予防接種

 
248 :名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月) 21:59:15 ID:G0S
10年以上前だけど、当時長男がかかってた小児科医の神経が分からん話。

長男(当時3歳)が、某副反応で問題になった予防接種の第1期2回目を接種した3日後ぐらいに38度を超える発熱。
予防接種をしたかかりつけの小児科(2次救急の市立病院)を午前中受診するも、風邪だろうと言われ薬を処方され帰宅。
その日の夜、薬も飲ませたし座薬も使ったのに、ついに熱が40度を超え初の熱性.痙攣をおこした。
初めての子で初めての熱性.痙攣で、母親失格かもしれないけど、とにかくパニックになってしまった。
震える手で何とか119番し、状況や子供の年齢、住所などを伝えていると、子供の唇が紫になり始め明らかにチアノーゼをおこしだした。
気が付いたら通話状態の電話を放り出し、人工呼吸と心臓マッサージしてて、救急隊員も到着。(自宅から徒歩5分の所に消防署があったから到着が早かった)
救急車に乗せられ、受け入れ可能だった最寄の市立病院(小児科なし、かかりつけとは別病院)で呼吸を安定させる処置をしてもらった。(処置してくれたのは整形外科の先生)
呼吸が安定したので、処置をしてくれた先生も同乗してくれて、救急車でかかりつけの小児科へ移動。
救急入り口で待っていたのは、午前中長男を診察した小児科医。
ほっとしたのもつかの間「お母さん、救急車は計画的に使いましょうよ」と小児科医に言われる。
最初に処置してくれた先生が「呼吸が一時的に止まっていた」と説明するも「整形外科の先生ですよねぇ?専門外ですよねぇ?」と信用しない。
そのまま入院となり、回診の度にチクチク嫌味を言われ、入院中何かの検査をしたはずなのに、結果を絶対に教えてくれない。
24時間付き添いだけど回診中は病室から追い出され、中で何が行われてるのか親なのにサッパリわからない。
回診後の説明をする時の主治医の態度も悪く、腕を組んで壁に寄りかかり、嫌味たっぷりでイヤイヤ説明する状態。
その状態で心が折れそうになりながらも、長男は順調に回復し5日目で無事に退院。(この時点で検査結果は教えてもらえないまま)

ここから先は叩かれ覚悟で書くけど
帰宅後、あまりに理不尽で悔しくて、実母に愚痴る→実父の耳に入る→実父激怒
かかりつけの市立病院がある市の市議に実父の友人がいたので、激怒した実父が市議に直談判。
友人からの直談判を抜きにしても、病院の対応には問題があるとして(主に検査結果秘匿に関して)市議が病院に働きかけてくれて検査結果判明。
案の定某副反応だったと判明。
この件が原因かわからないけど、経過観察で通院したら、主治医だった小児科医がいなくなってた。
その後かかりつけの小児科は変えたし、長男もその後は大きな病気をする事もなく中学生になった。

何で10年以上経った今になってこの話を書いたのかと言うと、10月に市内に開院した個人病院の院長が、当時の主治医だったから。
リアルで話すと病院の悪評になりそうだから、ここで吐き出してモヤモヤした気持ちを捨てたい。
長文、駄文失礼しました。
続きを読む

965: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/24(金) 12:01:45.04
約20年前、少しずつ呼吸が苦しくなったことがある。幼稚園年長の時。

親に「息が苦しくなった」と訴えるけど元気だから全然聞いてもらえず。
次の日に病院に連れて行って欲しいと訴えるも聞いてもらえず。
泣いたらタヒぬと自分で思ったので(泣きそうになると苦しくなる)泣かずに訴えたけど聞いてもらえず本当に自分の最大の修羅場だった。
やっと連れて行ってもらって小児科で診察した先生の顔色が変わって救急車を呼ばれて、その時に本当に助かったと思い子ども心に
本当に安心した覚えがある。

詳しくわからないけど救急車の中で意識を失い、2週間位して総合病院のベッドの上で目覚めて親に滅茶苦茶謝られたような怒られたような。
あまり覚えてないけど救急車の中で呼吸困難になり呼吸が止まり、着いたとたんに無麻酔で気管切開して挿管とかして大変だったらしい。
(タヒんでるから麻酔は要らないらしい。しかも当時は救急隊員は何もしてはいけない仕事だった。)


咽頭ジフテリアというやつにかかっていたらしく喉に薄い膜が張って、生きながら窒息タヒする病気らしく、小児科や自宅に保健所が来て消毒
とかして大変だったんだって。近所にも結構病原菌扱いされて大変だったから引っ越した。
でも三種混合ワクチンをきちんと打っていたのにかかったのが本当に不思議。
ワクチンって絶対じゃないんだね。打ったからといって軽く済んだ訳でもないし…ワクチンの過信は禁物だと思う。皆さんも気を付けてください。

続きを読む

このページのトップヘ