クレクレ

 
817: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:basVcKbL
話ぶったぎりで今日というか先ほどまでのこと。 

先週、敷き布団を粗大ごみとして出した。 
自治体に電話してスーパーで処理シールを数百円で買い、捨てたい物に貼って指定日に家の前に出しておくシステム。 
先週出勤前に布団を大袋に入れて布団にシールを貼って出した。 

そうしたら今日になってアパートに帰ったら斜め向かいの戸建てのママがドアの前に居た。 
なぜか私が捨てたはずの敷き布団を横に立てて。以下会話の大体な感じ。 

ママ「この布団を捨てたのあなた!?」 
私 「はぁ、そうですが(あれ回収されたんじゃ…?)」 
ママ「まだ新しい感じの布団なのにシミだらけで臭くて子供が眠れない!」 
私 「はぁ、おしっこ臭くなったから捨てたので相当臭いと思いますよ」 
ママ「え!?あなたいい歳しておねしょするの?」  
私 「いや、うちの猫が病気で漏らしてしまうので仕方なく」 
ママ「病気の猫のおしっこ!娘に病気が移ったらどうしてくれるのよ!」 

飼ってる猫には持病があって、月に1、2回は発作を起こして失禁してしまう。 
ペットシーツやおねしょシーツも使っているが使い心地が悪かったり、油断して通常のシーツの時に失禁されたり。 
おまけに雄猫で片タマが本来の位置ではなく体内にあって手術で取ってないせいか尿が臭い。 
なので、対策を失敗して何回か布団本体にされたら捨てることにしている。今回は購入して1年半ほどだった。 

ママ「こんな臭いのいらないから返すわ!」 
私 「拾ったなら責任持って役場に電話して回収してもらうか、廃棄センターに持ってて下さいよ」 
ママ「元々あなたのでしょう!なんで私がそんなことしなきゃいけないのよ!」 

細かいとこはうろ覚えだけど、こんなようなこと言われて何で1度捨てた物を勝手に拾われた上に文句を言われて 
さらにうちの猫を病原菌みたいに言われててんだ腹を立てていたら、そこに丁度「何してんだ?」って声とともに 
そこのパパさんらしき人が帰宅してきた。
続きを読む

 
258: 名無しさん@HOME 2008/07/20(日) 00:36:19 0
嫁子のものは私のものだと思っている義姉@旦那の実姉 
ちなみに子供のころから弟のものは私の~な人だったらしい。
続きを読む

  572: 名無しの心子知らず 2013/04/18(木) 17:46:57.16 ID:lDX/rDlR
六紫檀の化粧品を長く愛用しています。 
その中でも青い入れ物のシリーズを使ってる。 
長く愛用している人はわかるだろうけれど、 
結構何度かパッケージングのリニューアルをしている。 
昔は化粧品のボトルもブラスチックじゃなくてガラス瓶でしゃれたものだった。 

なので毎回瓶をとっておいて飾りにしたり、プラスチックボトルになってからは 
中身を入れ替えて使ってたりした。
 
続きを読む

 

961: 1/4 2009/09/02(水) 22:58:16 ID:Y1zMfj9u
友人が数年前に夫婦で飲食店を始めた。
昔から色々と本当に苦労してきてたのを知ってるし、旦那さんも知り合いというのもあって、友人一同心から応援した。

開店前から相談受けていた縁もあって、帳簿一式ならびに税金に関する助言を行うことになった。
ただでいいと言っていたのだが、資格に関わることだからと結局(一種の)顧問料を頂くことになった。
帳簿をちゃんと見るようになったので分かったことだが、経営はヤバイとは言わなくてもけして楽ではない。
正直、格安ではあるがこの顧問料ですらけしてバカに出来ない。

元々ロハでおkとか思っていたのもあって、折角だし間接的に返そうということで友人の店に外食に行くことが増えた。
こじんまりとした店だが味はいいし、色々サービスもしてくれる。
姪っ子と行ったら姪っ子に(こっそり)食後のアイスつけてくれたり、試作品の評価を頼まれたり、メニューにないものでも無理を聞いてくれたり。 

 
続きを読む

 
541 :  名無しの心子知らず  2008/08/18(月) 18:17:35 ID:fVAYiVFG
息子の学校のすぐ隣にあるお店で漬物のもとを取り寄せていて、 
代金はすでに払い済みだったので、 
「今日プールの帰りにもらってきてね」と 
その領収書を持たせて息子を送り出しました。 
そのやりとりをエントランスでしたため、 
同じマンションのセコケチ泥ママに聞かれていて、 
息子がお店に行ったときにはすでに、商品を引き取られてしまっていました。

お店の人も、男の子が来てうちの名前を名乗って「漬物のもと」と言ったので、 
なんの疑いもなく渡してしまったとのこと。 
とりあえずお店の人が弁償してもう一度取り寄せてもらうことになりました。 

さっきまでは、いったい誰が引き取りに行ったんだろう???でしたが、 
セコケチ泥ママがやってきて、「ねぇ、きゅうり余ってない?あるでしょ?3本くらいわけてよ?」 
で、確信しました。 
うちのきゅうり漬けのもと返せ!! 
とりあえずお店に電話して、セコケチ泥の息子と面通ししてくれるように頼んだよ。  
続きを読む

このページのトップヘ