ストーカー

 
127: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-04 07:40:02
解決済みだけとあまりプチじゃない。檻の中なことも含まれるのでボカシ結構入る。

結婚して妻は仕事をやめた。
職場の上司が気持ち悪いから
仕事辞めたいとはずっと言っていた。

上司という人は、気に入った女性をえこひいきする人で
当時妻はとても気に入られていた。
そればかりか仕事外でもお酒の席に誘ったり
断ってもしつこくいい寄ってくるような
今で言うセクハラ+軽いパワハラを行う人だった。

当然妻は上司のさらに上役に訴えたが
これでも上司は仕事だけは出来る人で
女性は腰掛けという風潮がまだ残る時代だったので
嫌ならやめたらとなり、結婚することもあってやめた。
結婚することは伏せておくべきだったが
当時の流れではやめる=結婚退職、だったので
結婚のことは言わざるを得なかった。
 
続きを読む

 
831: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/30(金) 17:25:58.37 ID:OtxtuQrX
家族が危篤、急遽実家に帰り、病院で看取り、失意のまま 
「今家族が亡くなったから、しばらく実家で泊まる」とメールしたら 
「え?何、ケンカしてるから言い訳?」(少し言い合いしてたところだった) 
「不謹慎~。俺には関係ないけど」とか言い出した。 

バタバタでもう完全無視していたら、帰った途端 
「ご家族はどうでしたかぁ~?」とニヤニヤして言われたので、 
「おかげさまで葬儀まで恙なく終了いたしました。ご丁寧なお言葉を賜り、 
故人も大変感謝していることと思います。 
これにて終了とさせて頂きます。ご多忙中にもかかわらず、 
お付き合い頂き、誠にありがとうございました。」 
と葬式での挨拶をそのまま言って追い出した。 

字面だとふざけてるように見えるかもしれないけど、本気でそれしか 
言う気が起きなかった。 
半同棲状態だったので、荷物とウダウダ言ってくるのをどう処理したらいいのか 
まだ悩んでいます。
 
続きを読む

108:おさかなくわえた名無しさん2013/12/08(日) 09:38:00.75 ID:kdkhW8Bx
サークルの友人達と地元のボーリング場でボーリングをしていたら幼馴染みの親友から『たすけて』とメールが。
いったい何があったのだろうと電話をかけてみれば。

親友:○○ちゃん。今何してるのー?私はバイト終わって帰ってる途中だよー。
私:え?ぼ、ボーリングだけど・・・それよりさっきのメールって。
親友:あー○○ラーメン屋さんだー。また一緒に食べに行こうねー。
私:は?
親友:忘れたのー?○○書店と○○ジャスの近くにあるラーメン屋さんだよー。
私:い、いやちょっと。
親友:あ、そう言えば明日○スにオニオンリング食べに行こっか?○○ちゃんオニオンリング好きだもんねー。
私:・・・

普段の親友からは考えられないテンションの高さ。一緒に食べに行った事など一度もないラーメン屋さん。私の一番嫌いな物がタマネギな事を親友が知らない訳がない。
これらの事から親友の身に何かが起きて、それを私に伝えたいけれど伝えられない状況だと判断した私は。

私:うん、ううんだけね。
親友:!?・・・うん。
私:○○ボーリングまで来れる?
親友:うん。
私:北口の所に居るから。
親友:うん。
私:このまま電話切らずにいるから話してるふりしてて。
親友:うん。
私:大丈夫だからね。

そう言って友人達に事情を説明してみんなで駐車場に移動して待つこと20分くらいで親友の車が駐車場に入って来て。
私達の目の前で急ブレーキをかけたと当時に親友が車の中から飛び出して来た。

長いから切ります。
続きを読む

 
786おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 23:59:38.51 ID:eum5IxoS.net
ちょっと長くなるけど、現在進行中?の修羅場を。
旦那がストーカーだった
私と旦那は30歳過ぎてから仕事関係で知り合い、その後結婚した
優しくていい旦那で、子どもたちもパパがママより大好き
結婚の話が出て、実家に挨拶となったときに、同じ市出身なことがわかった

同じ県だというのは知ってたけど、特に人口が多い訳でもない市だし、
その時住んでいる地域からも地元は離れていたので、すごい偶然だね!とその時はそれだけだった
小学校が学区二つくらい隣で、中学高校も別だし学年も別だからただ同じ市出身なだけで共通点は多くない
でも私の中学の先輩が旦那の高校の友人というように、
今まで気づいていない共通の知り合いがいることがわかった
続きを読む

 
907: :2012/12/30(日) 23:19:44.72 ID:
妻の浮気が原因で離婚して一年たった。 
去年は辛いクリスマスだったが
今年は何ともなかった。
子供の事もやっと忘れてきた。
浮気の現場押さえて親類集めて
今後どうするか問い詰めたら、
男には家庭に帰れと言って、
俺には稼ぎが少ないから前々から別れたかったと言って
俺の親兄弟の前で言って自分を正当化した。 
次の瞬間、相手の男の妻が、
こいつは今自己破産の申請してるんだと言うと
元妻の顔の驚き具合は笑えた。

 
続きを読む

このページのトップヘ