ドラマみたい

 
694 :名無しさん@おーぷん 2016/09/30(金) 05:27:11 ID:60C
復讐と言うには軽すぎるかもしれませんが。
3年前に後輩から嫌われ、上司からはすこぶる評判の良い同期のチームに配属されました。
「何故そんなに後輩や部下から評判悪いのかな」なんて他部署の時には思っていましたが、同期は典型的なゴマスリ男で「部下の手柄は自分のもの。自分の失敗は部下に押し付け絶対にケツを拭かない」といった半沢直樹というドラマを現実にした様な男でした。
始めは同期と言うこともあり、特に邪険な扱いは受けていませんでしたが企画が通り、少なからず実績を上げはじめるといきなり雑務を振ってくる様になりました。
その仕事は同期がすべき仕事であり、1つ1つの仕事はさほど重い仕事ではないのですが何週間レベルで溜めて丸投げしてくるのでその仕事だけで手一杯になります。
さらに自分の仕事もあるので業務のみで休む暇も無くなってしまい、毎日残業ばかり。そんなある日、月に一度の企画会議の日がやってきました。

その会議で同期は自分が温めてきた企画を提出します。
概要も全てコピペの明らかな盗作。あまりにショックでその場で声を上げますが「偶然だな」の一言。
食ってかかる自分に
「大体お前は最近業務に追われて企画なんて手につかないだろ」と言われ同期のやるべき雑務を公然と自分の仕事とされてしまいました。
上司に改めて訴えても「出したもん勝ちだ、本当にお前の企画ならもっといい企画だしてみろ」と跳ね除けられます。

さて、その企画事件からまた数ヶ月経ち、自分の企画が流出したのはセキュリティの甘さもあると反省し新たに1つ企画を通しそれを成功させると次の人事で、そのチームのチーフの上にあるポストにつくのは自分か同期かという噂が流れ始めます。

勢いのある会社でしたので上昇志向は皆持っており、やはり人事の時期が近くなるとソワソワした雰囲気になります。
そして翌月に人事発表を控えたある日また事件は起きます。
自分の社用の携帯が無くなったのです。ある理由で上司にお昼休みの時間だけ携帯を預けたのですが、上司が机の上に置いてある隙に無くなりました。
続きを読む

 
382 :名無しさん@HOME 2006/02/24(金) 13:27:11
知的かつシンプルなGJが続く中、アフォみたいな話で恐縮ですが…

ケコーンして始めてのGWに義実家へ行った時の事。
着いて早々、トメが「嫁子さん、私夕飯は肉じゃがが食べたいわ~」と言ったので
私は適当に「そうですねー」と答えたらトメは微妙な顔。
が、気を取り直した感じで「●●家(私実家)の味はどんなのかしら?あまり家と違うようなら…ね?」と。
緊張していた私は、まだトメの真意に気が付けず「へー肉じゃがでも色々あるんですねぇ」と頓珍漢な返答。
気色ばんだトメの「うちの味と違うなら直してもらわないといけないのよ?とにかく作ってみなさい!」で
やっと気が付いたが、口から出てきたのは「えー!ドラマみたいですね。あははー」でした。

あー、わたし何言ってんだろ?あわわ…と、内心焦っていたら、旦那が悪乗りして
「人生相談に行くと良いよw」  私「スリガラスの向こうに座ったり?w」
旦那「(ボイスチェンジャーみたいな声で)食事の味付けで姑に文句を言われて~」
なんて言うやり取りをしてしまった。
トメは真っ赤になって「もう良い!」と怒ってしまい、私たちは早々に引き上げました。

その時は、悪い事したなーと反省していたんですが、その後付き合って行くうちに
反省も吹っ飛び、旦那が一緒に茶化すような事をしたのも合点がいくトメでした。
続きを読む

このページのトップヘ