借金

 
700 :名無しさん@おーぷん 2016/08/11(木) 18:03:34 ID:hZ3
大学の同級生A子の話

A子は新卒で入った会社で10年以上OLしてて
趣味は料理と、知らない街の開拓&カフェ巡り&お散歩
30代半ばにして脱サラしてカフェをオープンさせた

A子は元々こだわるタイプだった
気に入った高いブランドバッグなんかはローン組んででも買うタイプ
でも借金癖があるほどではなかった

そんなA子のオープンさせたカフェは凄かった
自分が今までに行ったどこのカフェよりも素敵なカフェにしたかったらしい

最初にお店に入った瞬間から、豪華さに圧倒された
OLが脱サラで始められるクオリティではない
宝くじでも当たったのか、実家が金持ちで支援があったのかと憶測が飛んだ

結局、A子は夢を叶えるべく借金をしていた
「お客様にとってはやすらぎの空間だけど、私にとっては一生の勤務先だから」
と、かなりの借金をした模様

私も料理人と付き合ってたことがあるので知ってるんだけど
料理人が自分のお店を出す時
一軒のお店で一定期間(数年間)働いた実績がないと
銀行はお金を貸してくれない
(チェーン店の社員の場合はグループ内での移動は可能)
開店資金がものすごい額で、貯金を遥かに上回り
飲食店勤務の経験が全くないA子には、どこの銀行も融資してくれなかった
結果、クレジット会社から融資を受けた
でも普通の融資は審査が通らなかったみたいで
後で聞いたら保証人がついてた
続きを読む

 
186 :183 2010/02/27(土) 03:06:08 O
弟さん変なのに捕まっちゃったね…。

では投下。

旦那じゃなく元彼だが。
ちなみに携帯で失礼。

病気の百貨店状態な上、「体が弱い俺」に酔っていた元彼。
当時の私は若さ故「私が支えなきゃ!」なんて思ってた。
決してカッコいい訳でもなく、若禿でバカ殿みたいな男のどこが
良かったんだか…orz

彼35、私27の時そろそろ結婚でも、という話しになり、私実家に
挨拶に来た彼。
収入、今後の生活設計、仕事内容、健康面、等々細かく聞く両親。
彼が帰った後両親打ち揃って結婚に反対してきた。
「彼は人を見下すような目をしている。その上妙に卑屈な態度。
ああいう人間は信用できない」と。
反対された事で頭にきた私は俄然結婚に突き進んだ。

続きを読む

 
644 :名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木) 06:30:03 ID:0WH
子供の同級生の母親に衝撃だった
子が同級生の時、母親の中に成金グループがいた
夫が皆一流企業に務めていて、送迎の時にディオールとかシャネルとかをロゴを見せびらかすよう着たり持ち歩いて、他のママさんたちの服を見て笑っていた
私も一回「薄っぺらい服w中国で買ったの?」と笑われてうんざりして距離を置いていた
しかしある時から成金グループのボスママがぱったり送迎に来なくなった
理由を聞いたら旦那さんに隠してヤミ金で800万の借金をしていたらしい
さらに怒り狂う旦那さんに「ヤミ金なら払わなくていいののにwそれか自己破産する?」と言ってもっと怒らせたとのこと
ボスママはなにかの漫画の知識で「ヤミ金に返済義務はない!だめでも自己破産すれば借金チャラ!」と学んだらしく、旦那さんの給料は全て貯金をしてヤミ金で金を借りまくったとか
こんな馬鹿がいることが衝撃だった
続きを読む

 
904 :名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土) 09:15:28 ID:3GS
まだ大学生の携帯所持率が七割くらいだったころ
我が家は同居の祖父の借金を親が肩代わりしてたので携帯なんて贅沢品は持てず、就活の連絡は全部家電だった

大学の成績も良かったし、大学側からもこんだけ頑張ってきて成果も残せるんだから就職も大丈夫と太鼓判を押されてた
実際大学推薦ももらった
でもどれだけ頑張っても電話が鳴らなかった
親に聞いても誰も知らないという
時間ばかりがたって、周りは皆就職決めていく中、私だけ決まらなかった

あるとき大学から呼び出された
大学で推薦出した企業との約束を連絡もなくキャンセルするとはどういうことだと
驚いたし連絡なんて何もないと伝えたら、大学側も事情を調べてくれた
結果、企業は家に連絡を入れていたが、それを祖父がとり、丁寧に対応し、そのまま祖父の手で握りつぶされていた

平日は親は働きに出て私は大学と就活に走り回ってるんだけど、その間祖父は電話の前で正座して電話がなるのをずっと待っていた
鳴るとワンコールで出ていたため、登録していた留守録に切り替わらなかったようだ
祖父は働いてたときの名残でものすごく丁寧に受け答えしていた(あとから音声データをもらった)
そして電話を切った瞬間、誰から電話が来たのか、なんの内容だったのか、すっかり忘れていた
親もお金関連でやられて損害を出していた
調べるのに時間がかかり、全て水の泡になってからわかったことだった
祖父の認知症の始まりだった
電話に出たときだけ仕事の癖がでてテキパキ対応できたらしい
医者から借金も認知症で騙されてつくったものかもしれないと言われた
でもどうにもならなかった
それからは自分の就活より、昼間祖父を一人にしておけない!と祖父の介護が始まり
電話を使わなくなった途端認知症がどんどん進行
気づいたら30歳の深夜のコンビニアルバイター正社員の職歴なしのゴミクズに成り果てていた
そこから抜け出せず今祖父の介護しながらワープアしてます
どこで人生まちがったのかな
続きを読む

 
615 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:37:20 ID:FD9dLwGb.net
バブルの頃の話だ。
A夫婦は子供が出来ても流産が続いていた。Aは最初の流産の頃から社内不倫をしてた。
不倫相手は離婚して自分との結婚を望んだらしいが、Aは出世の障/害になることを恐れて要求を躱し続けた。
そしてA夫妻に待望の長男が誕生。不倫の精算を望むAだが女は離れない。
捨てるなら会社に全て話してタヒぬ。そう言われて,ずるずると関係を続けた。
そんな中、Aに転勤話が持ち上がった。出世と不倫の精算を計るチャンスにAは飛びついた。
そして引っ越しをひい変えたある日、A長男が交通事故に遭った。加害者は不倫女。
急いでいた子供に気づくのが遅れた。と証言したが、監視カメラとブレーキ痕から不倫女の嘘が発覚した。
女は一度車を止めてから、ノーブレーキでA長男を挽いていた。
幼稚園児にそんなことをするのは普通じゃない。追求された結果、Aとの不倫が発覚。
女は実刑判決を食らった。A長男は昏睡が続き、下手したら一生目覚めないと言われた。
Aは解雇されて夫妻は離婚。子供は妻が引き取り、慰謝料と養育費が一括で支払われた。治療費もAの負担。そして一生子供と会えないことになった。
Aは家を売り払い、実家も売られた。A実家を購入したのが、俺の本家筋。
Aの母親は、実家を売った後は本家筋で住み込みの家政婦をして一生を過ごした。
足りない分は本家から借金したから、給料から返済を兼ねてね。

Aは親戚から絶縁されて、不倫女と再婚した。


A母は家政婦の給料の一部を返済に充てたが、タヒんだ時も全部は返し切れていなかった。
事前の約束通りタヒ後、Aから足りない分が振り込まれた。
その時にAと不倫女夫妻が来たけど、不倫女は普通の人っぽかった。
続きを読む

 
102 :102 2008/05/15(木) 09:24:01 0
以前家の父の会社が倒産しそうになり、
借金相手が身内が多かったので、私と兄とで少し融通した事がある。
家からは120万、内訳私の貯金40万(かなり崩してしまってこれしかなかった)、
夫の貯金と夫婦の貯金で残り80万。
ウトメも夫もまさに鬼の首でも取った様に詰り、
ウトメなんか関係もないのに「払ってやった」「感謝しろ」
「これを踏まえて一生尽くせ」と言いたい放題、奴隷にし放題。
ちょっとでも文句を言うと「だったら今すぐ耳揃えて返せ」とか。
1年半後には120万をすっきり返してもらい、
さらに30万上乗せされていた。
私は夫と夫婦の口座に80万戻し、残り70万を私の口座へ。
これは終わったんだけども、やっぱりあの時の事を思い出すとイラつく。

そして去年の暮ごろ、ウトが損害賠償や慰謝料請求等の訴訟を起こされた。
悪いのは完全にウトで、裁判も何とか減額して欲しいってな感じのもの。
そしてその費用約700万を家に負担するように言ってきた。
「ななななひゃくぅぅーー!?」って叫んじゃいました。
急にそんな金用意しろって言われて「はいどうぞ」って出来るほど裕福じゃないので。
とりあえず通帳とにらめっこして、何とか350なら、と言うと
「半額じゃないか、全然足りてないよ」となぜか呆れられる。

一応700の内訳を聞いてみると、
弁護士費用、調査費用、請求されるであろう賠償金…ってそれ全部じゃん。
さらに話し合って分かった事なんだけど、ウトメは払う気なしって感じ。
家を抵当に入れれば、と言うとトメが発狂、
「そんなみっともない事出来ません!あんたはしょせん他人だわ!」って泣かれた。
続きを読む

 
786 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 22:05:21 ID:LUKtzoiD0.net
彼女が二股かけてた。しかも相手とはすでに共同名義で家まで建ててた。
様は俺が浮気相手だった。

頭にきたから復讐を決心。
まず、彼氏の会社での評価を最低まで落とした。手段は内緒w
給料減って生活困窮w

次に新居の近所で噂を流した。内容と手段
は内緒w

そしたら2人そろって鬱気味になってきたからもう一押しw

反社会的団体に彼氏に成りすまして抗議文を郵送。
反社会な方々が新居に凸w

その他モロモロを半年続けたら彼女が壊れたw
元々メンタルが弱かったからね。

結局、家は任意売却。当然安値で叩かれて、残ったのは借金のみ。

ここでダメ押しw

俺との関係を第三者の振りして、彼氏実家へ調査報告書の形で郵送。

最終的にそれぞれ、ボッチで借金まみれ。

俺はメシウマー‼︎ 今度結婚が決まったから招待状送ったったwww

B***h、ザマア!
続きを読む

 
809 :名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月) 09:05:42 ID:TMLtrOgy5
終わってから十数年経ってるので時効かな?と思う修羅場。年齢は当時のもの。
フェイク盛りますので辻褄合わなくても許して下さい。
私20歳(芋女)
彼23歳(以下Y。お人好しを絵に書いたような人)
彼友23歳(以下S。彼氏の高校の同級生。自称元893幹部)
バイト先がきっかけで知り合った私とY、交際を始めて一年程で両家の了承を得て結婚をした。
結婚して1ヶ月、Yが半日姿を消した。
出てきた時は、Sと一緒にいた。
YはSに促されて事情を説明し始めた。
話を要約すると
・Yの父親の事業に商工ローンとして借金が3000万ある。(Yは跡継ぎ予定で働いていた)
・今の経営だと立ち行かなくなり、その借金は俺の方に来る。
・そうなる前に事業に一年以上関わって居なければ回避出来る。
・この一年で自分は違う事業を開いて全く関わりを絶とうと考えている。
これらを入れ知恵したのはSだった。
今の私なら尻尾巻いて逃げる状況だけど、当時は変に頑固で物知らず故に「貴方に着いて行く」と言ってしまった。
ここまでが前提。

Yと一緒に逃げた私は、Sが持ってきた夜の世界の仕事に就かされる事になる。
毎日1000円持たされて仕事に送り出され、日払いで貰った給料は終わった頃に迎えに来るYとSに取り上げられる。
毎日12時間仕事に拘/束されて5~6桁のお給料を貰っても、毎日渡されるのは1000円
そんな日々を半年繰り返した頃に、入院一歩手前まで体調を崩した。
休みを懇願した私を蔑むような目で見たYは「それホンマに病気か?休みたいからって仮病使ってるんじゃないのか?」と言い放つ。
私の話を聞き付けたSは凄い剣幕で駆け付け、白紙の委任状と何かの公正証書を持ってきて、そこに記入しろと迫る。
私が渋るとお腹を殴られた。
苦しくて悶絶してるとYは「大丈夫。悪用はしないから、言う事聞いてくれたらこれはきちんと破棄するから。」と言う。
ペンを握らされ、拒否する私に平手打ちをしながらYは強引に書かせた。
「これでお前は1億の借金をした事になる。もし逃げたらこれはお前の家族にふりかかる事になる。1ヶ月頑張れば、この紙は燃やす。」
Sはそう言うと去って行った。
そこからまた1ヶ月、身体がボロボロになっても働いた。
YとSから、お金の使い道を聞いた事がある。

続きます
続きを読む

 
664 :彼氏いない歴774年 2011/05/28(土) 09:59:37 ID:vnXCIdfe
上司がヤミ金に借金してたらしく、追い込みの日?にチンピラから会社にガンガン電話かかってきたこと。
総務部長がみんなに状況説明して、その上司は今警察署に身柄を預けているという説明と
電話対応は男性.社員がするようにと指示があった。
でも男性.社員がみんな電話出ちゃって他の電話が鳴ってたから仕方なく取ったらやはりチンピラだった。
「○○はいるかコラァ!わかってんのかコラァ!」と頭悪そうなセリフを吐いていた。
それで逆に冷静になってしまい、すごく事務的に「○○は本日お休みをいただいております」と答えたら
「ふざけんなコラァ!救急車100台呼んだろか!ピザとかたくさんとるぞコラァ!」と言うので「ピザ”とか”って・・w」と少し笑ったら
むこうも自分の放ったセリフのおかしさに気づいたらしく「フフッ」と笑って「・・・あんたらも大変だな」と言ってきた。
「そうですね、大変です」「がんばれよ」「ありがとうございます、では失礼いたします」「おう」って感じで電話切った。
自分の借金の取り立てじゃないから面白かったけど、追い込みかけられるとやっかいだなと実感しました。
その後上司は借金を会社に肩代わりしてもらい、平社員に戻って平然と働いてます。
続きを読む

 
633 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/27(日) 18:32:36
いやー、借金バレてアウトだわ
年収500万の公務員なんだけど、銀行のフリーローン300万、クレジットのカードローン95万、リボ320万がバレた
銀行のはクレジットのリボの返済のつもりで借りたんだけどね、使っちゃったわ
借りて返して、を2年間やってたんだが、ついにバレた
まあバレちまって逆に気は楽だけどさ、まあ、独身になるだろうね
ネタじゃないよ
今夜は一人だわ
続きを読む

このページのトップヘ