修羅場

 
286: 名無しさん@HOME 2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN 0
お盆の少し前に妹が見合いをした 
妹が話しかけても相手は全く話さず、横にいた相手の母親が全て 
答えていたらしくお見合いが終わった後にセッティングしてくれた人にお断り 
の連絡をしたそうだ
続きを読む

 
439 :  2008/01/20(日) 02:27:10 ID:64aEHxQJ0
去年の話。 

私(22歳) 
彼(現旦那28歳) 
K(34歳) 

私と彼は同じ部署の上司、部下だった。 
あれやこれやと言う間に恋愛関係に。 
(営業で一緒に回ったりしてるうちに気が合ったので) 
そして3半年付き合った末に結婚を決めた。 
それが昨年の事で、結婚の為に年内で私は退職。 
それに絡んだお話ですよ。 

昨年11月に部署のみんなに結婚と私の退職を伝えた。 
祝福ムードの中、1人だけ違う雰囲気の人が… 
それは先輩OLのKさん。 
明らかに私を睨んでおられますたw 
その場は気にしない様にやりすごした。

ところがその次の日からも明らかに態度がおかしかった。 
ネチネチ嫌みを言ってきたり、仕事を押し付けてきたり。 
かと思えば急に機嫌を取ってきたりととにかく変。 
同僚も 
「ねえ、何かKさん態度おかしくない?」 
と言う程だった。 
すると別の男性社員の人が 
「きっと自分より一回り位下の子が先に結婚して僻んでるんだよw」 
と言い出した。 
…のでそう考えて気にしないことに。  
続きを読む

 
768: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/03(金) 16:20:58.74
挙式当日美容室に入ると、その絨毯張りの場所で自分達の衣装・アクセサリー・小物を確認。 
足りないものが無いかどうかを確かめてから、ヘアメイクに案内された。 
約1時間後、私がヘアメイクされてる最中、同じ日に挙式する他の新婦(以下A)が美容室入りした。 
で、Aも私と同じように衣装の確認の流れになったんだが、 
「私のドレスは!?」 
と一言。
続きを読む


710: おさかなくわえた名無しさん :2014/10/27(月) 20:22:41.66 ID:NkGizQjk

大した武勇伝じゃないんだけど…個人的にスカっとできた話
めっちゃ長い上に駄文ですみません

学生時代中高といじめられてた。グループ内でのはぶきとかが嫌で抜けたのが原因
中高どっちもそれが理由。人を見る目がなく学習能力無い私が馬鹿だった。
中学は教科書とか私物を切り刻まれたり通りすがりに悪口言われたり暴力もあり。
男女どっちも色々言われてた。こっちは特に仕返しせず各々卒業したら絡む人がいなくなったり出来婚して暇になったりで
私に連絡してくるようになった。アドレス変えて無視。

高校も同じ感じ。男子はそうでも無かったけど女子が陰湿でローファーにガムや画鋲仕込んだり
筆箱便器になすりつけられたり、彼氏に私の悪口言ったり。

悔しかったから「何でまだ学校きてんの?」と言われたから学校に行く。
「氏ねよ」と言われ笑顔で仲の良い友達と自分のハマっていることについて楽しそうに話す
そしてついにゴミを投げつけられ「本当ブス、まじ目障り、てか目腐るから見んのやめよーゴミ箱以下だろ」と言われ
頭の中でプチッと来た。グループのリーダー各の胸倉を掴み
「目障りなら見んじゃねぇ、大体私がお前等に何したんだか言ってみろ、一人ずつ呼び出して聞いてやるからな
こっちの原因なら頭下げて謝ってやるよ。ほらまずお前からだ」と廊下に引きずりだし
問いただすも皆が皆明確な理由を言わず責任の擦り付け合い。
騒ぎを聞きつけた先生も来て半修羅場。先生にも
「事前にいじめられてるって言ったのに何も助けてくれなかった、教育委員会に言ってやる」と怒鳴った
結局その場はなだめられたけど親にも言ってあったから教育委員会に言ってくれて担任は異動
教育主任はそのままだった…
いじめてたグループは責任を擦り付け合ったせいか喧嘩がおっぱじまりバラバラになり
何人か孤立し退学。

その時の彼と同棲してて結婚って話が出たから書き込んでみた。
長い上に微妙な話でごめんなさい


続きを読む

 
440: 恋人は名無しさん 2009/08/04(火) 10:20:40 ID:LAj/lWRz0
巻き込まれた修羅場。私はほぼ傍観者です。 

私子 大学生 
友子 大学生 
間男 大学生 
優男 大学生 
優子 大学生 
友彼 社会人

友彼除いて上記五人の大学生は、皆同じ科&サークルの大の仲良し。
男女混合グループだった。そして、私は密かに優男に恋心を抱いていた。
しかし程なくして、事件は起こる…。
私達の中で恋人持ちは友子だけだったが、友子曰く最近上手くいってない様子だった。
たびたび私達に相談を持ちかけてきていたし、別れも考えているらしい。
けれど友子はなんていうか…ここでいうビ*チ臭が少々あった。
友子は確かにすらっとした長身で、派手な顔立ち。人気もあったし、ナンパされることもしょっちゅう。
そして、そんな友子に間男はベタ惚れであった。(皆知っている)
だからか、付き合っている相手はころころ変わるし、別れる時も次の彼氏候補がいなければ踏み出せなかった。
なので、友子が別れを切り出そうか迷っている最中も、私や優子や優男は
「どうせ新しい男を見つけたらすぐに捨てるくせに…」
と半ば呆れ半分で聞いていた。
そしてある時、いつもの様に五人で飲みに行こうと間男が提案。
皆すぐ賛成。楽しい雰囲気で盛り上がり、何事もなく順調に夜は更けいったのだが…。
お酒に弱い友子、浮子は立ってもいられない程にベロベロに酔ってしまった。
タクシーで帰らせても良かったのだが、たまたま私子家が飲み屋から近いこともあり、
明日は休みだし雑魚寝していくことになった。
皆すぐに熟睡。しかし、夜中の二時くらいになんでか目が覚めてしまった。優男と共に。
二人でつまみでも買っていくかなどと話していたらなぜかあの声が…。


続きを読む

このページのトップヘ