侮辱

 
56 :名無しさん@おーぷん 2015/01/04(日) 00:30:11 ID:NAD
田舎に嫁いで衝撃的だったこと

私は生まれも育ちも東京だったんだけど、結婚と同時に夫の田舎で姑と舅と同居になった。
幸い二人共いい方たちで不満はなかったけど、その地はコンビニも無いほどの田舎で、
普段の買い物は地元の方がやってる何でも屋(スーパーを50分の1の規模にした感じ)でしてねと姑には言われていた。
自転車で30分も走れば大きい全国チェーンのスーパーがあるのだけど、その何でも屋は姑の昔なじみがやってるからとのことだった。

嫁いで数日経って、その何でも屋に初めて行く機会があったんだけど本当に酷かった。
食品の衛生状態のひどさは何とか目を潰れるものの、狭い店内には近所のおばあさんが何人も座り込んでおしゃべりをしていた。
そして買う物を探している私をジロジロ見て悪口を言っては店主含め皆で笑っていた。
極めつけはレジの際、お金を出した私の指にベージュのマニキュアが塗ってあることを見つけると「賣春婦みたい!」「性.病感染る!」「汚い!」と言ってゲラゲラ笑われた(私が払ったお金は汚いものみたいにつままれてた)
もう悲しくて悲しくて義実家に戻った瞬間泣いてしまって、驚く姑に訳を話すと唖然として、「ごめんね、もう二度と行かなくていいからね」と言ってくれた
あとから姑がその何でも屋の人に聞いたら「嫁を尻に敷くのは早いほうがいい!手伝ってやった!」と言われたと肩を落としていた。

そんなこともあって、私は自転車で30分かけて隣町のスーパーに通うようになったんだけど、三ヶ月くらいしたら何でも屋のおばさんが家に凸してきた
「なんでウチに買い物に来ないの!?」って言われたけど、あんな対応されたら二度と行くわけないじゃん……と思って実際にそう言ったら本気で驚いていた
地元の人間は皆、絶対にその店で買い物をするはずだと思ってたらしいよ
私以外の嫁いできたお嫁さんに同じようなことを繰り返していたらしく、客が本当に居なくなった!このままじゃ一家で首を吊ることになる!って縋られたけど、そうですかーはいはいご勝手にーって追い出しちゃった。本気でびっくりした顔してたなー。
あんなに侮辱しておいてまた来てもらえると思うことと、泣きついたら無条件に同情して貰えると思うことが衝撃だった。
商売と人をナメすぎだよ。
続きを読む

むs 
288 :名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木) 19:31:48 ID:???
誰もいないようなので夫との馴れ初めついでに、その前のお見合いでの話を。

私のことを知ってる母の知人が、お見合いのセッティングして小遣い稼ぎしてる人で
お嫁さんを紹介してほしいってあちこちから頼まれて釣書を預かってるから
ダメなら断っていいから会うだけ会ってみてって。
何度も断ったけど、あんまりしつこく家にまで来るから根負けして一度だけの約束で会った。
釣書を見るとごく普通の男性って感じ。
一流とまではいかないけど国立の大学を出て(昔の二期)公務員やってる33歳。
身長は182cmと、当時としてはかなり高かった。
ただ、兼業農家の長男でお姉さんが3人いるってのが多分結婚のネックになってるんだろうなと
釣書を見た時に思った。
私の方は当時24歳で、短大卒のOL、身長155cmと言うしょーもないスペック。
田舎なので24歳と言えば曲がり角と言われた時代。24を過ぎれば“行かず後家”と言われる地域w
強がるわけじゃないけど、うちの両親はあまり急かすようなことも言わないし
友人たちも半分ぐらいしか結婚してなかったし、私自身もさほど焦ってはいなかった。
(早くに結婚した友人は殆どが農家の娘さんだった)
でも、その知人にとっては24歳の独身のお嬢さんなら乗って来る、と踏んだらしいw

で、当日母と共に指定のホテルのラウンジに向かい、先方の母子とご対面。
ラウンジでの印象は悪くなかった。
高身長の男性がスーツ着てるとそれだけで見栄えはいいし。
うちの母にもすごく低姿勢で、言葉遣いもきっちりしてたし。
が、ふたりでドライブでもしておいでと促されて、ホテルを出た途端に
びっくりするぐらい態度が変わった。
特に驚いたのが、今でも忘れないこの言葉。
「キミの釣書見たけど、特に取り柄ないよね。
 24歳なら焦ってるでしょ?大卒の公務員なんてもう出てこないよ?」
すごくムカついて帰ろうと思ったけど、当時は若かったので変に真面目に考えちゃって
一旦引き受けた以上ちゃんと最後までお見合いしなきゃいけないと思って
それからごはん食べて、動物園に行って、お茶して帰ってきた。
その日の夜に知人から「先方からぜひにと言ってきてるけど、このまま付き合わない?」って言われ
「約束ですからお断りしてください」って言ったら「そんな勿体ない!」って言われたけど
「お見合いしてる間、ずっと嫌悪感しか持てなかった。そう言う人と交際なんて考えられない」
って言ったら諦めてくれた。
両親には言われたことをそのまま伝えたら「うちの娘を侮辱するかあー!」とえらい怒ってたw

それから一年後に上司からお見合い話が出て、その時片思いだけど好きな人いたし
一年前のお見合いのことを思い出すと二度とするかと思ってたから断ったんだけど、
上司から「相手の男はよく知ってるやつで、私ちゃんを見ててずっとお似合いなのになーって思ってた。
ほんとにいいやつだし、仕事もよくできる。間違いない男だからとにかく会ってみろ」
と熱く説得され会ってみたら一年後にお嫁さんになってたw
初対面からスッと打ち解けて、話をすればするほど興味の沸く人だった。
何よりプロ野球の同じ球団の大ファンだったことで、野球談議が楽しくて。
私の回りにはプロ野球ファンが少なかったし。
結局、見合いも恋愛も関係なく、結婚って縁なんだなーと思ったよ。
ちなみにもうすぐ銀婚式。うちで飼ってる犬の名前は代々ラインバックと言いますw
続きを読む

このページのトップヘ