ステーキ

 
407 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 04:56:04 ID:h2B8LfIL.net
学生時代の話。
ある時、付き合って半年位の同大学同学年の彼と一緒に学生にもお手頃な値段のステーキ屋さんに行った。
そこで二人とも同じメニューを頼んだ。
そのメニューは「特製ソース」が美味しそうで、楽しみだねって話してた。
やがてステーキ×2と大きめのソースポットが一つ運ばれてきた。
さあソースをかけて食べようと思った瞬間、彼がポットのソースを全部ステーキにがばちょした。
びっくりして固まる私と、ん?という笑顔の彼。
2人分のソースでひたひたになった彼の鉄板はジュォォォォォォ鳴ってるけど言葉がでなかった。
その時テーブルの近くにウェイターさんがいて、それをばっちり見たウェイターさんも一瞬だけ驚愕の表情浮かべてた。
彼がこちらを気にせずステーキを食べ始めたところで我に返り、
「ソースかけすぎじゃない?」と言ったが
「いやソースはたっぷりがいいww」
「でもこれ2人分のソースだよ」
「うんでも俺は大丈夫wwwうまいwww」
なにも大丈夫じゃねえ、と思ったけど覆水盆に返らずだし、卓上にはハーブソルトとか特製スパイスとかあったからそれで食べることにした。お店で才柔めたくなかったし、ドン引きしてたのもある。
そしたら申し訳ないことにウェイターさんがまたソースを持ってきてくれたので有り難い事に私もソースをかけて食べることができた。
しかし私がポットを置いた瞬間、ソースは小さめのポットに1/3残っていたのだが、彼はそれをライスにがばちょした。
無理だと思った。
確かに特製ソースはもう本当に素晴らしく美味しかったけど、それはないだろと思った。
今まで彼と食事した時はそんな事なかったから、ステーキが彼を狂わせたんだと思う。肉にテンション上がって周りが見えなくなってたんだと思う。
肉の魔力って怖いね。
続きを読む

 
193 :名無しさん@HOME 2011/04/20(水) 22:06:20 O
父が兄貴をぶっ飛ばした修羅場を良かったら聞いて下さい。
長男、次男、自分、妹、男の5人兄弟の長男として我慢ばかりして育った兄貴、
不良に憧れておかしくなった次男の兄貴、この二人は親元離れて別に住んでいた。
兄貴二人は同居でそこに家族で遊びに行ったときのこと。

父と母は久しぶりに会うからかとてもwktkしてカツカツで生活している兄貴達の為に
一枚3000円くらいのステーキを買ってたまにはいいものを食わせてやるかとご機嫌だった。
自分含め子ども三人は兄貴に会えるのを親同様に楽しみにしていて、
それぞれのおこずかいからお菓子を買ってプレゼントするつもりだった。

でも何回電話しても兄貴二人は電話に出なかった。
続きを読む

 
526 :名無しさん@HOME 2014/01/11(土) 10:25:40 I
今までで一番の修羅場は、去年のこと
従兄の結婚式に出席したら、お嫁さん側のお祖父さんが料理を喉に詰めてぶっ倒れた

従兄が近しい親族だけ呼んで結婚式を挙げた
従兄側は親である伯父夫婦と従兄の兄一家、従兄の伯父一家に当たる我が家、祖父母が参加
従兄弟のお嫁さん側もご両親と叔父一家と祖父母を呼んで参加
こじんまりとほのぼのした雰囲気で進行してた
指輪交換の後の披露宴の時に、従兄嫁のお祖父さんとうちの祖父の席が近くなった
祖父たちは偶然にも同い年で話があったらしく、仲良さげにお互い孫をよろしくと挨拶していてほのぼの
ご飯もそれなりに美味しくていい式だねとみんなニコニコ

しかし事件はメインディッシュで起こった
お料理は柔らかいステーキだったのだけど、うちの祖父はフォークでちょっと突ついてから食べるのを拒否
祖母が食べなよ、残すのは失礼よ、と説得しても母が細かくお肉を切り分けてあげてもダメ
従兄嫁のお祖父さんは祖父に「肉はお嫌いですかな?」と呆れた感じで苦笑
しかし祖父は涼しい顔で「ええ、胃もたれでして、孫(隣に座ってた私)に食べてもらいます」としか言わない
田舎っぺな事言って恥ずかしいな…という空気が私たちのテーブルに流れたその数秒後、従兄嫁のお祖父さんが倒れて胸を掻き毟り出した
従兄嫁のお祖母さんが慌てて呼び掛けても反応無しで苦しそうに呻いてる
明らかにお肉を喉に詰めてた

会場、一瞬で阿鼻叫喚

唯一冷静だったのは元救急救命士のうちの祖父だけの有様
祖父に指示されて看護師の父と妹が救命措置を開始したけど修羅場は継続
従兄嫁のご両親は取り乱し、叔父たちは泡食って会場スタッフと救急車やらの手配に奔走、従兄嫁と従兄嫁のお祖母さんはワンワン泣きまくりと大変だった

結局従兄嫁のお祖父さんは、お肉で窒息しかけたのだけは早い処置で助かった
けど、その後にうまく回復できずにお亡くなりになった
従兄の結婚式で不幸な事故が起きたのも修羅場だったけど、祖母も母も私もあの時祖父に無理矢理ステーキを食べさせていたらと想像してゾッとしたのも修羅場
生タヒの分かれ目がこんな身近にあるとは思いもしなくて、祖父の食事には細心の注意を払うようになりました
続きを読む

482: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/17 22:15:00 ID:qwzEQ5L4
話 いいかな?

近所のステーキハウスでの出来事。
サラダバーがあるので週に1~2回くらいは一人で行ってたのさ。

いつもは平日ばっかりだったんだけどその日は土日で店はメチャ込み。
普段見かけたこともないお客さんたちと隣の席になった。

お店で隣の席に人がいるなんて当たり前だし、
そんなことじゃなくてこの人達がとにかくひどい! ><

続きを読む

このページのトップヘ