修羅場

 
924:名無しさん@おーぷん2016/05/08(日)17:02:14ID:Tfr
小学校の夏休みの時、クラスメイトで仲良しだったAちゃんがうちに泊まりに来た。
その次の日お昼食べてそろそろAちゃんが帰るって時、Aちゃんの身内の誰だったかからうちに電話があり、
Aちゃんのママが昨晩家の近所で自サツしたのが見つかったとの電話だった。

その後のAちゃんの号泣とか、うちの母のパニックとかもう色々なことがあったのだが、もう断片しか覚えてない。
Aちゃんは一か月もしないうちに、母方の実家があるという東北に引っ越して行った。
お別れに何か言ったりした記憶もない。お泊りの日以降学校でもうちでも会ってもいないと思う。

当時、私も母もショックを受けてAちゃんの話はしなくなったんだけど、この連休に実家帰ったら母が急にAちゃんの話をし始めた。
そもそもあの日Aちゃんがうちに泊まったのは、「用事があるから一日娘を泊めさせてほしい」とAちゃんママに頼まれたということ。
ご近所だったAちゃんママと交友があり、Aちゃんママが旦那さんの酒癖や金使いや病気(躁病らしかった)に悩んで鬱気味だったこと。

何で急にそんなAちゃんママの話を始めたんだと思ったら、母が最近たまたまテレビでAちゃんを見たとのことだった。
震災を経験して家を無くしたりはしたけど、家族は無事で旦那さん子供に囲まれ何とか笑顔で暮らしてる様子だったという。

「あの時Aちゃんを残していったAちゃんママに物凄く腹が立ったけど、せめて連れて行かずに残して行ったからAちゃんの今があるのよ。
わかる?
あんたもどうにもやるせない何かあっても、せめて孫ちゃんたちだけは置いて行きなさい!私まだ頑張れるから!」と母から言われた。

別に家庭にも自分にも特に何も悩んでないのに、急にそんなこと言われたのもスレタイ。
続きを読む

  593:名無しさん@おーぷん2016/07/21(木)01:21:54 ID:xQw
食事制限や漢方や運動で15キロのダイエットに成功して、しばらくしたら家に警察がやってきて薬物やっていないかと調べられた
捜査を終えた警察にどうして調べられたのか聞いてみると誰かからここまで痩せたのは薬物使ってるかもとの通報があったから

薬は漢方使っているだけで他は何もないと警察は納得して引き上げてくれたけど初めての警察沙汰には不安だった
守秘義務や匿名性あってこそ治安が守られてる部分もあるだろうけど、通報者には薬物使ったら痩せるのではなく清原選手のように太るのではないかと言いたい
続きを読む

 
330: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/27(火) 20:29:59 ID:SkGvkKYm
まだWindowsが3.1だった頃のお話。
続きを読む

 
939:名無しさん@おーぷん2015/06/11(木)09:27:15ID:w6m
サークル内でえげつない弄り、ドン引き物の陰口ばっかりやられててついに精神が限界を迎えた
部室のドアに貼ってあった看板を破壊して大号泣、今までの恨みつらみを一人一人にぶつけて退部
オンオフどちらにも会話する人すら居なかったし唯一の親友ともこれで縁が切れてしまい、完全な孤独となった。ここまでが前提

数年後、その号泣してる様子がサークル内で「ブスの大暴れイベント」という名で鉄板の物マネギャグとして広まり今の世代もやってる大はやりギャグになってると知り
屈辱とショックで大学のど真ん中で滝の様に嘔吐
人参やニラが目の前でどぼどぼどぼ~っと流れる光景を見てまた屈辱的になりその場で失神
救急車を呼ばれた

車内で目を覚まし救急隊が周囲をうろうろしてる様子を見て「あ!こいつら私を取り囲んでまた虐めるんだ…!」て思いに捕われ急に怒りが爆発。錯乱
その場にあった物を手当たりしだいに掴んで杀殳そうとしたのを数人がかりで押さえつけられて結束バンドを巻かれた
「はなせえーはなせえー」と叫んでいるうちに酸欠になってまた失神。脱糞
以降数日記憶が飛んでいる。一瞬正気に戻っては錯乱を繰り返していた
続きを読む

 
928 :名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土) 14:02:23 ID:7Ai
先週たまたま実家に帰ったら義理の姉(兄の嫁)がトイレで吐いてるのを発見した。
そういえば脂っぽいもの食べなくなったし嫌いだと言っていたはずの野菜を食べていた気がする。
ひょっとしておめでたですか?と聞いたら青ざめた顔をしたので何かまずいのかなーとか経済的に大変なのかなーとかそのくらいにしか思ってなくて出来るだけ協力するから頑張って下さい!と応援してその場は終了した。
そして4日位前兄に実家近所のスーパーで遭遇(先週行ったときはいなかった)義姉さんおめでただって?良かったね~と話したら久々に本気でガン飛ばされてはぁ?と聞かれた…
まずい!と思って即用事があったわごめんねと言って逃げたのだが今実家が修羅場ってる模様…
気づかなかったうえにオブラートに包まないアホ妹でごめんなさい…
続きを読む

 
325: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)19:51:41 ID:F2b
数年前の修羅場。

同居父が民生委員してて、私は婦人会の会長とPTA役員をしてた年があった。
近所に素行の悪い独身男性Aがいて、お母さんと二人暮らししてた。
父は何かとそこんちに訪問してたんだけど(多分生活保護関係だと思う)
ある日、婦女暴行でそのAが捕まった。
相手は地域に嫁いだばかりの若嫁さんだった。

近所のバカジジィ共が
「ちょっと触ったくらいで警察とか」
「都会の女は神経質」みたいなことを言うので
「だから嫁が来ないんでしょうが。
自分の娘や嫁が暴行されても同じこと言うのか」
と言うと、黙った。

そんなジジィが大半の地域柄だ。
続きを読む

  1: :2015/06/24(水) 21:24:05.897 ID:
新人ホストwwwww 

まさかこんな言葉リアルで言うとは思わなかったわwwwwww 

俺 「 もっと違う出会い方をしていたら俺たち友達になれたかもねw 」 

ホスト 「そうかもねw」 

わろたwwwwwwwww 
続きを読む

 
266: 名無しさん@HOME 2010/03/30(火) 22:23:49
携帯から今日もこのスレを覗いているであろうO山トメ様へ。 
私達がプレゼントした温泉旅行、楽しんでいらっしゃるでしょうか。 

あなたがこのスレを見つけた2年ほど前から毎日毎日休むことなく、 
先人方が行ったDQ返しの内容を逐一私に報告していましたね。 
投稿があった日はその内容を、投稿が無かった日はまとめサイトの内容を。 
私への牽制と「アテクシはそんなことされるような姑じゃないわよねフフン」という 
アピールのつもりだったのでしょうが、夫婦にとっては苦痛以外の何物でもありませんでした。 

私が「やめてほしい」と言えば「マァーアナタ何か(DQ返しを)企んでいるわね!」とブチ切れ、 
夫が「やめてほしい」と言えば「マァー嫁子と一緒になってアテクシをいじめるの!?」とブチ切れ。 
知らない間にせっせと近所に“息子夫婦から虐げられているアテクシ”をアピールしてくださったお陰で、 
私達夫婦とご近所さんの交友関係はズタボロになってしまいました。 

そして先月、ナンバーディスプレイを導入した時いきなり平手打ちを食らわされて 
「アテクシを追い出してアテクシからの着信を無視するつもりでしょおおぉぉウボォオォォォオオオ!!」と 
雄叫びを上げられた時、私と夫の中で何かが崩れ去りました。正直、もう限界でした。 

追い出すなんてとんでもありません。私達の方から出て行きます。 
あなたの物は何も壊しておりませんので安心してください。 
ただ、私と夫の物は全て転居先に運びました。当然の権利ですよね。 
八割方物が無くなりましたが、頑張って生活してください。 
それと、家の鍵はいつもの場所に隠しておきました。自分で何とかして取ってください。 
お腹の子のためにも、夫婦揃って胃に穴が開くような生活から避難いたします。さようなら。 

最後に、住人の皆様へ 
このスレ自体をDQ返しに使用してしまったこと、深くお詫び申し上げます。
続きを読む

 
304 :おさかなくわえた名無しさん 2013/03/20(水) 17:54:03 ID:H9uQ5bCK
昔付き合ってた年下の独身女がいつの間にか年上の子持ちで
旦那と児相も登場して大修羅場だったよ


モウあんな経験したくないと思ってたら
脇役の立場だったのが、修羅場の真っ只中に放り出されて今も進行中

もういやや!
続きを読む

 
932:  2011/12/21(水) 22:59:33.60 0
私は生まれてすぐ敗血症になり、新生児期は何度も生死の境を彷徨ったそう。 
本当にもうダメかも・・と身近な親戚が呼ばれること数度、でもなんとか生き延びた。 
「このヤマさえ越えれば・・」と言われていた時期を乗り越え、容態が安定し、 
医者から「もう大丈夫です!」と言われた時。両親や親類の喝采の中、父の母は 

「命根性の汚い子ねえ。本当にもう大丈夫なの?私もうすぐ同窓会があるのよ。 
行けない理由が孫の葬式だなんて、なんだか年寄りくさくて人に言えないわ」 

と言い放ち、両親と絶縁になった。 
余談ですが、私はこの話を高校時代になるまで知らず、父の母は 
「ひどい事故を偶然目撃してしまい精神を病んでしまった。だから会えない。 
事情が事情なので、父方に祖母がいるとか、人に話したりもしないように」 
と聞いていました。 

高校の頃、父の母が大病し、連絡が入る。ここで初めて真実を知り私はパニックに・・。 
父の姉が連絡をしてきたが(ちなみに、父に姉がいたことも知らなかった・・)、 
要は過去を水に流して地元に戻り介護をして欲しいという話だった。 
両親は当然突っぱねたが、父の姉はしつこかった。 
果ては、親がやらないなら孫(私)がやるべき、父実家に住んで大学もそこから通え、 
とまで言い出したらしい。自分は足が悪くて無理!の一点張りだった。 

ついに電話で父の母と直接対決することにした両親。 
私は自室にいたんだけど、父のすごい怒鳴り声が聞こえてきてびびっていた。 
私の名前が何度も聞こえてきたのでついリビングに向かってしまったんだけど、 
母が泣きながら 
「命根性の汚いババアね!もう死んで!死になさいよ!今すぐ死んで!!」 
などと叫んでいて心臓止まるかと思った。 
続きを読む

このページのトップヘ