先生

 

263: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/06/24(火) 10:00:39.40 ID:L1VJ18YE.net
よろしくお願いします。 
うちの息子が幼稚園で、男の子数人に縄跳びで首をしめられたらしいんのですが、どこまでしていいものかわかりません。 
とりあえず先生に事実確認にいき、しめられているところを先生が見つけ息子は助かったようです。一人に手をつかまれ動けなくされ、他の数人で縄跳びをひっぱりしめられたようです。

続きを読む

 
525 :おさかなくわえた名無しさん 2006/11/02(木) 08:49:40 ID:U1RmkecV
私の武勇伝ではないけれど胸がスーっとしたので

234 可愛い奥様 sage 2006/11/01(水) 20:49:03 ID:UnD2+KKa
軽いいじめにあってたとき、ある朝学校に行ったら机中にホッチキスが打たれてた
教室が無人だったので、とりあえずいじめリーダーの子の机と交換しておいた
それから先生に「〇〇さんの机がいたずらされてます…ひどい…」と報告しておいた

先生は備品を壊すな!こういう陰湿な嫌がらせをするな!と怒り狂った

〇〇さんは陰湿な嫌がらせをされた子として扱われた屈辱で泣いてしまい
事情を知る人からは逆襲されたことを悟られてプギャーされ
何も知らない人からは「嫌われてそうだもんね…」と哀れまれていた

みんなの前で思いっきり同情&励ましてやったときの快感は忘れられない
続きを読む

 
437 :名無しさん@おーぷん 2019/08/21(水) 09:14:00 ID:LD.ft.L1
バブリーで有名になったダンスの高校。バブリーダンスよりも前の年の演技に影響されたうちの娘は、急に進路を変えて、偏差値をドッと落としてダンスの有名な高校に進学したいと言い出した。
三者面談でそんなこと言うもんだから先生も私もびっくり。
娘は絶対に市で1番頭の良いと言われている高校に進むってほんの数ヶ月前まで言っていたから…。
娘はダンスなんて未経験。むしろ体育と音楽の成績はそんなによくない。
ダンスはリズムや身体の動きが大切だよって言っても「やるんだ!私だって!」という気持ちが強く、旦那も交えて家族会議。
長男が「俺の友人も、俳優、芸能界に憧れて芸能高校に通っていたが、芸能高校なんて、芸能人が入る高校だった、そいつは今、売れない芸人やってるぞ」と話したが
「私は部活としてやりたいんだ、勉強だって頑張ってきた、だから絶対やり遂げる!」と言うので、そこまで言うならやりなさいと言って受験し合格。
で、実際にダンス部に入ると、新入部員内の30人の内20人弱は経験者だったそうだ。
娘のような全くの初心者は3人程度、ほかの7人は体育系の部活で身体を動かすのは得意。
最初の練習から2回、3回続けていくうちに、同じ1年生でもレベルの差が大きくなってきたらしい。
ダンス部の先生も親身になって教えてくれて、娘なりに頑張っていたようだが、外部コーチが厳しく「あんたよくそんなセンスと動きでダンス部入ろうと思ったね!」と笑いながらみんなの前で言われたのが傷ついたらしく、家に帰ってきてから号泣。もうダンス部辞めたい…と言い出した。
なんとなくこうなるのではと予想はしていて、
ここで悔しくて奮起するか、それとも逃げるかは娘の判断だと思い
「あなたがやると決めた道よ、あなたで決めなさい」とだけ言った。
私や旦那としては悔しさをバネに頑張ってくれるのを期待したけど案の定、娘は逃げる方を選んでしまった。
家にダンス部の顧問の先生が電話をしてきてくれて「考え直してほしい」「できない子もたくさんいた、娘さんはまだまだできる」と言ってくれて
私も「みんなの前で笑われたのが屈辱的だったらしい、私も悔しさをバネに、そこから頑張ってほしかった」と言うと、向こうですみません、すみませんと謝罪された。
娘に顧問の先生も私も、辞めるのではなく、少し休んだら?と言うと、カッとなった気持ちが少し落ち着いたのか、家でダンスの練習をしたりしていたが
学校で先輩達に囲まれて「逃げてたらダメだよ!」「こんなことで躓いたら人生生きていけないよ!」と説得してきたようだ。
先輩達の言うことは正論なんだけど、メンタル的に来てる弱い娘にはナイフで刺されてるような気持ちだったようで、また落ち込んでしまい、ダンス部を結局は夏休みには辞めることになった。
夏休みに学校に行く予定があると、ダンス部が練習しているのが見えて、外部指導の先生に「お!今からやる??お笑い担当で!」と言われたりもしたらしい。
何度か娘から「なんで高校受験の時に、きつく私に進路を変えるな!って言わなかった」とあったに言われたこともあった。
その度に親子ゲンカもした。
高3になる頃、バブリーダンスが有名になり、テレビで沢山写るようになった。
娘の通う高校はダンス部も全国に行ったり、行かなかったりしつつも、今も人気で部員数はすごいらしい。
大学の進路を決める頃、一緒にオープンキャンパスに複数の大学を見に行った。
娘は「自分のダメなところ全部言って、その上で私はこの大学でやっていけるか相談にのって」って言ってきて
私も旦那も「今の娘ならどの大学では頑張れるんじゃないかな?」って言った。
今年、志望していた大学に進み、サークル活動でダンスを選んだのはびっくりしたけど、楽しそうにやってる。
高校の時は、このまま引きこもったり、卑屈になって他人を下げる発言ばかりするようになるのでは…と心配したけど
逃げることも娘の成長になっているんだなと思ったのでカキコ。
さてつぎは末娘の高校の進路が始まるわけで
末娘は本当に大変、私立じゃないとイヤー!友達と彼氏と同じ高校に行くー!と自分の能力とは別な感覚で、これまた大変そうだ。
続きを読む

 
672 :名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木) 23:22:46 ID:Ivl
通ってた個別指導塾に合格発表に行った時の話。

とにかく口の悪い先生で間違える度に「タヒんだほうがいいんじゃねぇの?」「脳味噌あるの?」とか言うような先生だった。
そんなわけでその先生に教わった科目は全然ダメだったものの他の先生に教わった英語の偏差値が上がったこともあって記念受験のつもりだった大学に受かることができた。
皮肉でもなんでもなく今までお世話になったので最低限の挨拶に行った時の言葉が衝撃的で
「俺は仮面浪人でも行けなかったのにお前が受かるなんて人生で一番つらい」というもの。
しかも今まで嫌な言葉を投げ掛けてきたのは俺が先生が落ちた高校の生徒だったからなんていう笑える理由。

本当にお世話になった英語の先生(すごい優しい。聖人君子みたいな人。)がその先生に対して「あの人可笑しいもん。だから仲間外れにしてるんだけどなかなか辞めないんだよなあ」と言ったのもなかなか衝撃的ではあった。
続きを読む

 
938 :名無しの心子知らず 2018/05/28(月) 08:58:55 ID:SXr/Mby5.net
うちの子は年長で春から引っ越してきて新しく入園してきた子がいる。

最初は大人しかったみたいだけど慣れたのか最近は騒がしいらしい。そして何故かうちの子を気に入ったのか、うちの子を追いかけたり叩いたりするように。

毎日じゃないけど週1.2ペースで先生から話をされる。話の内容は

・A君(引っ越してきた子)が作画中にうちの子の席に行って話かけたり叩いたりして、それが嫌でうちの子が教室を逃げ回ったり園庭にまで逃げたりしてる。→A君も怒るがうちの子も教室を走ったり、勝手に園庭に出たらダメと怒られる

・園庭遊びの時にA君がうちの子と遊びたいからと追いかけ回す。

・給食中にうちの子の席に来ておかずを取って、うちの子が泣いた。

・追いかけられてる時に転けて泣いた。 とか。

今でこそ私がどうにかできないのかとキレたら補助の先生がついてA君の側にいるからだいぶ減ったけど、うちの子はA君が嫌~と月曜の朝は泣く時がある。

お迎えの時はすぐに私が抱っこしてすぐに帰るようにしてるけど前にA君ママが話しかけて来そうになったけど先生に呼び止められてて話はしてないけど、朝から子供が泣きながら幼稚園を拒否するようなって本当にむかつく。
続きを読む

 
347 :名無しさん@おーぷん 2019/09/16(月) 15:26:43 ID:MC.he.L1
保育園の懇談会。
保護者からの意見や質問を匿名で募集&回答してくれるコーナーがあるんだけど。
そこで、「親が仕事休みのときに預ける場合、先生によって対応が違うのはなぜか?保育料の違いか?(収入によって払う金額が違う)預けるときのルールを統一してほしい」というものがあった。
うちの園は、それまでは、親が仕事休みでも所在さえはっきりさせとけば、預けてもOKというスタンス(ただし月に数回なら、毎週や0歳児、子供が休むほどではなくても体調不良時は除く)だったと思う。
預かるは預かるんだけど、先生によって、何も言わずに預かってくれる先生、保護者の通院などなら歓迎の先生、美容院行ってきたんですか?かわいいー!みたいに私用でも歓迎タイプの先生、私用だとちょっとしぶりながらの先生などいろいろいた。
それは確かに、組織としてはどうかとも思うけど。
でも、そのクレームが出たせいで、『保護者が休みの場合はいかなる理由でも厳禁』になった。
もちろん親の通院も、兄弟の通院、他にも例えば小学生の上の子の発表会などもダメ。
うちは0,2,小学生の3人子供いるけど、小学生の発表会も連れて行ったし、2歳の検査入院もわたしの人間ドックも二人連れて行って案の定風邪ひいたし。
専業も使える一時預かりは、普段保育園に通ってる子は使えないから、うちは対象外。
うちの旦那は夜勤もあるんだけど、夜勤明けも家にいるからと言う理由で子供二人とも休み。
シフト表提出するから、嘘もつけない。
今までは預かってくれてたのに、誰かがクレーム口調で文句つけたからこんなことになった…という思いと、交渉下手すぎて普段本当に働いてるのか?と疑問に思うわ。
そんなの、保育園=保育に欠ける子供を預かる施設なんだから、「親が休みでも預けていいか?」と聞かれたら、認可施設なんだから「いい」と言えるわけないでしょ。
黙認してくれてる状態だったのに、わざわざ聞いたから禁止になったんじゃないのか?
そのクレーム入れた人も、「預けるときに文句言われるのが嫌だ」ってことだったんじゃないの?
続きを読む

 
574 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/01(火) 19:01:58 ID:zkARP/O0.net
中学生の頃の話なのでずっと昔だけど
クラスメイトの友人が「具合悪い」「帰りたい」と言い出した
私も、その日は体育で大嫌いな持久走大会の練習があり、私も超帰りたいと思ってて
友人の「具合悪い」発言でその欲が刺激され
「じゃあ一緒に帰ろうよ!」「先生に言いに行こう」って事になった

すると、「(私)さんは本当に顔色悪くて具合悪そうだけど、(友人)さんは顔が元気そうだし仮病だろ」と
ちなみに私は完全に仮病
顔色は朝ごはん食べてない+寒さ+寝不足で悪くなる事があったので多分ソレ
結局、私だけ親に連絡が行き、私だけ親が迎えに来て帰れることになった

その夜友人は体調を崩し亡くなった
その日は結局部活までいさせられたらしく
ずっと「具合悪い」「気持ち悪い」「帰りたい」と訴えてたらしいけど
先生にも先輩にも「元気そうじゃん」と一蹴されたらしい

あの時友人も帰らせて、病院で見てもらったら結果が違ったんだろうかとか
顔色の悪い私と比較されなければ、帰らせてもらえたんじゃないかとか思い
これを書いてる今も手の震えが止まらない
ちなみに学校や教師の対応に対しては何も問題にならなかった
続きを読む

 
624 :名無しさん@HOME 2011/04/30(土) 12:01:33 0
豚切失礼

息子が先生の「○○君の欲しい物はなに?」という質問に「ママをいじめないおばぁちゃん」と答えた
なんか最近ご近所の人が優しくてトメ見るたびヒソヒソしてるのは息子のおかげみたい
トメ「いじめてなんかない!」ってヒスってるらしい
テンプレ全てこなしたくせに何言ってんだか
続きを読む

 
236 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/10(木) 22:20:07
嫁(高3)「誰でもいいから、部活に入って……」
俺(高2)「何処でもいいから、部活入らないとなー」
嫁・俺「え?」

需要と供給が一致したというか、
元野球部(廃部)の俺が、実質嫁しかいない手芸部(廃部寸前)に入部
続きを読む

 
807 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 19:46:02 ID:3oojUJlz0.net
オカルト板でこの話題はいいのかわからんが
今から50年も前の話。秋田は六郷村の、今はもうない小学校に赴任した教師の話

その人は集落ほぼ唯一の識字人であったため、村人に「先生」と呼ばれて慕われていた
その村では兎狩りが盛んだったため、先生も休日には鉄砲を担いで山に登り、
地域のレクリエーションとして村人と一緒に巻狩りを楽しんでいたという
冬も終わりのある日、岩手県境に近い奥山に兎狩りに行ったのだが、その日は豊漁だったそうで、
みんな山頂付近まで兎を追い上げ、小休止の時間になると満足そうに談笑していた

先生が村人と談笑しながらうろちょろしていた時、突然、足元が「ズボッ」という感じで沈んだという
あれ? と思った瞬間、今まで騒いでいた十数人の村人たちがピタッと騒ぐのをやめ、恐ろしい形相でこっちを見る

え、なんなの? と思った途端、一人の村人が「おい先生、ゆっくり、足元を見ないでこっち来い」と言い、
恐ろしい形相で両手を差し出した。先生は逆らうことも出来ず、ゆっくりと歩き始めたという
ただ、一歩踏み出す事に「ズッ、ズズッ」と足元が沈み続け、いよいよ怖くなった
あの、これは……と先生が言いかけた途端、その村人が「いいからこっちさ来い!」と叫んだ
訳もわからず地面を蹴ってその村人に飛びついた途端、地面がボン! という音とともに消えたという

なんとその先生は、20m近くある崖の上にせり出した雪庇の上に乗っていたのだった
つまり、さっきまで自分が乗っていた地面は地面ではなく、雪の塊だったのだ

いやーよかった、神様に感謝だな、あと少し遅ければ、先生は春まで雪の下敷きだったでぁ……
と村人たちは大笑いしたらしいが、先生は気が気でなく、一日中震えが止まらなかったそうだ
ただその六郷村の集落は現在ではダムの底になり、往時の村の面影はなくなってしまったという
続きを読む

このページのトップヘ