クレーマー

 

759:1/32009/09/14(月) 11:53:00 ID:UJPHuuH/
私は近所のSCのパン屋で働いています。
そこで先週あったこと。

そのパン屋ではバイキング形式になっているコーナーがあり、4個300円5個400円とかで販売していた。
店長のアイデアで、内容は定番のもの6種類と日替り2種類と言う形にしていたので、結構評判がよかった。
分かりやすいように、サンプル用のパンを陶器のお皿にのせてコーナーの真ん中に置くようにしていた。
基本的には前日の残りのパンをサンプル用に取っておいてラップをして、「サンプルです」と言う表記はして
あったんだけど、時々お皿の上のパンが無くなることがあった。



金曜の15時ごろSCの事務所から呼び出され、店長と私が事務所に行くことになった。
お客さんからの怒りのクレーム電話で、○月○日にうちの店のパンを食べたらおなかが痛くなった。保険所
に行く。という内容だった。(○月○日に働いていて、その日に出勤していたパートが私だけだった)
店長が事情を聞くと、お客さんはかなりお怒りの様子で、うちの店をたたき出せと言っているらしい。
ただ事ではないと言うことでその日のうちにSCの責任者と店長がお客さんの家に行くことになった。
私は店長に言われ、その日のレジジャーナル(レシートの控)と、その日に焼いたパンの仕込み一覧表と、
廃棄表のチェックをすることになった。

私が店に戻ると、店長から電話があり、今すぐ事務所に戻ってきてほしいと言うことだった。
お客さんがSCの事務所に怒鳴り込んできたらしい。
あわてて上記のチェック物を持って事務所に向かうと、時々見かけた女性.でした。幼稚園児の子供も一緒に。

女性.の言うことを要約すると、
・○日に買ったパンを食べた後、おなかの調子がおかしくなった。
・焼き立てパンの店のはずなのに、カチカチになっていた。
・食べることのできないパンを売って金を取るなんてどういうことだ。
・病院へ行く治療費、慰謝料を請求する。
・私の周りの人にもあそこで買うなと言う。
・私の影響力をなめないほうがいい。
だそうで、SCの責任者も店長も悲壮な顔をしてあやまっていました。


続きを読む

 

946: 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)11:51:32 ID:MeG
今年の正月に、某帝釈天に初詣に行った時の話。
今川焼屋があったから、買おうと思って。
私「カスタード下さい」
テキ屋の女(金髪でいかにもDQN)
「ちょっと待って」
なぜか全ての今川焼きを割って中身を確認するテキ屋女。
そして待たされること5分後
テキ屋「はいカスタード」
そしてお代を払って、人の少ないところを選んで食べたんだ。
そしたらなんとチーズだった
で、食べた後に
私「さっきのチーズだったんですけど」
女「変えるから商品くれ」
私「そんなの食べたからない」
女「じゃあ変えることはできない」
私「は?おかしいだろ」
女「チーズだったことを証明しろ」
そう言われても、もう食べてしまってない。戻すわけにもいかないし…
そこで私は女の顔に息をフーっと吹きかけた
私「ほら!チーズの匂いでしょ」
女「…はぁ?」
とか言われつつも、しつこく口の匂いがチーズであることを主張。
そしたらカスタードをくれたんだけど、もうテキ屋からは買わないと決めた。


続きを読む

 
1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/07(水) 15:31:25 ID:2Y8cpkfsp.net
俺「すみません、クレカのどの辺りに傷が・・?」

女「ここよ!ここ!使えなくなったわ!賠償してよ!」

見てみると、クレカをスライドした際につく傷がついている(光の当て方によってはわからないくらい)

俺「・・・お客様、クレカはこの程度の傷では使えなくなる事はないんですが・・」

女「傷を入れたアンタが言うな!話にならんから責任者呼んでこい!」

俺「すみません、責任者は私です」

女「は!?アンタみたいなのが責任者なんて終わりね!いいから賠償しろ!」

俺「傷を入れてしまい不快な思いをさせた事は謝罪致しますが、クレカはそもそも使用上傷が入る物なので、賠償は致しかねます。この傷で使えないかどうかはもう一度通してみればわかりますが、試してみましょうか?」

ここまで言ったらうちのポイントカード投げつけて「二度とくるか!」って言って帰ったんだが、対応間違ってないよな?
続きを読む

 
106 :1/2 2012/03/14(水) 16:58:05 ID:cbT+X+on
文才なくて無駄に長文失礼。
キチママにバージョンアップ?したセコママとキチホイホイな元上司の話です。

私はとあるSCに勤務している。
去年ある上司が定年退職した。
この上司をAさんとするが、Aさんは聞き上手の話し上手で、もの凄くクレーム対応が上手かった。
どんなキチ入ったクレーマーもAさんが対応すると納得して穏やかに帰って行った。
とある常連キチクレーマーの男性.が言った「Aさんは呼ぶな!納得させられちまうだろうが!」という言葉は今でも伝説になっている。

部下に慕われ、上司に頼られていたAさんは惜しまれながら退職した。
そしてAさん退職後のある日、とあるセコママがやってきた。
このセコママ、常連クレーマーで来ると必ずクレームを入れる。
重箱の隅をピンセットでつつくような細かさで、なんとかして値引きさせようとしつこくしつこく粘ってくる。
お取替えしますと言っても安くしろの一点張りで、どうにもならない。
いつもはAさんに対応してもらっていたが、もうAさんはいない。
頑張らなくてはと顔面に笑顔を貼り付けてがんばっていたのだが、セコママが「お前じゃ話にならない、Aさんを呼べ!」と叫びだした。
Aさんはいないので店長が来たのだが、Aさんを呼べAさんを呼べと唾を飛ばして喚く喚く。
仕方がないのでAはもうこの店には居りませんと店長が言うと、「どこの店に行ったんだ、教えろ!」と荷物放り出して店長に掴み掛かった。
髪を振り乱しつつ物凄い形相で叫ぶ異様な姿にみんなドン引きでどうしていいかわからない。
とりあえず内線で応援を呼んだのだが、応援がかけるける前に店長が「退職です定年退職!」と叫んだ。
もう店長の顔は引っかき傷だらけで、血も出てた。
店長の言葉にママはさらにヒートアップした。
「嘘つけ!Aさんが定年なわけあるか!」←Aさんは十は若く見える人だった。
「大体本当に退職するんだったら私に何か一言あるはずでしょうが!」
「あんた私とAさんを引き離そうとしてんの!?」
「Aさんを出せ!AさんAさんAさん!!!」
ということを絶叫しながら店長突き飛ばして大暴れ。
かけつけた警備員さんに取り押さえられ、最終的にKにお持ち帰りされた。
一緒にいたセコママ子が無表情にぼーっと突っ立っていたのがセコママの狂乱っぷりと比べてやけに印象に残っている。
続きを読む

 
718 :名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金) 20:04:44 ID:SmT
今日の昼、家の近くの工事している道路通ったら、土方達がタバコ吸いながら仕事していた。
それだけならまだしも、お酒の匂いまでして、まさかと思って見たら、空のお酒のカップが置いてあった。
近くにいるだけですごく臭うし、どう考えてもお酒飲みながら仕事してる。
しかも、これ公共工事のはず。
すぐ近くの空き地には勝手に車止めて土管みたいなのを大量に置いているし、家に帰ってから役所に抗議しようとしたら夫に止められた。
別に抗議するほど変なことしているわけじゃないとか言われ、クレーマーかよと笑われた。
無視して役所に電話して文句言ったけど、気を付けるように言いますみたいなことしか言わないし、工事を中止させられないと言われた。
電話終わった後、夫に文句言ったら役所の人も馬鹿の相手大変だよねと、土方達じゃなくてお前の事だよと笑われた。
腹が立って、もう何もする気が起きなくて夕食用意しなかったら、夫が自分の分だけ買ってきて食べていた。
何で私の分がないのか聞いても、要らないといったのはお前だよねと言う。
言った覚えないと言ったら、馬鹿だから仕方ないねとまた笑われた。
もう嫌。
続きを読む

 
6 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/18(木) 10:35:38 ID:W5L1691k.net
和食レストランで天ぷら御膳を頼んだ
しばらくしてやってきた天ぷら御膳の仕切りのひとつが空っぽになっててメニューみたら写真にはそこに茶碗蒸しが入ってる
店員さんに「ここ茶碗蒸しですよね?ないんだけど 」って言ったら平然と「天ぷら御膳には茶碗蒸しは付いておりません」って言った
メニュー見せてもこれは違いますって変な答え
じゃあこの空っぽのスペースは何なの?って言ったらクレーマー扱いして店長呼んできた
1から説明したら店長平謝りですぐに茶碗蒸し用意しますって言われたけど断った
茶碗蒸しにこだわってるみたいで気に障ったわ
続きを読む

 
249 :おさかなくわえた名無しさん 2018/07/30(月) 13:05:26 ID:9dbvzezn.net
さっきあった神経わからん話。

地元の母親からケーキが送られてきた。
食べてみると、固い異物が入っていて、歯を痛めた。
異物を見てみると、単5電池くらいの大きさの、ミニチュアの靴。
おそらくプラスチック製だと思う。かなり固い。

母親に電話してみると、そこのケーキは、サプライズとしてミニチュアを
仕込んであるらしい。「幸せを運ぶなんとか」とかで。

この神経はさすがにわからん。今のところは評判がいいのかもしれないが、
知らない人が食べたら事故になるぞ。事実、俺は歯を痛めた。
続きを読む

  87:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/05/21(水) 20:19:05.10 ID:wpeVoBhC.net
この前マックに行ったら、若い兄ちゃんがガチ切れしながら店員に喰って掛かってた。
「お前なんなん?仕事出来ないの?」「俺さ、皆の前で恥かかされたんだけど?どうしてくれんの?」とマシンガントーク。
何だこいつと思いながらその後ろに並んで待ったけど、いやもうずっと文句言い続け。

店員は平謝りなんだけど、早く帰ってくれないかなー他の客待ってんだけどなーって気持ちは目線から読み取れた。

正直俺もずっと聞いてる訳にはいかないんで、イライラしながら「すんません、とりあえず横に逸れてやってもらえませんかね?」って言ったんよ。
そしたら兄ちゃんこっちみて「あ?ごめんね。でもこんな店で物買うとかやめとけよ。」と言いながら横にずれてくれた。
そしてまた「お前がチンタラのらりくらりしてっからこうやって周りに迷惑掛かんだろうが!あぁ!?」と怒鳴り始めた。
店員は「すみません、申し訳ない」とか言いながら俺の注文を取って、終わってからまた兄ちゃんに絡まれてた。
結局何が原因で怒ってるのかも分からなかったし店員災難だなとも思ったけど、言いたい事は言えたし案外素直に従ってくれたのでまぁいいやとテイクアウトして帰った。


帰って袋を開けてみると、ナゲットのソースは入っておらずピクルス抜きで頼んだ俺のチーズバーガーはチーズ抜きになっていた。
レシートでは確認できないけど、きっと店員の抜き指示の打ち間違い。
あの野郎、クレーム兄ちゃんの言う通りダメ店員じゃねぇか!と俺も文句の電話を入れました。
以上、知らない兄ちゃんの武勇伝の話。
続きを読む

  15: 名無しさん@おーぷん 2017/05/20(土)10:57:50 ID:Yq6
自分が所謂不妊様ってやつなのかどうか判断してほしい
うちの市は不妊治療費の助成金があるんだけど、この手続きを行ってるのは妊娠出産関連の課 
この間手続きに行ったら先客がいて妊婦らしく母子手帳の説明を受けてた


妊婦の横に座らされて、職員に「ご用件は?」て聞かれて「不妊治療費の助成金手続きに来ました」て答えるのは情けないやら悲しいやら悔しいやら
こっちは市役所名の入った封筒に書類入れて渡されたのに、妊婦はマタニティマークの描かれた袋だったのも結構ぐさっときた
前もお腹の大きい職員に対応されたことがあって、それは仕事だから仕方ないのかもしれないけど、せめて妊婦と不妊治療の窓口はわけてほしい
市に改善要求しようと思うけど旦那に言ったらクレーマーって言われた
でも旦那は文句つけるの嫌いな人だから、本当にこれはクレーマーレベルと思うのか知りたい
続きを読む

 
566 :名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水) 15:50:04 ID:n29
フェイクありなので、つじつまがあわないところが出てきたらすみません。

5年前くらい、とあるカラオケ店でバイトしてた。
そこに週1ぐらいで来るあるお客さんが本当に神経分からん人だった。
その人は40代くらい、いつも7、8歳くらいの男の子を一人連れて遊びに来ている母親。
この人が、毎回のように理不尽なクレームを怒鳴り散らす。
1人1会計で1枚配っている割引クーポン券をもっと寄越せだの、別店舗で配られたクーポン券が使えないのはおかしい(他店で使えないことはしっかり明記してある)だの対応するのが毎回疲れる。
他のお客様が「うるせーぞ!ルールには従えよ!」と言ってくださったりもあったが、どこ吹く風で、店員、しかも反論できなさそうな若い女の子に怒鳴りまくる。
最終的にはあまりに理不尽すぎて出入り禁止になったけど、正直ここまでは割とある話。

一番神経分からんと思ったのは、店の中で大声で電話をしていた、その内容だった(フロント前ででかい声で喋ってるので、嫌でも耳に入る)。
相手がどうも役所関係の人らしい。
この母親、前述の男の子を障がい者(自閉症)だと申請し補助金を受け取ろうと思ったらしいが、普通に認定降りなかったらしい。
「どうしてですか!!!うちの子は!!!障がい児なんですよ!!!!!!」
と口角泡を飛ばしながら電話口でわめいてた。
ちなみに男の子は、そんな母親に育てられているのにきちんと挨拶もできて、年の割にはちょっとしっかりした、でも見た感じ普通の子だった。
もしかしたら、見た目にはわからないところで本当に障がいがあったのかもしれないけれど、その男の子の横で電話口で障がい者だと言い張っていた、それがまさにスレタイ。
男の子は横で「ママ、もういいよ」と母親の服の袖を引っ張りながら宥めてた。

出入り禁止になってから何年もたつし、私自身1年前にバイトをやめたのであの子がどうなったか知らないけれど、服の袖を引っ張ってるときの男の子の表情はいまだに忘れられない。
続きを読む

このページのトップヘ