい」
彼の「もっと欲しい」が気持ち悪くなってきて言われたらすぐあげるようになった

友人たちと色々持ち寄って家パーティをする事になった時
リクエストを貰いクッキーを焼いて持って行く事に
彼の分もたっぷり焼き彼にもあげた
喜んでくれてそれを平らげてまた「もっと欲しい」
残りは友人の分と知っているのに「もっと欲しい」
あげられないというと「もっと欲しい」「いいじゃん」「また焼けば?」「ねえもっと欲しいよ」
ねだってくる彼を見たら背筋がぞくっとして
何かに取り憑かれてる?こういう妖怪居なかった?と怖くなり
別れた
別れる時に少し揉めて何が悪いかは理解してなかった

餓鬼に取り憑かれているんじゃないか
あの「もっと欲しい」は本当に怖かった
続きを読む

 
432: 本当にあった怖い名無し 2011/08/06(土) 21:20:23 ID:WFwoabjz0
職場のおやつ消失が酷いんでホイホイにかかってるGを8匹 
擂り潰して練り込んだクッキーを置いといたら 
使えない癖に態度デカいOL3人が病院に搬送された。 

作ってる途中気持ち悪くて2回吐いたし、調理器具も捨てて買い替えなきゃいけなかったし 
痛み分けだな、これは。
続きを読む

このページのトップヘ